スポンサードリンク

2011年05月29日

ダイエット[1272日目]摂取カロリーの質を忘れてた

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.5kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.9kg
体脂肪率:16.2%
BMI:22.3
二回目測定
体重:68.5kg
体脂肪率:14.5%
BMI:22.8
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   グレープフルーツ 30Kcal   リンゴ 20Kcal   バナナ 70Kcal   コーヒー   イタリアンエスプレッソラッテ 54Kcal   エスプレッソオレ微糖 53Kcal   朝食計397Kcal   大川スロトレ3日分20分
昼食
12時0分 味噌ラーメン 420Kcal ねぎ 10Kcal 焼き豚 80Kcal ゆで卵 70Kcal   漬物 10Kcal   昼食計590Kcal    踏み台昇降できず
夕食
19時0分 アサヒ一番麦 150Kcal  焼酎ロック 180Kcal   ピータン味?豆腐たまご 210Kcal   じゃがいも煮ころがし 100Kcal チキン 200Kcal   おやき風 100Kcal 納豆 50Kcal たまご 50Kcal 胡麻ソース 30Kcal   夕食計1070Kcal     今日の合計2057キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ

レコーディングダイエットの愉快な仲間たち!(笑)


今朝の体重は100g減って66.9kg(40.1kg減、あと3.9kg)
体脂肪率は1.2%増えて16.2%



やっと66キロ台に戻ったと喜んでいて、体脂肪率に切り替わった体重計の数値を見たら、なんとまた16%台に!とほほのほ。
1.2%も一気に増えた。また体脂肪率不安定状態?

ん、でも、体重の減り方もチト不自然だからね。
体重も体脂肪率も、どちらの数値も当てにならない状況なのかもしれないな。

ところで、昨日のブログで、久し振りに立ちくらみと強い空腹を感じたということを記事にしましたが、ツイッターのほうで、「2000キロカロリーは成人男性では少ないですよね」というようなツイートをいただいたんです。

そう言われて、ハタ!と気づいたんですが、たしかに成人男性の一日の摂取カロリーが2000というのは少なかったような気が。すっかりそういうの忘れちゃってました。

もちろんね、聖人男性??聖人じゃなくて成人男性ね。
成人男性といっても40代なので、もしかしたら2000キロカロリーくらいなのかもしれないけど、レコーディング・ダイエットの最初の頃、一番真面目に取り組んでいた時は1500キロカロリー制限でやっていたし、最近の場合でも、毎月のデータを集計すると、2000〜2200くらいの間だと体重を維持できるような感じなものだから、痩せるには2000を切らなきゃ!って意識がいつもあるわけで、なので成人男子の平均値とかそういう数値って、すっかり「どこ吹く風」になっていたわけで、心配いただいて久しぶりに思い出したという状態でした。

そんなことを考えていたら、またまた久しぶりなことを思い出しました。
それは、摂取カロリーには量だけじゃなく質も大切だったよねってこと。
同じ2000キロカロリーだとしても、何を食べたかが重要だよねってことを、これまたすっかり考えなくなっていたことに気づきました。

まあね。「いつまでもデブと思うなよ」では、メガデブがカロリー制限して痩せるのだから、最初は栄養バランスうんぬんは考えないで、何を食べてもいいからとにかく設定カロリー内に収めるという基本方針があるわけです。
これは、最初から栄養バランスまで考えると、体重3桁になるまで食べていたような人は挫折しちゃうからなわけ。

私のレコーディングダイエットもそのような基本方針を踏襲するような形で続けているわけで、だからといってハチャメチャな栄養バランスではなく、それなりにバランスのとれた食事はしているのですが、ここ最近というか、今年になってからの食事内容を振り返ってみると、もしかしたら、スイーツやお菓子、粉末コーヒー飲料などのカロリーが多いだけで、これらを除くと、実は摂取カロリーが少し低めになっているのかもしれないと思いました。

一日の合計を計算すれば2000なんて軽く超えるような数字ばかりが並んでいる今年ですが、もしかしたら体に必要な栄養素のカロリーだけを算出したら、ちょっと足りないのかもしれません。

カロリーをたくさん取っていたとしても、栄養素が足りていなければ体重は減りませんよね?栄養が足りなきゃ痩せないし、栄養のない食べ物(エンプティーカロリー食品)でカロリー数は増えているのなら、痩せにくくなっている体だから、お菓子などの脂肪や糖分で太ることになるわけで。

仮に、その日3000カロリー摂取していても、半分の1500がお菓子とアルコールだったとしたら、残り半分の1500カロリーで必要な栄養素を摂取できていなければならないわけですもんね。

「今日はチョコ食べ過ぎたから玄米を食べない」なんてことをたまにしてますが、こういうのって実は間違いですよね。

レコーディング・ダイエットの最初の頃、体重が3桁あるころとかならそれでもいいのだろうし、レコーディング・ダイエットに慣れるまでの間なら、むしろそうすべきなのかもしれませんが、もうここまで長いこと続けていて、現在のレベルの体重になったのだから、カロリー量の合計だけで帳尻を合わせるような方法では難しいのかもね。

意味のある食べ物をきちんと必要量食べているかってことを考えないといけなかったですね。すっかりそういうことも忘れてしまってました。
1つのダイエットを長く続けると、初歩的なことや基本的なことを忘れてしまうのかもしれないですね。

食べ過ぎると痩せないけど、食べなさ過ぎも痩せませんからね。必要な栄養がないと脂肪も燃えないし、体は痩せようとしない。

とは言え、今年になってからの私は和菓子や洋菓子、チョコレートやスティックコーヒーなどなど、そもそも食べ過ぎなんですけどね。

でも、いろいろと忘れていたことを思い出せたのは良いことでした。

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
他のダイエッターはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
タグ:カロリー
posted by マカロン at 21:12 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)