スポンサードリンク

2010年11月17日

「血液型ダイエット」とは?

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ勇敢なるレコーディングダイエッターズ!



ツイッターを見ていたら、こんなつぶやきが目に入ってきました。

「知り合いが半年で30キロ痩せた。レコーディングダイエットなんかよりはるかに納得できる内容だ。公表してないけど著名人の愛読書だし、僕も身体絞る時は参考にしてる。」

なにー!「レコーディングダイエットなんかよりはるかに納得できる」だとーー!と怒りがフツフツ湧いてきた・・・というより、好奇心がフツフツと湧いてきました。

いったいどんなダイエット???

その人のツイッターで確認してみたら、どうやら「血液型ダイエット」らしいことが判明。

そう言われると、「血液型ダイエット」が流行ったような、目にしたことがあるような。たぶんブームになったのかも。

でも、血液型ダイエットなんてどうなんだろう?程度の興味しか、その時の私にはなかったのでしょう。血液型とダイエットを結びつけるのは商売になりそうだしってね。

でも、ブームの火付け役なのかどうか分からないのですが、その「著名人の愛読書」という本は、ただ単純に血液型とダイエットを組み合わせた、「売らんかな」みたいな内容ではないみたい。ダイエットというより体質改善して健康になろうというもののよう。

血液型占いとか、血液型別の性格分析なんかも、どこまで本当か分からなくても楽しいですもんね。血液型とダイエット、血液型と健康の関係というのは楽しめそう。
私の甥っ子、姪っ子の家族は、4種類の血液型が揃っている一家なので、「血液型ダイエット」に則って食事を用意するとなると大変そう。4種類の血液型がいると、比較したら面白いだろうね。

「本を買おうかな〜」と思って調べてみたら、オールアバウトに「血液型ダイエット」の記事が出てました。ラッキー!その記事にはこうあります。
血液型別に適した食材・避けたほうがいい食材、そして血液型に合ったエクササイズについて詳しく解説していきたいと思います。


血液型によってダイエット時の食ルールが違う訳とは?

「血液型が違うと消化酵素や脳への伝達システムに違いが生じる」という研究結果から、血液型によって適した食材が違うといわれています。自分の血液型に合った食材を摂っていると、体は健康的になり、消化機能や免疫力もアップし美容面でも良い効果が期待できるとか。逆に、自分の血液型に合わない食材を摂ると、だるくなるなど体調不良を起こすこともあるのだそう。

以下からは、それぞれの血液型に合うオススメの食材やエクササイズをご紹介しますので、自分に合った方法を把握し、ヘルシーダイエットを目指しましょう。


最初のツイッターでつぶやいていた著名人の愛読書というのは、
ダダモ博士のnew血液型健康ダイエットだと思います。ん〜面白そうだ。買おうか、どうしようか・・・。

・A型の血液型ダイエットは?
・B型の血液型ダイエットは?
・O型の血液型ダイエットは?
・AB型の血液型ダイエットは?


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 10:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 血液型ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)