スポンサードリンク

2010年09月11日

ダイエット[1012日目]また昼からビール?/脳には学習・運動が不可欠

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-2.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.0kg
体脂肪率:13.9%
BMI:22.3
二回目測定
体重:67.2kg
体脂肪率:12.9%
BMI:22.4
食事
朝食
7時40分  豆乳野菜ジュース 170Kcal   トマト 10Kcal   ぶどう 30Kcal   りんご 30Kcal   コーヒー   朝食計240Kcal    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時0分  ピクルス 10Kcal  醤油ラーメン 450Kcal ハム 30Kcal もち 50Kcal ゆでたまご 80Kcal ねぎ    昼食計620Kcal    トイレ中5日ゴンちゃん450    CDエアロビクスDVDベーシックプログラム1.5倍速38分
夕食
19時10分 きんぴらごぼう 40Kcal   キムチ 10Kcal   ブロッコリー 20Kcal イカ 40Kcal 炒め油 30Kcal    韓国海苔 20Kcal   味噌汁(キャベツ豆腐) 50Kcal   玄米 300Kcal   夕食計510Kcal
おやつ
14時30分 オールフリー 0Kcal   シェリエドルチェ ブラックコーヒー 5Kcal   オヤツ計5Kcal       今日の合計1375キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌は曇りだったかな。少し蒸していたかも。気温は低かったけどね。
今日は突然の谷啓さんの訃報にビックリ。ガチョーン!です、まさに。
天国でクレイジーキャッツのメンバーと再会していることでしょう。


今朝の体重は1200gも増えて67.0kg(40.0kg減、あと4.0kg)
体脂肪率は逆に1.0%も減って13.9%



昨日の夕食であれだけ食べて飲んだのですから、このくらい増えるのは当然ですな。しょうがない。
ドンと増えたことで体脂肪率は1.0%も減りましたが、これはたくさん食べたからですよね。
1回のドカ食いなら、その前後に適量の食事をすればすぐに戻るはず。うん。

今日はまたオールフリーが飲みたくなって買いに行っちゃいました。
っていうか、これまでは何か飲みたいって思ったら、コンビニや自動販売機で缶コーヒーやコーヒー系の乳飲料などを買っていました。カフェオレとかエスプレッソとかは美味しいけど糖分や乳脂肪などが入っているから、いくらかカロリーがあります。
で、ゼロカロリーがいいとなるとブラックコーヒーにしたり、コーラのゼロカロリーのものなどを選んできました。

が、ノンアルコールビール(ビールテイスト飲料)がゼロカロリーということになると、何か飲もうと思ったときには、これを選んでしまうようになるような気がします。今日はまさにそう。

水を飲むかのように、何かあればそればかり飲むようになると、何だか常にアルコールがなきゃダメなアルコール中毒になったような気がしてきます。昼間にそればかり飲むようになると、そのうちにアルコールが入っているものが欲しくなり、本当にそんな感じになってしまう怖さのようなものを感じました。

そもそもノンアルコールとは言え、ここまで飲みたくなるのはヤバイような気がします。飲まずにはいられない小さな衝動に突き動かされたような感じでしたからね。

ビールテイスト飲料の売り上げは各社好調だそうですが、ビールテイスト飲料からアルコール入りに流れる人が増える予感がしますし、何だか昼間っから飲む人を大量に作るものになりそう。昼に飲むことに抵抗がなくなり、どんどんマヒさせて慣れさせるような気がするよ。あ〜怖い怖い。

でもやっぱり、缶コーヒーやコーラを買うなら、ビールテイスト飲料を選ぶようになりそうな気がしています。

脳には学習・運動が不可欠…ホルモンを取り込み
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100911-00000322-yom-sci
読売新聞 9月11日(土)14時15分配信
 細胞の成長や保護に重要な栄養素となるホルモンが、脳の活動が活発な部分だけに血液中から取り込まれることを、征矢(そや)英昭・筑波大教授と西島壮(たけし)・首都大学東京助教らのグループが発見した。

 脳機能を維持するのに学習や運動などが不可欠であることを実証したもので、将来、認知症予防など脳を健康に保つためのプログラム開発につながると期待される。科学誌ニューロン最新号に掲載された。グループは、筋肉の新生や機能の維持に重要な役割を持つホルモン「IGF―1」が脳神経にも作用することに注目。しかし、血管と脳の間には「血液脳関門」という関所があり、このホルモンが脳に取り込まれる仕組みは謎だった。

 ラットの実験で、ヒゲを刺激すると神経活動が活発になる脳の部分だけに、血中からIGF―1が移動することを確認。神経活動が高まり、脳の血流量が増えることが引き金となり、特殊な酵素がIGF―1の分子を小さくして、脳の関所を通りやすくすることも突き止めた。征矢教授は「脳の神経活動そのものが強力な栄養素を取り込み、さらに脳機能が強化される好循環を生む」としている。


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます



posted by マカロン at 21:08 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | 美味しいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)