スポンサードリンク

2010年07月09日

ダイエット[948日目]ごはんの具になる噂のラー油/W杯最後のタコ占い、「スペイン初優勝」を予言 ドイツは3位/歴女だけでなく男性も引きつける 龍馬は菓子の強力なキャラクター

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.3kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.6kg
体脂肪率:13.3%
BMI:21.8
二回目測定
体重:66.3kg
体脂肪率:11.9%
BMI:22.1
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal  しょうがトマト 10Kcal  さくらんご 20Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー    朝計270Kcal    トイレ中1日ゴンちゃん200   大川スロトレ3日分30分
昼食
12時10分 ピクルス 10Kcal  ざるそば 400Kcal  ガーリックパン 50Kcalバター 10Kcal   とうきび 200Kcal    昼計670Kcal    CDエアロビクスDVDベーシックプログラム1.5倍速38分
夕食
19時10分 味噌汁(油揚・白菜) 60Kcal  冷奴 100Kcal・ごはんの具になる噂のラー油 50Kcal  豆 80Kcal  キムチ 20Kcal  焼きニシン子持ち 300Kcal  玄米 300Kcal・ごはんの具になる噂のラー油 50Kcal     夜計960Kcal
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌は・・・曇りだったっけ?暑くはなかったよね。


今朝の体重は100g減って65.6kg(41.4kg減、あと2.6kg)
体脂肪率は0.1%増えて13.3%



今朝はちょっとだけ減りました。

今日の夕食前は朝より500グラム減っているし、夕食後は朝の体重から700グラムしか増えてないので、もしかしたら明日の朝は64キロ台もあるかな?

そうそう。前に買っていた「辛そうで辛くない少し辛いラー油」の2つともが無くなったんだけど、親がこんなラー油を見つけて買って来たので、昨日からこれを食べてます。

ごはんの具になる噂のラー油1.jpg

「ごはんの具になる噂のラー油」という名前です。

食感は、「辛そうで辛くない少し辛いラー油」とほぼ同じかな。
味も同じだと最初は思ったんだけど、今日、冷奴で食べてみたら、桃ラーとは少し違う味に感じました。胡麻の風味がするような気が。
原材料を見ると、ごまが入っていました。パプリカとか豆板醤も味の違いを生んでいるのかな?「ごはんの具になる噂のラー油」の中身を覚えてないけどね。

ごはんの具になる噂のラー油2.jpg

(自分の携帯で写真を撮影したのですが、楽天オークションに出ていた画像をお借りしました)

この「ごはんの具になる噂のラー油」は、小樽の会社が作ったラー油なんです。なかなか美味しいよ。辛そうで辛くない少し辛いラー油と同じくらいの美味しさです。S&Bのぶっかけラー油は食感も味も全然違う方向で作っていたけど、こちらは桃ラー路線だしね。

そうそう!エスビーのラー油も親が見つけて今日買ってきました。エスビーのラー油も品切れ状態だったからね。また違ったラー油も楽しめそうです。

食べ過ぎ注意だけどね(笑)


ドイツ・オーバーハウゼン(Oberhausen)の水族館「シーライフ(Sea Life)」の水槽で、サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)の決勝戦の行方を占い、スペイン国旗のついた箱を選んだタコのパウル(Paul、2010年7月9日撮影)。(c)AFP/PATRIK STOLLARZ
関連写真1/1ページ全4枚

【7月9日 AFP】「フィエスタ(祝祭)の時が訪れよう」――。サッカーW杯南アフリカ大会(2010 World Cup)で、これまでドイツ代表チーム全6試合の勝敗を100%の的中率で予言してきたタコのパウル(Paul)が9日、決勝と3位決定戦の行方を占い、スペインの初優勝を予言した。

「神託」は今回もドイツ西部オーバーハウゼン(Oberhausen)の水族館「シーライフ(Sea Life)」からテレビで生中継された。いつもどおり対戦国同士の国旗を張りつけたごちそう入りのプラスチック・ケースをパウルの前に下ろし、パウルが先に開けたほうが「勝者」だ。

