スポンサードリンク

2008年04月29日

ダイエット[147日目]C・ロナウド 2年連続PFAプレーヤー・オブ・ザ・イヤー受賞

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-25.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:90.5kg
体脂肪率:30.2%
BMI:30.1
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166 
昼食
梅おにぎり148 昆布おにぎり163 小おにぎり50 煮付け120 そうめん50 昼計531 朝昼計697キロカロリー
夕食
ごはん200 みそ汁50 サバ味噌360 豆腐ニラしめじの卵とじ60 夜計670 今日の合計1367キロカロリーexclamation今日も合格でんな曇り決定
今朝の体重は100g減りました。体脂肪率は0.2%増えています。体重が増えてグッド(上向き矢印)体脂肪率が減ったバッド(下向き矢印)翌日がストンと落ちる日と予測しているので、明日はその日ではないわけか?

昨日観たテレビで、「温泉の入り方」の説明があったんだけど、42℃以上のお風呂だと長い時間入れないから血液が体中を3回しか回らない。だから、10〜15分くらい入れる温度のお風呂に入り、温まった血液が10回くらい体中を回るようにした方が、全身の血行が良くなるのでオススメと言っていた。

最近、42℃のお風呂に入るようにしていたんだけど、5分くらいを2回入っている。10分くらいになるので時間的にはOKかもしれないが、熱いお風呂から上がると、立ちくらみがするんだよね。熱いお風呂はこれが危ないんだそうだ。

若い時なら、この湯上りの立ちくらみとかめまいも気持ちがいいんだけど、さすがにこの年になると「危ないかも」って思う。ダイエットとリバウンドを繰り返したせいなのか、心臓や頭に違和感があったりするのだから、最近の入力方法は、やはり危険かもしれないなぁという心配はある。そこに来て、昨日のテレビだ。

半身浴を最初に提唱したお医者さんの提案だけに、やはりそちらに切り替えようかなぁと思ったのでした。今日から42℃のお風呂はやめようと思います。

こういうことって、ダイエットでもよくある話だよね。

岡田斗司夫さんも「いつデブ」に書いてるけど、ダイエットを始めると他のダイエットの情報が気になるし、次々と出てくる新しいダイエットも気になったりするんだよね。それに、ダイエットをしてることが分かると、ああだこうだってアドバイスをしてくる人なんかもいて、その通りにしたほうがいいのかなぁなんて思わされることもある。

で、苦しいダイエットをしていたり、停滞期とかだったりすると、「このダイエットはダメみたい。あっちのダイエットにしよう」って針路変更をしたりするんだよね。あっちにフラフラ、こっちにフラフラしてしまって、結局ダイエットをやめてしまったりしちゃう。

私もどうなるか分からないけど、レコーディングダイエットは苦しくないし、実際にもう16.5kgも落ちているんだし、頑固だったりするんで、もうどうにもこうにも落ちないよぉって状況になるまではレコダイはやめないと思う。そういうときは、運動をして消費カロリーを増やすか、食事内容を見直すことかな。
って言うか、摂取カロリーについては一生意識して注意しなくてはいけないことだと分かったのだから、記録は続けなくなるだろうけど、永遠に摂取カロリーを意識した生活を送ることは決めたんだよね。決めたと言うか、正しいことに気づいてしまったのだから、気づいたことをやらないってことは無理があるように思う。人間って、気づいたことを無視することは難しいのかもしれないよ。だって、毎日、毎食、そのたびに自分を裏切り、誤魔化し、正当化しなくちゃいけないんだから、これって案外きついことだと思う。

以前も、ある程度自分を誤魔化して正当化しながら太り続けていたのだと思うけど、ハッキリ気づいていなかったから、それほど罪悪感みたいなものは無かったのだと思う。少しはあったかもしれないけど、太り続けていたのだから、今ほどではなかったのだろう。

でも今は、完全に気づいてしまったのだ。そうなると、1食、2食くらいなら誤魔化せても、ずっと自分を正当化しながらは生きられなくなった気がする。毎日毎食のことだからね。たまにしかないことなら、できちゃうのかも知れないけど。

ただ、ここで気をつけなきゃいけないのは、その罪悪感が「食べること」への罪悪感になることかも知れない。食べることを罪悪と考えるようになると、拒食症や摂食障害になるのかも知れないね。それに、自分をダメな人間だって思うようになることにも気をつけなきゃね。「決めたことを守れない自分はダメだ」って常に考えるようになっちゃったら、どんどんそういう人間になっちゃうからね。

過ぎたるは・・・だし、反省しても後悔しないってことで。


クリスティアーノ・ロナウドが2年連続でPFAプレーヤー・オブ・ザ・イヤーを受賞したニュースです。

マンUことマンチェスター・ユナイテッドのクリスティアーノ・ロナウドですが、本当にすごい選手です。最近はシーズン終盤に来て、少し精彩を欠いているように思いますが、イングランド・プレミアリーグとCL(欧州チャンピオンズリーグ)を合わせて38ゴールも決めてるんですよね〜。

リバプールのフェルナンド・トーレス、スティーブン・ジェラード、アーセナルのセスク・ファブレガス、エマヌエル・アデバヨール、ポーツマスのデヴィッド・ジェームスらとの争いになったようですが、2年連続での受賞となりました。

加速するドリブル、足技、フリーキック、シュートなどなど、本当に見ていて素晴らしいし楽しいしビックリすることばかり。しばらくロナウジーニョがサッカー界の中心にいましたが、最近はロナウドが中心にいるのかもしれませんね。ロナウジーニョも大好きだけど、見る機会がないのが残念。NHKがBSでプレミアリーグを放送してくれて、そこにロナウドがいてくれたから、今季はとても楽しめました。今、ノリに乗ってる最高のプレーヤーの活躍を見れたことは幸せです。

彼らやタイガー・ウッズやイチロー、A・ロッドなどの超一流選手と同じ時代に生きられることって、本当に幸せなことだと思います。アイルトン・セナとかもね。その時代、時代に、そういう人物っているのだと思うけど、同じ時代に生まれなければ見ることができないですからね〜。この時代に生まれたこと、この時代に生まれてくれたことに感謝、感謝でございます。世知辛い世の中だけどね。


にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ

posted by マカロン at 11:08 | 好調好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)