スポンサードリンク

2010年09月17日

ダイエット[1018日目]あ!胸と頭の不調がないな〜/運動は「食事の支度」程度

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.8kg
体脂肪率:14.3%
BMI:21.9
二回目測定
体重:66.9kg
体脂肪率:13.9%
BMI:22.3
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース(青汁) 170Kcal   グレープフルーツ 30Kcal   りんご 30Kcal   コーヒー    朝食計230Kcal     大川スロトレ3日分30分
昼食
12時0分 漬物 10Kcal   ラーメンサラダ 350Kcal トマト水菜レタス 20Kcal ゆでたまご 80Kcal ドレッシング 100Kcal    昼食計560Kcal    CDエアロビクスDVDベーシックプログラム1.5倍速38分
夕食
19時10分 納豆オクラなめこ鰹節 45Kcal   じゃがいも 150Kcal 鶏肉 80Kcal   キムチ 10Kcal   味噌汁(えのき玉ねぎ) 50Kcal   玄米 300Kcal    夕食計635Kcal       今日の合計1425キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌も朝から青空と太陽。日差しも強くなって少し暑かったかも。でも気持ちのいい天気でドライブに行きたくなったな〜。連休は雨の予報だったのが、そうじゃなくなった感じなので行楽日和になるのかも。


今朝の体重は200g減って65.8kg(41.2kg減、あと2.8kg)
体脂肪率は0.1%増えて14.3%



昨日の体重がいい感じだったので、今朝は9月10日以来の65キロ台!この調子で行きたいね〜。
でも今日の夕食後体重は昨日のそれより300gも増えてるから、明日の朝はまた66キロ台かもしれないけど、頑張って65キロ台を守ってくれ、俺の体よ!

俺の体と言えば、ふと気がつけば、胸のあたりの不調やその時に同時に起きる頭の不調というものが、いつの頃からか起こらなくなりました。レコーディングダイエットを初めて、体重がかなり落ちてからもたま〜に起きることがあったこれらの不調。いったい最後に起きたのはいつだっけ?記録に残ってるはずなんだけど、なかなか見つけれません。そのくらい発生していないってことだね。すっかり忘れていたくらいだもんね。

今回のダイエットを始める前は、睡眠時無呼吸症候群だったんだろうと思うんだけど、息を止めていたからなのか、起床時に頭が痛いことがよくあったような気がします。心臓とか胸もそのころからあったのかな〜?

レコーディングダイエットを始めてからも、朝に起きるんだけど、胸のあたりが締め付けられる感じなのか上手く表現できないけど、なんか不快な感じになって、その後に頭も締め付けられるような感じになることがたまにあって、体重が減れば治るはずと信じて過ごしていました。

レコダイで体重がかなり減ったあとでも、たまに起こることがあって、病院に行ったほうがいいんだろうけどな〜と思いながら様子を見てました。

ダイエットが進むにつれて、それらの発生間隔が長くなってきていたのは感じていて、気がつけばすっかり起きることがなくなっていたというわけです。

心臓の動きがおかしくなって、スムーズに血液が脳に行かなくなっているのでは?と勝手に想像していたんです。心室細動とか心房細動とかなのかなって。

足の筋肉はポンプになっていて血液の循環に関係すると聞いていて、そういう心筋梗塞とか脳溢血とかを防ぐために足の筋肉を鍛えると良いとか、ウォーキングなどをした方が良いなどとも聞いていましたけどね。

朝、背中が冷えたり、朝食でコーヒーを飲んだりすると起きていたような記憶があります。

いったいなんだったのか分かりませんが、あのままレコーディングダイエットをせずに太ったままだったり、アレ以上太っていたら、いったい私はどうなっていたのでしょう。

これからリバウンドして太ったりしたら、また同じような症状が出るのかもしれませんね。
ダイエットとリバウンドを繰り返すと、体はどんどん質が悪くなるというか、同じ体重に戻ったからといっても同じレベルの体ではないですもんね。よく言われるのが、ダイエットで筋肉が落ちて、リバウンドでは脂肪だけが増えるって。私の場合も、大幅なダイエットとそれ以上のリバウンドを繰り返していたし、仕事や運動不足などで、体の質は良くなかったでしょうからね。心肺機能とかも弱くなっていたことでしょう。

