スポンサードリンク

2010年09月30日

糖質ゼロとか何%カットと表示されたビールについて

にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ勇敢なるレコーディングダイエッターズ!


「糖質ゼロとか何%カットと表示されたビールなどに関して私見でも良いのでコメントください」とツイッターでご要望がありました。

ツイッターで書き始めると、また長くなって読みづらくなるかもしれないと思いました。なのでブログに書くことにしました。

御返事が遅くなって申し訳ありません。

私はレコーディングダイエットをやっているのでカロリー制限があります。最初の頃、1500キロカロリー以内にする食事制限をやっていました。

1500キロカロリー以内で、ビールも飲みたいし、料理やおつまみも食べたい。となると、糖質ゼロやプリン体をカットしたもの、何%カットなどという、低カロリーのビールや発泡酒を選びました。

糖質ゼロとかプリン体などをカットしたものって、ダイエッターにも健康を考えてもありがたいですよね。

私が最近ハマっているビールテイスト飲料だと、カロリーゼロというものも増えてきています。アルコールがあるものでもカロリーゼロのワインやチューハイなどもあるみたいですし。

健康に良くないものやカロリーがカットされているのは嬉しい。でもその一方で、そういう加工がされることや人口甘味料などが使われていることも気になるところです。

ネットで検索してみると、人口甘味料の安全性・危険性について、いろいろと書かれているページが見つかります。

また、いわゆる「食べ合わせダイエット」の伊達友美さんの本を読むと、製造過程で加工手順が入れば入るほど良くない。加工手順が増える発泡酒などを飲むなら、普通のビールを飲んだほうが良いというようなことが書かれています。

ダイエットに限らず、どんなことでも正反対の意見があるが困りますよね(笑)

先日、ツイッターで返事を書いている時に気づいたんですが、結局、「自分が何を信じるか?」ということだと思ったんです。

何を食べるか。どんなダイエット方法を選ぶか。どんな運動をするか。

結局、自分の腑に落ちて、「信じられる」とか「やってみよう」と思えるものじゃないと、やる気にならないし、続かない。そうじゃないと気持ちよくないし楽しくないですもんね。

なので、糖質ゼロとか何%カットと表示されたビールなどを利用してみようと思う気持ちが、それらを不安に思う気持ちより大きいのなら飲む。やっぱり嫌だな〜と思うなら飲まない。

私のスタンスはこんないい加減な感じかもしれません。その時の気分次第でしかないかもしれませんね。

糖質ゼロなのが嬉しい!健康やダイエットに良さそう!と思うときは選ぶし、それは心配だからやめておこうかな?と言う時は選ばない。

そんな感じかも。心地良いほうを選ぶって感じかな。

ただ、チャイナフリーで生活することが困難なように、最近は人口甘味料などが入っていないものを探すのも難しいかもしれません。

少し気になりながらも口に入れないわけにはいかない状況。

体に害がなく、ダイエットに効果的であることを祈るしかないのかもしれませんね。

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 11:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 一生ダイエット宣言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)