スポンサードリンク

2012年05月02日

ダイエット[1611日目]窮鼠猫を噛む

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-4.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.6kg
体脂肪率:17.3%
BMI:22.5
二回目測定
体重:69.0kg
体脂肪率:16.6%
BMI:23.0
食事
朝食
トイレゴンちゃん中一日。400       大川スロトレ



今朝の体重は300g減って67.6kg(39.4kg減、あと4.6kg)
体脂肪率は0.2%減って17.3%



今日も暖かくなって、毎年すごく楽しみにしている近所の大きな桜の木も、すっかり満開になった感じ。朝のうちは、まだ5,6分咲きだったような感じだったのに。


あっちこっちに桜色が増えて、急にカラフルになった感じだね。
春色は桜色かな?


でも、明日からは雨だとか。
三重の方でも大雨の警報が出てたしね。
東京も今、けっこう激しい雨が降っているし。

札幌の桜、雨で散ってしまうのかしらん・・・。

それでいて、冬の除雪堆積所の雪がまだ残っていたりするからね。


「窮鼠猫を噛む」
Even a worm will turn.
(追いつめられると)虫でさえ向かってくる。



窮鼠って本当に猫を噛むことあるんでしょうかね?(笑)
英語だと、虫だっていうんだから、ますます小さき物だけど。


開き直ると、意を決するのでしょうか?

そう言えば、関東に一人暮らした時、ゴキブリを退治しようとしていたら、ブーン!って飛んできて、ビックリしたことがあったっけ。
北海道にはゴキブリが一般家庭にはいないから、ホント、大の苦手だったから、こっちに向かって飛んできたときには、ホント、泣きそうになったよ。情けないけど。


窮鼠猫を噛むってのを見聞きすると、いつも「トム&ジェリー」を思い出す。
小学生の頃、夕方にテレビでやっていて、大好きだったからね。

面白かったな〜。
トムとジェリーも面白かったけど、3話あるうちの間になる2話目、トムとジェリーじゃない登場人物の話も面白かった思い出がある。
トムとジェリーは今でもビデオやDVDになっているんだと思うけど、あの2話目の話はきっとそういう商品には入っていないのだろうから、もう二度と見られないってことなんだろうか・・・。


あの登場人物たちも、たぶん有名なキャラクターたちばかりだと思うけどね。
それに、キャラクターじゃない内容の話もあったはず。未来の家とか電気製品とか車とか、そんな内容のもね。

そんなことを思い出すと、他にも、チキチキマシン猛レースや、マッハ!GO!GO!なんかも、また見たくなっちゃうよ。
あと、ガッチャマンとかね。
キューティーハニーなんかもいいかも。
あ!デビルマンなんかもいいな〜。

いやいや、続々出てくる。
懐かしいな〜。


大人になってから、ウルトラマンを見てみたら、テーマがけっこう深いのでビックリしたことがあったけど、子どもの頃に見ていたアニメ、大人になってから見てみるとどんな感じなんだろう。


と言っていても、きっともう二度と見ることはないんだろうな〜。
そういうものだよね。

なんか、ハートがクチュクチュしちゃうね。
だってなんだか、だって、だってなんだも〜ん。


いつも応援ありがとうございます。
レコダイ(レコーディングダイエット)は成功者が多い。
実践している人がこんなに。
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエット ブログランキングへ
posted by マカロン at 19:52 | 絶好調絶好調 | Comment(4) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
せっかく戻りましたが、
久しぶりに友人と食事をし、飲んでしまいました。

二人でビール6本。
中華のコースも食べてしまいましたよ。

元の木阿弥です。

でも、時々こんな事をしないとダメですね。
単なる言い訳かも知れませんがストイックに減量するだけじゃ疲れます。

食べた分を戻すという意識が芽生えるんだから、時々の息抜きは必要かもしれません。
毎日息抜きしてると太るだけですが、たまにする息抜きは必要悪と考えて、中2〜3日で戻すように頑張ります。

Posted by らいおん丸 at 2012年05月02日 22:36
らいおん丸さん、ありがとうございます。

お!中華のコースですか。
いいな〜。

でも、ホントそうですよ。
ダイエットは一生モノなので、ずーっと我慢するのは無理ですもんね。

以前とは違って、たくさん食べても、どのくらいで戻るというのがわかっていると思うので、ダイエットを無視してしまわない限り、たぶん大丈夫だと思うんですけどね。

でも、私のように、少しずつ少しずつ増えて行くことはあるようですが(苦笑)

簡単に戻せるうちに戻すように気をつけるべきなのでしょうね。
Posted by らいおん丸さんへ at 2012年05月03日 19:52
私もトムとジェリーの、間に入っていたアニメ好きでした☆
もう良くは覚えてないのですが…
最近知人のお子さんのためにトムとジェリーのDVD買ったのですが、それらの作品は入ってませんでした。
Youtubeとかで探せば見つかるんでしょうかね?
チキチキマシーンも面白かったですね〜
Posted by ゆきむし at 2012年05月03日 22:11
ゆきむしさん、ありがとうございます。

お!ゆきむしさんもお好きでしたか?
トムとジェリーも、もちろん面白かったですが、あの中間のも良かったですよね。
あ〜やっぱり、トムとジェリーのDVDには入ってませんか。

大人になってから知ったのですが、あの真ん中の話に出てくるキャラクターも有名なんですよね。(ルーニー・テューンズ http://wwws.warnerbros.co.jp/characters/looneytunes/
このキャラたちもそれぞれ良かったし、昨日も書きましたが、未来の家や電化製品などの発明モノも良かったし。

そうそう、ジェリーの「いとこ」みたいなネズミもいましたよね。
トムとジェリーが仲良く遊ぶ回なんかも好きでしたが。
音楽も良かったですしね。

・・・と、いろいろ思い出して止まらなくなってしまいました(苦笑)

Youtubeとかならあるのかもしれないですね。
時間のある時に探してみようかな。
チキチキマシーンもね。
Posted by ゆきむしさんへ at 2012年05月04日 19:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)