スポンサードリンク

2010年02月20日

ダイエット[809日目]あんこ食べたい/女性メタボ、腹囲80センチ? =診断基準の見直しも−3万人超解析・厚労省研究班/ラージヒル予選 葛西がトップ通過、バンクーバー冬季五輪

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-1.9kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:65.4kg
体脂肪率:13.5%
BMI:21.8
二回目測定
体重:66.9kg
体脂肪率:12.2%
BMI:22.3
食事
朝食
7時40分 :豆乳野菜ジュース 170Kcal  いよかん 40Kcal  りんご 20Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー   朝計300キロカロリー    大川スロトレ3日分30分
昼食
12時0分 :みかん 50Kcal   チョココロネ 200Kcal   シナモンツイスト 200Kcal   フランクフルト 200Kcal   ごぼうバーガー 200Kcal   紅茶    昼計850キロカロリー    エアロビクスさぼり
夕食
19時10分 :一番搾り 143Kcal  焼酎お湯割り 137Kcal   ジンギスカン 500Kcalエリンギもやし玉ねぎキャベツ 20Kcalじゃがいも・さつまいも 100Kcal     夜計900キロカロリー    今日の合計2050キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエット


晴れ今日の札幌は大雪の予報もあったんだけど、さらっと降った程度かな。


今朝の体重は増減なく65.4kg(41.6kg減、あと0.4kg)
体脂肪率は0.6%減って13.5%



今朝は昨日と変わらない体重。夕食後体重から1.1kg減だから、夕食後で66.0kgくらいは出しておかないと、65.0kgは出ないかな。夕食後が66.0ということは、夕食前にも65.0kgを切るくらいじゃないと無理か。

今夜は晩酌日で久し振りのジンギスカン。
あまり食べ過ぎないように気をつけていたけど、焼かれたお肉は食べないわけにいかないし、残そうと思った野菜も思いのほか多くは残っていなかったので、昔ながらの残飯処理係・・・。

まあ、それでも、それほど食べたわけではない感じ。羊肉はカルニチンも多いから脂肪燃焼に効果的だし、お肉の力で居残りゴンちゃんが来てくれたら、水分排出モードになるかもしれないしね。

さてさて、昨日あたりから、なんとなく「あんこ」を食べたい気持ちが高まってきていますグッド(上向き矢印)和菓子祭りをしたい気分。

チョコレートのストックがたくさんあるんだけど、チョコじゃなくて餡子がいい。

でも、体重がいい感じで来ている今は食べるわけにはいかないから、昼食に「あんこ祭り」を開催することにしようかと考えたんだけど、体重がいい感じの今はそれもなんとなくイヤだ。

なので、65.0kgが出たら、「あんこ祭り」をすることにしようかと今のところ考えています。「あんこ祭り」と言っても、鬼のようにアンコを食べるわけではなく、絶対に食べたいのが2個あるので、その2個は必ず食べて、その先は未定ということにしています。
もちろん、あんこ祭りを開催しないケースもありますけどね。最終的な目標は63.0kgなので、65.0kgがゴールではないですから。

でも、63.0kgまでだとまだまだ時間がかかるでしょうから、それまで我慢するのも辛いので、65.0kgで一旦心に栄養をあげたほうがいいかな〜ってね。

あんこで甘やかすと、次にはチョコレート祭りも開催しちゃいそうな心配もあるのですが、まぁダイエット開始当初からの目標である65.0kgを2年以上かかって達成することになるのですから、その時くらいはいいんじゃないかな〜。
そうしたとしても、この12月〜1月までの「体重減らない期間」のようにはならないと思うしね。63.0kgまで減らすためにも一度食べて、その後また頑張るためのエネルギーにしていきたいな、と。

あ!前に見て目を奪われたチョコレートがのった菓子パンも食べたいな〜。あと、前々から探している小倉ホイップのパンも食べたいな〜。
あ!あ!薄皮のタイ焼きも食べたいな〜。
やばい、やばい。どんどん食べたいものが浮かんでしまう。
一度頭に浮かべちゃうと、それを果たさないといけない性分なので、これはまずい傾向だぞ。あの饅頭2種類だけじゃなく、薄皮タイ焼きも絶対に食べたくなってしまったふらふら

う〜ん、65.0kgを達成したら、あの饅頭2種と薄皮鯛焼き2個にしようかな。あの菓子パンも気になるし、小倉ホイップパンもあったら食べたいし・・・。

あ!そっか! 一気に食べなきゃいいんだよね。
鯛焼きはその日に食べなきゃいけないけど、饅頭や菓子パンは翌日や翌々日でもいいもんね。
よし!そうしよう!
たい焼きはその日に2個(3個?4個?)くらい食べて、そのほかは翌日と翌々日の朝食として食べようかな。朝なら影響を減らすことができるだろうしね。
よし!よし!そうしよう!!

