スポンサードリンク

2011年01月31日

ダイエット[1154日目]善し悪し/禁煙薬に?ニコチン摂取を抑制する脳の部分を特定

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.1kg
体脂肪率:14.0%
BMI:22.3
二回目測定
体重:68.4kg
体脂肪率:14.3%
BMI:22.8
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   みかん 60Kcal   柿 20Kcal   りんご 20Kcal   コーヒー   クレームブリュレ 56Kcal   カフェオレ大人のほろにが 58Kcal    朝食計384Kcal     大川スロトレ3日分20分
昼食
12時0分 札幌海鮮丸 にぎり 360Kcal  海老天 150Kcal  そば 200Kcal  茶碗蒸し 60Kcal    串団子(みたらし・ごま) 200Kcal     昼食計970Kcal      CD高さ40cm踏み台昇降(スローステップ) 30分
夕食
19時0分 漬物 10Kcal   冷奴 80Kcal   炒め油 30Kcal 豚肉 120Kcal ブロッコリー 10Kcal   紅シャケ 100Kcal   味噌汁(酒かす大根とろろ昆布) 60Kcal   玄米 300Kcal     夕食計710Kcal     今日の合計2064キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←レコーディングダイエットはスゴイでしょ?


今朝の体重は800gも減って67.1kg(39.9kg減、あと4.1kg)
体脂肪率は0.7%も減って14.0%



体重が800グラムも減ったけど、まだ67キロ台。
体脂肪率も0.7%も減ったけど、14%台。
ムキキ〜〜!

今日は、昼食後に串団子を2本も食べたので、夕食前体重が朝より300グラム増えた。
せっかく、こうしてダイエットを記録しているのだから、もっと真面目に取り組むべきだよな〜。
公開しているのだから尚更だよね。

12月、1月が終わり、明日から2月。
そろそろ真剣にならないとね。

真剣に真面目にやれば大丈夫!という考えがあるのも、善し悪しだわな。


【1月31日 AFP】ニコチンに対する渇望感を引き起こす脳の部分を特定したとの研究が、30日の英科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された。「禁煙薬」の開発に道を開く可能性もある。

 論文を発表したのは、米フロリダ(Florida)州のスクリプス研究所(Scripps Research Institute)のポール・ケニー(Paul Kenny)氏らの研究チーム。マウスなどの実験で、これまでニコチン依存症に関係があると指摘されてきた「CHRNA5」遺伝子の機能を調べた。CHRNA5遺伝子は、ニコチン分子に反応する脳内の受容体を制御する役割を果たしていることが知られていた。

 研究チームは、通常のCHRNA5遺伝子であれば、ニコチンをほんの少量摂取しただけで「摂取を中止せよ」との信号を脳に伝達する機能があることを突き止めた。さらにニコチンの量を増やすと、「おいしくない食べ物や飲み物」を摂取したときと同様の反発作用のようなものがはたらくという。

■遺伝子の変異で、多量に摂取してもニコチンが嫌にならない

 しかし、ニコチン受容体のうちの「alpha5」と呼ばれる部分をノックアウト(削除)したマウスでは、この「中止せよ」との信号が発信されることがなく、その結果、マウスたちはニコチンを欲しがり続けた。

 研究チームは同様の状況が人間でも起こりうると考えている。これまでに行われた遺伝子研究で、「alpha5」の機能が阻害される遺伝子の変異が起こることがわかっている。米国人のうちおよそ30〜35%の人びとは、ニコチンをいつまでも求め続けるタイプのCHRNA5遺伝子を持っているという。

 ケニー氏は「この結果は、特定の遺伝的変異をもった人びとが、たばこへの依存を発達させやすいことを説明するものだ」と指摘した。「彼らは、ニコチンの嫌悪感をもよおす部分に鈍感であるために、ニコチン習慣を獲得しやすいのだ」

 ニコチン受容体の研究をする米ペンシルベニア大(University of Pennsylvania)の神経科学者、ジョン・リンドストーム(Jon Lindstrom)氏は、「この研究は、新たな禁煙対策に重要な示唆を与えた」と語った。(c)AFP/Marlowe Hood

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 20:35 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)