スポンサードリンク

2009年11月09日

ダイエット[706日目]一生の課題はコレかも/パニック障害と戦いながら得た勲章 日本ハム・小谷野栄一/青山博一が年間総合優勝、WGP

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.1kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.4kg
体脂肪率:14.1%
BMI:22.4
二回目測定
体重:68.1kg
体脂肪率:12.6%
BMI:22.7
食事
朝食
7時40分 :豆乳野菜ジュース 170Kcal  みかん 40Kcal  柿 40Kcal  りんご 30Kcal  コーヒー   朝計280キロカロリー   大川スロトレ12・13日目メニュー30分
昼食
12時10分 :漬物 20Kcal  カレーうどん 450Kcal・竹輪 40Kcal・ネギ・えのき 5Kcal  シュークリーム 300Kcal   昼計815キロカロリー   CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
19時10分 :漬物 20Kcal  ポテトサラダ 100Kcal  ハム 20Kcal  ほうれん草胡麻和え 40Kcal  さんま干物 200Kcal  みそ汁(大根・高野豆腐) 60Kcal  玄米 300Kcal   夜計740キロカロリー   今日の合計1845キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!


曇り今日の札幌は曇りかな。少し雨も降ったね。
明日から寒くなるみたいだよ。最高気温が6℃くらいだってがく〜(落胆した顔)ブルブル牡牛座


今朝の体重は800g減って67.4kg(39.6kg減、あと2.4kg)
体脂肪率は0.8%減って14.1%



バカ食い(ドカ食いではなく)で増えただけだから、普通の食事に戻せば減るはずだけど、何日掛かるかな?

昨日、Diet-Townのグラフにしてあらためて気づいたんだけど、私の体重はもう数ヶ月、ほとんど変動してないんだよね。毎月の集計で少ししか減ってないのは知っていたのに、対症療法的で短期的な対処しかしていなかったのかもしれないね。

カロリーを低くしても体重が動かなくなったので、夕食にお米を復活させたところガクンと減ったことから、それは効果があったのだと思う。

で、そのお米は玄米に変更になったんだよね。

お米を食べるようになったから総摂取カロリーは増えたんだけど、2000キロカロリーを切ることもあるくらいだから、それほど多くないはず。平均で2000キロカロリー程度なら月に1キロくらいは減るはずなんだけどね。

なかなか体重が減らない理由は、やっぱり晩酌日だろうね。
最近の晩酌日の食べ方は、ダイエット前と同じ感じだもんね。食べたいだけ食べてると言うか、出ているものは全部平らげているというか、ホント、昔のまんまだよたらーっ(汗)このあたりは、少し注意した方がいいだろうね。結局、正しい食事というものがまだ身についていないということになるかも。

他にも「昔のまんま」と思わせる回数が増えているのが、昼食かもしれない。昔の昼食って、ラーメンとオニギリとか、蕎麦といなり寿司と言う感じで、麺類にごはん系のサイドメニュー(?)をプラスすることが多かったんだけど、最近もそのように食べるケースが増えているように思う。

なので、これからは晩酌日の食べ方と昼食の食べ方を少しだけ気をつけるようにしよう。ちょっと気を緩めすぎている感じがあるからね。もう何ヶ月も同じような体重なのに、何も対策を考えなかった自分がバカみたい。(バカは言い過ぎだな)

いや、その都度、何かをやって効果が出たりしていたから、続けていればそのうち減るだろうと思っているうちに、どんどん時間が進んでいたという感じかもしれないね。体脂肪率が減ったりしていたから、そのうち体重も減るだろうと思いつつ、ある意味定期的にバカ食いとかもしていたから、抜け出せそうで抜け出せないような状態だったのかもしれないな〜。バカ食い分を解消できて、これから減るぞ!ってところで、またバカ食いしていたような感じだったのかな?

晩酌日と昼に食べ過ぎないように気をつけるだけで大丈夫だと思うんだけどね〜。少し自由奔放すぎたので、少しだけ真剣になろうかな。

たぶん、この体重になるまでのダイエットと、これからのダイエットは少し違うのかもしれない。
って言うか、本当はこのあたりから1500キロカロリー制限で取り組むべきなのかもしれないね。以前に1500キロカロリーでやっていたころは2000キロカロリーくらいでも良かったのかもしれない。逆だったのかもね。

これまでのダイエットとここからのダイエットは違うのかもしれないし、1キロ減らすことが出来れば何キロ減らすのも同じという考えもあるし・・・。

まぁどちらにしても、何ヶ月も大きく減っていなかったのだから、何か取り組み方を変えなきゃいけなかったんだろうね。
いやいや、何もしなかったわけじゃないし・・・堂々巡りだね爆弾

昼食と晩酌日に気をつければ大丈夫なはず。
この2点はダイエット卒業後も同じように最重要ポイントだと思われるので、ここのクリアが最後の課題であり、一生の課題なのかもしれないな。

小谷野選手にそんな苦労があったなんて知らなかった。
パニック障害と戦いながら得た勲章 日本ハム・小谷野
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091109-00000011-ykf-spo

11月9日16時57分配信 夕刊フジ

 日本シリーズで巨人の前に敗退したものの、全6戦で安打を放ち打率.391をマークして優秀選手賞に輝いたのが日本ハム・小谷野栄一内野手(29)。3年前に発症した「パニック障害」と戦いながら得た“勲章”だった。ストレス社会の中で増加の一途、国内で100人に3人ともいわれる患者へ勇気を与えることになるか。

