スポンサードリンク

2010年05月05日

ダイエット[883日目]増え続ける体重/テレビは幼少期から悪い/不況時に急増 、揺さぶられっ子症候群/岐阜で全国最高32.3度

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.1kg
体脂肪率:13.3%
BMI:21.7
二回目測定
体重:66.8kg
体脂肪率:13.0%
BMI:22.2
食事
朝食
7時40分 豆乳野菜ジュース 170Kcal  グレープフルーツ 20Kcal  りんご 40Kcal  豆パン 270Kcal  コーヒー  柿の種 80Kcal    朝計580Kcal     大川スロトレ3日分30分
昼食
12時10分 ちらし寿し 300Kcal玉子焼き 40Kcalまぐろ 20Kcalのり・ごま・人参・かんびょう 10Kcal   味噌汁(ネギ・豆腐) 50Kcal   きゅうり 10Kcal韓国風ピリ辛ソース 10Kcal     昼計440Kcal
夕食
19時10分 7種のホップRelax 119Kcal  アサヒ糖質0 41Kcal  焼酎お湯割り 160Kcal   レタスキムチ 20Kcal   ハムきゅうり 50Kcal   カツオたたき 100Kcal水菜にんにく 10Kcal   煮付け 30Kcalかんぴょう 20Kcalさつま揚げ 50Kcalひじき白滝 5Kcal      夜計605キロカロリー     今日の合計1625キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌も晴れ・・・だったんだけど、午後からは曇ってきて、気温も低くなってきた感じ。明日からは雨のようで、気温もさらに下がるみたいです。
札幌では梅が開花したとか。桜の開花は日曜日の予想。満開はその先だよね。


今朝の体重は200g増えて65.1kg(41.9kg減、あと2.1kg)
体脂肪率は0.1%増えて13.3%



今朝はとうとう65キロオーバーグッド(上向き矢印)6日連続の体重増でんな。
夕食前体重も朝より400グラム増えていて、夕食後体重も66.8kgまで増えています。むむむちっ(怒った顔)

今月の目標は月平均64キロ台。明日は復帰したいところ。

ここのところ、朝食に豆パンを食べたり、柿の種を食べたりしているから体重が増え続けているのかな?食べ過ぎているわけじゃないけど、普段は食べないものを朝に食べる日が続いているからなのか・・・。

ゴンちゃんが来てないのも大きいんだろうけどね。
昨夜、頑張ればゴンちゃんに会えそうだったんだけど、静かな夜には会いたくなかったところがあって、今日に期待したんだけど、待ちぼうけで怒っちゃったのか来てくれなかった・・・。

機嫌を直して来てくれたらいいな〜。


甥っ子、姪っ子は、生まれたときから常にテレビがついている状態だと思うんだけど、大丈夫なのかな〜?でも、そういう家庭は多いような気もするけど、テレビを点けっぱなしにしない家もありそうだしね。
テレビで言葉を覚えたり、知識を増やしたりする面もあるんだろうけどね。
幼少期からテレビにさらされた子どもは小学4年生前後になって健康を害しやすく、学業成績や社会性の発達にも悪影響が出ると警告する報告が3日、カナダで発表された。

 研究によると、生後29か月の時点で、米政府のガイドラインが推奨する視聴時間数を1時間超えて視聴するごとに後年、出席率や体を動かす時間の減少、算数の学力低下などが見られることがわかった。

 逆にテレビの視聴時間数が長いほど増えるものは、クラスメートによるいじめや、ソフトドリンクやスナックの消費量だった。また視聴時間の長かった子のほうがほかの子と比べ、10歳になる前ですでに体脂肪が多かった。

 青少年を対象にしたテレビの視聴習慣に関する過去の研究でも同じ傾向が明らかになっているが、さらに若い乳幼児を対象にした研究は今回が初めてだ。

 研究チームは「就学前の子どもを対象にしたテレビ放送には教育的な志向があり、認識力にもたらす恩恵もあるだろう。それでもなお未就学児のテレビ視聴は、注意力の発達の鍵となる経験や、行動の自己制御が生まれてくるはずの時期としては認知的に受動的な活動だ」とまとめている。

