スポンサードリンク

2010年12月30日

ダイエット[1122日目]踏み台昇降納め?/ヌードで拒食症に警鐘鳴らした元モデル、28歳で死去

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-2.1kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.4kg
体脂肪率:14.2%
BMI:22.1
二回目測定
体重:67.1kg
体脂肪率:12.8%
BMI:22.3
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   みかん 60Kcal   りんご 20Kcal   セロリ 5Kcal   コーヒー   ショコラッテ 48Kcal   カフェラテ 66Kcal     朝食計369Kcal    トイレ中2日ゴンちゃん800    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時10分 焼きそば(カレーパウダー) 300Kcal 油 30Kcal 野菜 20Kcal 豚肉 40Kcal    椎茸茶 20Kcal    焼き大福 200Kcal   肉団子 100Kcal   エスプレッソ・オレ 53Kcal    昼食計763Kcal    CD高さ40cm踏み台昇降(スローステップ) 30分
夕食
19時10分 漬物・セロリ 10Kcal   玉子焼き 100Kcal   煮付け 30Kcal 大豆 20Kcal ひじきコンニャク切干大根ニンジン 10Kcal 薩摩揚げ 20Kcal    味噌汁(酒かす油揚ニンジン大根タマネギ) 50Kcal   鶏肉照り焼き 200Kcal   人参 5Kcal   白米 300Kcal     夕食計745Kcal     今日の合計1877キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←レコーディングダイエットはスゴイでしょ?


今朝の体重は300g増えて66.4kg(40.6kg減、あと3.4kg)
体脂肪率は0.8%も減って14.2%


昨日、晩酌日で鍋料理。ついつい食べ過ぎてしまう組み合わせ。
それでも腹八分にできた感覚だったんだけどな〜。
今朝は300グラム増えました。

ただ、晩酌と鍋なので、水分量が多いのも確か。
なので、寝るまでに1.1kgも減ったし、朝までに1.5kgも減ったんだけどね。

まぁしょうがない。

でも、水分と野菜を多く摂れたからか、今日はゴンちゃんが突然来た。
明日の大晦日、今年最終標準計量は何キロになるかな〜?

そんでもって、明日は「踏み台昇降」できないかもなので、今日の踏み台が今年最後の踏み台昇降になるかも。

仕事納めならぬ「踏み台昇降納め」

今年は、「踏み台昇降」に出会えたのが良かったな〜。


フランスの元モデル、イザベル・カーロ(Isabelle Caro)さんがヌードで登場した拒食症に警鐘を鳴らすキャンペーンの広告。イタリア、ローマの街頭で(2007年9月26日撮影)。(c)AFP/ANDREAS SOLARO
【12月30日 AFP】2007年に自らも悩む拒食症の警鐘キャンペーンの広告にヌードで登場し、話題になったフランスの元モデル、イザベル・カーロ(Isabelle Caro)さんが11月に28歳で亡くなっていたことが明らかになった。29日のスイス紙20ミニュト(20 Minutes)が報じた。
 
 カーロさんの交際相手だったスイス人の歌手ヴァンサン・ビグラー(Vincent Bigler)さんによると、カーロさんは11月に急性呼吸器疾患で入院し、約2週間後の11月17日に病院で亡くなった。ビグラーさんは死因は分からないと話している。
 
 カーロさんは2007年、ミラノ・コレクションの期間中にイタリアのアパレル会社が企画した拒食症に警鐘を鳴らすキャンペーンの広告で、イタリア人写真家オリビエーロ・トスカーニ(Oliviero Toscani)氏の撮影によるヌードを披露し、話題となった。当時カーロさんは身長165センチ、体重32キロで、写真の姿はやせ細っていた。このヌード写真はファッション界に議論を巻き起こし、イタリアで広告監視機関が使用禁止にしたほか、フランス当局も国内企業にこの広告を使用しないよう通達した。(c)AFP

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 20:52 | 絶好調絶好調 | Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
wikiの英語版には、11月17日に東京で急性呼吸疾患で2週間病院入りした後、死んだと書かれています。誰が書いたかわからないけれども、別のフランス語のサイトでも、東京で亡くなったと書かれています。東京に来ていたという事は、ベストハウスの収録のためではなかったのでしょうか?なぜ、テレビ局は、そのことを放送せずに、番組を流したのでしょうか?既に死亡していたのに、番組の構成はまるで違い、前向きに治療中みたいな感じでした。ちょっとおかしいのではないかと思ってしまいます。亡くなってすぐにじゃなく、テレビ放映の約一週間後に死亡が公表されたのです。しかも、ワイドショーが休み始める年末に都合よく。

また

Her longtime acting instructor, Daniele Dubreuil-Prevot, told The Associated Press on Wednesday that Caro died on Nov. 17 after returning to France from a job in Tokyo.1)


1)http://www.huffingtonpost.com/2010/12/29/isabelle-caro-dead-anorexic-model_n_802424.html


wiki英語版と違い、こちらのサイトには、東京で仕事を終え、フランスに帰国後、11月17日に死亡と書かれています。どうやら、長い間彼女の演劇指導をしていたダニエル・デュブルイユ-プレボなる人物が、AP通信に報告した模様です。

少々、情報が錯綜しています。しかし、wikiのリファレンス等を探ってみたところ、wiki執筆者が誤解をしている可能性が考えられ、個人的には、フランスに帰国後死亡したという情報の方が有力だと思います。
Posted by 匿名 at 2010年12月31日 10:37
匿名さん、ありがとうございます。

情報が錯綜してるんですね。

ベストハウスに出演されたんですか。来日されたんですね。
亡くなられたということを事前に発表した方が視聴率を稼げるからテレビ局としてはそちらを選択するようにも思いますけどね〜。内容が全然違ったから仕方なかったのでしょうか?

もしかしたら、番組の最後にテロップのようなもので、「お悔やみを申し上げます」みたいなことをしたりしたのかも。
でも、テレビ出演させたことが影響したことも考えられるなら、テレビ局としては隠しておきたいかも。

でもでも、事実関係が発覚したり勘繰られたら、余計に批判されるのにね〜。
公表する時期なども操作したのでしょうか…。

事実関係が分からないとなんとも言えないですね。

ただ、年が変わるとすべてリセットしてしまうのが日本の悪いところなので(日本だけじゃないのかな?)、来年になると何もなかったかのように過ぎてしまいそうですね。
Posted by 匿名さんへ at 2010年12月31日 13:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)