スポンサードリンク

2010年10月25日

肥満遺伝子検査キット

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ勇敢なるレコーディングダイエッターズ!


今朝のNHK「あさイチ」のメインテーマは『遺伝子』でした。“遺伝子”のサービスやビジネスが急速に広がっているそうなのです。

美容の世界では“遺伝子コスメ”というものがあったり、自分の20代の頃の細胞を保存して若返る美容法というものもあるとか。

医療の分野でも、“遺伝子検査”によるオーダーメ―ド医療が始まっているそうです。
遺伝が関係している家族性の乳がんや卵巣がんは、遺伝子検査によって、将来の発症リスクが判明するそうです。

先天性の難聴の男の子が、遺伝子検査で原因を特定し、早期治療を行うことで、健聴者とほとんどかわらない言語習得が可能になりつつあることも紹介されていました。

遺伝子検査は、インターネットで見たことがありますが、歯科医院でも手軽に受けられるようになってきているそうです。

私が見たことあるのは肥満遺伝子検査キットです。
でも、肥満や糖尿病などの生活習慣病は環境要因が大きいため、遺伝子検査で判明することは限られているみたいですね。

スタジオにいた専門家はかなり否定的な意見を言っていたので、これらの遺伝子ビジネスをしている人は「やめてくれ〜」と怒っていたかも(笑)
また、そういう肥満遺伝子検査キットの結果が悪いからということで、高額なサプリメントなどを売りつける悪徳業者もいるみたいです。気をつけないと。

「あさイチ」では、肥満や生活習慣病の場合、発症リスクに占める遺伝子の要因は30%程度で、食生活などの環境要因の方が大きくかかわっていると解説してました。遺伝子検査で調べられるリスクはごく一部で、リスクが高いからといって必ず発症するわけではないと。

また、韓国などでは、こういう遺伝子ビジネスは法律で禁止されているということも、専門家が言ってましたね。

そういうことを理解しながら肥満遺伝子検査を利用したほうが良さそうですね。

でも、自分がどんなタイプの肥満なのかとか、遺伝的要素が分かるのは楽しいかも。
それに、ダイエットの対策を立てる目安にはなるかもしれませんよね。あくまで目安でしょうけど。

太りやすいタイプという検査結果が出たら、それに注意して生活習慣を改善してもいいし、太りやすい遺伝子を持っているのだから太ってもしょうがないやと太り続ける言い訳にもなりますしね(笑)

「こういう食べ物に太りやすいから注意して」みたいな検査結果があるとか聞いたことがあるので、食生活の注意点などもわかるかもしれません。目安ですけどね。

肥満や生活習慣病・成人病に関しては、遺伝3割・環境7割くらいのようですが、最初の方に書いた、家族性の乳がんとか卵巣がんなどの遺伝子検査はかなり有効なようですね。

遺伝子や遺伝子検査と言っても、いろんなものがあるようです。


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 10:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | あさイチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今の自分に痩せる為の遺伝子交換が出来たら良いのでしょうけれど、自分の子供達の分でしょ?いっや〜体重がなかなか減らずに少し傷心気味です。元気をください
Posted by 智太郎 at 2010年10月25日 20:13
智太郎さん、ありがとうございます。
遺伝子交換ですか!
傷心気味?ハートブレイクですね。
Posted by 智太郎さんへ at 2010年10月25日 21:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)