スポンサードリンク

2010年06月04日

ダイエット[913日目]閃いた妙案/日本−コートジボワール/菅直人、第94代首相誕生/日本を後退させる「回転ドア」政治

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.6kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.1kg
体脂肪率:13.1%
BMI:21.7
二回目測定
体重:66.6kg
体脂肪率:13.7%
BMI:22.2
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal  グレープフルーツ 20Kcal  トマト 10Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー   朝計270Kcal    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時10分 カレーうどん 450Kcalソーセージ 60Kcalちくわ 30Kcalキャベツ 5Kcalねぎ 5Kcalしめじ   昼計550Kcal     CDエアロビクスDVDベーシックプログラム1.4倍速38分
夕食
19時30分 味噌汁(豆腐ナス) 70Kcal  キムチ 20Kcal  天婦羅おろしつゆ 30Kcalカボチャ 80Kcalしめじ 40Kcalウドの芽 50Kcal   穴子ひつまぶし 540Kcal     夜計830Kcal
おやつ
15時20分 ぬれおかき 30Kcal  黒豆せんべい 156Kcal  カレーおかき 120Kcal    オヤツ計306Kcal     今日の合計1956キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌は曇り。一瞬小雨も降ったか。気温はまだ低め。


今朝の体重は600g減って65.1kg(41.9kg減、あと2.1kg)
体脂肪率は0.3%減って13.1%



昨日も間食がなかなか止められなくて食べ過ぎたんだけど、夕食でお米を抜いたからか、600グラム減ってくれました。夜中に珍しくトイレに起きたので、水分の排泄が良かったみたい。就寝直前から1.1kg減っているもんね。

今日も少し間食したので夜は米を抜くつもりだったのですが、「ひつまぶしセット」が用意されていたため、お米を食べることになりました。間食は、いつものご飯一杯分くらいのカロリーを食べたので、ご飯を抜きたいところだったんだけど仕方ない。

そうそう!今日、明日の週に一度のお祭り(好きな物を食べるデ〜)に思いを馳せていたんだけど、その時に突如閃いたんです。妙案を!

ちなみに、妙案って「素晴らしく良い案」という意味だし、そういう時に使っていたけど、さっき『もしかして妙な案って意味だっけ?』と自信がなくなって検索してしまいました。時とともに、「妙な案」という意味に転じるような気がしませんか?

もとい!
閃いた妙案とは、「祭りの開催を1日だけにしない」ということなのです。いつも週に1回、昼食を祭りにしていたんだけど、それを翌日や、場合によっては翌々日の昼食もお祭りにしたらいいのでは?と気づいたんです。

書いていて勘違いされそうな気がしたんですが、2日も3日も続けてドカ食いをするという意味ではないですよ。

いつも、美味しそうとか食べてみたいとか思ってしまって、ついつい買い過ぎて、それを1回の昼食とそれ以降の間食で食べようとしていました。もっと以前は朝食に食べていたこともあるのですが、最近は朝食ではなく間食に回しています。

この方法だと、間食にしては多過ぎるとか、賞味期限が気になって残りを食べてしまうとか、いつまでも間食が続くのが嫌で一気に食べちゃうケースを今まで繰り返していました。

この繰り返しがダイエットの回り道・遠回りの原因になっていたわけです。

でも、祭りを翌日や翌々日の昼食にも継続することにすれば、ドカ食い祭り状態にはならないんじゃないの?ってことに今さらながら気づいたんです。

もっと早く気づけよ!って自分でも思ったんですが、いろんな原因でそれに気づけなかった感じです。

食いしん坊だし、世の中には美味しそうな物が溢れているので、どうしても買い物に行くと買い過ぎてしまう私です。また、せっかく来たんだしとか、たまにしか来られないんだからという気持ちもあるので、買い過ぎちゃうんですよね。

でも、買いすぎたとしても、2回や3回の食事として食べるようにしたら、ドカ食いは避けられるし、間食に回さなくても済むと思うんです。

ドカ食い祭り状態を避けられる。
間食に回さずに済む。
食べたいものは食べられるから満足できる。
ストレスの原因を軽減できる。
食事を用意する母の負担が少し減る。
経済的にも少し浮く。

現時点で考えただけでもこんなにメリットがあるんです。
デメリットもないことはなくて、それがネックになるかもしれないんだけど、これだけメリットがあるんだから、何となくワクワクしちゃったよ。

どうしてこんなことに気づかなかったんだろう?もっと早く気づいても良かったんだけど、日々の積み重ねでできた習慣やスタイルって、何かがないと修正や変革ってなかなかできないもんね。当たり前のことって、見えなくて気づかないことがあるよね。また、それに気づかせないような理由や原因や先入観があったりするものだしね。

というわけで、今回の祭りは明日から月曜日までの3日間を予定してるんです。食べたいものを買って、それを全部食べられて、ドカ食いにも間食にもならない・・・体重が増えない・・・完璧だ!完璧な妙案だ!パーフェクト!

