スポンサードリンク

2013年06月18日

ダイエット[2023日目]スタンディングで安心してたのに腰痛ふたたび?

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-5.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:70.8kg
体脂肪率:15.2%
BMI:23.6
食事
朝食
658kcal こげ蜜まんじゅう
昼食
1495kcal お久しモスバーガーで!
夕食
650kcal
おやつ
310kcal total=3113kcal 3000かい!!


今朝の体重は300g減って70.8kg(36.2kg減、あと5.8kg)
体脂肪率は0.3ポイント減って15.2%


日曜日、父の日の御馳走で食べたり飲んだりしすぎたせいで、昨日は一気に71.1キロまで増えてしまった。70キロを飛び越えちゃったから朝の計量ではビックリ!


そのビックリで腰を抜かしたわけじゃないと思うけど、昨日からまた腰痛が出てしまった。

数ヶ月前のことなのに記憶があやふやになってしまっているけど、今のスタンディング・デスク生活に切り替えたのは、もともと腰痛対策がきっかけだったはず。

で、座ってるよりはダイエット効果もあるかもね、くらいの気持ちでいたら体脂肪率が急速に激減したんだった。

その、そもそも腰痛対策で始めたスタンディング生活。
これにしてから腰痛になることがなかったと思うので(これまた記憶が曖昧模糊モコちゃんだが)、やっぱり立ちっぱなしスタイルにして良かったな〜なんて思っていたりもしていた。

もうすっかり大丈夫と油断というより、完全に心配しなくなって忘れていたくらいだったのに、また腰痛が出てしまった。


土日は普段よりイスに座る時間が増えてしまうからなのかもしれない。


まぁ、腰痛と言っても、激痛が走るレベルにまではまだ行ってないんだけど、食事のときなどに一度イスに座ってしまうと、そのあとはしばらく腰を伸ばすと痛くて、腰を伸ばせないような感じ。

立ってしばらくすると伸ばせるようにはなるんだけど。


冬の雪かきで腰痛が出た時に、あのなんとかってポーズをやったら3日くらいで治ったので、もしかしてスタンディングではなくて、あのポーズが効果的だっただけなのかも。


それだけ効果的だったポーズの名前も、やらなくなったらすっかり忘れてしまったんだけど、ポーズだけは覚えているので、これも再開。


レコダイの記録帳を見返してみたら、「パピーポーズ」だった。
そうそうそんな名前だったね。
お世話になったのに忘れてメンゴ、メンゴ。


今回もこのパビーポーズで治ってくれることに期待なんだけど、これで治るのだとしたら、やっぱり背筋不足なんだろうな。


中学の時の腰痛はもっと大変だったけど、その頃言われたのは、腹筋と背筋のバランスが悪いと腰痛になるって。

パピーポーズはおそらく背筋を鍛えるポーズだと思うから。


スロトレのペースが減ったことや、それこそ体重が増えていることなんかも影響しているんだろうな。
お腹が出ると背筋でバランス取るわけだから、腰に負担がかかるわけだし。

まぁやはり運動不足もあるのだろう。

パピーポーズをしばらく続けなきゃな。


ってか、毎日やるようにすべきかも。


ご訪問の記念にポチしてみると幸せが訪れるかも
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエット ブログランキングへ
Diet [2023 days]
Again low back pain but have confidence in standing?



Weight this morning 70.8kg (36.2kg down, after 5.8kg) decreasing 300g
Body fat percentage is 15.2%, decreasing 0.3 percentage points


Sunday, due to too much eating and drinking at the feast of Father's Day, up to 71.1 kg had increased at a stretch yesterday. I was surprised in the measurement of the morning because I got to jump over the 70 km!


I think that it does not mean leave out the waist with the surprise, but low back pain has gone out also from yesterday.

Memory is turned into uncertain and to such things a few months ago, but it was switched to a standing desk of life now, should low back pain measures were originally opportunity.

In, maybe there is also a diet effect than sitting, body fat percentage seemed I was depleted rapidly If we had been in the feeling much.

That, in the first place standing life that began in the low back pain measures.
Because I think did not have to be low back pain from the time you this (memory is the moko-chan vague this also is), it was or even thought that is! ~ That was good to the style been standing still.

Rather than alertness already a fine, low back pain has gone out again, but was was much forgot to no longer worry completely.


Time to sit in a chair than usual may be because of such would increase on Saturday and Sunday.


Well, even if I say low back pain, and I have not already done to a level severe pain runs but, once sitting in a chair at a time when, for example, a meal, you can hurt and stretch the lower back a while after that, I do not reach out a waist feel like.

The'm made to lengthen as after a while standing.


When the back pain came out in shoveling snow in winter, since healed in about three days I get a pause me somehow that, it is not a standing perhaps, that pose Maybe only was effective.


