スポンサードリンク

2010年11月23日

食べ物に条件反射する自分

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
お越しやす〜!応援ポチもいつもありがとうございます!嬉しいです!


どうしてなんでしょうね。

どうして、食べ物が目に入ると食べてしまうんでしょう。お腹が空いていなくても…。

「食べなきゃ損!」というスイッチが一瞬にして入る感じ。考える時間なんてなくて反射的にスイッチが入る。瞬時に。限りなくゼロ秒に近い。

そしてスイッチが入ってしまうと止められない。

また、私の場合、全種類食べないと気がすまない。全部味わいたいと思ってしまう。

例えば、目の前にお菓子の詰め合わせがあると、その全種類を一つずつでも食べたいと思う。味を全部確認したいのか?

さらに、その場にいる誰よりも食べたいという気持ちがあったりする。これは家族といるときだけかも。甘やかされて育ったんだろうね。一番多く与えられるのは自分だと確信しているようなところがある。

でもそれは、家族以外と一緒の時は真逆になる。『あれが食べたいな〜』と思っていても我慢する。

それにしても、どうして「食べなきゃ損!」って思っちゃうんだろう?

食べ放題のバイキングとかなら、「元を取るぞ!食べなきゃ損!」というのは当たり前……だと思うけど。

飢餓を怖れる生存本能が、「食べられる時に食べておく」「脂肪として備蓄しておく」としていることはあると思う。

しかし、私の場合はそれだけではない気がする。

たぶん、過去にやったダイエットの影響があると思う。

食事を極端に減らすダイエットをいくつかやった。ダイエットはとにかく食事を減らすモノだと思っていたのかもしれない。

できるだけ食事量を減らすのがダイエット。カロリーを減らすのがダイエット。

そんなダイエットばかりやっていたから、「食べられる時には食べておく」「食べ物があれば食べる」という回路を太くしたのかも。最速で反応する優秀な回路ができたのかも。

それでも、レコーディングダイエットの一年目は、3時のおやつの時間に目の前で誰かが美味しそうなお菓子などを食べていても、全然食べようとは思わなかったんだよね。

そこで食べないことのほうが快感だったような気がする。

まぁ基本的にレコーディングダイエットは何を食べてもいいし、間食だってしていいんだけどね。

何を食べてもいいんだけど、食べ物を見るだけで食べてしまう自分が何か嫌だな〜って。

そこで頑張って食べなかったとしても、「食べたい」「食べなきゃ」って条件反射のように思ってしまう自分が嫌だな〜って。

そんなことを、昨日、感じました。

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 10:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一生ダイエット宣言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)