スポンサードリンク

2008年05月16日

ダイエット[164日目]動画:アンジェリーナ・ジョリー双子妊娠!&過去ダイエットのカロリー

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-23.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:88.9kg
体脂肪率:29.5%
BMI:29.6
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166
昼食
スパゲティ130g:496 ナポリタンソース70 キャベツ2 塩辛20 オリーブ油30 昼計618Kcal 朝昼計784キロカロリー 塩辛のスパゲティを初めて食べたけど、なかなか美味しかったよ手(チョキ)
夕食
ごはん220 みそ汁50 豚肉と野菜炒め210 豆腐・レタス・トマト90 夜計570 今日の合計1354キロカロリー1354で合格グッド(上向き矢印)
今朝の体重は300g増えて88.9kg(-18.1kg)、体脂肪率も0.1%増えました。4日続けて落ちていたので、そろそろ戻る頃だよね。明日はストンと落ちる日かもぴかぴか(新しい)

昨日、昔のケンタッキーをドカ食いしていた時のカロリーを計算してみました。一番好きなのが鶏肉なので大好きなケンタで計算したんだけど、他にもお寿司やモスバーガーやマクドナルド、ピザハットなどで、過去にどれだけ食べていたのか計算してみたいとは思っているのですが、今日は過去に実践したダイエットのカロリーを計算してみようと思う。

初めてダイエットをしたのは大学時代だけど、それはジョギングだったので除外。ダイエットなんかしたことがなかったし、興味もなかったので、体重を落とすにはランニングってことで、恥ずかしくないように夜になってから走ってたっけ。若き日の自分たらーっ(汗)

そのジョギングは長く続かず、目に見える効果も無かったんだったかなぁ。そこで、ダイエットはどうやるものなのかと本屋に行って見つけたのがガッツ石松さんのダイエット本でした。ボクシングの減量体験を活かしたノウハウだったと思うけど、食事を減らしても満足できる方法とか、効果的な運動の仕方、入浴方法、魔法の食べ物として「豆腐」が紹介されていたことなんかは覚えている。本はもう無くなってしまったので詳しいことは分からないけど、20年以上前に「豆腐」に注目していたのは、なかなか先見の明があったのかも、ガッツ氏。
このダイエットは、ごはんを半分の量にしたり、ビールを半分にしたりするようなものだったんじゃないかなぁ。。。覚えてないや。

あ〜、もう順を追うのはいいやパンチ
思い出せる内容のダイエットのカロリーをさっさと計算してみますハートたち(複数ハート)

ガッツ石松ダイエット後にやったのが、「たまごダイエット」でした。「卵ダイエット」?「玉子ダイエット」?ま、どれでも同じだけど、当時ブームになったダイエットです。

このダイエットもそうだし、最近流行のダイエットでもあるのが、「手書きのメモが口コミで広がった」みたいなダイエットね。この「たまごダイエット」もそんな触れ込みだったはず。最近の何かのダイエットでも、同じようなことが書かれていたし(野菜スープダイエットだったかなぁ)、数年前のダイエットでも同じようなことが言われていたように思う。口コミで広がり→医者や研究機関が検証する、という同じ手法が使われているのかもね。ダイエット・ビジネスの戦略は20年以上経っても変わっていないってことかな。もっと以前からかも知れないけどね。

で、その玉子ダイエットは、1週間の食事メニューが決まっていてそれを二回やって2週間で終わるダイエットだったと思うが、初日はたしか朝昼晩の3食はそれぞれ玉子3個ずつだったと思う。玉子料理なら何でも良かったはずだけど、玉子焼きとか目玉焼きになると油を使ってしまいカロリーが高くなるので、ゆで玉子を食べるようにしていた。
ということは、ゆでたまごのカロリーは80〜90Kcalくらいとすると、初日は9個なので、720〜810キロカロリーということになる。初日以外は玉子中心ながらも野菜とかお肉も食べれたと思うけど、この食事ならすぐに体重は落ちるに決まってるよね。2週間続ければ絶対に減量できるに決まってるけど、通常の食事に戻せばリバウンドするのは目に見えているのに・・・。一回目に何キロか落ちたので、リバウンドした後にまたこの玉子ダイエットをやったっけなぁ。。。このダイエットをしていなけらば、その後のオデブ人生はなかったかもしれないなぁ。ここからダイエットとリバウンドを繰り返すようになったんだもんなぁ。。。もうやだ〜(悲しい顔)

で、社会人になって仕事にも慣れて来た3年目ぐらいの頃かなぁ。体重が89キロになり、「このままだと90キロになってしまうがく〜(落胆した顔)」と思っていた時に目に留まったのは、「りんごダイエット」
リンゴだけを食べるダイエットなんだけど、りんごが大好きだったし、お腹いっぱい好きなだけ食べていいというダイエットだったのでやってみることにしました。

