スポンサードリンク

2009年12月27日

ダイエット[754日目]4年に一度だもんね

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.1kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.1kg
体脂肪率:14.9%
BMI:22.3
二回目測定
体重:68.1kg
体脂肪率:12.8%
BMI:22.7
食事
朝食
7時40分 :豆乳野菜ジュース 170Kcal  みかん 40Kcal  りんご 30Kcal  コーヒー   朝計240キロカロリー   大川スロトレ30分
昼食
12時5分 :にゅうめん 120Kcal  漬物 20Kcal  大福 200Kcal  草大福 200Kcal   昼計540キロカロリー   CDエアロビクスDVDベーシックプログラム55分
夕食
19時0分 :コクの時間 157Kcal  カンチューハイグレープフルーツ 90Kcal  焼酎コーラ割り 160Kcal  漬物 20Kcal  枝豆 60Kcal  油揚げ&納豆 80Kcal  きゅうり 5Kcal  カマンベールチーズ 30Kcal  麻婆豆腐 180Kcal  牡蠣フライ 180Kcal キャベツ千切り 30Kcal  コロッケ 80Kcal   夜計1072キロカロリー    今日の合計1852キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村


曇り今日の札幌も曇りって感じかな?太陽も出たような出ないような・・・。


今朝の体重は200g減って67.1kg(39.9kg減、あと2.1kg)
体脂肪率は0.2%増えて14.9%



やはりまだ67キロ台でした。昨日はエアロビクスもさぼったしね。昨日は全然やる気なしでした。

今日は久し振りに間食なしで過ごしました。昼食はまた大福2個でしたけどね。(^^ゞ


さてさて、今、フィギュアスケートの全日本選手権が放送されているけど、オリンピックって4年に一度しかないっていうのが、これまでもいろいろなドラマを生んできたよね。4年に一度しかないってホントすごいこと。

4年間頑張ったからって報われるとは限らない。他の3年が完璧でも、今年がダメだとオリンピックに行けないわけだしね。

4年間頑張っても、オリンピックに出られるだけのレベルに到達できない人もいるのです。それでも大会に出て滑るというのはどういう気持ちでしょう?まぁ、私が甲子園に行く実力がなくても予選に出ていた高校時代と同じようなものでしょうか?一つでも多く勝てればいいな〜っていう感じなのかな?

もちろん、長い人生で見れば(短い場合でも)、オリンピックに出たから偉いとか、行けなかったからダメだということではないですよね。40年以上も人生を生きていれば、オリンピックも通過点でしかないということが分かります。出たから偉いわけでも、金メダルをとったから凄いわけでもないですよね。

でも、五輪を目指して4年頑張ってきた選手たちが、緊張しながら頑張っています。

五輪が終わった後に現役引退を決める選手の中には、「あと4年も頑張れないから」と理由を挙げる人がいますよね。あと4年も死ぬような練習はできないということだろうし、4年もパフォーマンスを維持できないだろうということでもあるのでしょう。

4年に一度の目標に向かって毎日泣きながら頑張るアスリートたち。頑張ったからといって、必ず報われるとは限らない世界。

ダイエットは4年頑張ったとしたら、ほぼ報われる世界のような気もします。頑張らなくても、4年続ければそれなりの成果が出る世界なのかも。逆に頑張ったら失敗する世界かもしれませんよね。できるだけ頑張らずに4年続けた方が成功する世界かもしれません。頑張っては4年も続かない世界です。頑張ると必ず反動が来るのがダイエットでしょう。

それに、オリンピックに出るほどのレベルを目指しているわけでもないですもんね。かなり低いレベルを目指すのがダイエットなのかも。

4年間泣きながら頑張るアスリートに比べたら、ダイエッターは楽チンなのかな?4年続けていても、オリンピックレベルまで到達することは望まれてないし、達成できなくてもいいんだしね。

とは言え、私はダイエットを20年以上続けていたのです。20年間毎日やっていたわけではないですが、デブは20年以上続けて来たんですよね。

2年以上かかっている今のレコダイ(レコーディングダイエット)。
4年に一度のオリンピックのために頑張るアスリートのことを思えば、こんなフワフワな2年間なんて楽勝だよね。

と、アルコールが入っているせいか、何を言ってるのかよくわからなくなっていますが、結果がどうこうというよりも、どれだけ頑張ったかということがやっぱり大切なのかな。どのように取り組んだかってことは自分が一番分かっているもんね。結果や成果が素晴らしいものじゃなくても、自分の決めたことをどれだけやったか、やろうとしたかってことが大切だよね。にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by マカロン at 21:09 | 絶好調絶好調 | Comment(0) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)