・・・だと思うんだけど、どうなるかな〜?実際にやってみると、何か問題が起きたりするのかもしれないけどね。

来週と再来週も同様の祭りを予定しちゃってます(^^ゞあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)


ドログバや今野のケガが心配。
ドログバのプレーは絶対に見たい!
すぐに交代することになって残念だったけど、サボるためとか、ポルトガルを油断させるための仮病だといいんだけどな〜。

日本も、「初戦のカメルーン戦を想定した」と言っているのはウソだと思うけど。わざわざ手の内を明かさないよね?
【日本−コートジボワール】ミスミスミス…日本に攻め手なし
2010.6.4 21:39

このニュースのトピックス:サッカー日本代表

 仮想・カメルーンと位置づけたコートジボワール戦。岡田監督は一定の手応えをつかんだ5日前のイングランド戦と同じメンバーを先発のピッチに送り込んだ。

 「立ち上がりはカメルーンを想定したメンバーを考えたい」と前日会見で話した指揮官の言葉を信じれば、前半こそ本番仕様のメンバーであり戦い方だったはず。だが、コートジボワールにはほとんど通じなかった。

 アフリカ特有のゆったりしたリズムと一瞬のスピードに戸惑いながらも、守備はイングランド戦同様粘り強く対応できていた。カウンターを浴びても、中沢が1対1を強いられる場面は少なかった。問題は攻撃だ。選手間の距離が離れ、せっかくボールを奪ってもミスを連発。遠藤は試合前、「岡崎に早くサポートしてあげたい」と話していたが、結局はこの日も孤立していた。

 スイス入り後、日本は連日ハードなトレーニングを続けてきた。それは最高のコンディションで本番を迎えるため。岡田監督も「かなり追い込んできているので、選手は体が重いかもしれない」と認める。だが、それはコートジボワールも同じはず。ボールを奪った後、前に出る力が足りない上、これだけミスを続けては本大会で得点のイメージが浮かばない。

 攻撃面でほとんど手応えを得られないまま、岡田ジャパンは南ア入りする。10日後のカメルーン戦までに、日本は攻め手を見つけられるのだろうか。(森本利優)



 民主党代表選が4日、行われ、菅直人・副総理兼財務相(63)が過半数を大きく超える291票を獲得し、新代表に選ばれた。菅氏は同日午後の衆参両院の本会議で、第94代首相に指名された。菅氏は同日、国民新党代表の亀井静香金融相と国会内で会談し、連立の継続で一致した。新内閣の官房長官に、仙谷由人・国家戦略相の起用が内定した。組閣は週明けに持ち越される。新内閣発足まで、鳩山内閣が職務を継続する。



世界の指導者たちが名前を覚える間もないほど目まぐるしい日本の首相の交代劇は、日本のガバナンスや国際社会に置ける存在感の足を引っ張っている。

 就任から9か月足らずで2日辞任した鳩山首相は、戦後36人目、過去4年間では4人目の日本のリーダーだった。この交代頻度は、政局の移り変わりが激しいことで有名なイタリアさえも上回る。1990年代初頭のバブル崩壊以降、2年以上在任した首相は2人だけ。20年に及ぶ経済停滞から脱出できない理由の1つは、この継続性のなさだとも言われている。

■国際社会で「あっけなく忘れ去られる」首相たち

「(ほとんどの)日本の首相は簡単に忘れられがちだし、海外ではすぐに忘れられてきた」――。米紙ワシントン・ポスト(Washington Post)は社説でこのように評した。藤崎一郎(Ichiro Fujisaki)駐米大使も、もっと婉曲ながらも同様の点を指摘し、国家の顔である首相はもっと長く在任し、世界の指導者たちと連携できる人物が望ましいと報道陣にこぼした。

 ブラジルのルイス・イナシオ・ルラ・ダシルバ(Luiz Inacio Lula da Silva)大統領は前年、鳩山首相の名前を口にしようとしてつかえた後、日本では「朝おはようを言う首相と、午後こんにちはと挨拶する首相が違う」と冗談を言った。

 過去の日本の首相の辞任理由は、選挙での惨敗からカネにからむ問題、女性関係のスキャンダルまでさまざまだが、専門家らは根底に横たわる理由として、日本の政治制度や選挙制度、文化的要因、首相に就任すると敵対的になるメディアなどを挙げる。

■派閥間でたらい回す首相の座、実権は別に

 日本の政治はまるで村社会だと話すのは、早稲田大学の山本武彦(Takehiko Yamamoto)教授だ。派閥によって構成され、飛び抜けて性格の強い人物なら長期政権を維持できるかもしれないが、根回しを重んじる日本の文化にあっては派閥の支持を得られなければ指導者の座から引きずり下ろされる。

 学習院大学の河合秀和(Hidekazu Kawai)名誉教授は、日本の政界では権力が必ずしも首相に絶対的に集中しているわけではないと指摘する。実権は党の有力者が握っていることが多く、この権力の二重構造が首相の地位を脆くしていると言う。前年まで半世紀以上にわたった自民党政権下では基本的に、強い派閥の有力者が数年置きに交替で首相を務めていた。