結果から言うと、たしか10キロくらい落とすことに成功し、69.9kgという数字を一日だけ見た記憶があります。89kgから69.9kgまで減量できたのですが、目標達成と同時に我慢が爆発したので、すぐに過食への道へと突き進んだはずです。だって、最初は一度に2個3個って食べれるんだけど、何日かやっていると、もう噛むことすら嫌になってきたんです。最後の方はお腹は空いているのに食べる気がしなくなっていたと思います。会社にリンゴを何個も持って行ったっけなぁ。
その後、リバウンドして90キロを超えた時に、またリンゴダイエットをしたのでした。だって、10キロ減量を成功させた実績があるのですから、また頑張れば出来るって思ったのです。でも、2度目はもう辛くて継続できなかったんじゃなかったかなぁ。。。
一日3個くらいだと一個150Kcalだとして450キロカロリー。2個ずつ3食なら900Kcalかぁ。痩せるだろうけどねぇ。

(う〜ん、また長くなってる〜)

次にやったのは「トマトダイエット」かな。また単品ダイエットなんだよね〜。面倒臭がりだから、簡単な単品ダイエットを選んでばかりだったね。これはトマトだけ食べるダイエット。好きなだけトマトを食べれるダイエットだけど、どんな感じだったか覚えてないや。
トマトは中くらいで25Kcalとすると、一日に6個くらい食べたとしたら150キロカロリーかどんっ(衝撃)あまりにも少ないね。痩せるに決まってるけど、危険なダイエットだったかもね。一日9個だとしても225Kcalだって。無理があるよね〜。

もう長くなり過ぎだ。。。
20キロ減量したダイエットと30キロ近く減量したダイエットがあって、どっちがどっちだったか忘れちゃった爆弾んだけど(かなり前にブログにも書いたんだけど、記事にした時は思い出せたのか?)、一つは「カロリー計算」ダイエット。今のレコダイと同じっちゃあ同じだけど、無理なダイエットだったし、「いつデブ」を読んでないからマインドセットもできてなかったね。

で、もう一つは「ナチュラルハイジーン」ダイエットで、簡単に言っちゃえば、野菜と果物だけのダイエット。たまにお肉もお酒も飲んだけどね。

まず「カロリー計算」の方だけど、「やっぱりカロリー計算が必要なんじゃないか?」とやっと気づいてやってみたんですよね。流行のダイエットって、最初に必ず「面倒なカロリー計算は必要なし!」というのが謳い文句になっているので、面倒臭がりの私はカロリー計算ダイエットなんて、それまでやってみようなんて思ったことがなかったんですよね。と言うか、カロリーを意識したら、何も満足に食べられないと思い込んでいたんですね。好きな食べ物が食べられなくなるような気がしていたんですね。

で、「カロリー計算って面倒と言われているけど、今までやったことがなかったなぁ。これだけいろいろダイエットをしてみて失敗ばかりなのだから、一度やってみようか」と、取り組んでみたのでした。

ただ、やはりそこは面倒臭がりなもので、朝は食べず、昼はカレーライスとかラーメン、うどんなど。夜は、ごはん、みそ汁、ささみ、という感じでした。茹でたササミが毎日なので、醤油・ソース・ケチャップをローテーションしていたっけ。一日1400Kcal程度にしていたはずです。
これを4ヶ月くらい続けて、20キロか30キロ近く痩せたんですけど、風呂上りに立ちくらみすることが結構あったので、無理なダイエットだったのかなぁ。1400キロカロリーなら充分食べているとも言えるけど、栄養バランスが悪かったのかもしれませんね。

で、もう一方の「ナチュラルハイジーン」のダイエットでは、とにかくたくさんの野菜を食べました。それまでの人生で食べた分と同じくらいの野菜を食べたんじゃないかなぁ。野菜ジュースを手作りしたし、サラダにかけるドレッシングも野菜で手作りしたくらいですからね。最初のひと月で7キロくらい落ちたはずなので、こっちが30キロ近い減量に成功したダイエットかも。

このダイエットは身体も快調で、体質改善もされてることが実感できたし、「ライフスタイル革命」という本も世界の名著25選に入るほどの本だったので、考え方も素晴らしくマインドセットされたと当時は思ったんですけどね。「一生、この食事を続けられそう」って思ったんだけど、生活面でいろいろあって、結局やめちゃいましたね。面倒になったこともあるかもなぁ。でも、この当時、大好きなモスバーガーでパンがレタスのハンバーガーを食べるようにしていたんけど、これって予想以上に美味しかったよ。カロリーは抑えられるし、美味しさはそのままだからどちらも満たされて大満足だったっけ。モスバーガーも行かなくなったなぁ。美味しいよなぁ。。。

こうして振り返ると、「面倒臭がり」がすべてに悪い影響を及ぼしていた感じだね。面倒だから単品ダイエットばかりだし、カロリー計算をしても面倒だから毎日変わらないメニュー。やっと出会えた良いダイエットも、面倒だからってやめちゃった。