 今回の調査では、子どもの保護者たちに自分の子どもが生後29か月(2歳5か月)と53か月(4歳5か月)のときのテレビ視聴習慣を報告してもらった。さらに10歳の時に保護者と教師の双方から学校での成績や、体や心の健康についての報告が集まった1314人が対象となった。

 カナダ・モントリオール大学(Montreal University)のリンダ・パガーニ(Linda Pagani)氏が率いた同調査の報告は、米国医師会(American Medical Association)の専門誌「Archives of Pediatrics and Adolescent Medicine」最新号に掲載された。

 米国小児科学会(American Academy of Pediatrics)では、2歳以前の幼少期のテレビ視聴は望ましくないとしており、また2歳以降も1日2時間以下を推奨している。(c)AFP



日本でも揺さぶられて死んでしまった事件が続いたけど、不景気とかは少なからず関係しているのかもしれないね。親がイライラして余裕がなかったら、揺さぶってしまうこともあるのかもしれないもんね。虐待とかもそういうのが理由の一つかもしれないし。
生後まもない赤ちゃんを揺することで神経に回復不可能な損傷を与えてしまう「揺さぶられっ子症候群」(Shaken Baby Syndrome、SBS)の症例が、米国で07年の不況突入以降に急増していたことが、4つの病院による報告で明らかになった。

 揺さぶられっ子症候群は「虐待が疑われる乳幼児頭部外傷(abusive head trauma、AHT)」とも呼ばれる。

 2004年1月1日から09年末までの6年間に記録されたデータを分析したところ、512件のSBSの症例が見つかった。うち16%の乳幼児が死亡していた。

 月ごとに詳しく分析したところ、07年12月1日を境にそれまで月平均6.0件だった症例が、その後の不況期には9.2件に急増していた。対象となった6年間の中で症例が最も少なかったのは05年の66件、最多は08年の121例と倍近い差があった。

 研究者らは前週末カナダ・バンクーバー(Vancouver)で開かれた小児学会会議で「現在の不況期の始まり以降、SBSの発生率が増えたことが示されている」と報告した。

 報告書ではあくまで「失業率と揺さぶられっ子症候群の増え方には生態的関係はない」と断りながらも、結果からはその関係性がうかがえるため、経済情勢の悪いときには予防措置を取る必要性があるだろうと指摘している。

 今回の調査は、米ペンシルベニア(Pennsylvania)州のピッツバーグ小児病院(Children's Hospital of Pittsburgh)の医師が07年後期以降の症例増加に驚き、ワシントン(Washington)州シアトル(Seattle)、オハイオ(Ohio)州のシンシナティ(Cincinnati)およびコロンバス(Columbus)にある主要な3つの小児医療施設と協力して行った。

 米国揺さぶられっ子症候群センター(National Center on Shaken Baby Syndrome、NCSBS)によると、同症候群の症例は米国で年間1200〜1400件あり、うち約25%の乳幼児が死亡している。また生存できた75%の乳幼児でもその8割に障害が残っている。(c)AFP


岐阜で全国最高32.3度=真夏の暑さ続く−気象庁
5月5日15時28分配信 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100505-00000055-jij-soci

 連休最終日の5日、日本列島は引き続きよく晴れてほぼ全国的に気温が上昇し、真夏日(最高気温30度以上)や夏日(同25度以上)となる地域が多かった。
 気象庁によると、岐阜・神岡(飛騨市)で全国トップの32.3度を観測。兵庫・和田山(朝来市)では32.1度と、同地点の5月の観測史上最高を記録した。
 主要都市では、東京が27.6度、名古屋が29.2度、大阪が28.0度、福岡が25.6度。 


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 21:01 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)