スポンサードリンク

2010年06月09日

ダイエット[918日目]間食すると決めてしまえばいい/<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに/【MLB】全米騒然! スタンド観戦の幼児がビールをラッパ飲み映像/1日40本喫煙の2歳児、おもちゃセラピーで15本に減少

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-0.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:64.6kg
体脂肪率:12.8%
BMI:21.5
二回目測定
体重:65.8kg
体脂肪率:12.3%
BMI:21.9
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal  グレープフルーツ 20Kcal  トマト 10Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー   朝計270Kcal    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時0分 プチミルクメロンパン3個 453Kcal    エアロ休み
夕食
19時10分 クリアアサヒ 157Kcal  焼酎お湯割り 160Kcal   まぐろ山かけ 30Kcal  のしハンバーグ 250Kcal桃ラー豆板醤 40Kcalレタス胡瓜 10Kcal  肉じゃが 30Kcal牛肉 100Kcalじゃがいも 120Kcal人参玉葱 20Kcal     夜計917Kcal
おやつ
15時30分 森永チョコレートアイスバー 115Kcal  黒豆せんべい 78Kcal  カレーせんべい 100Kcal   オヤツ計293Kcal      今日の合計1933キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌も晴れ晴れでも夕方に弱いにわか雨。湿度が高いかも。


今朝の体重は500g増えて64.6kg(42.4kg減、あと1.6kg)
体脂肪率は0.4%増えて12.8%



昨日800グラムも減ったので今日は少し戻るかもしれないと思っていたから想定内かな。でも、昨日は昼も間食も、どちらも少しだけ多かったから500グラムも増えたんだろうね。

でも64キロ台を保つのは良いことでしょう。63キロ台復活を目指すなら、やっぱり64キロ台をキープしながら虎視眈々としていなきゃだめだもんね。
普通に暮らしていて64キロ台を普通に維持できていなければ、63キロ台になんかならないだろうからね。突発的に記録しても意味がないもんね。

さてさて、ダイエット生活も900日を越えているのですが、最近になって初めて気づくようなことも少なくなくて、このところのブログでもいくつも書いていますが、今日もまた一つ、初めて気づいたことがありました。

それは、間食すると決めてしまったほうが良い、ということなんです。

20年以上のダイエット遍歴の中で、「間食すると太る!」とインプットされていますから、間食はダメなことという意識が根強かったんです。

もちろん、たくさん食べていた頃はお腹がいっぱいなので間食なんて食べられなかったということもありますが、たくさん食べていないときやレコダイ(レコーディングダイエット)を始めてからも、間食はしてはいけない物という意識があります。

「間食のすすめ」という記事をブログで紹介したこともありますし、スロトレの本にも間食を積極的にとるほうがリバウンド防止になるということが書かれていましたから、上手にとれば間食もありだと頭では分かっていたんですが、それでもやっぱり「間食はゼロ」が理想だと思っていました。

でも、先月途中から毎日のように間食をするようになっています。
先月はブログで、「間食を食べたなら、その分、夕食を減らすことにしよう」と決めましたが、それでも基本的には間食をすべきではないという気持ちが根強くありました。

ところが今日、昼食を食べていて、もう少し食べるか、それともここで止めるかと決めあぐねていたときに気づいたんです。3時のおやつを食べるつもりでいるんだから、それなら昼食は少なくていいよね、って。

昼食を12時に食べて3時にオヤツなら、3時間しかありません。それなら昼飯をたくさん食べなくても大丈夫じゃないかって。

これまでは、「間食はしない」つもりで生活してましたから、食べるつもりでいるにもかかわらず、昼食は普通に食べていたんです。普通に食べていながら間食もしたら、食べ過ぎるに決まってますよね。間食したら夕食を減らすというルールは、なかなか微妙で反故になることもあります。

でも今日のように、昼食を「3時のおやつまでに必要な量の食事」と意味づければ、少ない量で大丈夫なんですよね。ダイエット中なんだから間食なんてするわけないじゃん!って思っていると、昼はきちんと食べることになっちゃいますが、最初から「間食をする」と決まっているのなら、昼食を軽くしても平気でした。間食するくせに昼をそんなに食べるの?って思えます。

ダイエット900日を越えてからいろんなことに気づくようになったのは、それまでとは違うことをするようになっていることもあるかもしれません。間食との付き合い方なんて、これまでの20年以上のダイエット生活では考える必要のないことでしたからね。

ドカ「買い」との付き合い方も、先日閃いた方法ならうまく行きそうな感じだし、一生ダイエット、維持生活に向けて、準備は着々と進んでいるような気がしています。

・・・が、未知の世界なので、この先もいろいろは壁や新発見・気づきなどがあるのでしょうね。

だから人生は面白い?