そんな面倒臭がりなのに、レコダイが5ヶ月以上続いていて、これからも止める気なんかサラサラないのは、自分で食事を用意しなくていいからだろうね。それがハッキリ今日認識できたよ。

過去のダイエットを見ても、我慢してやり遂げる力は持っているけど、面倒臭がりが邪魔をして、無理なダイエットを選択したり、良い方法も継続できなかったりしている。

今やってるレコダイは、食事を用意する面倒な部分は自分にはないので、得意な「我慢を継続させる」だけでいいわけだ。我慢といっても、レコダイはそれほど我慢しなくていいダイエットだけどね。

その点で、やはり自分にピッタリのダイエットだったように思う。
おそらく自分で食事を用意していたとしたら、ここまで継続できなかったのではないだろうか。だから、自分で食事で用意してレコダイを実践し、成果を挙げている人たちは素晴らしいと思う。尊敬しちゃいます。

今思い出したけど、「いつデブ」を読んで「これをやろう!」って決めた時って、心の中に「食事は母が作ってくれるから楽できるし・・・」という気持ちがあったのは事実だ。だから、こうして現時点で18キロ以上の減量が出来ているのに全然辛くないのは、母のおかげだし、一緒につきあってくれている父のおかげでもあるんだね。自分だけが頑張って上手く行ってるような気になったりするけど、実は自分の力なんて30%くらいだし、ここまで継続できて成果が出ているのは100%、母の頑張りだな。その頑張りに報いたいから、「あと一口」とか「甘いもの」とかを我慢できているんだよね。だからホント、自分だけの力で頑張っている人は素晴らしいと思うなぁ。

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←頑張ってる人たちがいっぱいいます。尊敬!

もう既にかなり長くなったけど、今日のニュースから。

【動画】カンヌ映画祭、『カンフー・パンダ』レッドカーペットにA・ジョリー登場 というニュース。
アンジーって妊娠したんだったね。それも双子だって。
大きいお腹でレッドカーペットに登場。旦那のブラッド・ピットも一緒だよ。双子だからか、かなり大きなお腹だけど、綺麗な笑顔だね。やっぱり幸せだからかなぁ。ダスティン・ホフマンが笑いかけてるのに、アンジーってば無視してない?

で、一緒に出てたので、こっちも掲載。
双子はフランスで出産するらしいよ。言葉の通じない病院って不安じゃないのかなぁ。お金持ちだから、通訳を雇ったり、看護師を雇ったりできちゃうだろうけどね。お、記事を読むと、家ではフランス語もつかっているんだって。養子がいたと思うけど、その子もフランス語を使ってるのかぁ。カンボジアかどこかの養子だったはずだなぁ。カンボジアってフランスが統治していたんだっけ?そういう関係なのかなぁ。。。
アメリカ人ってフランス語が好きだもんね。


posted by マカロン at 11:18 | 好調好調 | Comment(4) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。こんにちは。

優しいお母様がいらして羨ましいです。
ご家族で協力しあうのもレコダイ。
私のようにせいぜい自炊は週一(恥かしいなぁ)
一人サブウェイorコンビ二食で続けるのも
レコダイなんですね(笑)

応援してます。年末が楽しみですね☆
Posted by ている at 2008年05月16日 16:45
ているさん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

40才にもなって母親というのもお恥ずかしい話ですが、羨ましいと言っていただき、とても嬉しいです。本当は「優しい奥さん」がいいんですけどね(笑)

岡田さんも薦めていたサブウェイですね。
食べてみたいのですが、最近こちらに進出したばかりで、まだ食べたことはないんですよ。

コンビニは、ひとり暮らしの時は毎日お世話になっていましたね〜。
一日一食だけど好きなだけ食べていいダイエットをした時には、夜中過ぎに仕事から帰宅して、途中のコンビニで買い込んだ弁当やサンドイッチや惣菜、ビールなどを思いっきり食べたりもしました。お腹が空いているので、ものすごい量でしたねぇ。

でも今なら、コンビニやスーパーでも、それなりに考えて食事ができるのではないかとも思っていますが、どうでしょうね。

応援、ありがとうございます。
私も年末が楽しみです☆彡
Posted by ◆ているさんへ◆ at 2008年05月16日 17:01
早速のお返事ありがとうございます。

仰るようにコンビニの買物も変わりますよね。
昔は唐揚げとか豚カツの1000kc級の
お弁当を全くの迷いも無く買っていたのですが(笑)
今はおにぎりとサラダでせいぜい500kcなのですから
変わるもんです。

あとサブウェイはホントいいですよ。
男性の主食には少々物足りないかもしれませんが
サイズも分けられてますしハマル人はハマルみたいです。
機会がありましたら試してみてくださいね。

最後に私はサブウェイの社員ではありませんので(笑)
Posted by ている at 2008年05月16日 17:55
ているさんも食生活を変えたんですね〜。

サブウェイを食べるのが
さらに楽しみになりました。
Posted by ◆サブウェイ社員(笑)のているさんへ◆ at 2008年05月16日 20:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)