スポンサードリンク

2010年08月11日

ダイエット[981日目]独り占めできるのはお風呂だけってことか/フェルナンデス氏 日本代表監督就任へ

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.9kg
体脂肪率:14.2%
BMI:22.3
二回目測定
体重:68.0kg
体脂肪率:11.8%
BMI:22.6
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal   すいか 20Kcal   トマト 10Kcal   ホームベーカリー 150Kcal   ゆでたまご 80Kcal   コーヒー     朝計430Kcal
昼食
12時0分 ラーメンサラダ 300Kcal レタスきゅうり 10Kcal トマト 10Kcal すいか 20Kcal ドレッシング 80Kcal       昼計420Kcal
夕食
20時15分 のどごし生 169Kcal   焼酎ロック麦茶割り 161Kcal     ケンタッキーフライドチキン 2000Kcal   中華まん 400Kcal     夜計2730Kcal
おやつ
15時30分 おかき 100Kcal   するめ 50Kcal   こんぶ 20Kcal    おやつ計170Kcal        今日の合計3750キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌は暑さは一段落。でも深夜から朝にかけて強い雨が降っていたし、日中も曇り。この時間はまた雨が降り出していて、湿度が異常に高い感じ。


今朝の体重は66.9kg(40.1kg減、あと3.9kg)
体脂肪率は0.6%増えて14.2%



昨夜は、夕食後に喉の渇きが強く、水や麦茶をガブ飲み。
おそらく、日中のプールの影響で水分不足だったのかな?
なので、今朝の数値はちょっとイレギュラーかも。
でも、なんとか66キロ台をキープ。ギリギリだけどね。

今夜は、食事時間が遅くなり、ケンタッキーになったんだけど、ちょっとリミッターが外れて、いつもよりかなり食べちゃったので、明日の体重は、とうとう67キロ台になってしまいそう。
朝の67キロ台はいつ以来?と思って記録を見返してみると、なかなか出現してきません。その間に、63.35キロなどという、昔懐かしい(と言っても4月29日だけど)数字が目に入り、物凄く違和感。「いったい誰の体重?!」って、自分の体重ではない感覚になっちゃいました。

で、朝の67キロ台の最後はいつか探していると、なかなか出てきません。パラパラ記録をめくり、1月26日が最後の67キロ台みたい。たぶん。
見落としているかもしれないけどね。
でも、そうなると、この数ヶ月分が戻ったということになるのか。この数ヶ月が無駄になるのか〜。はぁ〜。


さてさて、反抗期(?)の姪っ子の話。
(まぁ、反抗期というわけではないんでしょうけど)

一緒にお風呂に入ると、最後まで残り、なかなか出ようとしてくれない日が続いていました。今日もそうだったんだけど、「どうして言うこと聞いてくれないんだろう?」なんて内心思っていたんですが、さっき、気づきました。おじちゃんを独り占めできるのがお風呂だけ、という状況になっているんですよね。

その他の時間は、一番小さい甥っ子がマンツーマンでおじちゃんをマークしていることが多いので、言う通りにしないと怒って泣き出しますから、そうなると姪っ子は我慢せざるを得ない。

ところが、お風呂だと、上の甥っ子はすぐ出るし、小さい甥っ子は頭を5回も洗えば出て行きます。そこまででかなりの時間が経ってますから、おじちゃんはもう上がりたいところですが、そこから姪っ子は上がろうとしません。なので、ついつい早く上がろうとしてしまうんですが、姪っ子にとっては、そこからの時間がやっとおじちゃんを独占できる時間なんですよね。そのことに、さっきやっと気づきました。お風呂で最後まで粘り、そこからの時間だけが、自分の思い通りになる時間だったわけです。

ママの前ではかなり良い子を演じていて、私に見せるような生意気な態度や言動なんてしないんですが、逆に言えば、私には気を許しているというか、良い子じゃない自分を出すことが出来ているってことですよね。友達感覚なんでしょうね。親には叱られるから、良い子でいようとするかもしれないですもんね。私もそうだったかも。

そういえば、姪っ子が何かしたいと言ってくると、「もうすぐご飯だから」とか、「ちょっと待って」とすぐに言ってしまうことが多いことにも気づきました。「待って!」とばかり言ってるような気がします。何を言っても、「待って!」「後で!」と言われては、姪っ子も寂しいですよね。

