スポンサードリンク

2010年07月25日

ダイエット[964日目]憧れのホームベーカリー登場/<龍馬伝>暗殺の黒幕は?第4部はミステリー 前半最終回の福山、香川、大森の涙は「本物の芝居」/白鵬、3場所連続全勝優勝

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-2.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:66.5kg
体脂肪率:13.9%
BMI:22.1
二回目測定
体重:67.4kg
体脂肪率:14.4%
BMI:22.4
食事
朝食
7時20分 豆乳野菜ジュース 170Kcal  トマト 10Kcal  プラム 40Kcal  桃 20Kcal  コーヒー    朝計240Kcal    トイレ中5日ゴンちゃん700    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時0分 ホームベーカリーパン 600Kcal   ピクルス 20Kcal  目玉焼き 100Kcal  ソーセージ 80Kcal  森永チョコレートアイスバー 230Kcal    昼計1030Kcal      エアロビクス休み
夕食
19時10分   のどごし生 169Kcal  焼酎ロック 161Kcal    豆腐 60Kcal トマト 10Kcal ゆでたまご 80Kcal ドレッシング 30Kcal   餃子の皮揚げ 80Kcal 納豆 40Kcal ミョウガ シーチキン 20Kcal ごはんの具になる噂のラー油 50Kcal  キムチ 20Kcal   おろし豚カツ 420Kcal  そばぼうろ 20Kcal  柿ピー 150Kcal    夜計1310Kcal    今日の合計2580キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌は快晴!久し振りに青空を見た感じ。気持ち良かった。
こんなに晴れたけど日差しは強くなくて、25℃くらいまでしか気温は上がらず、過ごしやすい。夜は満月なのか月がきれい。風は秋風のように冷たい。


今朝の体重は200g増えて66.5kg(40.5kg減、あと3.5kg)
体脂肪率は0.1%増えて13.9%



今朝も少し増えちゃった。ちょっと食べ過ぎな日々なので、しゃーないか。
今日はゴンちゃんが久し振りにきたことで気が緩み、またアイスを食べちゃったし、夜も少し食べ過ぎた感じ。

さてさて、今日はいつもより少しだけ早起きしました時計
というのも、我が家に「ホームベーカリー」がやってきたんです。ホームベーカリーが欲しいなんて話を聞いたことがなかったのに、突然、母が「見てくる」と言い出し、すぐに買ってきちゃいました。ホームベーカリーでパンを手作りし、焼きたてを食べてる人が羨ましかったので、予期していなかったし、とっても嬉しい出来事でした。

で、早速、今日パンを作ることになったんです。
作るといっても、材料を入れて、スイッチを押すだけでしたけどね。
できたパンがこれです。
はじめてのホームベーカリー.jpg
なかなか美味しそうなパンが出来ました。
いい匂いがして、食べるのが本当に楽しみでした。

やわらかくて切るのが大変でしたが、食べてもとっても美味しかったです。焼き立てのパンは、やっぱり美味しいね〜。
いろんなパンが作れるみたいなので、レーズンとか、チョコとかで作れるのかな?フランスパンなんかもできるのかな?

パン屋さんになりたい気分です(笑)

<龍馬伝>暗殺の黒幕は?第4部はミステリー 前半最終回の福山、香川、大森の涙は「本物の芝居」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100725-00000000-mantan-ent

 福山雅治さん主演のNHK大河ドラマ「龍馬伝」の第3部がスタートした。福山さんが自ら「若手芸人のよう」と語る体当たりの演技や、香川照之さん演じる岩崎弥太郎の“汚れ”っぷりのほか、武市半平太役の大森南朋さん、岡田以蔵役の佐藤健さんに話題が集まり、今まで以上に注目度の高い同ドラマの鈴木圭チーフ・プロデューサーに、これまでの手応えや、4部で描かれる龍馬暗殺のシーンまでを聞いた。(毎日新聞デジタル)

−−ここまでの手応えは。

 「大河ドラマを変えたい」という、スタッフの気持ちを集結して力を注いできた。それを、いろんなところに取り上げていただいて間違いなく世の中の龍馬ブームのような手応えを感じた。1部、2部としては上々の滑り出しだったのではないかなと思っています。