The name of the pose was effective much, I was completely forgotten it when it is no longer done, but because I remember only pose, this is also resumed.


Why do not you look back at the record book Rekodai, it was "Puppy pose".
It was such a name Oh.
Mengo, Mengo forget to was taken care of.


I do expect that to be healed me in this Pabipozu this time, but if that was the case of cured Now, Might not a lack spine after all.


Low back pain at the time of the junior high school was harder, but I was told at that time, it 's become low back pain balance of back muscles and abdominal muscles and bad.

Because I think Puppy pose that's pause to train your back probably.


And that the pace of Surotore is reduced, something that body weight is increasing what it also Might not have been affected.
Well, because of that reason take balance in the spine stomach goes out, then the burden is a translation across the waist.

I wonder there is also a lack of exercise also Well.

Do not, unless you stick a while Puppy pose.


Tteka, I might should try to do every day.


Be happy to visit and try to Poti in commemoration of your visit
Maybe you happy and try to visit as a memento of your visit ポチ
blog recording diet to diet Japan Blog Village
a Japanese village blog

recording diet blog ranking
posted by マカロン at 20:09 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マカロンさんこんばんは(’-’*)♪
腰痛とのことですが大丈夫ですか?
あるアスリートの方が背筋の重要性について腹筋の二倍背筋は鍛えるようにしていると語られていました

私が昨日書いたゲッタマン体操もそのあたりが肝なような気がします
肩甲骨重視の運動なんですがこのあたりに褐色脂肪細胞が沢山あるのはマカロンさんもご存知ではないかと想います

背筋鍛えることは腰を鍛えることにもダイレクトに繋がると想うしあとは意外に太ももの筋肉って腰痛対策の要だったりするんですよ
だから腰痛体操にスクワットがあったりします

私が棚からぼた餅的に体重落とせたダンベル&ゲッタマン体操は即効性はないですがじわじわと少しずつ効果が蓄積されていく手応えはありましたよ("⌒∇⌒")

マカロンさんも「腰は男の命」でもありますし(笑)背筋&肩甲骨&太ももにちらりと着目してみてください(o^−^o)

背筋は鍛えて損はないですしバキバキに割れた腹筋より鍛えられた背中も素敵ですよん("⌒∇⌒")
Posted by もなか at 2013年06月18日 23:09
もなかさん、ありがとうございます。

腰は今のところひどくなってないので助かりました。
伸ばせなくて不恰好な姿からは解放されてます。
油断禁物ですけどね。

「腹筋の二倍背筋は鍛える」
というのは、感覚的には分かるような気がします。
腹筋はつきやすいぶん落ちやすく、
背筋はつきづらいけど落ちにくいっていう印象がありますし。


ゲッタマン体操って肩甲骨重視の運動なんですね。
そういうのは今までなかったから興味深い。
でも、肩甲骨まわりの柔軟性や褐色脂肪細胞などは、以前から重要視されてましたよね。
動画もあるようなので時間を作って見なくては!


へぇ〜!太ももの筋肉が腰痛対策の要だったりするんですか!
初耳です。
スクワットはスロトレでは継続してますし、立ちっぱなし生活でもふくらはぎを中心におそらく太ももも少しは鍛えらているのでは、と期待はしてます。


そうそう!
「即効性はないですがじわじわと少しずつ効果が蓄積されていく」
こういうのが一番効果的で本物だということが最近はわかってきました。ダイエット以外のことも同じかもしれません。


ほほ〜!「腰は男の命」ですか(笑)
でも、男に限らず、腰は本当に命ですよね。腰が弱くなるだけで、何もかも不便になります。
っていうか、どこでも痛みがあるだけで、人間はダメになっちゃいますね。


バキバキに割れた腹筋ってのは、やっぱり憧れではありますが、背筋のカッコ良さってのもありますよね。鏡でなかなか見れないから、どうしても表側ばかり重要視してしまいがちですが。


そう言えば、もなかさんは昔から背中(背筋)の重要性やカッコ良さに触れていたような…違ったかな?
Posted by もなかさんへ at 2013年06月19日 20:50
またまたこんばんはですヾ(´ー`)ノ
ダイエットってなんだろうと考えるとそれが目的ではないですよね
私のなかのダイエットは身体のメンテナンスの向こうにあるものです
健康を目指すなかで得られるのが減量

