スポンサードリンク

2008年05月28日

ダイエット[176日目]ギャル曽根、10リットル&和歌山電鉄の名物ネコ駅長「たま」、フランス映画に出演

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-22.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:87.7kg
体脂肪率:29.3%
BMI:29.2
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166
昼食
熟辛とうがらし麺340 ナッツ各種130 昼計470Kcal 朝昼計636キロカロリー
夕食
麒麟ゼロ66.5 カクテルバー1/2:100 日本酒216 しめさば174 冷奴90 パリパリポテト120 豚肉アスパラ巻き50 竹輪しそ巻き35 夜計851.5Kcal 今日の合計1487.5キロカロリー1487.5で合格決定お酒の日は日本酒でカロリー調整ができるので1500ギリギリまで攻めれるねわーい(嬉しい顔)
今朝の体重は100g減って87.7kg(−19.3kg)で記録更新NEW体重計に乗る前のお腹の空き具合からするともっと減っていると思ったのだけど100gだけだったね。これはやはり食事が少なすぎるからかも。量が少ないからお腹は減るけど、その割にはホメオスタシスで体重自体は、さほど減らないのかもね。体脂肪率は0.2%増えたので、この脂肪が燃焼して水分に変われば、また減るのかな?

昨日の「徹子の部屋」にギャル曽根さんが出ていた。
ギャル曽根さんが出るテレビは好んでよく見ていたが、今まで聞いたことがある話が多かった中で、初めて聞いたのが、一日に飲む水の量が何と10リットルと言ってましたむかっ(怒り)ビックリexclamation×2少ない時でも6リットルは飲んでいるって言ってましたよ。10リットルだと、500mlのペットボトルで20本ですよね(当たり前ですがたらーっ(汗))。すごいあせあせ(飛び散る汗)

「いつデブ」でもそうだけど、最近の健康法としてよく言われるのは、一日2リットルの水を飲もうってこと。私の場合は、3リットルくらいは飲んでいると思いますが、10リットルはすごいなぁ。ギャル曽根ちゃんがあれだけ食べても痩せているのは、10リットルの水を飲んでいるからなのだろうか?昨日の「徹子の部屋」の影響で、一日10リットルの水を飲むダイエットが流行ったりするのだろうか?

昨日も紹介されていたけど、ギャル曽根ちゃんの胃袋がすごいんですよね。あれだけの食事をした後のレントゲン写真(X線写真?)を見ると、胃袋がお腹中いっぱいに拡がっているんですよね。そりゃ考えてみれば、あれだけの物を食べてるんですから胃袋だってああなります。胃袋があそこまで大きくなるのですから、他の内臓は背中の方に押されることになって、以前見たテレビではギャル曽根ちゃんの背中がパンパンになって膨らんでいました。

で、驚いたことに、朝になれば体重が45kgに戻っているそうなんですよね〜。私なんかだと、前回の温泉旅行では一泊二日でたくさん食べたら3キロくらいは増えていたものです。でも、彼女は朝には元に戻ってるそうで、以前見た番組では、吐いているのではないかって疑われていましたが、その番組では一日に6回はトイレで大きい方をしているって言ってましたね。そりゃそうだわーい(嬉しい顔)あれだけ食べたら何度も出るよね。

別の番組では、やはり褐色脂肪細胞が多いということが分かってもいたね。

昨日も、昔、彼氏が初めて曽根家で夕食をした時のエピソードをしてました。その日のメニューはハンバーグ。曽根家では「ハンバーグは一人7個まで」と決まっていたらしく、彼氏は俵型の大き目の煮込みハンバーグを食べ終わるたびに「おかわり」を出され、遠慮して断ることができずにたくさん食べることになっちゃったそう。で、その後は、曽根家に来ることが減り、たまに夕食時になっても、「お腹が空いた」と言うくせにゴハンを食べることはなくなったんだって。ははは。

にしても、ハンバーグ7個までというのはすごい。
ギャル曽根ちゃんにはお姉さんと弟がいるそうで、3人とも小さい頃からこんな食生活だったようです。お姉さんはギャル曽根ちゃんより痩せているとか。この姉妹は、中学校時代に陸上部に所属していて、米俵や食品が賞品の市民マラソン大会に出場しては姉妹二人で賞品をゲットしていたと別番組で紹介されてましたね。