−−「大河ドラマを変えたい」というのは。

 かつらとか、扮装(ふんそう)にしてもそうですけど、今までの作り物的な幕末のドラマではなくて、リアルな幕末の群像を描きたかった。映像でも、今までの大河の決まり切ったパターンを崩したいということもあって、いろいろチャレンジしました。大河(ドラマ)も49作目、(11年にスタートする)『江(ごう)〜姫たちの戦国』で50作目ですから、実はネタも一巡して出し尽くしたところもあります。龍馬も2回目で、40年以上前に1回やっている。大河も飽和期というか、来るところまで来ているところがあって、どんな新しいものができるかというところが今回のスタート地点だった。(物語の)まだ半ばですが、1部、2部では、その(新しい)スタイルに手応えはあるなっていう感じはしてるんです。

−−変えることに局内で反対意見は。

 意外と現場に任されているんですね。(放送されたものの)結果については言われますけれど、やることについてそんなにめちゃくちゃ反対されるってこともないです。スタッフの総意で進めていきました。

−−もっとも力を入れてきたところはどこでしょう。

 やっぱりビジュアルだと思いますね。福山さんという人を真ん中に置いて、いろんな意味で格好いい歴史上のキャラクター、格好いい龍馬を作るっていうこと。もちろん(龍馬の)周りの人たちもですが。ビジュアルというのは見せかけだけじゃなくて、そこから来る本物の芝居。格好いいビジュアルで本物の芝居を撮る。そこがいちばん力を注いだところだと思います。

−−1部、2部で満足しているシーンは。

 ぱっと浮かぶのは(2部の)最終回の、龍馬と弥太郎と武市が、ろうや越しに抱き合うという感じ。つまり、龍馬伝の前半戦は、龍馬と弥太郎と武市の話で走っていくっていう骨格で、あのシーンで前半戦のゴールを迎えたんです。(俳優たちの)積み上げてきたものがあって、単純にそのシーンのせりふを覚えてどうとかじゃない。ずっと一緒にやってきた(福山さん、香川さん、大森さんの)3人の関係、撮影中や、撮影後の飲み会とか食事を重ねて親ぼくを深めてきたいろんな友情関係の厚みがあって、『本当にこいつが死んじゃうんだ』ということに対して流す涙は、芝居というレベルではなく胸を打つものがあるし、本物の芝居というものを追求してきた龍馬伝の極致だったような気がします。

−−岡田以蔵役に若手の佐藤健さんを起用するなど、キャスティングも話題です。

 キャスティングで決まっちゃいますので、いちばん心血を注ぐところではあります。(キャスティングは)化学反応、食い合わせみたいなところがあって、マッチングの問題なので、福山さんとどういう人をぶつけるとお互いに輝くのかと考えていきました。(難しいのは)従来のイメージを変えるっていうところですね。(打ち合わせなどで)『この役だったら、この人は普通だけどね。龍馬伝ではやめよう』ってよく言っていた。“福山龍馬”もですが、岡田以蔵は従来のパターンでキャスティングしたら佐藤健君が演じることはあり得ない。萩原健一さんや勝新太郎さんという、もっとワイルドでごつごつした人がやってきた役だし、一般的なイメージも同じ。それをナイーブな優しい以蔵を作ると、いい意味でひねくれながら(決めた)。僕も大友(啓史チーフ・ディレクター)もなんとなく普通にやるのは嫌だっていう……(笑い)。(パターンに陥らず)不協和音とか、そこから新しいものが生まれてくる可能性を探りたいっていう意図が働くんです。

−−福山さんに対する期待は、撮影が始まる前とあとで変わりましたか。

 福山さんは日々進化している。最初は狙い通り、ナイーブで悩んだりもする等身大の龍馬を、まさにナイーブな福山さんが演じているという良さが出た。回を重ねて、どんどんワイルドな龍馬だったり、もっとしたたかな龍馬だったりと、力強さのようなものが付加されて、いまや彼(福山さん)が龍馬だという感じ。(龍馬が)乗り移ってる感じがある。福山さん自身が、龍馬の成長、龍馬像の移り変わりを非常によく考えているし、僕らともディスカッションしたがって話をしている。福山さんの変ぼうとか思いみたいなものと台本の中身はなるべく連動させていっています。

−−福山さん以外に印象的だった俳優さんは。

いっぱいいるんですけど……。吉田東洋役の田中泯さんは、期待以上に視聴者の方がびっくりしたっていうか。ダンサーの方ですから一般に俳優さんとして知られた方ではない。『誰ですかあの人は!』みたいな反応がうれしかったですね。すごい反響が大きかったんで。一番最初に(反応が)来たのはもちろん弥太郎さんなんですけど。

