スポンサードリンク

2008年06月03日

ダイエット[182日目]ドリームプレス社ダイエット後半&日本、オマーンに快勝

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-22.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:87.5kg
体脂肪率:28.7%
BMI:29.1
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166 
昼食
まぐろ漬け丼450 レミーマルタンチョコ80 昼計530 朝昼計696キロカロリー
夕食
ごはん220 みそ汁50 イカ・アスパラのオイスターソース107 冷奴70 アジの刺身80 夜計527キロカロリー
おやつ
(夕食後)梅ゼリー68 レミーマルタンチョコレート80 ピーナッツ80 おやつ計228 今日の合計1451Kcal1451で合格決定ちょっと少なかったので食後のおやつでカロリーを増やしました晴れ
今朝の体重は500g減って87.5kg(−19.5kg)で、温泉前の体重が87.4kgだったのでほぼ戻りましたね。これもつまりは「ホメオスタシス」なわけで、いつも悪者扱いしてごめんなさい。ホメちゃんのおかげです。

先日のドリームプレス社ダイエット特集の後半です。
まずは、森三中・黒沢かずこさんのダイエットから。
メモすら出来ないアナタヘ、食べてやせる究極ダイエット!と銘打たれています。この一連のダイエットは、ドリーム・プレス社ビューティー事業部の業務という設定のようです。

黒沢さん曰く、「私は食欲を抑えることができない。自分の楽しみは食欲と物欲だった。洋服を買い物するのが好きだったが、太って好きな洋服が着れなくなったので、全部食欲にいったんです」

さらに、黒沢さんの3年前の自宅取材の映像を見ると、部屋中、お風呂場まで物が散乱しているほどの「片づけられない症候群」で面倒臭がりなんだそう。なので、レコーディングダイエットなんて無理ではないか、とのことなのです。

そこで出てくるのが、村上さんの「花嫁ダイエット」に続き、黒沢さんは「負け犬ダイエット」なんだそうです。どんなダイエットなのか?

黒沢さん、お腹の贅肉が見えているシャツを着て登場。
「太っていて良いことは、お腹に手を置くことができるんですよ」とお腹の贅肉にヒジをついてます。ヒジ置きだそうです。

ここで登場したのが、管理栄養士の伊達友美先生。
先生はすでにたくさんのダイエット本を出版されていて話題となっているそうです。先生自身、様々なダイエットに失敗していて、現在のダイエット方法を見つけ20キロのダイエットに成功した経歴の持ち主。
先生が苦心の末編み出した「伊達式ダイエット」は別名「食べ合わせダイエット」と呼ばれるものだそうです。

ここで安住アナが友近さんに「好きな食べ物は何ですか?」と質問。
友近さんは「豚しゃぶを毎日のように食べている」と答えました。
すると伊達先生は、「豚しゃぶは友近さんが一番好きな物だから、食べた方が心に栄養も与えられるし、元気になって代謝もアップすると思うんです。ただ問題のなのは、質の良い油をプラスすることが大事だと思うので、豚しゃぶのつけダレにごま油をプラスしてほしいです」と言ったのです。

え〜!びっくり〜!逆に太りそうですよね。
実は油には太りやすい油と太りにくい油があって、太りやすい油は、サラダ油、マーガリン、ショートニングなど、太りにくい油は、ごま油、オリーブオイル、エゴマ油など、なんだとのこと。
なので太りにくい良質な油を摂った方が代謝を促し体脂肪が落ちやすくなるという理論のようです。

この伊達式ダイエットは、どうしても食べたいものを我慢せずに、何かをプラスする食べ合わせにより、逆に少しでも太りにくくし、最終的には痩せていくというダイエットのようなのです。

他の食べ合わせの例がいくつか紹介されました。
まずは、お酒を飲んだ後などの〆のラーメン。ラーメンのような炭水化物が多いものをいきなり食べると体内の血糖値が急激に上がるそうです。血糖値が上がると糖を摂取出来ず残った糖が脂肪になる。
そんな時に「野菜ジュース」だそうです。野菜ジュースを予め飲めば血糖値の急上昇を防ぎ、糖分は緩やかに摂取され、さらにビタミンなども補給でき脂肪になりにくくなるんだそうです。

