スポンサードリンク

2011年12月07日

ダイエット[1464日目]リバウンド・メンタリティー

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-4.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.9kg
体脂肪率:16.7%
BMI:22.6
二回目測定
体重:69.5kg
体脂肪率:15.3%
BMI:23.1
食事
朝食
大川スロトレ
昼食
歩いた方がいいのにな
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

レコーディングダイエットの愉快な仲間たち!(笑)


今朝の体重は200g減って67.9kg(39.1kg減、あと4.9kg)
体脂肪率は0.1%減って16.7%



少し減って67キロ台に戻れた。


でも体脂肪率もそうだけど
また高めのままだな。


こんなふうに
微妙に僅かずつ
リバウンドしていくのか?


リバウンドと聞くと
ダイエッターにとっては
最も聞きたくない言葉の1つ
かもしれないよね。


でも今日
初めて聞いた言葉があったよ。


それは

「リバウンド・メンタリティー」

という言葉。



ダイエットで
リバウンドを繰り返している人。

そう、私のような人の
精神的な病気とか
ネガティブな思考癖みたいな
ものかと思ったら、


何だか違うみたい。


今は主に
サッカー界で使われているようで


「逆境に打ち克つ精神的な強さ」

のようなことを言うみたい。


同点に追いつかれても落胆せずに
試合を進めていく精神的な強さ

とか、

ミスを犯したり
思い通りの結果が出なかった時の
「気持ちを切り替える力」


こういうことを
「リバウンド・メンタリティー」
というらしいよ。

知らなかった。


「リバウンド」というと
嫌なイメージしかなかったけど


リバウンド・メンタリティーなら
ダイエッターにとっても
良い印象を持てるような気がするね。


ダイエットがうまく行かなくても
そこから這い上がるメンタリティー。


ダイエットでリバウンドしても
そこから負けないぞと
あきらめずに立ち上がるのが
リバウンド・メンタリティー。


バスケットボールで
リバウンドが取れなくても
がんばって
リバウンドを取るのが
リバウンド・メンタリティー。


でもホント、
ダイエットでリバウンドしても
そこであきらめずに
リバウンド・メンタリティーを
発揮する。


「ダイエット成功のために
リバウンドしよう!」

ということになっちゃうのかも。

体重をリバウンドさせずに
心をリバウンドさせよう!

ってことだよね。


リバウンドさせよう!

リバウンドしよう!

リバウンドは良いことだ!

リバウンドすべき!


う〜ん・・・


ダイエットの概念が変わるね。

ダイエットの革命だ(笑)


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
他のダイエッターはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
posted by マカロン at 19:54 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)