小さい甥っ子の場合だと、「待って!」と言っても通じません。怒って大泣きしちゃいますから、その前に望みどおりに叶いますが、姪っ子は我慢するしかない。

生意気で反抗的な言動をされるので、つい避けてしまうことが少しあるのですが、小さい甥っ子の目を盗みながら、姪っ子との時間を作る努力もしてるんだけど、できるだけ「待って!」というのをやめて、お風呂の時間ももっと楽しく過ごさせてあげようと思います。

ただ、明日からはパパが登場するので、きっとおじちゃんはお役御免になることでしょう(苦笑)

あ!そういえば、姪っ子ちゃん。咳が出だすと激しく咳き込んで、戻してしまうことがあるんです。病院では理由がわからないらしく対処してもらえないんですが、けっこう頻繁に毎日のように起きてるんですよね。お子さんにこういうことがあった人がいらっしゃったら、治療法など教えてくださいませんか?
ママの前で良い子でいることが影響してたりするのかな〜?精神的な原因だったりするのでしょうかね〜?ママが怒りすぎなんでしょうか?
でも、どこのママでもイライラをすぐに怒ったりしますよね?毎日、この3人を相手にしていたら大変ですもん(笑)


【8月11日 AFP】2004年にFCポルト(FC Porto)を率いてインターコンチネンタル・カップ(トヨタカップ、Toyota European/South American Cup)を制したビクトル・フェルナンデス(Victor Fernandez、スペイン)氏が、次期日本代表監督に就任することが分かった。日本のメディアが10日、報じた。

 スポーツニッポン(Sports Nippon)によると、フェルナンデス氏がW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で日本を自国開催以外では初となる16強入りに導いた岡田武史(Takeshi Okada)監督の後任に就くことを複数の関係者が明かしているという。

 また、同紙は日本サッカー協会(Japan Football Association、JFA)の原博実(Hiromi Hara)強化担当・技術委員長が交渉にあたっていたが、大筋で合意に達し、契約が間近であるとも報じている。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 23:24 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昨日コメント入れようかと思いましたけど、ちょっと時間がなくて……たぶん、その頃って第一反抗期だったはず。思春期の第二反抗期ほどではないけど、自我の確立を含めて揺れる時期ではありますよ。

咳……うーん、プロじゃないんで判らないですけど、かなり精神的なモノもあるんじゃないでしょうか。私も、体が疲れているときより、心が疲れているときの方が発作は起こりやすかった気がしますから。何となく過換気の変則技って感じがするもの。

吐くまでってのも心配ですし、次に咳が止まらなくなったら、妹さんにしばらくだっこしてもらうと良いかもしれないって思います。赤ちゃん返りって、相当大きくなってもあるみたいですから、「あなたのこともママはとっても大好き」ってパフォーマンスをするだけで、ぐんと変わってしまう子は多いんです。良い子を演じているなら余計です。

確かにおちびちゃんに手がかかるのは事実ですが、手がかかるのと愛情とは別なんだよと囁いてあげることも必要なんだと思います。

できの良い姉と比べて拗ねモードの幼少期を過ごしていたら、大人になってから
「あんたは病気でしょっちゅう構われてたじゃん。うらやましかったわよ」
と言われたたすくでした。姉は、病気になると親を独占しているたすくに嫉妬してたみたいです。

Posted by たすく at 2010年08月12日 02:40
マカロンさんおはようございます(^_^)。

おじちゃん家業?頑張っていますね。男兄弟に挟まれた女の子、確かにストレスたまりそうかも。おひざで絵本を読んであげたり、一緒にアクアビーズとか塗り絵とかをすると、コミュニケーションになって、いいかもしれませんね。

咳は精神的なものなのかな? 器質的な問題もあるのかな? うちの次女もよく咳き込んで吐くのですが、漏斗胸で胃が圧迫され気味なのも一因のようです。

小さい子供が長期の旅行って、疲れるのかもしれませんねー。パパがあらわれても、ぜひ構ってあげて下さいね。
Posted by みなせりみ at 2010年08月12日 03:39
初めてコメントさせていただきます玉屋です。いつもブログを拝見するのを楽しみにしています。
姪っ子ちゃんのことについてです。私の従姉妹に現在4歳の娘がいます。
その子もすぐに咳き込み、嘔吐してしまいます。その原因は、注目を浴びたいからだということをお医者さんに言われたようです。
姪っ子ちゃんの生活環境を考えると、もしかしたら心配してほしいと強く思っているのが関係しているかもしれませんね。
まだまだ子どもなのに、下の子がいると我慢を強いられて可哀そうな場面によく出くわします。
生意気で腹が立つことも多いかも知れませんが、思いっきり心を開ける優しいおじちゃんのことを姪っ子ちゃんは大好きなんだと思います。大切にしてあげてくださいd(^_^o)
Posted by 玉屋 at 2010年08月12日 18:09
たすくさん、ありがとうございます。