 まずパウルは10日の3位決定戦を占い、居住国であるドイツがウルグアイを下すと予言した。

 そして11日に行われる決勝戦の占いでは、パウルは即座に決断し、まっすぐスペインの箱に向かったかと思うとふたをこじ開け、ごちそうを飲み込んだ。

■占い結果に脅迫、スペインからは「警護」申し出も

 しかし、サッカーの試合結果を見通すパウルの「予知能力」は、いまや命がけの「危険な仕事」だ。準決勝でドイツの敗戦を見事的中させてしまったパウルにドイツ人サポーターは怒り心頭で、水族館には「スシにしろ」「炒めてしまえ」などという「殺害脅迫メール」が続々舞い込む始末。

「スタッフの誰かが片時も離れずパウルを見守るようにしています」と水族館の担当者は話す。

 逆に、準決勝でずばり予言どおりに勝利したスペイン政府からは、「身辺警護」の申し出さえあった。ホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ(Jose Luis Rodriguez Zapatero)首相はラジオ番組で、「タコの身の上を案じている。警護チームを派遣しようかとさえ考えている」と語り、ミゲル・セバスティアン(Miguel Sebastian)工業・観光・商務相は、「身の安全のために、タコを速やかにスペインに移送させたほうがいい」と述べた。

 ちなみにパウルの生まれはイングランドだ。(c)AFP


歴女だけでなく男性も引きつける 龍馬は菓子の強力なキャラクター
ダイヤモンド・オンライン7月 9日(金) 8時30分配信 / 経済 - 経済総合
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20100709-00000001-diamond-bus_all


龍馬をキャラクターに使用し、異業種とコラボして完成した6種の菓子。菓子にストーリーが生まれ、ユーザーの間口が広がった。
 坂本龍馬を“キャラクター”に使用した菓子が人気となり、従来の菓子業界にはなかった取り組みが注目されている。

 話題となっているのは、NHK大河ドラマ「龍馬伝」にちなんで、ロッテが6月22日に期間限定で発売した龍馬伝シリーズ。「パイの実」や「クランキー」など、人気ブランド菓子を、鹿児島や京都など龍馬にゆかりのある地にちなんだ、例えば京都なら宇治茶抹茶など、ご当地の特産物の味に仕上げた6商品だ。

 龍馬を使用した効果は絶大だった。龍馬はいまや大河ドラマという国民的番組の「キャラクター」。そういう点では、これら6商品はキャラクター菓子の側面も持つ。菓子業界では「仮面ライダー」や「アンパンマン」などを使用したキャラクター菓子は定番だったが、龍馬を使用することで大河ドラマがCMの役割となるし、「歴女はもちろん、普段は菓子コーナーを素通りする男性も手に取ってくれる」(米山智・ロッテ商品戦略部プロモーション担当)という効果があった。

 龍馬が、故郷の高知に始まり、京都、長崎、鹿児島など全国を行脚して、各地でエピソードを残していたことも、ありがたかった。じつは国内旅行業界は龍馬をキーワードにすれば、それぞれを観光するきっかけになるとのことで、龍馬にあやかったツアーが大量に企画されている。これが例えば武田信玄なら山梨県周辺だけとなってしまうので、龍馬の経済効果が大きいことが想像できるだろう。

 そして、これは例えば福岡なら明太子味など「ご当地もの」が売りとなる菓子にも当てはまった。龍馬を使用したことで、前述のように、京都の宇治抹茶味のほかに、鹿児島の紫芋とサツマイモ、高知のゆず、長崎のカステラなど、それぞれ特徴のある特産物を連想させ、魅惑的な新味を発売する“口実”となったのだ。

 新味は新たなユーザーを引きつける効果がある。もっとも、各社から毎週のように新味の商品が供給される今日では、その新鮮さや驚きも薄れがちとなっていた。そんな中で、龍馬の使用とそのゆかりの地の味を加えることで、新味への興味プラスアルファの話題となって、ブログやツイッターへの書き込みも増え話題が話題を呼ぶ好循環となった。「従来(の新味発売時)とは異なる反応」(米山氏)だという。