−−25日の放送で登場するカステラ作りなど、フィクションを入れるときに気をつけていることは。

 史実を素材に膨らませること。(カステラ作りは)龍馬ファンはご存じのように、実際に海援隊がカステラを作ったレシピが残っている。そうすると、どこかで(カステラ作りを)やったんだろうなと。で、それは(いつどんなときか)特定できないわけですよね。(そういった)非常に抽象的な史実を具体的に使用して、膨らませて、面白くしていくことを大河ドラマで心がけなきゃいけない。全くのウソ(フィクション)じゃなくて、寄って立つもの(史実)があって大ウソ(大きなフィクション)をつくっていう感じです。

−−例えばどんなフィクションがありますか。

 最近でいうと、龍馬が土佐に戻りました。土佐に戻って後藤象二郎に会い、武市を救いに行く。(その期間は)龍馬ファンにはすごく有名な空白の4カ月。龍馬って本当に研究が進んでいて、日割りで年表があるんですが、あの期間はない。そういうところこそ、フィクションとしてはおいしいところで、なにをやっても許される想像の範囲というか。龍馬伝ではそういう(フィクションとして)膨らませたところがうまくいっている。3話で弥太郎と龍馬が関所越えをする話も全くのフィクションです。でも龍馬はあのとき江戸に修行に行っていて、ちゃんと道筋とかはリアルにやっているわけです。そこに弥太郎をくっつけて、弥太郎が偽手形を作るという話を創作して膨らませた。史実のすき間をぬっていくというか、そこはドラマとして視聴者の人も楽しんでいただけるとうれしいなと思います。

−−第4部ではいよいよ暗殺が描かれます。

 (暗殺は)最終回。暗殺犯は京都見廻(みまわり)組だというのは大体分かっている。ドラマの焦点は、実行犯ではなくて、黒幕が誰だったのかっていうところ。誰が殺させたのかということが、ミステリーとしては最大に面白い。10本の指では足らないほど、龍馬を殺してもおかしくない人たちっているんですよ。第4部はそこ(暗殺)に向けてのカウントダウンなので、第4部に入ったらもう出てくる人出てくる人すべて動機を持っているというような作りになっていくと思う。(すでに出演しているキャラクターも)いろんな人たちが(黒幕で)ありえる。ほとんどの人たちがあり得るといってもいいかもしれないですね。



【大相撲名古屋場所】負けない相撲、ライバル不在…白鵬に69連勝の可能性
2010.7.25 18:46

 暗い話題が続く角界で、横綱、白鵬が光を放っている。名古屋場所では、15日制で初となる3場所連続全勝優勝を達成。初場所以来の連勝を、昭和以降3位となる47に伸ばした。歴代1位は双葉山の69。白鵬は“角聖”の大記録を超えることができるのか。

 玉ノ井親方(元大関、栃東)は「今の横綱に負ける要素は見受けられない」と舌を巻く。身長192センチ、体重154キロの体は柔軟で、手足は長いが重心が低いため、簡単に体勢を崩されない。右四つで左上手を引くと盤石の強みを発揮する。史上最多の32回優勝を記録した大鵬と似た「負けにくい取り口」で、昨年には86勝4敗と年間最多勝記録をつくっている。

 鳴戸親方(元横綱、隆の里)は「白鵬に勝つには、懐に入ってあわてさせること。攻め手はある」とするが、それをできる力士が見あたらない。伊勢ケ浜親方(元横綱、旭富士)は「大関陣は、壁を乗り越えていこうという気持ちが弱い」と、連勝を阻止すべき側のふがいなさを嘆く。

 2月に横綱の朝青龍が不祥事で引退、名古屋場所前には野球賭博問題で大関の琴光喜が解雇されるなど、好敵手が相次いで土俵を去った。双葉山の連勝を69で止めた安芸ノ海は体勢の低い相撲、大鵬の連勝を45で止めた戸田(のち羽黒岩)は押し相撲だったが、番狂わせの可能性のある低い相撲の豊ノ島や豪栄道、押し相撲の雅山は賭博問題で今場所を謹慎し、来場所は大きく番付を下げる。

