スポンサードリンク

2011年03月02日

ダイエット[1184日目]なぜ1kgも増えた?/糖尿病に新治療法の可能性

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.8kg
体脂肪率:14.2%
BMI:22.2
二回目測定
体重:68.8kg
体脂肪率:14.4%
BMI:22.9
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   みかん 50Kcal   りんご 20Kcal   バナナ 70Kcal   コーヒー   チャイ 59Kcal   ショコラッテ 48Kcal     朝食計417Kcal     大川スロトレ3日分20分
昼食
12時0分 コク醤油ラーメン 400Kcal ねぎ 焼き豚 80Kcal たまご 70Kcal   漬物 10Kcal    昼食計560Kcal
夕食
19時0分 クリアアサヒ 157Kcal   焼酎お湯割り 173Kcal   漬物 5Kcal   アスパラ 5Kcal ウインナー 80Kcal   おでん 30Kcal 大根 20Kcal 高野豆腐 50Kcal たまご 70Kcal 油揚 40Kcal 薩摩揚げ 60Kcal    肉巻きフライ 200Kcal 人参・水菜・えのき 20Kcal    夕食計910Kcal      今日の合計2255キロカロリー
おやつ
12時50分 きなこねじり 168Kcal     15時20分 手作りパンケーキ(黒蜜) 200Kcal    オヤツ計368kcal     踏み台昇降できず
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←レコーディングダイエットのスゴイ人たち!


今朝の体重は200g増えて66.8kg(40.2kg減、あと3.8kg)
体脂肪率は0.4%増えて14.2%



昨日、夕食の玄米を食べなかったのに、今朝も体重は増えた。体脂肪率も。ムムム。
体脂肪率も久し振りに14%台にまで増えた。

さらにさらに、今日です。
夕食前体重が朝より1キロも増えたのじゃ。

なぜじゃ?(?_?)

たしかにね。昼食後にまた「きなこねじり」を食べたよ。
それに、3時休憩には手作りパンケーキ(?)を食べることになってしまった。
さらに、踏み台昇降をやることができなかった。

だからって1キロも増えるほどではないような気がするんだけどねな〜。从o`・з´・)pチョームカツクぅ

昨日の夕食で玄米を抜くようなことをしたのが良くなかったのかな?

でも、ゴン様のための水分保持かもしれない。貯水ダムね。
なんとなく水分の出が悪かったような。

っていうか、こういう異常な動きのときは水分だよね。
逆に激減するときも水分のことが多い。

たぶん大丈夫なはず。心 配 ┏(、ン、)b 無 用

にしてもさ。
せっかく手作りパンケーキをごちそうになるんだから、「困ったな〜」って顔しちゃダメだよね。きっとそんな表情をしてしまったような気がするよ。
ダイエッターとしての本音は「ありがた迷惑」で困っちゃうんだけど、でもせっかく作ってくれたものなのだから、喜んでいただかないと。とても美味しかったのだし。

1日2日、太ったっていいじゃないのさ。
決めたルールを守れなくてもいいじゃないのさ。

そんなことより大切なことでしょうが。ネッ(oゝД・)b
せっかくのご厚意よりもダイエットを優先させて痩せたからってナンだというの?(´Д`)ゴゴゴ・・(ノдヽ)ゴゴゴ・・( 乂 )ゴゴゴ・・ヾ(`Д´)ノ゛ゴルァァア!!
それなら太っている人のほうが何倍も素晴しい。

2型糖尿病、筋肉の糖取り込み障害を解明−新たな治療法に可能性・東大グループ (医療介護CBニュース) - Yahoo!ニュース
 肥満になると、血管内皮細胞のインスリン作用が低下し、筋肉の毛細血管が十分に拡張しなくなるため、インスリンが届きにくく、筋肉での糖の取り込みに障害が生じることを、東大大学院の門脇孝教授らの研究グループが解明した。最大の「糖の消費臓器」である筋肉のインスリン抵抗性を克服することは、2型糖尿病の治療にとって重要なカギ。研究では、このインスリン作用を正常化し、血管の拡張を促すことで、糖の取り込みが改善されることも明らかにしており、門脇教授は「世界が驚くような画期的な発見。全く新しい標的の治療薬の開発につながる」としている。

 肥満などによって引き起こされるインスリン抵抗性は、最初に筋肉で現われる。しかし、血液中のインスリンが毛細血管の血管内皮細胞を通り、筋肉へと移行するメカニズムは、これまで詳しく分かっていなかった。

 研究グループは、血管内皮細胞でインスリン作用を伝達する「インスリン受容体基質2(IRS2)」に着目。IRS2を欠損させたマウスでは、食後にインスリンが分泌されても、血管を拡張する酵素(eNOS)が活性化されず、正常なマウスの半分ほどしかインスリンが筋肉に届かないため、糖の取り込みに障害が生じることが分かった。
 また、この治療法として、慢性閉塞性動脈硬化症などの治療に用いられる「プロスタグランジンI2アナログ(ベラプロストナトリウム)」に注目。この薬剤は、eNOSを増やして血管を拡張する作用があり、IRS2欠損マウスに投与したところ、糖の取り込みが改善された。

 一方、高脂肪食を与えて肥満させたマウスは、慢性的な高インスリン血症により、血管内皮細胞のIRS2が半分程度に減少することを確認。欠損マウスと同じように、eNOSの活性化と毛細血管の拡張、インスリンの移行量がそれぞれ低下し、筋肉の糖取り込みに障害が生じることや、ベラプロストナトリウムの投与で改善されることを明らかにした。

 門脇教授は、「インスリン抵抗性を改善する従来の薬剤で十分な効果が得られなかったのは、治療ターゲットから血管内皮細胞が抜け落ちていたためとも考えられる」とし、血管内皮細胞のIRS2の増加やeNOS活性化を促すなど、新たな糖尿病薬の開発に向けた可能性を指摘している。研究は米科学誌Cell Metabolism3月2日号で発表した。

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
他のダイエッターはどんな調子かな?るんるん
タグ:糖尿病
posted by マカロン at 21:14 | 絶好調絶好調 | Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

糖尿病の新しい治療について、とても勉強になりました。

でも、やっぱり肥満を解消することは重要ですね。

糖尿病だけでなく様々な生活習慣病のリスクが肥満により上がってしまいますから。

私ももっと痩せないと・・・・

(応援、ぽちっ!)
Posted by けちゃ(糖尿病) at 2011年04月28日 13:52
けちゃ(糖尿病)さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ホントそうですね。

応援ポチもありがとうございます。
Posted by けちゃ(糖尿病)さんへ at 2011年04月28日 20:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)