私もブログへ訪問できなくてスミマセン。

第一反抗期のころではあるんですね。
やはりそうなんだ。
揺れる時期か〜。

咳は、精神的なモノもあるんですかね〜、やっぱり。
心が疲れているときの方が発作は起こりやすかったりしたんですか。へぇ〜。
過換気の変則技か〜、なるほどね〜。ふ〜ん。

そうなんですよね。吐くまで咳をするって心配だし辛そうで。妹も毎度のことで慣れているようで、吐いたくらいじゃ抱っこまでしなくなっている感じです。姪っ子が甘えていけば別ですが。

「あなたのこともママはとっても大好き」というパフォーマンスは、去年はよく見ていたような気がしますが、今年はそうでもないような。今時のママで、携帯ゲームでもしてるのかな(苦笑)。

私たちは一年に一回、こうして垣間見るだけなので、いつもがどうなのか分かりませんから、なかなかママに囁くというのも、育児を否定してるメッセージにもなりそうで気を使います。問題にするようなことではないのかもしれないし…。

お姉さんは、たすくさんのことをうらやましく思っていたんですね。きょうだいに限らず、人間って自分だけが損しているように思ったりしちゃうのかもしれませんね。子どもの頃ならなおさら、嫉妬や羨望とかって、処理できずに残ったまま大人になりそうだし。
お姉さんのその気持ちも分かるような気がします。
Posted by たすくさんへ at 2010年08月12日 21:52
みなせりみさん、ありがとうございます。

みなせりみさんのブログにも行きたいのですが、気力が出なくてスミマセン。

男兄弟に挟まれた女の子だとストレスがたまりそうに思うのですが、先日、「エチカの鏡」というテレビで「きょうだい」をテーマにした内容だったんですが、男兄弟に挟まれた女の子って最強なんだそうです。とっても最高に生きられるみたいですよ。詳しいところは見逃したんですが(苦笑)。だから、弟がもう少し大きくなったら、姪っ子の天下になるのかもしれません。その天下のまま、成長していくのかも(笑)

上の甥っ子がそうだったんですが、私とずーっとパソコンで遊んだりしていたんです。姪っ子ともそうしようとするのですが、そのたびに下の甥っ子が登場してしまうので、姪っ子の相手が全然できないんです。できるだけ近くにいようと試みてはいますが。

あ〜そっか〜。漏斗胸だと胃が圧迫されているのかもしれないんですね。うちに姪っ子の原因はなんなのかな〜?

ホントそうです。長期の旅行って、大人だって疲れますもんね。子どもは元気に遊びまわっているけど、移動だって疲れるだろうし、気候の変化などもダメージはあるだろうし。大人なら、そういうことを意識できるけど、子供は分からないから、かえってストレスや疲労がたまっていることもあるかもしれないですもんね。無意識だし。
Posted by みなせりみさんへ at 2010年08月12日 22:04
玉屋さん、はじめまして。
いつもお読みいただいていて、コメントもくださり、ありがとうございます。

4歳のその女の子、原因は注目を浴びたいからだということをお医者さんに言われたんですね。
そのような例を私も聞いたことがあったので、姪っ子の場合もそういうことだったりするのかな?と思ったものですから、昨日、少し書いてみたんです。

病気やケガのときだけは、親の愛を独り占めできますからね。心配してほしいという強い思いなのかな〜。

ホントそうです。まだまだ子どもなのに、下の子がいると我慢を強いられて可哀そうですよね。悲しい表情をしていたりしますもん。

そうなんです。昨日、そのことに気づけたので、生意気で腹が立つことを言われても気にならなくなりました。そういうときこそ、寂しい気持ちが溢れそうなんだろうなって思ったら、「いくらでも言っていいよ」と(笑)

私もそうでしたが、ママにはすぐ叱られるから、ママの前ではいい子でいるけど、そんな時にパパがはけ口になって、ガス抜きとかできていたことがあります。ママに叱れている最中に、パパと舌をペロっと出してアイコンタクトしたり。

汚い言葉とか、悪い遊びは、親に隠れてしますしね。
私だから、そうしてくれているのだとしたら、喜んでその役を果たしたいと思っています。

コメントくださって、ありがとうございます。
Posted by 玉屋さんへ at 2010年08月12日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)