(いつデブでは栄養バランスをとるためとして豆乳野菜ジュースがオススメとされていますが、血糖値の急上昇を防ぐ効果もあるんですね)

そして、黒沢さんの体重測定が行われ、体重が66.7kg、体脂肪率が39.2%と出ました。身長は158cm 年齢29歳 B:96 W:86 H:101。

そんな黒沢さんの食生活の記録を見て伊達先生は、「私のやり方は今の食生活を変えないことを基本としている」と述べ、黒沢さんの食事に温かい食べ物が少ないことを指摘していました。温かい物を食べ体を温めると代謝が上がり脂肪燃焼に効果があるとのことで、黒沢さんが回転寿司に行った日に触れ、みそ汁などを追加せよとおっしゃっています。

これだけ食べているのに、もっと食べろという管理栄養士はいないと安住アナが驚いていますが先生は、「多いところばかりに目が行くが、私は足りない部分に目が行く。足りない物をプラスしてほしい」と。

黒沢さんが、間食としてトーストにピーナッツバターを塗って8枚切りを5枚食べたことを言うと先生は、「トーストはいくらでも食べてしまいがち。とりあえず、温かい物と水分の多いものは太らないので、トーストにも必ず温かい物、できればココアとか」「できれば糖分は蜂蜜という自然な甘さで摂って欲しいので、蜂蜜入りの飲み物を飲むか、もしくは、バターピーナッツを塗った上に蜂蜜をかけて食べる」と言った時には、みんなが驚きの声を上げていました。ココアなど温かいものは満腹感を得やすいし、甘さに天然の蜂蜜をプラスすることで蜂蜜に含まれる酵素が脂肪燃焼を促すそうです。ピーナッツバターは甘さが中途半端で満足感が得られにくいので、蜂蜜をプラスすることで甘さにインパクトが増し満足感が得られるようになるとのことです。

二日目の食事をチェックすると、夜に焼肉を食べています。
すると先生は、「この日の焼肉は、この3日間の中で一番いい」と言うのです。「焼肉を食べた後は身体が熱くなって汗をかいたりする。食べて体の熱くなる物は代謝を上げるからOK」なんだそうです。なので、焼肉にはキムチをプラスするとさらに良いとのこと。キムチを先に食べれば、発酵食品なので乳酸菌などが代謝アップを促すし、キムチの材料である唐辛子などはカプサイシンの働きで脂肪燃焼の効果もあるとのこと。お肉をいくら食べてもいいと先生は言っています。
それを聞いて、お腹の贅肉をたたいて喜ぶ黒沢さん。

ただし、伊達式ダイエットはこれだけではなく、カウンセリングなどもして正しい食習慣を身につけるものだそうです。決して食べたいものを食べたいだけ食べていいダイエットというわけではないようです。著書が9冊くらい並んでいたので、詳細は読んだほうがいいのでしょうね。

数日後。焼肉屋さんで光浦靖子さんと一緒の黒沢さん。
キムチを食べてましたが、量は多かったですよ。
この「食べあわせダイット」はまた後日放送だそうです。

VTRが空けてスタジオの黒柳さん。
「D1コンテスト」を開催するとし、女性芸人でダイエットを競うそうです。

そして緊急速報として、5月23日に発表されたクワバタオハラのくわばたりえさんのウエストが一ヵ月半で20センチも減ったニュースが紹介されました。ダイエット前の体重が63.1kg、ウエスト85cmだったのが、ダイエット後には、56.5kg、65.3cmになったというのです。

その理由とは、コアリズムという最新エクササイズとレコーディングダイエットなんだそうです。

コアリズムは深夜のテレビショッピングなどの通販番組で見たことがありますが、杉本彩さんも宣伝してますよね。少し紹介されていましたが、くびれの法則と言われる3つの動きがあって、かなり激しい腰の動きでした。トレーニング風景も紹介されていて、自宅でもくわばたさんはコアリズムをやってましたよ。仕事の合間にも腰を振ってました。