 異業種で旅行業界トップのJTBとのコラボも注目点だ。「旅行に菓子はつきもの」という相性のよさをコラボの理由に挙げているが、それだけではない。各商品の箱にJTBから提供された龍馬とゆかりのあった建物の写真や、人物相関図、解説文がプリントされ、その本格的な作りや内容こそがヒットを支えている。ガムの包み紙には龍馬が遺した「世に生を得るは、事を為すにあり」などの名言がプリントされ、龍馬ファンを喜ばせると同時に全18種類の名言をそろえたくなるような仕掛けがしてある。これらは、子どもがオマケ付き菓子を買いたくなるのと同じ心理を大人にも働かせているようで、購買意欲をそそっている。

 今回の龍馬シリーズの菓子は期間限定商品のため7月末で販売終了となるが、「“楽しい”というキーワードでくくれるなら、菓子はどんなコラボでも可能なので、いろいろなコラボ商品にチャレンジしたい」(米山氏)と、歴史ものを含め今後も新たな切り口の商品が登場予定だ。

 今日、菓子業界は少子化による市場縮小に頭を悩ませている。ユーザーの間口を広げること、異業種と連携して付加価値を高めることの重要性が高まっているだけに、今後もこれまで想像もしていなかったようなコラボ商品が登場するかもしれない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 鈴木豪)


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 21:25 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | 美味しいモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 久しぶりに応援来ましたとです。マカさん・・日本人も辛いものブームが来ててから、辛いものは好物で、汗を出すし、ダイエット食品?と噂されてましたが、ラー油が発売され、使って食べましたが、単に辛いだけー?って感じで美味しくは感じなかったなー?
Posted by 智太郎 at 2010年07月10日 21:01
智太郎さん、ありがとうございます。
お久し振りですね。
ええーー!!お口に合いませんでしたか?
私は美味しくて美味しくて、毎日のように食べてますよ。現在は3種類目です。
Posted by 智太郎さんへ at 2010年07月10日 21:49
有名メーカのではないのですが、ばったもんラー油を手に入れて食べました。何か懐かしい味だなと思ってたんですが、何なのか分からず。

で、今日何なのか分かりました。キムパプ(韓国の海苔巻)です。だって、このラー油のレシピ、キムパプの合わせ調味料って感じですもん。

このラー油に胡麻を加えて和えたごはんで、ナムルとか、ハム(ボロニアソーセージが個人的には好み)とかチーズなどを芯にして、ノリで巻いて、ごま油を巻いた海苔に塗ると、キムパプの完成です。

久しぶりに作ってみようかな。
Posted by たすく at 2010年07月10日 23:29
たすくさん、ありがとうございます。
ほほ〜、ばったもんラー油ですか。
私も似たような感じのを手に入れましたが、美味しいです。
キムパプという料理に使われる味なんですね。へぇ〜。
韓国の海苔巻って、テレビで見ると美味しそうで、たすくさんのレシピを見ても、やっぱり美味しそうですね〜。私が今食べているごはんの具になる噂のラー油には胡麻が入っているので、その韓国料理に適しているかも。言われてみれば、流行りのラー油は韓国料理に合うのかもしれませんね。
キムパブ、作ってみるのかな?
Posted by たすくさんへ at 2010年07月11日 08:38
選挙行って来ましたー?マカロンさん?。ただ自分の買ったラー油は、ただ辛かっただけの気がしますが、「やめられない・・止まらない?・・」って感じになってしまいますもんね?カレーとはまた違った感じでね?
Posted by 智太郎 at 2010年07月11日 09:21
智太郎さん、ありがとうございます。
選挙行ってきましたよ。
ラー油は、ただ辛かっただけでしたか……。
「やめられない・・止まらない?・・」なんですが、少し気をつけようと思い始めています。
Posted by 智太郎さんへ at 2010年07月11日 20:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)