スポンサードリンク

2010年05月19日

ダイエット[897日目](2)30キロ減 問題はこの先/任天堂、肥満予防で米心臓病協会と協力/ソーセージやベーコンは心臓病・糖尿病のリスクを高める/父親だってマタニティ・ブルーに/夫が家事をすると離婚率が下がる

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.3kg
体脂肪率:12.9%
BMI:21.7
二回目測定
体重:66.7kg
体脂肪率:13.5%
BMI:22.2
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal  グレープフルーツ 20Kcal  りんご 30Kcal  バナナ 40Kcal  コーヒー    朝計260Kcal    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時10分 ジャンボおにぎり 300Kcal筋子・シャケフレーク 120Kcal   漬物 10Kcal   味噌汁(えのき豆腐) 50Kcal     昼計480Kcal     エアロビクス休み
夕食
19時10分 アサヒスタイルフリー 84Kcal  焼酎お湯割り 160Kcal   キャベツ千切り 30Kcal  きゅうり 10Kcal  ブロッコリー 10Kcal  竹輪 20Kcal  焼きイカ 30Kcal  ハム 50Kcal  チーズ 10Kcal  フライ(ホタテ・チキン) 240Kcalタルタルソース 40Kcal     夜計684Kcal
おやつ
15時30分 森永チョコレートアイスバー 115Kcal     今日の合計1539キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌も晴れ。20℃は超えたけど、昨日より低いので寒い感じも。湿度が低いからかな。

向かいの家の庭のチューリップがたくさん咲いています。
それを見てみると、なんと!白いチューリップがあるではないですか!
「白いチューリップなんてあるんだ〜!」と驚いたんですが、「ちょっと待てよ」と。
童謡のチューリップで、♪咲いた 咲いた 赤、白、黄色♪って歌ってましたもんね。白いチューリップは珍しくなかったわけ。自分の中では「白いチューリップ」なんて頭に全然なかったんだろうね。
それにしても、あんな真っ白を作り出す「自然」というものは素晴らしいな〜。


今朝の体重は700g減って65.3kg(41.7kg減、あと2.3kg)
体脂肪率は0.1%減って12.9%



ドカ食いで増えた分は解消された感じかな。
体重は戻りつつあるし、体脂肪率も12%台に戻ったし。
2日続けて66.0kgというのを記録しちゃったので厳しいかもだけど、5月平均64キロ台と63キロ台復活を目指すぞ〜!

さてさて、昨日の「体重を減らすシリーズ」の続き。2回目。
体重を減らす(2)30キロ減 問題はこの先
http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=25237

 
 医療サイト「ヨミドクター」での公開ダイエットを決意した読売新聞販売店YC西荻北(東京都杉並区)店長の鈴木利明さん(37)は昨年10月、初めて東京逓信病院(東京・飯田橋)肥満外来を受診した。内科部長の宮崎滋さんから、1日4500キロ・カロリーの食事を、3分の1に減らすよう指導を受けて、店に戻った。

 「どうやって減量しよう」と考え込みながら、何気なくテーブルのまんじゅうをパクリ。「あっ、ダメだ」。それ以来、きっぱり間食はやめた。丼飯の朝食は改め、茶わんは小さくし、夜もご飯2杯ともやし炒めなど野菜中心。1日2食にした。 気づくとコンビニの菓子パンの棚の前にぼんやり立っていたことも。だが、週に2度は担当記者から電話で細かく様子を聞かれる。職場の上司もお客さんの目もある。逃げられない。

 体重は日に数百グラムのペースで減り始めていた。ブログへの見ず知らずの人からの応援の書き込みも励みになった。朝にみかん1個、夕方にサラダそば。1日1食の日もあった。

 開始から1か月。体重は8キロ減の164キロになって、2回目の診察日を迎えた。初回の検査で高めだった肝機能の数値は早くも改善され、正常値に近づいた。担当医の宮崎さんに、毎日の体重と食事の記録を見せるとほめられつつも、「極端に食べない日がある。必要な栄養素はとらないと」と指摘された。

 その後は、量を少なめにして1日3食ご飯とおかずを食べている。3か月余りで150キロを切ったが、その後、ペースが落ちた。4月12日に当初から約30キロ減の143キロになってから、1か月以上変化がない。

 宮崎さんは、「170キロなら、20〜30キロ分は水分のむくみ。減量で糖質が減ると、利尿作用で排出される。だからここまでは落ちる。問題は150キロから先」と見守る。

