スポンサードリンク

2016年01月24日

ダイエット[2973日目] 強く噛むダイエットは?

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-8.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:73.6kg
体脂肪率:20.8%
BMI:24.5
食事
朝食
465kcal
数日前、鍋料理を食べた翌日の朝。
いつものように体重計測をしたら、なんと75キロ!

やっぱ、鍋は食べ過ぎる。
ただ、鍋は野菜も多いから、一時的に増えているだけということもあるけどね。

ゴンちゃん(懐かしい〜)が2回来てくれたので、その次の日は、ガツンと体重は減りました。
ホッ。


昨日の夕食時。
新しい画期的なダイエットを思い付いたので、他の人に言われないうちに、ブログに書いてしまおうと考えて、今日は書いています。

その新しい画期的なダイエットとは…

 『強く噛むダイエット』


「1口に30回噛む」ようにすると食べる量が減るからダイエットになる、というのは、かなり昔から言われていますが、1口に30回も噛むのは、効果は高いんですが、けっこう面倒だったりします。

そんなことを考えながら夕食を食べていたときに、「強く噛むようにしたらどうだろう?」と思い付きました。

なんか良さそうな気がしません?


脳も活性化しそうだから、認知症予防にもなったりして。


「強く噛むダイエット」

商標登録とか、実用新案登録出願とかをしたらいいのかな?


まあ、効果があるかどうか、まだわかりませんけどね。


posted by マカロン at 10:27 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)