たしか同じ番組だったと思うけど、チャーハンだったかスパゲティだったか、ものすごい大皿にドカッと盛り付けて、きょうだい3人で食べていたシーンがあったなぁ。

「ネプ理科」だったと思うけど、ギャル曽根のことをいろいろ調べたら、ビフィズス菌が普通の人の何倍もあることが分かったんだよね。「赤ちゃんみたい」と先生に言われてました。

「デブタレ=大食い」というイメージが一般的かもしれないけど、大食い番組を見ると、出てくる人のほとんどが痩せているよね。ジャイアント白田さんにしても、ホットドッグ早食い世界一の日本人も、みんな痩せてるもんね。

そう言えば、ギャル曽根ちゃんは「満腹感」を感じることがないんだって。満腹中枢が働かないのかな。小さい頃から毎日あれだけの量を食べていたのだから、胃はあんなに大きくなるし、満腹中枢もおかしくなるのかもね。

ギャル曽根ちゃんがいいのは、綺麗に美味しそうに食べるところかな。大食い大会となると、ボロボロこぼしたり、口の周りや顔を汚しながら食べる人ばかりだったからね。でも彼女の場合は、食べ方がきれいだし、食べ終わったお皿もとても奇麗なんです。それも人気につながってるよね。昔は大食いで争っている最中なのに、手鏡でメイクを直していたりしたしね。

最近は昔のような強さがなくなってきた感じだけど、身体のためにはあんなに食べない方がいいのだろうから、弱くなった方がいいんだろうけどね。食べ続けないと仕事がなくなっちゃうのかなぁ。そのうち太りだしたりするのかなぁ。


和歌山電鐵・貴志川線の貴志駅では、9歳のメスの三毛猫「たま」が駅帽をかぶった姿で乗降客を出迎えるそうです。この「たま駅長」がフランス映画に出演することが決定したというニュースです。

フランスのドキュメンタリー映画で、世界各国のネコの生き方をとりあげた『人間の鏡としての猫』に、日本代表としてたまが出演するそうです。

記事によると、
もともと野良猫として生まれたたまは拾われた後、駅隣にある売店の店主に育てられた。今もこの売店から日曜を除く毎日、隣りの貴志駅に「出勤」しているという。給料は「エサ」の形で支払われる。

 たまが2006年に無人駅となった貴志駅の駅長に抜擢されたの2007年1月。それ以来、たまの人気は爆発的に急上昇。今では全国的な人気者だ。

 和歌山電鐵広報の山木慶子(Keiko Yamaki)さんによると、たまの駅長就任は「人件費削減対策の一環だった」というが、結果的には「福の神」となった。

 人気上昇に伴い、たまは1月、「スーパー駅長」に昇格し、駅長室も与えられた。4月に行われた駅長室の新設式には、中村愼司(Shinji Nakamura)紀ノ川(Kinokawa)市長や小嶋光信(Mitsunobu Kojima)和歌山電鐵社長も出席し、華々しく執り行なわれた。

 山木さんの話しでは、和歌山電鐵36人の従業員中、女性の管理職は、たまだけだという。


「たま」って女性だったんだね(笑)
全国的な人気者と書かれているけど、私は知りませんでした。
我が家の周りにも、いつも見かける3匹のネコがいるけど、居間からこっそり見ていた時に、物凄い速さでスズメを捕まえたのを見たことがあって、「そっかひらめきネコって肉食だよね〜」と気付いたのでした。犬も猫も飼ったことがないけど、ペットっていいなぁ。。。

