スポンサードリンク

2012年05月08日

ダイエット[1617日目]鶏口となるも牛後となるなかれ

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.0kg
体脂肪率:16.7%
BMI:22.3
二回目測定
体重:68.5kg
体脂肪率:17.1%
BMI:22.8
食事
朝食
大川スロトレ



今朝の体重は400g減って67.0kg(40.0kg減、あと3.0kg)
体脂肪率は0.2%減って16.7%



あら、今朝は400グラムも減っていたのか。
あまり気にしてなかった。

67キロちょうどになったことと、体脂肪率がまだ16%台をキープしていることに気を取られていたのかも。


明日は久々の66キロ台か?と期待しちゃうけど、夕食前後の計量だと、それはあまり望めない感じ。

さらに、体脂肪率の方もなんか高い傾向なので、また17%台に戻るかも。

まぁよい、まぁよい。
ここまで来れたのだから、続けていればまた来られるだろう。


「鶏口となるも牛後となるなかれ」
It is better to be a big fish in a little pond than a little fish in a big pond.


鶏肉も牛肉も好きなので、私としてはどっちでもいいんだけど・・・。
いや、どっちもいいんだけど。


でも、これって実際、どっちがいいんでしょうね。

自分の力以上の高校に入った人と、安全策を取って下のレベルの高校に進んだ人の話なんかで、成功例も失敗例も効いたことがあるような気がするけどね。


小さな池でも大きくなれないことだってあるだろし、大きな池に入って大きくなるならそのほうがいいような気もするし。

何かをやる前から、鶏口牛後なんて言ってたら、最初からあきらめてるのか?なんて気持ちもしたりするけどね。

ってことは、最初からあきらめろって話ではなくて、冷静に客観的に状況を分析して、どっちが自分にふさわしいのか判断でせよってことでもあるのかな?

でもまぁ、自分には無理かも?って思うことでも、挑戦してみなきゃわからないし、それが成長につながるのかもしれない。

ん〜でも、そうだよね。
スポーツなどでよくあると思うんだけど、レベルが違うとしても、そこで一番になることって簡単なことじゃないんだと思うんだよね。

日本記録と世界記録を比べると、世界記録がはるかにすごかったりすることは多いけど、じゃあ世界記録を出す人の方が日本記録を出す人より頑張ってるのかって言えば、一概にそうだとは言えないしね。


それに、どんな世界・業界でも、そこでトップになっていることって、案外、同じように大変だったりすることが多いように思うから。
実例を思い出せないんだけど、そういう例を目にすることってけっこうあるんだよね。


まぁでもね。
鶏口だろうが、牛後だろうが、自分が納得できるかどうかなのかな?


後になって振り返って、いろいろ思うだけなのかも。
どっちを選んだのが正解かってのは、結局、最後まで誰にもわかんないもんね。


いつも応援ありがとうございます。
レコダイ(レコーディングダイエット)は成功者が多い。
実践している人がこんなに。
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエット ブログランキングへ
posted by マカロン at 20:17 | 絶好調絶好調 | Comment(3) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんかだんだん怖くなってきました。
夕食前の体重が朝よりも200グラムも減ってます。
晩ごはんは、サラダと焼魚を食べたのですが、もし明日の朝減ってたら、この三日間異常に減ることになります。

食べてなさすぎるんですかね?
Posted by らいおん丸 at 2012年05月08日 22:42
やはりまた減ってました。この一週間で2300グラム減ってます。
しかも一度ビールで500グラムが二日残ったので、飲んだ二日後からなら、2800グラム減ってます。

今日は接待で飲み会ですが、少し食べてみます。

たぶん食べてなさすぎだと思うんですが、100キロ越えてるんじゃないし、ちょっと減り過ぎが怖くなりました。
Posted by らいおん丸 at 2012年05月09日 17:02
らいおん丸さん、ありがとうございます。

前々から、少し食べなさすぎかなと心配はしていましたが、極端すぎる感じはなかったと思うので、あまりにも長期間にならないような大丈夫なのかとも思っていました。

減る時期があるとはいえ、たしかに少し心配になるような減り方かもしれませんよね。
ただ、飲む日があったので、水分の増減が大きいから、様子を見てみないとなんとも言えないのかも。
大きく減れば、大きく反動があると思うので、それから判断してもいいのかも。

体調は大丈夫ですか?
体調の変化が、表に出たり自覚するのは少し遅れてくると思うので心配にはなりますよね。

たぶん、大きく減らしたり戻したりってしないほうがよさそうだから、極端にならないように気をつけてくださいね。
痩せたのにその姿で人生を謳歌できないんじゃ、もったいないですから〜。
Posted by らいおん丸さんへ at 2012年05月09日 19:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)