スポンサードリンク

2008年05月14日

ダイエット[162日目]淋しい女は太る?&数字の「4」は幸せの「し」

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-23.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:88.7kg
体脂肪率:29.9%
BMI:29.5
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166
昼食
にぎり寿し367 スープ春雨(チゲ鍋味)89 昼計456Kcal 朝昼計622キロカロリー
夕食
ゼロ生115 日本酒216 しめサバ174 まぐろ80 トマトマリネ85 サーモンマリネ32 じゃがいも80・にんにく3・たまご1/3:25・片栗粉10・バター26 夜計846Kcal 今日の合計1458キロカロリー1458で合格決定日本酒をまた少し多めに飲めたよ手(チョキ)
今朝の体重は200g減って88.7kg(-18.3kg)で記録更新NEW
先月末のプチ停滞期を抜けてからは、また週に一キロ減のペースが戻ってきた感じ。今月末に恒例(?)の温泉いい気分(温泉)一泊旅行があり、「飲んで食べて」の二日間になるだろうから、またダイエットは回り道しなきゃならなくなるけど、それが人生だからOK、OK決定遠回りしてもゴールに向かっているのだし、遠回りした方が楽しいかもしれないし、遠回りしなきゃ気づかなかった新しい発見があるものだしね。

前回3月末の温泉旅行時は、2.3キロ増えたけど3日くらいで戻ったからね。三日間くらいの停滞はあることだから遠回りと言うほどのことではないかもしれないね。つい順調に落ちる場合と比較してしまって、回り道とか遠回りって思っちゃったけど、案外そうでもなかったんだね。前回の記録があるから、こういうことも分かるわけかぁ。記録しておくことのメリットかもね。

それに、食べる時にある程度のブレーキは掛かっていたので、レコダイ前よりも明らかに食べる量は減っていた。胃が小さくなっていたからという理由もあるけど、カロリーを意識していたからという理由の方が大きかったと思う。

ま、意識していても、美味しそうなものが目の前にあり、アルコールで理性も弱くなっちゃうから、つい手が伸びてしまうんだけど、以前は、目に入り「食べたい」と思ったものを「たくさん」食べていたところを、「食べたい」と思ったものを「少しだけ」食べるようになった部分もある。目に入ったもの全部を食べなくても満足できることに気がついたし、「たくさん」食べなくても満足できることが分かったのだと思う。

もちろん、ダイエットへの意識を無視したら、「美味しそう」って思ったものをお腹が苦しくなるくらい食べてしまうのかもしれない。食べたいと思ったものをたくさん食べることって、とっても気持ち良かったからね。昔、「淋しい女は太る」という本がベストセラーになっていたけど、先日の東山ヌード「Tarazan」にも、「人間の一番のストレス解消法は食べること」とあるように、お腹いっぱい食べることって心も満たされるんだよね〜。「食べたい」「欲しい」って欲求が思いっきり満たされるんだから、欲求不満の解消になるのでしょう。

じゃあ、ダイエットをやると食欲は常に満たされることがなく、常に欲求不満でストレスが溜まる一方かと言うと、過去にやった数々のダイエットはそうなったけど、今やってるレコダイはそうはなってないように思う。

岡田斗司夫さんが、「いつデブ」にはダイエットを成功させるための心理的要素も盛り込んでいる、みたいなことを言っていたと思うけど、それは間違いないと思う。そのおかげで食欲をコントロールできてると思う。それに、レコダイだと案外食べれるから、それほどストレスにならないんだよね。

そして何より、「食欲を満たすこと」よりストレス解消になっているのが、「体重が減っていること」なんだと思いますぴかぴか(新しい)

人間の一番のストレス解消法と言われている「食べること」を我慢しているのだから、その欲求不満を満たすのはその対価である「体重減」ということになるのでしょうね。

だから、体重減が停滞すると辛くなってくるし、そこで辛抱できなくなってドカ食いして自己嫌悪。で、それがまたストレスになってドカ食い。で、ダイエット自体をやめてしまって、リバウンドへ一直線ということになるのかもしれませんね。

