スポンサードリンク

2008年05月17日

ダイエット[165日目]ユニリーバが新しい減量食を発表&肥満は心の病気

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-23.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:88.6kg
体脂肪率:29.4%
BMI:29.5
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166
昼食
しらすチャーハン(目玉焼きをのせて)360 肉団子入りスープ100 昼計460 朝昼計626Kcal トイレ13日以来でスッキリ!
夕食
ゼロ生115 日本酒134 牛肉・たまねぎ・なす炒め523 煮物(大根・こんぶ・シーチキン)102 夜計874Kcal 今日の合計1500キロカロリー1500でピッタリ合格決定お肉が多過ぎだったよ。苦しい。以前なら足りないくらいの量なのにね。肉が多かったのでカロリーが多く、日本酒をいつもより減らして1500ジャストにしました。飲み足りないもうやだ〜(悲しい顔)
今朝の体重は300g減って88.6kg(−18.4kg)、体脂肪率は0.1%減って29.4%。18キロ以上も落としてるのに、まだまだ先は長いなぁ。。。

ひとり暮らしじゃなくなってから、すっかりご無沙汰してるモスバーガー。今日は前回のケンタッキーフライドチキンに続き、一番食べていた当時のカロリーを計算してみようと思います。

・匠味十段・730kcal(1000円もするハンバーガー)
・匠味チーズバーガー530
・スパイシーチリドッグ400
・スパイシーモスチーズバーガー450
・モスチキン3本 786kcal(モスチキンも美味しいのよね〜)
・フレンチフライポテトL320
・玄米フレークシェイク230
・フローズンケーキバー150

ここまでで3596Kcalにもなります。
でもケンタのときと同じで、案外、カロリーは行かないように感じるのは私だけ?あの、お腹が苦しいほどのいっぱい感から想像するともっと行ってるような気がしていたけどね。
ま、これにビール200、カクテルバー400 くらいが足されるから、4200Kcalになるんだけどね。で、昼ごはんもプラスで、5000とか5500くらいになるのかも。これだけ食べても一万キロカロリーとかにはならないのねわーい(嬉しい顔)

匠味バーガーが出る前なんかだと、ロースカツバーガー 367kcal、テリヤキバーガー 463kcal、テリヤキチキンバーガー 341kcalなんかも定番だったし、モスと言えばのモスライスバーガー海鮮かきあげ 364kcal、
モスライスバーガーきんぴら 240kcalも一緒に買うことが多かったなぁ。あ、あと、ナンカレードッグとかも美味しかったなぁ。

ナチュラルハイジーンダイエットの時は、パンの代わりにレタスになってる菜摘バーガーを食べるようにしたんだけど、パンがレタスになるだけで130Kcalくらい減らせるんだよね。あ、パンじゃなくて何とかって言うんだったなぁ。何だっけ?
で、その菜摘バーガーって思っていた以上に美味しかったです。シャキシャキレタスがいいし、冷たいから具のあつあつと相まってより美味しかったよ。

ここまでの量を食べるのは食べ過ぎだけど、適量だったらダイエット中だって食べれるんだよね。「いつデブ」で岡田さんが書いている方法(美味しいところだけ食べて残りは捨てる)は、やっぱり抵抗があるのでできないけど、そこまでしなくても、食べたいものを1個とか2個くらいなら食べても全然大丈夫だし、少し食べ過ぎたとしても、他の食事で調整したらいいんだしね。それに、完全に食べ過ぎてオーバーしても、翌日や翌々日まで広げて調整してもいいし、極端に言えば、一週間、一ヶ月単位での調整でも数字上だけなら大丈夫。

ま、今だと、1個、2個食べたらお腹がいっぱいになるだろうけどね。
岡田さんが「いつデブ」の「軌道到達」段階で、レコダイ前に大好きだったものを食べてみるというテストを書いていたけど、一個食べたら満足できそうな気もするなぁ。

レコダイは、大好きな物を一生我慢するようなダイエットではないんだよね。って言うか、普通の食生活って、好きなものを我慢する必要はないんだよね。食べ過ぎなけらばいいわけだ。

ま、それを知っていながら無視してばかりいたからメガデブになったんだけどね。今食べておかないともう食べられないというような気持ちになっていたように思うけど、いつだって食べられるし、いつ食べてもいいんだと思えるようになって、心に余裕ができたと思います。

こうして考えると、やっぱり病気だったのかもね。
「異常な食欲」程度にしか考えてなかったなぁ。肥満は病気って言われてるけど、本当に病気だったと今になってやっと分かったような気がするよ。「今頃気づいたの?」って言われそうだけど、あの食生活は病気だったね。身体の病気というより、心が病んでいたんだろうね。「食べ過ぎ」だって分かっているのに直せないんだからね。

「肥満は病気」という言葉を見聞きした時に身体の病気だとぼんやりと捉えていたけど、この言葉って、「心の病気だよ」って言っていたんだね。今、気がついたよ。


食品・家庭用品大手ユニリーバが、新しいダイエット食品を開発したというニュース。特定の気体や液体で体積を膨張させた食品を食事前に摂取すると満腹感が得られることを利用した新しいミルクセーキ風ダイエット食品だそうです。