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←ポチと言うとイヌですね
posted by マカロン at 11:01 | 好調好調 | Comment(13) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜
またコメしちゃいます〜
今日は1万歩歩いてきましたー
気持ちよかったです。
ギャル曽根さんの話ですかー
あの人は怪物みたいな胃袋ですよね〜
実は僕にはつい最近まで付き合ってた彼女がいるのですが実はその元カノも大食いだったんです
しかもかなり痩せていて体重は40キロいかないくいらいでした…
まぁ身長も結構低かったのですが…
付き合ってる当時は一緒にデートって名目で2人で大食いをしにいったりしていたのですが
自分は全くかなわなかったです。
おやつを食べに行こうと誘われて吉野家に連れて行かれた時はさすがに胃袋が壊れるかと思いました(+o+)
おやつで豚丼3杯とか平らげてましたからね彼女は…
人体の神秘です(苦笑
Posted by リョウ at 2008年05月28日 17:56
リョウさん、こんばんは。
一万歩も歩いたんですか?すごいですね。頑張ってますね〜。
元カノさん、すごいですね。ギャル曽根みたい。
40キロいかないくらいで、おやつに豚丼3杯だなんてすごいですね。そんなにたくさん食べる女の子というのも見てみたいものです。それはそれで可愛いでしょうね。
Posted by リョウさんへ at 2008年05月28日 20:40
今日は師匠、カロリー1,500に頑張りましたね
日本酒でってところが最高です(爆)

ペット、うちはワンコです
私は断然、犬派なんです
でも、ベタも良いですよぉ〜
ハムスターも飼っていましたね、、
夏はキリギリスがうるさい家です(笑)
生き物は癒されます。

水、、私はどれくらい飲んでいるのかな・・
1リットルじゃ足りませんね・・
意識しないと飲めませんね^^飲まなきゃね・・
Posted by kun at 2008年05月28日 23:50
あっ、今日は私も追加でお酒・・
飲んじゃった明日は心配ですが・・
消費カロリーに期待して(駄目ねぇ〜〜)
Posted by kun at 2008年05月28日 23:53
あそこまで食いっぷりがいいと凄かったです。
自分は週に3〜5回くらい1万歩くらい歩きますねー
もともと運動は好きなほうなんで(*^_^*)
あとは友達があいてる時は卓球をしたりしてます。
野球も大好きなのですが人数がそろわないので無理ですね…
運動は結構やりたいと思ってます。
といっても体重があるので膝に負担がかかりやすいので
決して無理をせずできそうなら動くみたいな感じで運動はしてます。
Posted by リョウ at 2008年05月29日 00:12
たぶんね、代謝が良くなければ大食いはできないんですよ。

私が印象に残ってるのは、大食い番組全盛期にガンガンそういう大会に出まくっていたある男性。120sくらいになってたでしょうか、メディカルチェックでなんと糖尿病が判明、突然リタイアって展開でした。今爆食している人たちも代謝が悪くなった時点で引退したほうがいいです。一気にメタボるでしょう。って、なんか心配になるんですよ。あんなに食べてる人を見ると…おせっかいですから。
Posted by たすく at 2008年05月29日 00:27
kunさん、こんばんは。

今日は1500ギリギリまで攻めましたよ(笑)
料理は作ってもらったものを食べるしかないので、食事での調整は難しいんですよね。お酒だと「あと一杯」とか「あと半分」とかって自分勝手に調整できますから。逆にオーバーしそうな時はお酒を減らして調整しています。

kunさんちはワンコなんですね。ワンコも好きです。30歳くらいまでは断然犬派だったんですが、30を超えた頃からネコのほうが好きになりましたね〜。ラーメンも同じ頃に味噌から醤油に好みが変わりました(笑)。

ベタはいいですよね。ほぉ、ハムスターとキリギリスもいるんですね。たくさんいますね。生き物は別れが辛いのでしょうけど、癒されるんでしょうね〜。

早く痩せるためには、消費カロリーがあったときでも摂取カロリーを増やさないで我慢した方が本当はいいんでしょうけど、長く続けるためには消費カロリー分のご褒美はあってもいいですよね。カロリーを把握できているのなら、レコダイの精神には反しないんじゃないかなぁ。やめずに長く続けるのが第一ですもんね。
ビールを増やしたのかな?お酒と書いてあるから、珍しく日本酒でも飲んだのかなぁ?
Posted by Kunさんへ at 2008年05月29日 02:09
リョウさん、こんばんは。

週に3〜5回も1万歩歩いてるんですね。運動と食事療法の組み合わせだから、いい感じで痩せそうですね。
ほぉ、18歳の若者も卓球なんてするんですね。私は学生時代に野球をやっていましたよ。たしかに人数がそろわないと無理ですけど、キャッチボールも楽しいですね。何十年もやってないなぁ。
ウォーキングやジョギングは一人でできるのでダイエットにぴったり。有酸素運動だしね。膝への負担もウォーキングなら少ないですし、無理して痛めたりしたら元も子もないですもんね。
Posted by リョウさんへ at 2008年05月29日 02:17
たすくさん、こんばんは。

