スポンサードリンク

2012年05月14日

ダイエット[1623日目]好事魔多し

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-4.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:68.7kg
体脂肪率:17.1%
BMI:22.9
二回目測定
体重:69.5kg
体脂肪率:16.6%
BMI:23.1
食事
朝食
トイレゴンちゃん中一日。300     大川スロトレ



今朝の体重は700g増えて68.7kg(38.3kg減、あと5.7kg)
体脂肪率は0.2%減って17.1%



やはり昨夜のジンギスカンが効いて、体重は大幅アップ!

まぁ、それもあるけど、この2,3日は水分の出も悪いような気がしてる。

たくさん食べたり、肉を食べたりすると、水分の出が悪くなるよう気がするので、もしかしたらそういう時は身体には水分が必要で、だから水分の抜けも悪くなるのかな?と考えたりしています。


ゴンちゃんのご無沙汰が長くなっても、水分の抜けは悪くなるんだけどね。
ゴンちゃんが来ると、その後、水の通りが良くなることが多いように思っているんだけど・・・。


「好事魔多し」
Good things face many obstacles.
(好事は多くの障害に直面する)



これって、いつも心配になっちゃうんだよね。
北海道日本ハムファイターズの好調な選手や、テキサス・レンジャーズのあの異常に好調な選手などなど、あまりにも好事な選手って、大きなケガをしそうで怖いんだよな〜。

かなり前、すごく好調な競馬のジョッキーがいたんだけど、落馬で大ケガをしてしまって、その時に、この「好事魔多し」というのが使われていたことで、このことわざ自体を覚えたんだよね。


それ以来、あまりに好調過ぎる人物を見ると、なんか心配になってしまうようになりました。

「好事魔多し」はダイエットでもあるよね。

いい感じで体重が減ったり、ドカンと減ったりすると、嬉しさや油断などもあったりして、「ご褒美」なんてことをしちゃったりすると、それで一気に火がついちゃって、食欲がどうにも止まらなくなるなんてことがあるからね。


そんなことなら、また気を取り直したらいいだけだけど、ガンガン減るのが嬉しくて、知らないうちにどんどん頑張り過ぎちゃってて、身体を壊したりする場合もあるんだよね。

体の不調って遅れてくると思うんだけど、ってことは、症状を自覚した時には、かなり悪い状態になっている場合があることになるでしょ。

ダイエットにとっての「好事」って、ガンガン痩せていくことなのはそうなんだけど、自分の頑張っていることが成果として出ていることはとても嬉しいことだし、調子よく行っている時点では体調不良なんてまだ出てなかったりするからね。

こういうことからしても、「好事魔多し」って言えるのかもしれない。

うまく行っている時って、やっていることが正しいって思っちゃうもんね。
やっていることが報われているとも思っちゃうし。


好事があれば魔があるのは、どちらも自分ではどうしようもできないものなら、しょうがないのかもしれないけど、ダイエットの場合は、自分でできる部分が大きいわけだから、ダイエットでは、「好事魔なし」ってことが可能だよね。

「好事、ま!多し」ってことで。


いつも応援ありがとうございます。
レコダイ(レコーディングダイエット)は成功者が多い。
実践している人がこんなに。
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエット ブログランキングへ
タグ:好事魔多し
posted by マカロン at 20:09 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)