このご褒美が待っているから余計な間食はしないぞ!っていうモチベーションにもつながりそうだしね。ご褒美システムって今まで全然取り入れてなかったけど、こうやって考えると、これはこれで悪くないかも。ご褒美を早く手に入れるためなら、どんな辛いことでも耐えられそうな気分になってます(笑)爆弾あんこのためなら2、3日絶食しても平気だぜー!って気持ちになってます。今。

しかしまぁ、これだけ大々的にスタートしたメタボ健診だったのに、はっきりした根拠もないまま診断基準を決めていたってことなの?診断基準を決める時に、喧々囂々、侃々諤々と議論を何度も重ねていたと記憶しているけど、じゃああれって何を議論してたんだろう。データを集めさえすれば分かったことなのに、それすらしないで、持論を懸命に守っただけだったのかな。簡単に分かることだったはずだよね。バカみたい。
それにしても、女性の腹囲80センチってどのくらいなのかな?
皆さんでどのくらい?大丈夫?(笑)
女性メタボ、腹囲80センチ? =診断基準の見直しも−3万人超解析・厚労省研究班
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100220-00000025-jij-soci

2月20日6時8分配信 時事通信

 メタボリック症候群対策の特定健診をめぐり、厚生労働省の研究班は20日までに、3万人以上のデータ解析で、腹囲が大きいほど同症候群や心臓病などのリスクが高まるとする報告書をまとめた。腹囲測定の有用性が裏付けられたといえるが、明確にリスクの高低を分ける数値を決めるのは困難で、女性の場合、現行の「90センチ以上」よりも「80センチ以上」が適切であることも示唆された。
 日本では腹囲(男性85センチ以上、女性90センチ以上)を同症候群診断の必須条件としているが、国際基準とは異なり、その妥当性に疑問の声も上がっている。同省は、新たな知見が集まれば、基準の見直しも検討するとしている。
 研究班は、国内の12の疫学調査の対象となった40〜74歳の男女約3万6600人の結果を総合的に解析。腹囲が大きいほど、同症候群のリスク要因(高血糖、脂質異常、高血圧)を2つ以上持つ率が高かった。男性の85センチと同程度にリスクが高まる女性の腹囲は80センチだった。
 さらに、追跡が可能だった約3万1000人について、心筋梗塞(こうそく)や脳卒中など心血管疾患との関連を調べると、やはり腹囲が大きいほど発症率が高まる傾向がみられた。しかし、関連性は弱かった。 



葛西と伊東、すごいね。
でも、予選免除組みはもっとすごかったのかな?

にしても、週刊誌はひどいね。
大会中でこれからだって時に、あんなひどい見出しで売るんだから。大会中じゃないと売れないからぶつけてくるんだろうけど・・・。
意地汚いな〜。自分たちの家族や友人・知人だったら、絶対にできないことだろうに。それでも彼らはやるのかな?生活がかかっているから、売るためにはやるのかもね。

五輪後は、メダリストたちを最初は持ち上げるだけ持ち上げる賞賛記事で稼いで、それが落ち着いてきたら今度は引きずり落とす記事で稼ぐというのが常套手段だもんね。生活がかかってるから仕方ないんでしょ?
それに、買う人がいるわけだしね。
2010年バンクーバー冬季五輪、ノルディックスキー・ジャンプ個人ラージヒル予選は19日、ウィスラー五輪公園(Whistler Olympic Park)で行われ、日本の葛西紀明(Noriaki Kasai)が142.5メートルを飛んで143.5点を記録し、1位で決勝に進んだ。

 2位には142.6点で伊東大貴(Daiki Ito、日本)がつけた。

 竹内択(Taku Takeuchi)は22位、栃本翔平(Shohei Tochimoto)は19位で日本勢は4人全員が予選を通過した。

 決勝は20日に行われ、予選を免除されているW杯総合ランキング上位10人と予選を通過した40人の計50人で争われる。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 21:44 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)