 鈴木さんはあせっていない。体調はいいし、減量には何年もかかると覚悟していた。目標は「ユニクロのシャツを自由に選んで着ること」。店長のダイエットブログは続く。



【ダイエット体験談募集】 「ヨミドクター」では、ダイエット体験談を募集します。肥満の苦労、減量への意欲、成功談、失敗談などを1000字程度までにまとめ、タイトルを「ダイエット」として、iryou@yomiuri.comにお寄せ下さい。体重は問いません。

 共感を呼ぶ作品10名の方には、上半身に着けるだけで総消費カロリー量や脂肪燃焼量などが計測できる活動量計「カロリズムスマート」(タニタ)をプレゼント。作品はサイトにアップします。詳しくはこちらをクリックしてください。

(2010年5月19日 読売新聞)


今日は紹介したいニュースが4つもあるので、引用ばかりになっちゃいます。

過去20年の間に成人のおよそ3人に1人が肥満とみなされるまで肥満化が進んだ米国で、アメリカ心臓協会(American Heart Association、AHA)が任天堂(Nintendo)と協力し、米国民の肥満対策と運動不足解消に任天堂の家庭用ビデオゲーム機Wiiを活用しようとしている。

 両者のウェブサイトによると心疾患など肥満による健康リスクを抑制するために、任天堂とAHAが連携する。

 AHAによると米国人の約70%が定期的に十分な運動を行っていない。米国の健康問題のひとつとして大きい肥満は心疾患の要因であり、同国の死因の中でも一番多い。同協会の情報では、平均的な米国人は1日当たり約8時間を座って過ごすが、協会では少なくとも成人ならば少なくとも週に150分、子どもの場合は毎日60分の適度な運動を奨励している。

 任天堂ではWii本体とシリーズ向けのビデオゲームソフト「Wii Fit Plus」、「Wii Sports Resort」にAHAのロゴを表示する。(c)AFP



ホットドッグやソーセージ、ベーコンなどの肉加工食品を摂取すると心臓病リスクを42%も高めるとした米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard School of Public Health)の研究論文が、17日付の医学誌『Circulation』に発表された。この論文によると、肉加工食品は2型糖尿病リスクも19%高めるという。

 研究は、各国の食と健康に関する報告書、計1600件を調べたもの。対象者は1200万人に上る。

 その結果、毎日、肉加工食品を50グラム(ハム1〜2枚、ホットドッグ1個程度)を摂取すると、心臓病と糖尿病のリスクが高まることが分かった。一方、加工していない赤身肉(牛・豚・羊肉など)の摂取で心臓病、糖尿病リスクが高まるという結果は見られなかったという。

 飽和脂肪やコレステロールの量は、赤身肉と肉加工食品との間に大差はないが、肉加工食品には平均で赤身肉の4倍の塩分と1.5倍の保存料(硝酸塩)が含まれているという。

 こうした結果から、研究チームは肉加工食品における心臓病や糖尿病リスクが赤身肉より高いのは、脂肪ではなく塩分や保存料が関連している可能性が高いと結論づけた。

 研究チームは、心臓病や糖尿病リスクを軽減するためには、ベーコン、サラミ、ソーセージやハム類など肉加工食品の摂取を避けるのが望ましいとしているが、1週間に1回程度の摂取なら、ほぼ問題ないという。

 米国の健康指針の多くは、食肉の摂取を控えるよう勧めている。だが、これまでの食肉摂取に関する研究では、心臓病と糖尿病リスクや、赤身肉と肉加工食品を区別したものはほとんどなかったという。(c)AFP



マタニティ・ブルーに陥るのは、女性だけではないようだ。男性の多くも、妻の出産前後にうつ状態を経験しているという米大による研究結果が18日発行の米医学誌「米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)」の精神医療特集号に掲載された。

 研究を主導した米イースタン・バージニア医科大学(Eastern Virginia Medical School)のジェームズ・ポールソン(James Paulson)氏の説明では、父親のうつ状態がピークに達するのは妻の出産後3〜6か月ごろで、25.6%がうつを経験していた。

 妻の妊娠中や出産後にうつ状態を経験する割合は、米国の父親が14%で、国際平均の8.2%よりも高かった。このため、研究チームは、社会規範や産後の仕事環境の変化を考慮したさらなる国際比較が必要だと指摘している。

 また、2万8000人を対象にした43件の研究結果を分析したところ、父親がマタニティ・ブルーに陥る確率は、一般的なうつ症状の発症率、1年で4.8%の倍以上であることが分かった。