 順当なら千代の富士が持つ歴代2位の連勝記録53には秋場所6日目、双葉山の69には九州場所7日目に並ぶ。貴乃花親方(元横綱)は「白鵬は他の力士との差があり、調子に波がない。この先もどこまで連勝が続くか楽しみ」としている。(只木信昭)


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 22:38 | 絶好調絶好調 | Comment(14) | TrackBack(0) | 美味しいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ついにHB(ホームべーカリー)買ったんですね

って、お母さんがですが^^

楽しいですよぉ〜

今も頑張って焼いていますよ

義母が美味しいと喜んでくれるしね


クックパッドなんかでもHBで検索するといろいろあるし

本屋さんもHBの本あるし楽しいです^^

食べ過ぎないでね(笑)
Posted by kun at 2010年07月25日 23:15
小樽は潮祭り最終日で、行ってきましたよー。花火が綺麗でした。

ホームベーカリー、いいですよねー。うちのは、実家の押入れから発掘?してきた20年もの(ただし、それまでほとんど使っていなかった)ですが、美味しいパンが焼けます。いま時のだと、もっと性能が良くなっているのかな〜?

ケーキやうどんの麺やモチも作れる機種もありますよねー。強力粉は店によって値段がさまざまなので、安い店を見つけて下さいね。薄力粉を少し混ぜると、柔らかい感じになります。パン切りナイフとパン切り用のガイドも購入すると、均等に綺麗に切ることができますよー。
Posted by みなせりみ at 2010年07月26日 00:09
ううっ、また欲しい。壊れて捨てちゃって早6年……

全粒粉(30%)のパンでサンドイッチを作って公園で食べるのが、あぐりんの小さいころのプチ贅沢でした。

チョコチップパンを焼こうとしたら、融けてマーブルにしかならなかった事もありました。それも旨かったけどね。

でもねぇ、今のは知らないけど、ウチのは結構うるさかった。
予約すると夜中じゅううかかってパン焼くので、慣れるまでは何事が起ったかと飛び起きた事も。

ちなみに、普段は中力粉を使ってました。みなせさんと同じく強力粉オンリーより柔らかいし、かと言って配分わかんないから。

Posted by たすく at 2010年07月26日 02:16
はじめまして。
ブログ村の3桁ダイエットから飛んできましたにのたんと申します。
我が家でもホームベーカリー愛用中です。
焼きたてのパンは熱がこもって切りにくいので
30分くらい放置してあら熱をとると切りやすいですよ。
夏は発酵が進みすぎることがあるので冷えたお水を使うといいですよ。
Posted by にのたん at 2010年07月26日 07:03
 北海道は涼しいのが当然と思われますが25度?例年と比べてどないでっか?まだ7月・・本気の夏:8月が来たら各所で40℃超えとか?北海道は行かないと思いますが?嫌ですね?水分補給を怠らずに頑張りましょう。
Posted by 智太郎 at 2010年07月26日 10:08
おおっ!ホームベーカリー!
私も欲しいですが、何分独り身には頻度的にどうなの?といった感じなので踏ん切りつきません^^;

何事もチャレンジ
ということで、今後も楽しみにしてます^^
Posted by なたでここでたな at 2010年07月26日 12:44
kunさん、ありがとうございます。
HB、買いました〜!
と言っても私ではないですが、母の口から「欲しい!」などということは一度も聞いたことがなかったので、まさか買って来るとは思ってませんでした。欲しかったのなら買ってあげたのに〜。

kunさん、頑張って焼いているんですね。
義母さん、喜んでくれるんだ〜。
あ!そっか!クックパッドにもあるんですね。
ほんと、いろんなパンを作れたら楽しそう。
たしかに、一人だったら絶対に一斤食べちゃうと思います。食べ過ぎ注意ですね。
Posted by kunさんへ at 2010年07月26日 20:10
みなせりみさん、ありがとうございます。
潮祭りに行って来たんですね。
花火、いいな〜。

ほほ〜、20年もののホームベーカリーですか!20年前だとどんな感じなんでしょうかね〜。面白そう。
美味しくパンが焼けるならオッケーですもんね。

説明書を詳しく読んでないのですが、いろんなものが作れるようです。

強力粉は店によって値段がさまざまなんですね。そうなのか〜。
薄力粉を少し混ぜると柔らかい感じになるのか〜。
そうそう!米粉パンを作れるみたいです。
そういえば、普通のお米からパンを作れるホムベ(ホムペじゃなくてホムベ。判別不能)ももうすぐ出るみたいです。米粉じゃなくて米そのもの。

パン切りナイフはあるんですが、パン切り用のガイドというものがあるんですね。へぇ〜。探してみなきゃ。
Posted by みなせりみさんへ at 2010年07月26日 20:20
たすくさん、ありがとうございます。
壊れて捨てちゃって早6年ですか。
全粒粉のパンでサンドイッチ、憧れます。
公園で食べていたなんて、ほんとにプチ贅沢ですね。
チョコチップパンが融けてマーブルになったパンも美味しそう!

