スポンサードリンク

2010年11月02日

ダイエット[1064日目]水分保持&保水力/運動しない人は運動する人より2倍もかぜをひきやすい/最も有害な薬物はアルコール

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-2.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.9kg
体脂肪率:13.8%
BMI:21.9
二回目測定
体重:67.2kg
体脂肪率:12.6%
BMI:22.4
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   柿 50Kcal   コーヒー    朝食計220Kcal    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時0分 味噌汁(油揚・ねぎ) 50Kcal    漬物 10Kcal   肉巻きおむすび 320Kcal   お稲荷さん 200Kcal   塩昆布おにぎり 120Kcal    昼食計700Kcal     CD高さ40cm踏み台昇降(スローステップ) 30分
夕食
19時0分 おつゆ(素麺なめこ) 80Kcal   茄子煮びたし(生姜) 30Kcal   焼き鮭 150Kcal   玉子焼き 80Kcal   玄米 300Kcal     夕食計640Kcal      今日の合計1560キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ勇敢なるレコーディングダイエッターズ!


今日の札幌も雨。でも午後からは晴れていたかな。


今朝の体重は昨日と同じ65.9kg(41.1kg減、あと2.9kg)
体脂肪率は0.4%増えて13.8%



昨日、夕食後から寝るまでの間に減った体重が200グラムだけ。あきらかに水分の抜けが悪かった。
そこから朝までも500グラムしか減ってない。減るときはもっと減るからね〜。オールフリーとコーラフリーで抜いた水分のリバウンド開始かな?

それか、昼食がオニギリだったから炭水化物の水分保持力というか保水力というか、それなのかも。

ごはんを食べると体重が増えるから食べないようにしている人もいるみたいだし、炭水化物抜きダイエットというのもあるけど、ごはんを食べて増える体重は水分の場合が多いらしい。他の食べ物より3〜4倍の水分を貯めるんじゃなかったかな?

その水分保持力のおかげで便秘解消につながるって「ためしてガッテン」で放送してたよね。水分を持ったまま腸まで届くので便秘解消・便秘防止になるとか。

ごはんを抜くダイエットをすると、すぐに体重が減ったりするのは水分が貯められないからという理由だったりする。でも水分量も一定に保とうとするのが自然な体の対応なので、そのうちにごはんを抜いただけでは体重は減らなくなる。体脂肪が減ったわけじゃなくて水分だけに問題だしね。

さらに、炭水化物は毎食食べた方がいいくらいのものなので、炭水化物を抜くダイエットは体に悪い影響が出ることが多く、うつになったりする場合もあるみたい。

脳の栄養分である糖質も不足するしね。

私も数ヶ月間、夕食でお米を食べない時期があったけど、お米を食べた時に脳と心に幸せな感覚が広がった実感があったよ。すぐに便意も来たし(笑)

というわけで、今日の体重増は水分増だと思いたい私でした(爆)


【11月2日 AFP】カウチポテト族は定期的に運動する人よりかぜを約2倍ひきやすく、こじらせる確率も30%ほど高いという調査結果が、2日の英医学誌「British Journal of Sports Medicine」に掲載された。

 米ノースカロライナ(North Carolina)州のアパラチアン州立大(Appalachian State University)の研究チームは、ウィスコンシン(Wisconsin)州に住む18〜85歳の1002人を対象に、2008年秋冬の12週間について呼吸器疾患の罹患状況と体重の推移を調べた。さらに、食生活、ライフスタイル、有酸素運度の習慣について尋ねた。

 かぜをひいた平均日数は、1週間の運動日数が5日以上の人は4.4〜4.9日、運動日数が1〜4日の人は4.9〜5.5日、1日以下の人は8.2〜8.6日だった。

 研究チームは、まとまった運動は免疫機能を一時的に強化し、ウイルスが身体に侵入しにくくなると見ている。この研究によると、米国人が1年間にかぜをひく回数は、成人が平均2〜4回、子どもが6〜10回だという。(c)AFP


【11月2日 AFP】英政府の薬物に関する独立科学委員会(ISCD)は1日、英医学専門誌「ランセット(The Lancet)」に、社会的な影響も考慮すればアルコールはヘロインやクラック・コカインなどの違法薬物よりも危険だとする研究結果を発表した。

 これによると人体への有害性はヘロイン、クラック・コカイン、(結晶)メタンフェタミンが最も高かった。だが、医療制度や刑務所制度に及ぼす影響など、広範な社会的影響を考慮した場合、アルコールが最も危険で、ヘロインやクラック・コカインがあとに続いた。100を最高とした危険度は、アルコールが72で、ヘロインが55、クラック・コカインが54だった。

 ISCDは、今回の研究で、現行の薬物分類制度は実際の有害性をあまり正しく反映していないことが示されたとしている。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 20:34 | 絶好調絶好調 | Comment(4) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
風邪といえば、以前はよくこじらせてました。でもピラティスてゆう運動を始めてからはあんまり風邪長引かなくなったのです。体重は全く減らなかったけど(笑)体に良いみたいなので継続してます。
Posted by ゆきむし at 2010年11月02日 22:11
ゆきむしさん、ありがとうございます。
風邪をこじらせていたんですか。
私は風邪は10年に一回くらいしかひかなかったかも。
ピラティスはインナーマッスルが鍛えられるんでしたっけ?激しくないけど効くんですよね。スロトレに似てますよね。クルム伊達公子選手もやってましたよね。
体重は減らないのか〜。でも体には良さそうですよね。
Posted by ゆきむしさんへ at 2010年11月02日 23:22
風邪引かないとは羨ましいですね〜私は毎年流行と共に引いてます(笑)
スロトレやってないですが(本だけ買いました)似てそうですね〜ピラティスと。ピラティスは筋トレ的な面大きいですからね。体型は変わって来るんです。体脂肪率測って無いのが悔やまれます。あとピラティスの呼吸法が血の巡り良くしてる感じです。元がどれだけぼんやり生きて居たんだか…
Posted by ゆきむし at 2010年11月03日 12:31
ゆきむしさん、ありがとうございます。
ふふふ。何とかは風邪引かないって言うでしょ?
体だけは丈夫なんですよ、私。

スロトレの本を持ってるんですね。
体脂肪率測っていたらよかったのに残念ですね。
あ!そっか!ピラティスは呼吸法も重要なんですよね。
血の巡りか〜。なるほど。
むふふ、ぼんやり生きて居たんですか〜?
でも、ぼんやりが一番ですよ。うんうん。
Posted by ゆきむしさんへ at 2010年11月03日 20:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)