 さらに、研究結果によると、妻がマタニティ・ブルーを発症すると、夫もうつ状態に陥りやすく、マタニティ・ブルー後も育児ブルーが、子どもの情緒や行動・発達面に大きく影響するという。

 対策として、研究チームは、妻や夫への個別対応ではなく、夫婦や家族単位でのうつ予防対策や介入治療対策が必要だと結論付けている。(c)AFP



英ロンドン大学LSE校(London School of Economics)は18日、家事や育児への夫の貢献度が高い夫婦ほど離婚率が低いという研究論文を発表した。論文のタイトルは、『Men's Unpaid Work and Divorce(男性の無報酬労働と離婚)』。

 LSEの経済学者らによる研究チームは、子どもを持つ女性のほとんどが専業主婦だった1970年に第一子を設けた夫婦3500組を対象に離婚率を調べた。その結果、夫が家事や買い物、育児を手伝っている夫婦では離婚率が低いことが分かった。夫の家事参加度が高いほど、離婚率も下がるという。

 研究結果は、夫が外で働いて家計を支え、妻は専業主婦という形態の夫婦で結婚関係は最も安定するという1960年代に確立された考え方に一石を投じるものとなった。

 研究を主導したウェンディ・シグル=ラシュトン(Wendy Sigle-Rushton)氏によると、経済学者は仕事を持つ女性と離婚との関係の解明にかなりの時間を費やしてきた。

 しかし、これまでの研究は夫の行動にほとんど注目していなかった。シグル=ラシュトン氏は妻の仕事の有無にかかわらず、夫が家事をすると結婚生活が安定することが今回の研究で示されたとしている。

 最も離婚のリスクが低い夫婦の形態として、シグル=ラシュトン氏は、「妻が専業主婦で、夫が家事や育児を最大限手伝う夫婦」を挙げた。その一方で、妻が仕事を持つ場合、離婚リスクは高まるが、夫が家事に参加することでそのリスクを大幅に下げることができると指摘した。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 21:48 | 絶好調絶好調 | Comment(4) | TrackBack(0) | 体重を減らす(読売新聞) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 まぁ糖尿病は嫌ですよね?俺は予備軍かなー?でもなー?半年1度のMRI検査じゃぁ医師に何も・・まぁやせる事を注意されてけれども?怖いかな? どうもです!昼は暑い日が続き、夕方から夜にかけては、肌寒く風邪などひいておりませんでしょうか?・・靜岡県は近所の長泉町にある柴咲コウ主演映画「少林少女」ロケ地「鮎壷の滝」へ嫁:智香んころ姉ちゃんと行って来まして、現在の芸能人:アイドル等の"二重まぶた整形手術"を皆さんしてる方が多いな〜?まぁ仕事柄:顔を売る商売だしね?・言う様な主旨で記事ってみたのです。タイトルは:『柴咲コウ主演映画「少林少女」ロケ地は靜岡近所で行って写真豊富』です。毎度のユニーク小笑い写真には「柴咲コウさんの綺麗な写真」「ロケ地での多くの写真」「柴咲コウさん?よく見れば整形手術してるの?の疑惑写真」「富士山も写ったロケ地:鮎壷の滝」等の写真を貼りました。小笑いして戴ければ光栄です。ちょっぴし寒いかな?と思うのでホットコーヒーでも飲みながら写真・文章を ごゆるりとご覧下さり、楽しんで下さい。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。\(^o^)/


Posted by 智太郎 at 2010年05月20日 19:58
智太郎さん、ありがとうございます。
半年1度、MRI検査していて何も言われていないのなら安心なのかな。
たしかに夜は寒いので、油断すると風邪でも引きそうな感じではありますが、何とかは風邪をひかないので私は風邪など引きません!きっぱり!!(笑)
Posted by 智太郎さんへ at 2010年05月20日 20:42
 「少林少女」柴咲コウ主演!みましたかー?良かったッスよねー?でもマカロンさん?札幌は寒いら?寒さを耐える為には、カロリーを取った方が良いと聞きましたが、平気でしょうかね?くれぐれもお気をつけていって下さい・・いつも応援は当然してるのですが、2位が悔しいです\(◎o◎)/!
Posted by 智太郎 at 2010年05月20日 21:25
智太郎さん、ありがとうございます。
寒いといっても、もう冬ではないですから大丈夫ですよ(笑)
それに、外で暮らしているわけではないので、寒さしのぎに高カロリー食というのも当てはまらないような気が・・・(爆)
Posted by 智太郎さんへ at 2010年05月20日 22:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)