でも、レコダイをやってみて分かったのは、ドカ食いしても普通の食事に戻せば、体重もすぐに戻るってこと。こんなことはレコダイをやる前から知っていたはずだけど、知っていても実践はできてなかったんだよね。

また、「今の食事では太って当たり前」ということが記録することで見えてくるし、自分では食事に気をつけていて食べてないつもりでも、実際はそんなことなかったということが分かることが大きいと思う。

ま、私の場合はレコダイ前にダイエットに入っていて、「助走」と「離陸」を実践していないので、自分のそれまでの悪い食生活をきちんと記録して見直す段階を経てはいないんだけど、今、1500Kcal以内の食生活を続けてみて、昔ものすごいカロリーを摂取していたことだけは分かった。どのくらい食べていたのかって今でも思うので、「助走」と「離陸」は経験したかったなぁ。気が向いた時に、昔の食生活を思い出して計算してみようかな。

ダイエットの最大の敵は「ストレス」ってことになるのかな。


不吉な数字とされる4が並んだナンバープレート「4444」が、100万香港ドル(約1330万円)で落札されたというニュース。女性が落札したみたいだけど、取材のコメントを拒否してるそうで、どんな人かは分からないようです。

日本でも4は不吉な数字と言われてますが、中国語でも「死」と似た発音を持つので嫌われているんですね。

でも、広東省潮州の人々には、4は縁起の良い数字のようで、潮州語の発音では、数字の4は風水でお金の象徴である「水」と似ているんだそうです。

日本だって、4は「幸せ」の「し」だし、9は「苦しむ」ではなく、「(幸せが)来る」ですよね。あ、それよりも4444ならフィーバーかな。今どき「フィーバー」なんて言わないのかなわーい(嬉しい顔)

このニュース記事の写真は「四つ葉のクローバー」だし、ペ・ヨンジュンの「太王四神記」にハマっているんですが、朱雀・青龍・白虎・玄武の四神や四つの神器が出てきます。日本でも東西南北の門の守り神になってますよね。そう言えば、四天王というのもありますね。

だから、4だって縁起が悪い数字と言うわけではないですよね。

ひらめき、私の誕生日は4日だった。今まで不吉な数字だなんて意識したことなかったのに、今日、今この瞬間に意識してしまったわい。
いや、いや。幸せの「4」、幸せの「4」・・・・。

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←他のレコダイ実践ブロガーの調子はどうかな?

posted by マカロン at 11:30 | 好調好調 | Comment(2) | TrackBack(1) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然の訪問、失礼致します。

夏本番に向けて
まだまだ、間に合う
緊急ダイエット特集をしております。

もし、ご興味がございましたら
私のブログにも遊びに、いらしてください。
http://blog.livedoor.jp/beauty_rich/

ご興味のない方には
大変申し訳ございませんでした。
このまま、消去してください。
Posted by 美を追求するおさむです。 at 2008年06月06日 07:04
おさむさん、はじめまして。
夏に裸をさらしたのは、いったいいつが最後だったかなぁ(笑) ま、海にすら行っていないですけどね。
太っていると人前で着替えたりするのも恥ずかしいですからね〜。
夏に裸を見せる予定のある人は、夏までに痩せなきゃってダイエットするんでしょうね。無理なダイエットをして夏を乗り切っても、その後が辛いですよね。私のようなリバウンドをしてしまうと、長い間ダイエットとの格闘人生になっちゃいますから、正しいダイエットをしてほしいですよね。
Posted by おさむさんへ at 2008年06月06日 09:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

簡単!名刺管理術!
Excerpt: 簡単!名刺管理術 大型予約注文入りました! 昨年大型の予約注文をくれた会社が、また今年も大型の予約を くれました。 おにぎり300個 お茶 150本 大福 150個 ちょうど、応対した時に..
Weblog: コンビニ店長nanaruの実践経営日記
Tracked: 2008-05-14 17:49
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)