へぇ〜、大食い番組に出るような人で、そこまで太ってしまった人がいたんですね。糖尿病になってリタイアしたとは・・・。たしかに、そうなるのが当たり前と言えば当たり前かもしれませんね。こういう人の心配までなさるとは優しいですね。母性なのかなぁ。。。

そう言えば、食べ物の消化が身体にとっては一番エネルギーを使うことだし、負担がかかることだと「ライフスタイル革命」に書かれていましたっけ。だから、食事を野菜や果物中心にすると消化に負担がかからず、その分のエネルギーを身体の改善に使えるようになるから、医師が見放した病気なども治せるそうです。

「常識破りの超健康革命」(松田麻美子さん)もその流れの本で、著者は病気を治しましたし、本の帯には「果物をたっぷり食べたほうが糖尿病は完治する!」と書かれています。私はこのダイエットでひと月に7kg落ちたんですけどね。

また、甲田光雄さんの「朝食を抜くと病気は治る」という本も私の本棚にありますねぇ(笑)一日二食主義のかたです。

大食いの人たちは太っていないとは言え、消化のために物凄いエネルギーを使っているでしょうから、食べれば食べるほど疲れているのかもしれませんね。
Posted by たすくさんへ at 2008年05月29日 02:36
卓球は中学時代にやってました〜
市大会では2位までいきました(*^_^*)
野球は小学生のころまでしかしていませんでしたが
一番好きなスポーツです♪
全国大会によく出るくらいのまぁまぁのクラブに所属していたのですが自分たちの代は関東大会1歩手前で終わってしまいました…
一応1軍で4番は打っていたのですが超ド級の体格(横幅だけ)の割には長距離タイプではなくアベレージタイプでよくレフトに流してました(自分は左利き)
野球は大好きなので語れるとおもいます(*^^)v
この年ですが1番好きな野球選手は長嶋茂雄です!
そして今日はこっちの方は雨が降りしきっています…
休養も兼ねて今日は家でゆっくりとしたいと思います。
Posted by リョウ at 2008年05月29日 09:30
リョウさん、こんにちは。
卓球も野球も上手なんですね〜。
強豪チームの4番を打っていたとは凄い!
「超ド級の体格(横幅だけ)」ということは、運動をやめてから太ったということではないんですね。
左打ちの流し打ちってカッコイイですよね。打率が良いバッターだったんでしょうね。

えっ!ミスターのファンなんですね。ビックリ〜。
私の場合は、長嶋さんが引退していて、現役をギリギリ知らない世代なんです。なので、私のヒーローは王貞治さんですね。

そちらは今日は雨ですか。ゆっくりするのもいいですね。
Posted by リョウさんへ at 2008年05月29日 11:40
自分は幼稚園の年長から太りはじめました。
なんで自分の痩せてる姿ってのを知りません。
ですので今回のダイエットは好奇心がかなり強いですね〜。
小学3年くらいまで少し太っている程度だったのですが
小学4年に足を故障してその間動けないでいっきに体重がふえましたねー。
中学1年の春で70キロくらいありました…
あとたしかに自分は打率がいいタイプでしたね。
足を怪我するまでの間は王さんみたいな1本足打法でしたよ(*^_^*)
王さんが好きなんですか〜
あの人は化け物ですよー
自分はミスターの生サインボールを部屋に飾っています
間違いなく自分の1番の宝物です♪
あと自分は巨人ファンなのですが今の巨人で好きな選手は二岡と清水隆行です♪
あ、ちなみに今日初めて88キロに突入しました〜
Posted by リョウ at 2008年05月29日 20:19
リョウさん、こんばんは。
痩せた自分を見るのが初めてというダイエットって、なんだか面白いですね。
一本足打法をやっていたのも面白い。
ミスターの生サインボールを持ってるんですか〜!すごーい!長嶋さんに会ったことがあるってことなのかな。すごいなぁ。
二岡と清水の生え抜きが好きというところが、根っからの巨人ファンって感じですね。
おお〜!88キロ突入、おめでとうございます。
Posted by リョウさんへ at 2008年05月29日 21:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)