スポンサードリンク

2010年02月23日

ダイエット[812日目]エアロビクス1.2倍速/鈴木明子 摂食障害の苦難を乗り越え夢舞台に、バンクーバー冬季五輪/イチロー体脂肪率6%台

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.7kg
体脂肪率:13.6%
BMI:21.9
二回目測定
体重:66.9kg
体脂肪率:12.7%
BMI:22.3
食事
朝食
7時40分 :豆乳野菜ジュース 170Kcal  みかん 40Kcal  りんご 10Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー   朝計290キロカロリー    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時20分 :日清・どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん 472Kcal   漬物 8Kcal    昼計480キロカロリー    CDエアロビクスDVDベーシックプログラム1.2倍速45分
夕食
19時10分 :キムチ 20Kcal  冷奴 100Kcal  白滝たまご油揚げ 100Kcal  玄米リゾット 300Kcalチーズ 30Kcalじゃがいも 70Kcalハム 40Kcalエリンギ・ケチャップ・豆乳 100Kcal    夜計760キロカロリー     今日の合計1530キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


今日の札幌はよく晴れて、気温も急上昇。雪が融けてたよ。

シーサーブログのメンテナンス、昼の12時終了予定だったはずなのに、夜9時を過ぎてもまだ終わらない(この日記は夜9時ごろに書いています)。いだだいたコメントも読めないし、メンテ中に来てくださったかたには申し訳ないです。


今朝の体重は200g増えて65.7kg(41.3kg減、あと0.7kg)
体脂肪率は0.4%増えて13.6%



昨日は1490kcalしか食べてないのに体重は増えますな〜。ゴンちゃんのための水分が増えてるのかな〜。

今日だって、昼食は、日清の「どん兵衛 かき揚げ天ぷらうどん」472Kcalを食べただけなのに、夕食前体重が増えてるしね。まぁ、朝より100グラム増えただけなんだけど、あの程度しか食べてないのに増えるというのは、やっぱりゴンちゃんが出てないから水分も出づらくなってる「ダム」モードかも。

でもまぁ、食べてないのに微妙に体重が増え続けるのは、いつものことだよね。ゴンちゃんが来る前日にその微増が止まり、翌日にゴンちゃんが来るというパターンだもんね。良いペースということか?

今日は、先日1.1倍速にしたエアロビクスDVDを1.2倍速にしてみました。1.1倍速でも物足りない感じがしたからなのですが、1.2倍速は以前にやってみたときは速過ぎてダメだったんだけど、1.1倍速に慣れた体では、何とかついていけそうな感じで、心肺機能的にもちょうど脂肪燃焼ターゲットくらいのような感覚です。

1.2倍速なら、ノーマルスピードより10分くらい時間短縮できるのも嬉しいんだけど、有酸素運動は時間が長いほうがいいと言われているから、もしかしたらノーマルスピードで55分やったほうがダイエット的には良いのかもしれないんだけどね。心肺への負荷と時間短縮のほうを優先させようと思います。

夕食後体重で66.9kgだから、明日の朝もまだ目標体重には届かないね。

ゴンちゃんが来たらダム放流モードになりそうな体重増(水分増)という感じだから、ゴンちゃんが来たら一気に目標突破かも。そしたら、あんこでお祝いだ〜(笑)

そういえば、岡田斗司夫さんがブログに、また小倉ホイップのこと書いていたね。私も小倉ホイップパンを食べたいかって先日書いたばかり。小倉ホイップパン、最近見ないから助かってるけど、「もりもと」には、いちごホイップサンドはあるんだよね。アレも食べてみたいんだけど、小倉ホイップもあればいいのにな〜。
お祝い・ご褒美として食べたいものだ。
あ!薄皮たい焼きと、饅頭2種を食べるんだった。小倉ホイップか、いちごホイップも食べたくなってきた〜。もりもとのパンや団子や和菓子も食べた〜い。


高橋大輔選手もそうだし、織田信成選手もそう。
一度スケートができなくなったあとに、「やっぱりやりたい!」って心から思った人は強いよね。それに、苦しい練習も楽しくてしょうがないのかも。
満足できる演技ができるといいな〜。
2010年バンクーバー冬季五輪、フィギュアスケート女子シングルに出場する鈴木明子(Akiko Suzuki)は、摂食障害の苦難を乗り越えてたどり着いた夢舞台(五輪)のすべての瞬間を満喫している。