と、こんなふうにすっかり安心して油断していたりすると、思い出したように、心臓と頭の不調が怒ったりするのかもしれません。あら?怒ったりではなく起こったりですね。

起こらないことを願うばかりです。


【9月17日 AFP】減量して健康的な生活を送るために運動を心がけている米国人はほんのわずかで、体を動かすといっても「食事の支度」程度である場合が多いとする研究結果が、15日発行の医学誌『American Journal of Preventive Medicine(米予防医学ジャーナル)』10月号に掲載された。

 米ペニントン生物医学研究センター(Pennington Biomedical Research Center)の研究チームは、2003〜08年に全国約8万人に実施された「過去24時間に行った活動」に関するアンケート調査の結果を分析した。

 いちばん多かった活動内容は「飲食」で、回答者の95%以上が挙げた。次に多かったのは「テレビまたは映画鑑賞」で約80%だった。

 体を動かす活動で最も多かったのは「食事や飲み物の支度」の25.7%、次いで「ガーデニングや芝刈り」の10.6%だった。ランニングなど強度の高い運動を挙げたのはわずか5.07%だった。

■運動と肥満に相関性

 同誌9月号には、米国人の平均寿命と健康的な生活を送れる年数は、成人の肥満率上昇に伴い減少傾向にあるとの研究結果が発表された。

 米国の肥満率は1993年には14%だったのが、その後16年間で27%となり、90%も上昇したという。運動不足など修正可能なライフスタイルの要素と肥満率上昇の間に強い相関性があることが明らかになったとしている。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

タグ:運動
posted by マカロン at 21:05 | 絶好調絶好調 | Comment(2) | TrackBack(0) | 身体の変化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マカロンさんこんにちわ(^_^)。3連休ですね〜。

うちは、近場で子供達と楽しく過ごす予定です。

痩せたら、体の不調が減ってきたのは良かったですね〜(^_^)。やっぱり、減量は体調にもプラスなのでしょう。太ったままだったら、大げさな話、今頃命を落としてた可能性もあるのかもしれません。

妊娠して10kg増えたので、体が重いです。そして、肥満の人の気持ちって、多分こんな(体が重くてダルイ感じ)なんだろうなーと想像できます。

定期的な運動、考えてみると私はほとんどしていません。一時期ダンベル体操を毎日してたことはあるけど...。ナースの仕事をしている時には、歩数だけは多いんですけど、決まった筋肉しか動かさないので、本当は全ての筋肉を動かすような運動を、取り入れたほうが、体に良いのでしょうね。ナカナカ、そんな暇がないのが悲しいです。
Posted by みなせりみ at 2010年09月19日 05:17
みなせりみさん、ありがとうございます。
今日は雨模様ですね。
連休はどこも混んでるでしょうから近場で子供達と楽しく過ごすのが一番かも。

痩せると血圧が劇的に下がりました。肌もツルツルになったのもビックリしましたよ。痩せるだけで良くなることは多いんだと思います。
痩せたからというより、正常な食生活になったのが理由なのかもしれませんね。
いやホント、今頃命を落としていたり、何かの病気になっていたかもしれませんね。

みなせりみさんは10kg増えてるんですね。
体が重く感じるでしょうね〜。
私の場合は、3桁あったときでも体が重いとかダルイとかって感じてなかったんですよ。ダイエットが進むにつれて、「軽い」「動きやすい」「楽」などと感じるようになりました。

子どもが小さいと定期的な運動なんて難しいですよね。ダンベル体操やスロトレなら短時間でできるから良いかもしれませんが。
ですよね。ナースさんはずーっと走り回ってる印象です。
使わない筋肉は簡単に萎縮するみたいですから(みなせりみさんのほうが詳しいかw)、理想は全ての筋肉を動かすことなのでしょうね。でもまぁしょうがないっすよね。子育てや家事でも、かなり運動になってますよね。それに疲れちゃうだろうし。
Posted by みなせりみさんへ at 2010年09月19日 09:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)