スポンサードリンク

2008年05月25日

ダイエット[173日目]89kg切ったど&琴欧洲 初優勝

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-22.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:87.9kg
体脂肪率:29.3%
BMI:29.3
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166
昼食
焼きそば(イカ・キャベツ・玉ねぎ・サラダ油)320 朝昼計486キロカロリー
夕食
麒麟ゼロ66.5 カクテルバー1/2 日本酒154 エビとブロッコリーとしめじの炒めもの127 アスバラベーコン巻き126.6 カボチャ80 トマトにんにく20 夜計674.1Kcal 
おやつ
チョコレート114 今日の合計1274.1キロカロリー1274.1で合格決定1500ギリギリまで摂取するはずだったのに、このくらいで終わっちゃったっす。。。ふらふら
今朝の体重は500g減って87.9kg(−19.1kg)で一気に行くかと思えた87kg台に突入できました。ただ、500gも減ったので少し戻るだろうね。
体脂肪率は29.3%なので、久しぶりに体脂肪重量を計算してみると、25.75kgということになります。目標まであと22.9kgね。

太っていると、学生時代に相撲とか柔道とかをやっていたように思われることが多い。逆の立場でも同じように思うだろうから、それはそれでしょうがないね。親戚の男の子なんかがすぐに「相撲やろう」と言ってきたのは、今にして思えば太っているからなんだろうね。で、わざと負けてあげてるのに、「太ってるのに相撲弱いね」などと言ってくるんだから・・・ふらふら

その子が私の体型に関することを何か言った時に、その子の親や周りににいる大人が「そんなこと言っちゃダメ!」と慌てて叱ったりする。子供の発言は気にならないけど、大人のその反応の方が傷つきますから〜もうやだ〜(悲しい顔)「言っちゃダメ!」と叱るほどのことじゃないんで、慌てて否定しなくても大丈夫ですよ〜。通りすがりの知らない人とかに「デブ!」とか言うようになると困るから、慌てて躾けるんだろうけど、親戚・親族の子供が言うことなら、言われても気にしないんだけどね〜わーい(嬉しい顔)

大相撲を見たり、関取をテレビなどで見るときに思うのが、「自分もこんな体型なのか?」「自分と同じくらいの体重かも」「相撲取りと同じ体重だなんて・・・」などといろいろ思うわけだけど、お相撲さんと同じ体重だったりすると嫌なんだよね〜。だから、その人が何キロなのか調べたりすることはなかったんだけど、昨日、初優勝を決めた琴欧洲のニュース写真を見て、「いったい何キロだろう?」と思い調べてみました。

この写真を見ると、体型は今の私と変わらない感じさえしちゃうので、同じくらいの体重だったら嫌だなぁと思いつつ見てみたら、155kgと書かれていたのでホッとひと安心。
ところが、身長が202cmもあるんですねぇ〜むかっ(怒り)そんなに大きいのか・・・。見た目の体型が同じと言っても、鍛えている人の身体とは全然違うだろうけどね。それにしても2メートルもあったのかexclamation

琴欧洲の優勝が決まるということでテレビ観戦をしましたが、お父さんが桟敷席にいらっしゃって、優勝が決まったあとは立ち上がって喜んでました。ブルガリアの小さな旗を振って。
お父さんは嬉しそうで、他のお客さんたちに拍手で祝福されていて、なんだかあったかい空気でいっぱいになってたし、その姿を見た琴欧洲も少し笑顔を見せて嬉しそうだったね。

琴欧洲の体重を調べてみたら、琴欧洲って「琴欧洲勝紀」という名前なんだね。本名はカロヤン・ステファノフ・マハリャノフ。星座は魚座、血液型はO型。琴欧州だった四股名を琴欧洲に変えたんだね。「角界のベッカム」と呼ばれていたことなんて、すっかり忘れていましたよ。そう言えば、そう言われてましたよね。

一昨日の不甲斐ない敗戦に涙して望んだ昨日の一番でした。今場所は角番だったみたいで、場所前も不安視されていたなかでの初優勝だったようです。角番で本気になったのかな。ヨーロッパ出身力士による優勝は史上初めてになりました。強い力士はモンゴルと東欧ばかりになりそう。来場所からは綱取りを目指すことになるけど、どうなるのかなぁ。

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←レコダイブログの番付は、横綱?大関?
posted by マカロン at 10:35 | 好調好調 | Comment(4) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今日も低いカロリーですね・・
ホメオスタシスが発進・・発動?ですか(笑)
いいなぁ〜減っているんですから・・
明日もまた・・駄目かも^^
Posted by kun at 2008年05月25日 22:04
kunさん、こんばんは。

体重の動きは分からんですね(笑)
すごく食べ過ぎた場合は別ですけど、少し食べ過ぎたときも、少し食べなさ過ぎたときも、体重に反映されるのは、一日か二日遅れる感じかもしれません。

やっぱり「三歩進んで二歩下がる」で少しずつ前進するしかない。スピードはともかく、減ることは疑いないですもんね。

kunさんは運動もしてるし、二日続けて合格したのですから、明日は落ちてるかもしれませんよ。あ、ダイエット開始から90日目ということは、「75日目の変化」が出る頃だったりして?

でもでも、なかなか合格できなかったのに、二日続けてクリアできたんですから、それだけでも前進できましたよね。そのご褒美は必ず近いうちにありますよ〜。
頑張ってますもんね。
Posted by Kunさんへ at 2008年05月25日 22:25
遊びに来ました〜!
私も琴欧州関のお父さんの姿に、心温まりました。

確かに、うちの夫も「柔道とかされてました?」ってよく言われてました!実際は「帰宅部」です。
昔から運動嫌いだったそう。
岡田さんのレコダイは無理に運動しなくていいのが魅力ですよね。

カロリーってやっぱり1,500下回ると代謝が悪くなる感じしますよね。
でもレコダイはじめると、逆に1,500取るのが難しくなることありますよね。

時には思うように体重が落ちない事もありますけど、長期間かけた生活習慣の見直しが最終的なダイエットの成功になると思うので、逆に気長に続ける方がいいと思います。
焦らず、ゆっくり頑張りましょう♪
Posted by あいくま at 2008年05月26日 09:41
あいくまさん、いらっしゃいませ〜。
コメントもありがとうございます。

レコダイを始めたころにあいくまさんのブログを見つけ、食い入るように読ませていただきました。私と同じような年齢と身長の旦那さんがきちんと減量できていたので、レコダイを信じる大きな力になってくれたのです。ありがとうございました。

いや〜、今でも旦那さんのSサイズにはビックリしていますよ、ホント。
「帰宅部」とのことで、もともと華奢な体型だったからSサイズでもOKだったのかもしれないですね。ゆとりを持たせてもMサイズのスリムって言うんですから、ホント凄いです。私は野球をやっていたので行ってもLサイズだと思うのですが、Sサイズの自分なんて小学生の頃かも(笑)

1500を下回ると代謝が悪くなる感じなんですね。あ〜やはりそうなんですね。先行者のお話しは参考になります。
あいくまさんは、いつも1500ギリギリの食事を用意されてましたよね。いつも美味しそうだし♪
私も自分で食事を用意しているわけではないので、カロリーを意識して作ってくれることが本当にありがたいことと感謝しています。あいくまさんは偉いなぁと思ってました。

目標達成後はカロリーを増やすと旦那さんが希望されているようですから、これからも参考にさせていただくと思います。よろしくお願いします。
もう少しで目標達成ですから楽しみですね。
あいくまさんの頑張りが報われる瞬間ですもんね。
Posted by あいくまさんへ at 2008年05月26日 10:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)