しかしくわばたさんには不安があって、「今までいっぱいいろんなダイエットをしてきたけど、結局一年後、思いきりまたリバウンンドしてました」ということで、レコーディングダイエットも取り入れたそうなんです。

このくわばたさんのダイエットも近日放送予定だそうです。

黒沢さんのダイエットは、都合よく解釈しちゃうとますます太っちゃいそうですね。「一日一食にして好きなだけ食べていいダイエット」をやった時の私のようになると失敗しそう。食生活を改善しない限り、痩せることも維持することもできないですからね。

くわばたさんのウエストもすごいくびれてました。ただこれも忙しくなればコアリズムもできなくなると思うので、食生活を改善するしかないですよね。レコダイも一緒にやっているということなので大丈夫かもしれませんが。

また新しく挑戦する芸人さんが増えていきそうだし、これからどうなるか楽しみです。


サッカーのワールドカップ予選のオマーン戦は、素晴らしい試合でしたね。今朝の読売新聞では、「見なかった人は損」と解説者が書いていたくらいのゲームになりました。3点取った日本代表ですが、どのシュートも完璧な決まり方で、今までの日本代表の試合では見たことがないようなものばかりでした。鮮やかで簡単に決まりすぎで、見ていて気持ち悪くなりました(笑)。

中村俊輔が良かったですね。スコットランドのセルティックに行ってMVPを獲ったりしてましたけど、格段にレベルアップしたように感じました。俊輔のロングパスが得点につながりましたし、そのパスが遠くからでも正確で、普段の代表の試合では見られないタイミングで出てきていたように感じました。自身も右足でシュートを決めましたが、あの動きも見事でしたよね。

ただ、決まった3点のどれもがシュートを決めた選手だけの力で決まってないんですよね。他の選手の動きがあるから見事に綺麗に決まったことがよく分かりました。

これが岡田ジャパンのサッカーなんでしょうね。オシムサッカーを引きずりながらだったので、なかなか良い結果が出てませんでしたが、昨日の試合はオシムサッカーとは違うスタイルだったように思います。本当に素晴らしいゲームでした。

それにしても、日本テレビの解説を北澤さんがやっていましたが、北澤さんと言えば、三浦和良(キングカズ)と一緒に岡田監督にフランスワールドカップメンバーから外された選手でしたよね。アナウンサーが「岡田監督のサッカーはどんなサッカーですか?」と北澤さんに尋ねたんだけど、何と答えるか少しドキドキしちゃった(笑)。

旅人・中田英寿さんも観戦し、放送席にも試合前と試合後に来て感想を言っていましたね。ヒデはどんな気持ちで見ているのかなぁ。

いつも応援していただいてありがとうございますぴかぴか(新しい)

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
posted by マカロン at 11:10 | 好調好調 | Comment(8) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今頃は夕食の最中ですね〜こんばんは。

今日は唐突ですがS・スタローン(デニーロじゃなくて)
還暦過ぎた彼が30代後半から40代にかけての本の中で
「体重は70キロから88キロの間。役柄に合わせて調整してる」
随分と昔で記憶が曖昧なのと正確にはポンドで答えていたと思うので??なのですが
このような内容でした。
子供心に「ロッキー1とか2が88キロでランボーが70キロなのね〜」
などと思っていた記憶があります。

で、何が言いたいかというと(笑)
運動量とか筋肉とかはこの際置いといて(強引!)
ロッキーバージョンで
レコダイ実践中さんと現在身長(アチラは公称)体重ほぼ同じ(強引2!)

