スポンサードリンク

2011年09月10日

ダイエット[1376日目]快便ゴンちゃん!

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-5.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:69.4kg
体脂肪率:17.1%
BMI:23.1
二回目測定
体重:70.5kg
体脂肪率:17.1%
BMI:23.5
食事
朝食
トイレゴンちゃん中一日。200    大川スロトレ15日目メニュー/腹割プロジェクト
昼食
トイレゴンちゃん午前に続き。500    CD高さ40cm踏み台昇降(スローステップ)+読書 30分
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ

レコーディングダイエットの愉快な仲間たち!(笑)


今朝の体重は1400g増えて69.4kg(37.6kg減、あと6.4kg)
体脂肪率は昨日と同じ17.1%



わっはっは。1.4キロも増えた〜!

笑ってる場合じゃないしょ。真面目にやりなさい! ハイ手(パー)


さてさて、快食快便なんて言われます。

毎日排便あるのが理想とされてますよね。

理想というより普通はそうなのかな?


私の場合、レコーディング・ダイエットをやるようになって、記録するようになってみたら、一週間に一度とか、8日や9日に1回なんてこともザラであることが判明しています。

ただ、先月8月の後半がそうだったように、食べる量が増えるとほぼ毎日快便ゴンちゃんが来てました。


体重が減っていくような食事量だと便が来なくなるのか。

ゴンちゃんが毎日来るような場合は、食事量が多いということなのか。


カラダが必要とする食事量が入ってくると、カラダは安心して余分なモノを排出するのか?

食事量が足りないとカラダは飢餓に備えて排便も抑えるのか?


そんなことを考えると、私の場合は、ゴンちゃんが毎日来なくて何日も出ないような状況の方がダイエットとしては適した状態ということになるのだろうか?


何日も出ない状態でも、不快感とか痛みとかがあるわけじゃないので、何も困ることはないんだけどね。

便秘で悩むってことは、レコダイ1年目に一回だけあった酷い便秘のときと、もっと昔にもっと酷い便秘があったときくらいか。

子どものころに、深夜の救急病院に2度も行った記憶があるから、もしかしたら子供のころから便秘だったのかも。


毎日排便あるのが当たり前のように言われているけど、排便の周期は人それぞれだったりするんじゃないのかな?

理想の睡眠時間が人それぞれ違うのと同じように。

髪の毛や爪の伸びる早さとか、新陳代謝とかって、きっと人それぞれでしょ?

生まれついての物だったり、生活習慣で身に付いたものだったりで、その人なりのリズムというかパターンみたいのが排便にもあるんじゃないのかな?


「毎日出なきゃダメ」とか、「毎日あるものだ」って言われると、そうじゃない自分は病気なのかとか、それが原因で病気にでもなるのかって心配になったりする人もいるよね、たぶん。

まぁ、実際にそうなのかもしれないけど、そうじゃないかもしれないでしょ。それも人それぞれだったり、運だったり・・・。


小さい子どもは、毎食ごとに排便があったりして、それが本来の人間(動物)の姿だって言う説もあるけどね。

たくさん食べてなきゃ毎日出ないような気もするし、ダイエットで食事が減れば出づらくなるような気もするし。

毎日たくさん食べていたことにカラダが慣れてしまって、排便センサーがそのときくらいの量がたまらないと働かなくなってるのかもしれないし。


痩せて体質改善がされれば、排便のリズムなんかも改善されるのかもしれないって思っているんだけどね。


まぁでも、今の私の場合は、ゴンちゃんが毎日のように来る場合は「食べ過ぎ」って判断してもいいのかもしれないな。

正解かどうかはわかんないけどさ。

さてさて、どうなることか。


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
他のダイエッターはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
タグ:快便 便秘 排便
posted by マカロン at 20:03 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | 仮説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)