■選挙に疲弊する政治

 政治学者たちがもう1つ批判するのは、絶え間のない選挙日程だ。政治家たちはほとんど常に選挙へ向けた臨戦態勢にある。このため、政治家の最優先課題が両院選挙で勝つことになってしまっていると、川人貞史(Sadafumi Kawato)東大教授は指摘する。選挙に勝てない党首だとみなされると党内の支持を失うというプレッシャーは、日本では特に高いという。日本大学の岩井奉信(Tomoaki Iwai)教授も、「選挙が多すぎる。1年半に1度はパニック状態だ」と述べる。

■失敗に飛びつくメディア報道にも責任

 さらに川人教授は、日本のメディアの姿勢も一因だと指摘した。

 首相就任後の「蜜月期間」が比較的短く、すぐに首相を敵対視し始め、ぶら下がり取材で失言に飛びついて騒ぐ。鳩山首相の辞任をめぐっては、メディアが「鳩山政権は続投すべきか?」といった問いかけを繰り返し、世論を操作したと川人教授。どの政権でも、特に最初の半年はすべてがうまくいくことはないのが当然なのに、メディアは失敗ばかりに集中しすぎると苦言を呈した。(c)AFP/Hiroshi Hiyama


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 23:25 | 絶好調絶好調 | Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
マカロンさんお早うございます。

ホント、総理大臣変わりすぎですよねー。歴代総理の名前なんて言えないですもの。国債も発行しすぎだし、日本の経済大丈夫か?なんて不安になります。政治が不安定だから、出生率も伸びないのかもしれませんね。

食べ物を食べるイベント?的なものを、最近そういえばやっていない気がします。いつもは、姑さんや実家の母が遊びにくると食べ過ぎてしまうのだけど、つわりで食べられなかったし。

ケーキ作りも、作りすぎるので自重してます。手作りケーキは安くてそれなりに美味しいけど、専門店のケーキのほうが美味しいし、私1個買い平気なんですよ(^_^)。ケーキや和菓子を1個だけ買っちゃいます。それをお店の前のベンチで、子供と3人で分けて食べたり。飲み物はお茶を持参です。70円のシュークリーム1個で、子供と3人で六花亭に居座る親子。うーん、貧乏な主婦みたいだわ<笑>。

男性は何となく1個買い、恥ずかしいのでしょうか? ドカ食いをやめるのはいいことだと思います。その前にドカ買いをやめると、食べたくても食べるモノが無いので、物理的に食べられなくなって、もっと良いかもしれません。

あっ、週に一食、マカロンさんが食事を担当するなんてどうかしら。そしたら、好きな食事を食べられるし、お母さんも助かるかもしれません。でも、お母さん「たまに手伝われるのが一番迷惑なのよね」なんて言うかも?<笑>。
Posted by みなせりみ at 2010年06月08日 04:24
みなせりみさん、ありがとうございます。
ホント、総理大臣変わりすぎですよね。歴代総理も大臣も名前を覚える気にもならないですもんね。
ホントそうですよ。政治の不安定も出生率が伸びない原因の一つですよね。

つわりは食べ過ぎを防ぐ意味もあるのかな?

なるほど!ケーキの手作りもいいことばかりでもないわけか〜。作りすぎちゃうわけですね。ふむふむ。
あはは、たしかに専門店のケーキのほうが美味しいか〜。

あはは、一個のシュークリームで3人の親子が・・・。「一杯のかけそば」みたいですね(笑)。「一個のシュークリーム」という物語にすれば、「かけそば」を知らない世代に受けるかも?(笑)

私も1個買いは平気なんですよ。1個買いは平気だけど、買い物に行くといろいろと「食べたい、買いたい」気持ちになって「ドカ買い」なんですよね。
「食べたいと思ったものを我慢せずに買う」段階で、すでにかなり満たされているので、実際に食べても期待ほどは満足できなかったりするんですよね。美味しいことは美味しいけど。
欲しいと思ったものを我慢せずに買うことで欲求不満を解消しているんだと思います。まだドカ食いしたいものもあるし、ストレス解消策でもあるようなので、まずはドカ「買い」してもいいからドカ「食い」しない工夫をしてみようと考えてみました。そのうちに、ドカ「買い」もやめる方向に持っていかなきゃですよね。

そうなんですよね。食べるモノが無ければ全然平気なんです。

先週、先々週と、日曜の昼食を私が担当したんですが、母は喜んでましたよ。私が食べたいものを食べたかったからなんですけどね。
男がたまに手伝うと、材料を贅沢に使いまくったり、荒い物はしなかったりで、迷惑だったりするんですよね(苦笑)
食べたいものを自分で作っちゃえばいいんですよね。
たまにする料理は楽しいし!料理と言えるほどではなかったですが、久し振りだったので本当に楽しかったです。
Posted by みなせりみさんへ at 2010年06月08日 08:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)