ブログ拝見して映画にご興味が有りそうな気がしたので
たまにはこんな話題もと思いました。へへへ。
秋冬にはランボーの背中が見えてきますね☆

Posted by ている at 2008年06月03日 19:32
ているさん、こんばんは。
夕食を終えてきました(笑)

スタローンと同じなんですね。へぇ〜。
ロッキーの頃のスタローンですかぁ。。。へぇ〜。
何だか面白いですね〜。へぇ〜。
ロッキーもランボーも好きでしたね〜。

映画は、ここ2,3年は見る時間がないのですが、その前は、週に4本くらい映画館で見て、家でも毎日のようにビデオやDVDを見ていたりしましたよ。最近は情報にも疎いのですが、インディー・ジョーンズが楽しみです。でも見に行けないかな。
Posted by ているさんへ at 2008年06月03日 20:32
僕もドリームプレス社見てました。
食べあわせダイエットはにわかには信じがたいですね。
今後の放送に注目ですね。

ダイエットですが、自分も10kg以上のダイエットに過去2回成功(?)し、リバウンドしを繰り返し、去年から今年にかけてのレコダイで30kgダウンに成功したところです。
ダイエットを繰り返していると、ものすごく太りやすい体質になるそうですね。自分も気をつけてもう太らないようにしようと思います。
Posted by 櫂 at 2008年06月03日 20:51
櫂さん、こんばんは。
便秘解消ヨーグルトの情報、ありがとうございます。お返事もありがとうございました。

櫂さんもレコダイ前に10キロ以上のダイエットを2回成功させていたのですね。ダイエットとリバウンドを繰り返すことで、どんどん筋肉が減り代謝が下がるから太りやすい体質になるそうなのですが、櫂さんはマラソン練習をされているから、その心配はなさそうですね。
膝の痛みが出ているようですね。無理なさらないでくださいね。
Posted by 櫂さんへ at 2008年06月03日 21:10
そうそう、黒沢さんので昨日・・お昼のうどんに
ごま油入れて失敗したんですね〜(爆)
回転寿司で味噌汁は良いかもしれませんね〜
まあ、良いところ取りしながらレコダイですね^^
で、黒沢さんは楽しみですが、しっかり指導されての話・・
その点レコダイは自分のペースで良いですよね〜
あぁ〜岡田教の信者になっていますからね(笑)
Posted by kun at 2008年06月03日 22:17
kunさん、こんばんは。
今日のこの記事を書いていて、「kunさんは、このごま油をやって失敗したんだなぁ・・・」って気がつきましたよ(笑)。
そうそう、良い所や簡単に真似できそうな所をつまみ食いしながらのレコダイがいいですよね。
いや〜でもホント、「いつデブ」のおかげで救われた人がたくさんいると思うので、岡田教と言ってもおかしくないですよね。私やkunさんは信者ですよね。
Posted by Kunさんへ at 2008年06月03日 22:34
私はキリスト教信者だから、信者って思うのは抵抗あるので、失礼だけど仲間〜!!って思ってます。オタク、ゲーマー、元三桁超…こんなにリンクしている人はなかなか今まで居ませんでした。

足りないものを足すっていうのは、私の場合記録するようになって初めて見えてきた部分なので、指導なしに一般の方がやるのは危険だと思います。

それと、私が最近やたら野菜ジュースが飲みたくって飲んでるんですが、血糖の上昇を緩やかにするんですね。(知らんかった)無意識に血糖値を落ち着かせるように体動いてるんだぁ〜って感動でした。
Posted by たすく at 2008年06月04日 10:34
たすくさん、こんにちは。
お腹の調子は大丈夫ですか?

仲間とか同志で、岡田さんはそのリーダーって感じですよね。オタク、ゲーマー、元三桁超っていうのは、今までにないダイエットリーダーですね。

やはりそうなんですね。足りないものを足すやり方は、指導があるべきものなんですね。

野菜ジュースの血糖値の話は初めて聞きましたが、こんな効果があるのが分かり嬉しいですよね。ミネラル豆乳ダイエットの赤星たみこさんのサイトでも、こんなことは触れられていなかったと思います。豆乳野菜ジュースが栄養面でも良く、血糖値にも良いなんて、ラッキーです。
たすくさんの身体も、必要なものを自然に求めるようになっているのかも知れないですね。身体が喜んでいるのかも。
Posted by たすくさんへ at 2008年06月04日 10:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)