あ〜そっか〜。タイマーで予約して夜中に作るとしたら、うるさい場合があるのか〜。そうですよね。
誰もいない部屋に運んでそこで使えばいいかな。

中力粉というのもあるのか〜。
強かったり、薄かったり、中くらいだったりするその力とはいったい……(笑)。挽く時の力加減なのかな?
今回は、パンミックスとやらを使ったので、何が入っていたのか分かりませんが、簡単にできました。
Posted by たすくさんへ at 2010年07月26日 20:27
にのたんさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
3桁ダイエットのお仲間なんですね。

おお!ホームベーカリー愛用中ですか!
こうしてみると、ずいぶん普及してる感じですね。
あ〜そうなのか〜!30分くらい放置してあら熱をとると切りやすいんですね。焼き立てをすぐに食べるのが夢だったから、早く食べ過ぎたのかもしれませんね(苦笑)

冷えた水は説明書に書いてあったので、きちんと使いましたよ。

(追記)
にのたんさんのブログにコメントを残そうと思ったんですが、アメーバ会員じゃないとダメだったので、こちらで失礼します。

超リッチかつ、くるみレーズンたっぷりのレシピだったのに残念でしたね。でもいいな〜。そういうパンを作る日が楽しみ〜。釜を開けた時の怪しい物体…ショックでしたでしょうね〜。

白老にお住まいなのですか!ビックリー!同じ道産子ですね(笑)
「白老たまごの里Mother's 」は一度行ったことがあります。黄身が二個入った玉子を買いました。
プリプリの鶏肉入り親子丼とか卵かけごはんが食べられるんですね。食べたい。
ソフトクリームやシュークリーム、美味しそうな写真がたまらんですね。
応援ポチもしましたよ〜。
Posted by にのたんさんへ at 2010年07月26日 20:33
智太郎さん、ありがとうございます。
北海道は涼しいんですが、なにせ広いので、内陸だと涼しくないところもけっこうあるんですよ。札幌も暑い夏の年などもあります。今年は暑い日が続きましたが、8月を前にして涼しくなってきちゃいました。夏よ、カムバック!
Posted by 智太郎さんへ at 2010年07月26日 20:39
なたでここでたなさん、ありがとうございます。
たしかに独り身だと踏ん切りつきませんよね。
私も一人暮らしのときは買おうと思ったことなんてなかったですが、こうして作ってみると、買っていても良かったかもしれないな〜って思いました。
っていうか、ホームベーカリーって最近急速に普及してる印象。当時は高価なイメージがありましたしね。
美味しいパンは、コンビニやパン屋さんにたくさん売ってたし(笑)
温泉の朝食バイキングで食べた焼き立てパンがすごく美味しかったんです。それまでその美味しさを知らなかったんですよね。

>何事もチャレンジ

そうですよね。いろんなパン作りにチャレンジしたいです。
Posted by なたでここでたなさんへ at 2010年07月26日 20:46
 自分は幼き頃から母の要請で短髪:伸太郎刈りでしたんでね?マカロンさん・・それでもシャンプー時には、シャンプーブラシで頭皮をガリガリしてまして頭皮のマッサージ効果あるのかにゃ?大学時代の製図提出には悩み、抜け毛が目立って困ってましたが、今の所は大丈夫です。男は冬も夏も短髪でしょう?
Posted by 智太郎 at 2010年07月27日 11:35
智太郎さん、ありがとうございます。
ほほ〜、お母さんの要請で短髪ですか。慎太郎刈りですよね?
シャンプーブラシで頭皮ガリガリですね。
やっぱり、悩みがあると抜け毛が増えるんでしょうね〜。
男は短髪ですね。
でも、長髪にもしてみたい(笑)
Posted by 智太郎さんへ at 2010年07月27日 19:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)