この「えこりん村」は去年か一昨年に行き、ブログにも記事を書いた覚えがあります。このトマトも写真に撮影したけど、その時載せたかな〜?ヤフーニュースになっててビックリ!
<トマト>声かけ&モーツァルト効果!? 1粒の種からたわわに
6月9日9時39分配信 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100609-00000017-maiall-soci

 恵庭市の「えこりん村」で、昨年11月に植えた1粒の種からトマトの苗が成長し、広がった茎に真っ赤に熟した多数の実が揺れている。

 土を使わない水耕栽培で育てた。肥料の濃度と水温を一定に保ち、多くの酸素を根に流すと、土で栽培した場合とは比較にならないほど根が伸び、茎は根本が直径約5.5センチに、葉は柱に支えられた棚をつたって幅8メートルほどに広げるまで育った。

 これまでに実ったのは2795個。トマトの木が気持ちよく育ってくれるように、朝と夕方にはモーツァルトの名曲をかけ、お客さんからはトマトに声をかけてもらうというユニークな試みで、今年の10月までに2万個の収穫を目指す。【平田明浩】



【MLB】全米騒然! スタンド観戦の幼児がビールをラッパ飲み映像
2010.6.9 13:59
このニュースのトピックス:世界仰天ニュース

 大リーグ、フィリーズの本拠地シチズンズバンク・パークのスタンドで、幼児がビールをラッパ飲みしている場面が偶然TVに映り込み、全米で大騒動になっている。

 6日の試合でTV放送された場面が編集され、ネット上で出回りだした。ビール瓶を握っているのは3−4歳とみられる金髪の男児。フィリーズのユニフォームを着て、ビール瓶を口元にあてると、天を仰ぐように豪快にビールをあおっている。

 このシーンは全米中継のニュース番組でも取り上げられ、「保護者はどこにいるのか?」「中身は本当にビールなのか?」と大反響を呼んでおり、“この映像は問題か?”とするアンケートもネット上で始まった。

 フィリーズも困惑し、「ボトルは空のようだ。球場では子供がアルコール飲料を飲むことは当然禁止している。警備担当者が気がつけば取り上げていたはず」とコメントしたが、当面、騒動は収まりそうにない。



1日40本喫煙の2歳児、おもちゃセラピーで15本に減少
2010年06月09日 11:26 発信地:ジャカルタ/インドネシア

インドネシア・スマトラ島(Sumatra island)の自宅の庭で、おもちゃの車にまたがってたばこを吸う2歳のアルディ・リザル(Ardi Rizal)君(2010年5月16日撮影)。(c)AFP/SRIWIJAYA POST/AHMAD NAAFI
関連写真1/1ページ全1枚

【6月9日 AFP】2歳にして1日40本のたばこを吸っているとして問題になったインドネシアのアルディ・リザル(Ardi Rizal)君が、「遊びに集中するセラピー」を受けた結果、喫煙本数が1日15本にまで減ったことが明らかになった。地元の児童福祉当局者が8日、語った。

 スマトラ(Sumatra)島在住のリザル君は、1歳半の時に父親からたばこを与えられて以来、1日40本ペースで吸っており、ニコチンが切れると暴力的な振る舞いを見せていた。リザル君が喫煙する映像は前月、インターネット上で公開され大きな話題となったほか、インドネシアのたばこ規制のゆるさに注目が集まっていた。

 リザル君の禁煙治療にあたっている児童保護当局者は、リザル君は一緒に遊んでやると、たばこをそれほど吸わなくなくなったと語る。おもちゃなどを使って遊びに集中させることで、たばこのことを忘れるのだという。

 また、喫煙が悪い行為だと認識させるセラピーも行われている。セラピストは、「(リザル君は)歌うことが好きなので、たばこを吸っていると将来歌手にはなれないよと言うと、言うことを聞いてくれる」と語っている。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 21:26 | 絶好調絶好調 | Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 お疲れ様です('_')ムシ暑くなってきましたよ靜岡は・・・ 日本の政治家・元マルチタレントで台湾系日本人で、既婚し2児の母である:蓮舫さんもこれからマスコミ業界が何かのネタをかぎつけ報道されると思ってますがね?だって日本のマスコミ業界ったら、ちょっと目立つと浅ましい事情でネタを報道するクセがありますからね?石原さとみさんもTOKIO番組に出演した時のハプニング写真や、ヤッターマン映画でドロンジョ役した深田恭子さんなんか、全裸入浴ビデオ流出で報道された位ですもの・・と言う様な主旨で記事ってみたのです。タイトルは:『少し目立てば叩きにかかり みんなで娯楽にして楽しむ哀しい日本』です。毎度のユニーク小笑い写真には「蓮舫大臣の元マルチタレント時代写真」「セクシーアイドル:ゼブラクイーン」「石原さとみさんTOKIO番組に出演した時のハプニング写真」「深田恭子さんの全裸入浴ビデオ流出」等の写真を貼りました。小笑いして見て戴ければ光栄です。麦茶でも飲みながら写真・文章を ごゆるりとご覧下さり、楽しんで下さい。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。
Posted by 智太郎 at 2010年06月10日 14:58
智太郎さん、ありがとうございます。
こちらも初夏らしい天気が続いてます。
ホントそうですよね。日本のマスコミは持ち上げておいて、引き摺り下ろすのが得意だし、目立つ人を許さないですもんね。これってマスコミだけじゃなくて、日本人全体の気質なのでしょうか?目立つことは許さない、人並みであることを求める人種ですもんね。
Posted by 智太郎さんへ at 2010年06月10日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)