標準体重というのも指標に過ぎないと感じています
身体はひとそれぞれ
そのひとの健康に至適な体重がそのひとの理想体重じゃないかなあと

私がゲッタマン体操とダンベル並行して始めたのが去年の夏
新しい職場の冷房対策のためだったんです実は(^^;)
マカロンさんも運動は朝するか夜するかという記事をいつぞや書かれたように思いますが私は去年からは朝にしてまして冷房対策にジャストな手応えがありました
そして冬には標準体重に戻れて今はまたひと絞りできた感じです("⌒∇⌒")理想はあとひと絞り(^^;)
マカロンさんもあとひと絞りな位置にいらっしゃるように感じますが今こそ男の背筋プロジェクトというのは如何でしょう?
今写真撮影をストップされてるようですが背面を撮影されてみるのも新しい刺激になると想いますし背筋鍛える先に割れた腹筋がついてくるかもしれませんよ("⌒∇⌒")


ビロウな話ですが快適なお通じのためにも背筋腹筋ワンセットなんですよね

そうそう私昔から背中フェチなんですよ(*ノ▽ノ)
若々しさというのも背中が肝心なような気がします

お互い身体のメンテナンスを目指しながらオマケでアンチエイジングもできればいいですねヾ(´ー`)ノ
Posted by もなか at 2013年06月19日 22:39
もなかさん、ありがとうございます。

そうですよね。
ダイエットをすると、どうしても体重を落とすことが目的になってしまうんですが、肉体的にも精神的にも健康になることを目指すはずなんですよね。

たしかに、痩せて見栄えが良くなることは嬉しいことだけど、体も心も幸せになっていないのなら意味がないのかもしれません。
本当に幸せだったり、自身が納得できるなら太っていても問題なしですもんね。


そうそう、標準体重も目安ですよね。
そもそも何をもって標準とするかってところもあるし、おっしゃるように人それぞれの身体ですしね。


運動は朝のほうが良いのを実感できますよね。
冬の雪かきで感じたんですが、朝に汗をかくくらいの雪かきをするとその後は体が熱い状態が続くので、脂肪が燃焼しているような気になります。
ただ、暑くて薄着でいるとカゼひきそうになりますし、運動の勢いで食べ過ぎたりもしがちですが。


もなかさん、標準体重からひと絞りできていて、さらにひと絞りできたら、かなりの絞りぶりになるんでしょうね。
私は、あとひと絞りでは足りないような・・・。


あ〜なるほど。
快適なお通じのために背筋も必要なんですね。
言われてみれば当然か〜。


そうそう!
もなかさんは、以前も背中の写真も撮ったほうがいいって言ってましたね。思い出しました(笑)

うん、たしかに、「若々しさは背中から」っていうか、「老いは背中から」って人は多かも。背中がシャキっとしていると若く見えますもんね。


おお!
もなかさんから、「アンチエイジング」という言葉を聞くのは、以前はなかったかも。時の流れるのは早いですからね(笑)
Posted by もなかさんへ at 2013年06月20日 19:54
うわぁ、もなかさんだぁ、お久しぶりです。よこスレ女たすくです。

最近はダイエッターの看板は外した方が良いんじゃないかって状態になってます。今は食パンブログ……かな。それも、小説の更新が忙しくて、放置ブログになってますけど。

ところで、ゲッタマン体操、冷房対策に効きますか! 

私も50の大台に乗っちゃって、ホント代謝悪くなってるんですよね。余程気をつけないと、すぐリバるし、なんせ寒い。お店で(ウチ冷凍ケージに扉ないんですよ)今年最後まで冬ジャンパー着てました。

一応ゲッタマンさんの出てた番組を娘が見ていて(彼女はダンスを見てたんですけどね)しっかり本は買ってあります。

DVDでどこまでやれるか分からないから二の足踏んでたんですけど、やってみようかな。
Posted by たすく at 2013年06月22日 01:32
たすくさんお久しぶりですヾ(´ー`)ノ
実はマカロンさんのとこにカムバック(笑)するきっかけはたすくさんのブログだったんですよ("⌒∇⌒")
ふと想いだしてどうしてらっしゃるかなあとこっそり伺ったらたすくさんもマカロンさんもいらっしゃって("⌒∇⌒")

ゲッタマン体操は私にとってはもはや「やらな損」くらいお得な健康法ですね

私も今の職場の冷房対策に半信半疑に始めたんですが朝の空腹時ちょこっとした時間で多少でも温まったら幸いくらいに思って

そしたら体重の減りは特になくても身体は引き締まるし温熱効果はバッチリでした("⌒∇⌒")

私も痩せたり太ったり繰り返しだから万年ダイエッターです
ダイエットって本来の意味は「生き方」だったりするんですよね

どう生きるべきか模索するサバイバーとしてのダイエッター

たすくさんもゲッタマン体操嘘と思ってやってみてください(o^−^o)

じっくり丁寧に十回ずつ

私ゲッタマンさんの回しものじゃないですが(^^;)体操はホントにオススメですヾ(´ー`)ノ

たすくさんめ私のこと覚えてくれてたんですね( ノД`)…←感涙 ありがとうございます("⌒∇⌒")
Posted by もなか at 2013年06月23日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)