スポンサードリンク

2012年05月10日

ダイエット[1619日目]げすの後知恵

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-4.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.8kg
体脂肪率:17.1%
BMI:22.6
二回目測定
体重:69.2kg
体脂肪率:16.0%
BMI:23.0
食事
朝食
腹筋腹割プロジェクト



今朝の体重は100g増えて67.8kg(39.2kg減、あと4.8kg)
体脂肪率は0.4%減って17.1%



またチョイト増えたか。
体脂肪率は減ったけど。


今日の感じだと、また明日は増えているかもしれないな。
68キロ台になるのか?


やはり、ジワジワと増えるのを止められないのか?


そう言えば、NHKの「あさイチ」で、ダイエットネタをやってなかった?

「時計遺伝子」というものの研究が進んでいて、ダイエットやガン治療に利用されているとか。

ダイエットだと、細胞が脂肪をためこむ時間とかなんだろうね。
私の「3時のおやつ」説は、実証されるのか?


薬は使う時間次第で、「手術は出来ない」と言われたほど進行したガンや、リウマチのつらい痛みが劇的に改善した例もあるんだとか。


BMAL1というのを、だいぶ前に見たことがあるけどね。

【時計遺伝子ダイエットの鉄則】
鉄則その1:朝食をとり3食。  朝:昼:夕≒2:3:3
鉄則その2:食事の時間は一定に
鉄則その3:夕食は早めに。分食を利用せよ

朝食をとると、内臓の時計遺伝子がリセットされ適切に働けるようになる。
夕食は午後9時(できれば午後8時)までにすませる。
どうしても夕食が遅くなる場合は、夕食1食分を2回にわけ、1回は夕方に、1回は遅い時間に食べる「分食」する。

前提になっている大原則は、「食べ過ぎない」ことだって。
それができるなら、ダイエットしてないよね〜(笑)


睡眠時間や食事時間などが大幅に変わる不規則な生活をしていると、さまざまな病気のリスクが高まることがわかってきたそう。

時計遺伝子ストレスがかかると、がんや高血圧、心筋梗塞、肥満、メタボリックシンドロームなどのリスクが高まるんだって。

起床時間を一定にして、朝食をしっかりとって、深夜に強い光を浴びないことだって。


「げすの後知恵」
It is easy to be wise after the event.
(事がすんでから賢明な判断を下すのは簡単だ)



たしかにね、後になってから文句いう人が、最近は増えてきたように思うんだけど、経験したからこそ分るってこともあるのは事実だけどね。

「後知恵なんですけど・・・」って気持ちは忘れちゃだめだよね。
最初から知っていたみたいな顔で言うから、「下衆」の後知恵になっちゃうのかも。


実際に経験したら、180度考えが変わることってあると思うけど、下衆にならないように気をつけなきゃね。


いつも応援ありがとうございます。
レコダイ(レコーディングダイエット)は成功者が多い。
実践している人がこんなに。
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエット ブログランキングへ
posted by マカロン at 19:51 | 絶好調絶好調 | Comment(4) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨夜は
朝はcoffeeのみ。
昼はミックスサンド。
夜は
天ぷら懐石でビール中瓶9本。水割り4杯。

これで今朝は現状維持でした。
と言うことは、普通にキリギリスをしていたら減ってたんですね。
別に増やしたいんじゃありませんが、健康かどうかを確かめるために今日も少しだけカロリーを増やしてみました。

体調はすこぶる良好です。残念ながら歯も痛くなりません。
気がついたのは、なんとなく身体がしまったかな?と思いました。

たぶん大丈夫ですね。
Posted by らいおん丸 at 2012年05月10日 20:33
私もその番組観てましたw
科学の進歩は目覚ましいものがありますね。
時計遺伝子なんて言葉は初めて聞きましたが、なるほどと思わされました。
工夫次第で老化を食い止められるとも言ってましたね。

私の時計遺伝子は何時間刻みなのか知りたくなりました。
Posted by シリウス at 2012年05月10日 23:44
らいおん丸さん、ありがとうございます。

体重は、その日だけじゃなく、前日とか、数日間とか、一週間前とか1カ月前の食事も影響するなんて説もあったりしますからね。

お花見でたくさん飲んで食べて、それを取り返そうと頑張って、また花見があって・・・とかってことが続いたから、身体も戸惑っているんですかね〜?

体調がすこぶる良好なら安心かな。
歯もね(笑)

ほぉ〜、身体がしまった?
たまにウエストや胴囲を計って記録しておくのもいいかも。
Posted by らいおん丸さんへ at 2012年05月11日 19:57
シリウスさん、ありがとうございます。

あはは、あさイチ観てたんですね。
私は見ていないんですが、ダイエットのことをやったというのを知ったので、どんな内容だったのかな〜って確認してみたんです。

私も時計遺伝子なんて言葉は初めて聞きましたが、BMALとか何とかっていうのは、2年前くらいに読んだことがあったような記憶がありました。

へぇ〜、老化も食い止められるんですね。
ふむふむ、時計遺伝子というのは、人によって何時間刻みというのがあるものなのですね。(あまりよくわかってないww)
Posted by シリウスさんへ at 2012年05月11日 20:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)