スポンサードリンク

2010年09月22日

ダイエット[1023日目]中秋の名月/1週間で9キロの減量苦…絶食覚悟の亀田大毅/【写真特集】イチロー、大記録に向かう道のり

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.3kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.5kg
体脂肪率:14.5%
BMI:22.1
二回目測定
体重:68.3kg
体脂肪率:14.0%
BMI:22.7
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   グレープフルーツ 30Kcal   キウイ 20Kcal   りんご 20Kcal   コーヒー   白いバームクーヘン 120Kcal     朝食計360Kcal      大川スロトレ3日分30分
昼食
12時10分   鶏がら醤油ラーメン 400Kcal 焼き豚 60Kcal ゆでたまご 80Kcal ねぎ・しょうが 5Kcal   白いバームクーヘン 115Kcal     昼食計660Kcal     CDエアロビクスDVDベーシックプログラム1.5倍速38分
夕食
19時10分   のどごし生 169Kcal  焼酎ロック麦茶割り 161Kcal   冷奴ごま油塩 100Kcal   宗八カレイ 140Kcal   ロールキャベツ丸ごと煮 30Kcal 挽肉 200Kcal スープ 100Kcal      夕食計900Kcal      今日の合計1920キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット ランキングへ


今日の札幌はついに20℃を切って19.9℃だったとか。大雪山系の黒岳では初冠雪。初雪ですな。寒いはずです。今日は中秋の名月なんだけど雲が多くて見えない。さっき朧月が見えたけど、果たして全部見せてくれるかな?でも無月とか雨月とか、昔の人は見えても見えなくても楽しんでいたんだってね。風流って心に余裕がなきゃ味わえないのかもね。


今朝の体重は700gも増えて66.5kg(40.5kg減、あと3.5kg)
体脂肪率は0.5%増えて14.5%


5日連続で65キロ台をキープしていたんだけど、今朝は66.5キロまで増えちゃった。「なぜだ!」って思ったのが最初だったけど、ここ数日の合計摂取カロリーを見ると、さもありなんって感じだね。一人宴会とかしてたしね。

もりもとパン祭りを2日3食やったけど、パンなのでそんなに食べた感覚はないのですが、カロリーとしてはやっぱり高カロリーだもんね。一人宴会は酔っ払って、おかきやアイスまで食べたし。

なんとか65キロ台を維持していたけど、食べた分が数日遅れて体重に反映されたんだろうね。
やはり見逃してはくれないよね。体は。

今日も「白いバームクーヘン」を朝も昼も食べたからな〜。
昼はラーメンで、最近の傾向どおり、半分くらいで満腹感があったんだけど、残すことはできずに完食し、それなのにバームクーヘンも食べてるんだから、夕食前体重も朝より増えるわけですよ。

夕食は晩酌日なので、食後の体重も大きく増えてるけど、これはたぶん水分のはず。
果たして明日の朝までにどれだけ減るかな?
まずはまた65キロ台復帰して、65キロ台前半に突入したいところだ。

大毅、絶食覚悟…1週間で9キロの減量苦
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100922-00000007-dal-fight
 「WBA世界フライ級タイトルマッチ」(25日、東京ビッグサイト)
 王者・亀田大毅と、挑戦者・坂田健史の明暗がくっきりと分かれた。予備検診が21日、東京・水道橋の後楽園ホールで行われ、大毅が減量苦を吐露した。1週間で約9キロを落とす過酷な短期型減量法を強行するのに対して、坂田は約1カ月間にわたる長期的な減量法を用い、好調ぶりをうかがわせた。大毅は24日の計量まで絶食覚悟だが、坂田はベテランらしい調整で最後の仕上げにかかった。
  ◇  ◇
 唯一の不安材料であり、最大の“敵”は、やはり減量だった。検診を終えた大毅は、思わず本音を口にした。「今は減量してるから元気がないねん。元気ないよ、正直。今はほとんど食べてないし、飲んでないから」。絶やさぬ笑顔で悲壮感をかき消したものの、一段と引き締まったほおが過酷さを物語っていた。
 17日から本格的な減量を開始した。60キロの体重を、計量までの1週間でリミットの50・8キロまで一気に落とす。当初は馬刺しや鹿の肉などを口にしていたが、現在は絶食に近く、今週に入ってからは少量のホウレンソウしか食べていない。すでに練習を打ち上げているため、計量までの3日間は絶食を強いられる可能性が高い。
 今年2月の世界戦の時よりも過酷だ。通常の体重が60キロを超え、過去最重量を記録。急激な減量の影響もあり、この日の検診では2月の時より胸囲が2・5センチ減り、なぜか身長も1・3センチほど縮んだ。さしもの大毅も身長に関しては驚いた様子で「身長が縮んで、おっさんみたいやな」と周囲の笑いを誘った。
 順調な仕上がりを見せた坂田は、大毅とは対照的だった。30歳という年齢を考慮し、長期的な減量法を取り入れている。最大で60キロ近くまであった体重を約1カ月かけて落とす。昨日の練習後にリミットまで1キロを切り、少量ながら栄養のある食事も取れているという。
 検診結果は08年12月とほぼ同じ数値で、年齢からくる衰えはない。「疲れは取れている。残りわずかだが、気を抜かず気持ちを引き締めていきたい。今週に入って食べる量は減っているが、絶食はしない」と、褐色に焼けた顔には自信がみなぎっていた。
 疲労のピークにありながら、大毅は言い切った。「熱い試合をする。みんなを感動させられるような試合をする。100%オレが勝つ」。対する坂田も「自分が勝つと信じて全力でいく。失うものは何もない」と必勝を誓った。



米大リーグ(MLB)、シアトル・マリナーズ(Seattle Mariners)のイチロー(Ichiro Suzuki)選手。10年連続200安打の大記録を目前に、同選手のこれまでの活躍をまとめた。

米カリフォルニア(California)州サンディエゴ(San Diego)のペトコ・パーク(Petco Park)で行われたワールド・ベースボール・クラシック(World Baseball Classic)決勝、キューバ戦で、バットを構える日本代表のイチロー(Ichiro Suzuki、2006年3月20日撮影)。(c)AFP/Getty Images/Jed Jacobsohn


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 21:07 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)