 鈴木は日本女子フィギュア界期待の若手選手の1人だったが、摂食障害のため一時は選手生命が脅かされた。

 しかし、鈴木は24歳でついに元世界女王の浅田真央(Mao Asada、19)や安藤美姫(Miki Ando、22)とともに五輪に初出場する。

 病気で2003-04シーズンを棒に振っている鈴木は「しばらく体調が優れず、1年間競技に出ることができなかった。復帰した当初は今日この場にいることを想像できなかった。一歩ずつ進んできた。支えてくれる人がいたのでわたしは今日ここにいる。すべての出来事は、自分が今ここにいるためにあったんだと思っています」と話している。

 荒川静香(Shizuka Arakawa)さんの2004年の世界選手権(ISU World Figure Skating Championships)制覇を見て刺激を受けた鈴木は、荒川さんの活躍が復帰の道をたどる力になったと明かした。

 荒川さんは24歳で出場したトリノ五輪で日本人選手として同競技で初の金メダルを獲得しており、鈴木は「コーチと五輪を見ていて、荒川さんが金メダルを獲得したときは歓声を上げた」と語っている。

 鈴木は2009ー10シーズン、GPシリーズ第3戦の中国杯(Cup of China 2009)で優勝するなど自己最高のシーズンを送っている。全日本選手権では浅田に次ぐ2位で初の表彰台入りを果たし、四大陸選手権(ISU Four Continents Figure Skating Championships 2010)でも浅田に次いで2位に入っている。

 鈴木は「1日に何度かは『五輪って素晴らしい!』とつぶやいてしまう。ほかの選手とも親しくなり、これはこの場だけでなく今後の人生にとっても大きいと思う。今回はわたしにとって最初の五輪であり、とても緊張していると同時にここにいることに感動している。大きな期待と希望を抱いている」と語った。

 女子シングルは23日にショートプログラム(SP)が、25日にフリースケーティング(FS)が行われる。(c)AFP/Emmeline Moore


マリナーズ・イチロー 体脂肪率6%台
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100223-00000024-dal-spo

2月23日19時0分配信 デイリースポーツ

 マリナーズのイチロー外野手(36)は22日(日本時間23日)、アリゾナ州ピオリアのキャンプ施設に到着し、約40分の自主トレーニングを行った。ウオームアップとキャッチボールの後は、室内練習場でトス打撃を71スイング。右方向中心に力強い打球を放った。
 この日は身体検査も受け、体脂肪率はチーム最低の6%台だった。心肺機能などの数値も例年と変わらず、森本トレーナーは「衰えが見えない。非常に高いレベルでキャンプに入る」と太鼓判を押した。


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 21:05 | 絶好調絶好調 | Comment(2) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小倉ホイップは最近見ませんねぇ。とは言え、豆乳ぜんざいというのを見つけちゃいました。今食べております。軽めの小倉ホイップという感じで、パンの上に載せて食べております。ウチの店の取引先の豆腐屋さんが、こういうアレンジ商品好きなんですよ。他にもプリンにチーズケーキに杏仁豆腐、ココナッツミルクプリンなど、牛乳でするスイーツを豆乳に置き換えて生産してます。チーズケーキは特にウチのヒット商品、豆腐の容器に入れたファミリータイプまで存在。
Posted by たすく at 2010年02月25日 11:13
たすくさん、ありがとうございます。
やっぱり小倉ホイップは最近ないんですね。岡田さんはサンドが好きみたいなんですが、私はサンドは見たことがないです。小倉あんぱんタイプのホイップしか食べたことがない。

豆乳ぜんざいですか!へぇ〜どんな感じかな〜?
パンの上に載せて食べてるんですね。いいな〜。

プリンにチーズケーキに杏仁豆腐!
ココナッツミルクプリン!
豆腐の容器に入れたファミリータイプーーー!!
いいな〜(笑)
Posted by たすくさんへ at 2010年02月25日 20:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)