スプレー式ホイップクリームの原理を利用したものだそうだから、ヘアムースとかみたいな膨らみ方ってことかな?テストでは、通常の製品の半量でも満腹感が持続するんだって。これまでは、満腹感が15分程度しか持続しなかったらしいけど、この新製品は1-2時間以上も満腹感が続くんだって。

こういうのって、気持ちが満たされないからメガデブな私には効果が無いと思っていたんだけど、一食をこれに置き換えるような利用の仕方だったら、上手く使えるかもね。今朝食を豆乳野菜ジュースにしているようにね。

3食これだけとか、これだけで2週間過ごすなんて方法は絶対に失敗するダイエットだけど、一日のうちの一食をこれに替える程度なら大丈夫かもね。あ、違うのか。食事量を減らして、これを一緒に飲めば大丈夫ってことなのかな。

ま、おそらく私は飲むことはないだろうけどね。

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←レコダイが上手く行っている人、多いですよ。

posted by マカロン at 11:03 | 好調好調 | Comment(4) | TrackBack(1) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
岡田さんが前に、「3食をみんな充実させようと思うと大変だから、食事に優劣をつける」って言ってましたよね。置きかえって究極の優劣だと思いますよ。後の食事が豊かになりますもん。

時には野菜が食べたくなって、後の食事で野菜のおかずをチョイスした日にゃ、食べても食べてもカロリーに達しないなんてことも。

でも、私は噛まないとダメ。歯ごたえのない置き換えは苦手です。
Posted by たすく at 2008年05月17日 23:46
最近の話題のケンタッキーを食べたくなり、2ピースだけなら500kcal未満なので、超久しぶりに買いに行ってきました。
ごく普通に応対されたんですが、奇妙な感じが・・
普通の人は2ピースぐらいが普通で、特別珍しい注文の仕方ではないんだな〜とか思いながら帰ってたんですが、それとも違うような・・

たぶんですけど、デブじゃない人扱いされたのかな?
女子高生らしき店員さんが他に何をすすめるでもなく「はいどうぞ」とごく普通に商品と釣銭を渡してきただけなんですけどね。
「この人デブなのにこんなに頼むの?」とか「こんなに食べるからデブなのね」とか「私はプロなのでお客さんを差別したりしません」とか、「デブの割に少ないわね」とかを一切感じなかったんですね。
私の考え方が変わったのか、相手が変わったのか。両方なのか?。

わかっていただけますかねこの感じ。機会があったら一度実践中さんもお試しください、変な感じですよ。

ところでお名前は実践中さんでよろしいですか?
Posted by 傘 at 2008年05月18日 00:04
たすくさん、コメントありがとうございます。

そうですよね。
3食を同じようなカロリーにするより、1食でもそれなりに食べられるほうが満足できますよね。

私は朝を豆乳野菜ジュースにしているので、そこでカロリーを稼げるし、栄養も確保できるので、余裕を持って昼と夜の2食を食べることができていると思っています。

昔から朝は食べなくても平気なので、歯ごたえのない豆乳野菜ジュースでも私の場合は大丈夫です。我慢して置き換えているというわけではなく、この朝食にはとても満足してるんです。すぐに昼ごはんになりますしね。
Posted by ◆たすくさんへ◆ at 2008年05月18日 00:10
傘さん、コメントありがとうございます。

へぇ〜、そんな空気を感じたんですね。
面白〜い。

ケンタの記事を書いたときに、「ドライブスルーだと体型がばれないから・・・」というようなことを書きましたけど、たくさん買うときは「家族の分も買ってるのです」と自分に言い聞かせていましたねぇ(笑)店員さんにどう思われてるかってことは、気にしたことがありませんでした。気にしないように無意識にしていたのかも知れませんけど、自分ではそれほど太っていると思っていなかったこともあって、コンビニで買い込むときでも、どう思われてるかは気にしなかったですねぇ。「一食分だと思わないでね」とは心の中でつぶやいていましたけど。

でも、もっと痩せてから買いに行ってみたら、傘さんが感じたような空気を私も感じるかもしれないですね。何だか楽しみです。

でもでも、こちらが意識しているだけで、向こうは何も思っていないような気もしますけどね。

名前は真剣に考えてなかったので、他の方のブログにコメントするときは、「レコダイ実践中」にしてるんですよね。何かつけようかなぁと初めに少し考えたんですけど、何だか思い浮かばなくて・・・。なので、実践中でも何でもいいですよ。

このブログに最初にコメントをくださったkunさんは、なぜか私を「師匠」と呼んでくださいますが、私はまだ実践中の身なので、まだまだ「弟子」ですよね。

傘さんのお名前は面白いですね。
Posted by ◆傘さんへ◆ at 2008年05月18日 00:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

そうか!減量の恥ずかしい情報
Excerpt: ★ボクサー式減量スーツ★協栄ボクシングジム認定 今日も元気にブログ更新しますよ。...
Weblog: 減量って気になりませんか?
Tracked: 2008-05-19 00:09
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)