  [フォト] 激闘の日本シリーズを振り返る

【打席やベンチで嘔吐】

 「表彰? 1軍では初めて。そういうものには縁がないタイプなので。精いっぱいやりました」。チームが敗退したとあって、小谷野は控えめに語り小さく笑った。

 小谷野が野球人生の危機に陥ったのは、ほとんど2軍暮らしだった3年前。打席に入ろうとするたびに吐き気を催し、たびたびおう吐した。「パニック障害」だった。

 パニック障害は強い不安、ストレスから発作を起こすものだが、症状は吐き気のほか、めまい、動悸、呼吸困難など人によって千差万別。電車に乗れない人、飛行機に乗ると発作を起こしやすい人などさまざまなケースがある。最近では長嶋一茂氏、タレントの高木美保さんなどがパニック障害に悩んだ経験を明かしている。

 医師による投薬治療なども行われるが、「『症状が良くなった』と感じる患者も、無意識のうちに自分がストレスを受けやすい場所へ行くのを避けているだけで、極端に行動範囲が狭くなってしまっているケースが多い。完治したかどうかの見極めは難しい。むしろ、まずは薬で症状を抑えながら生活に支障がないのならそれでいいではないか、とゆったりと構えた方がいいと思う」(NPO法人・全国パニック障害の会=会員約1000人)。

 しかし、小谷野の場合、打席に立たなくては仕事にならない。「正直言って、今も不安と戦いながらの毎日です。だからこそ、試合に臨む前に悔いのない練習をしよう、悔いのない準備をしようと心がけるようになって、結果的に技術が上がった。逆にプラスだったと思っています」。プラス思考などという言葉では軽すぎる、壮絶な“覚悟”を示す。

【「今の自分があるのは福良さんのおかげ」】

 その小谷野が「いまの自分があるのは福良さんのおかげ」という。

 福良淳一ヘッド兼打撃コーチ(49)は、3年前は2軍監督として小谷野を指導していた。「とにかくまじめな子。まじめ過ぎる。時にはベンチ内でも吐いてしまった。代打で行かせようとすると吐く。チェンジになって守備から帰ってきて、自分が先頭打者となるともういけない。審判に言って少し待ってもらったりしていた。自分にとって指導者として初めてのケースで戸惑った」と振り返る。

 症状が劇的に改善されたのは、同年秋の宮崎フェニックスリーグだった。「選手の数が足りなかったこともあって、十数試合に全部出場させた。『多少無理をしてでも、とにかく打席に立とうやないか』と話し合った。全試合に出られたことで自信になったのではないか。結果を恐れるあまりに発作が起こるようだから、『結果は考えるな。どうでもいいやないか』と言って聞かせた」と福良コーチは明かす。

 小谷野は翌2007年から1軍で活躍するようになり、福良コーチも梨田監督就任と同時に08年から1軍へ昇格した。「(小谷野には)今もなるべく数多く声をかけている」

 小谷野はいわゆる「松坂世代」の1人。中学時代、東京・江戸川南シニアでその松坂とチームメートだった。創価高3年の春にはセンバツ甲子園大会に出場したが、初戦でPL学園のエース上重聡(現日本テレビアナウンサー)に完封負けを喫した。

 今季はプロ入り初の規定打席数突破を果たし、打率.296(パ11位)、82打点(同7位)、11本塁打。遅咲きだが、押しも押されもせぬ一流の数字である。加えて日本シリーズでの活躍。たどり着いた栄誉の裏には、経験者にしかわからない苦難があった。(宮脇広久)

 ■パニック障害 1992年、WHO(世界保健機関)の国際疾病分類に「パニック障害」という病名で登録された。何の前触れもなく突然激しい不安に襲われ、動悸、息苦しさ、めまい、吐き気などの発作を起こす。1度発作を経験すると、再び起きるのではないかといった「予期不安」や、不安を生じやすい場所へ行くことを怖がる「広場恐怖」を招きやすいという。映画化もされたベストセラー恋愛小説「いま、会いにゆきます」の著者、市川拓司氏もパニック障害に襲われた経験を明かしており、同作品の主人公も似た症状の病気を抱えている設定。



バイクレースでは日本人の総合チャンピオンって何人もいるよね。注目度が低いのが残念だけどね。
世界ロードレース選手権第17戦バレンシアGP、250ccクラス決勝。総合優勝を果たし、表彰台でシャンパンを振るスコット・レーシングチーム・250ccの青山博一。(2009年11月8日撮影)(c)AFP/JAVIER SORIANO

関連写真1/2ページ
全11枚

【11月9日 AFP】(写真追加)世界ロードレース選手権(WGP 2009)第17戦バレンシアGP、250ccクラス決勝。スコット・レーシングチーム・250cc(Scot Racing Team 250cc)の青山博一(Hiroshi Aoyama、日本)は、44分38秒03で7位に入り、初の年間総合優勝を決めた。

 年間総合優勝を争うメティス・ジレラ(Metis Gilera)のマルコ・シモンセッリ(Marco Simoncelli、イタリア)を21ポイントリードし、11位以内に入れば年間総合優勝が確定した青山は、一時は11位まで順位を落としたものの、最終的には7位に入りタイトルを獲得した。

 レースはペペ・ワールド・チーム(Pepe World Team)のエクトル・バルベラ(Hector Barbera、スペイン)が制し、2位にはマプフレ・アスパル・チーム(Mapfre Aspar Team)のアルバロ・バウティスタ(Alvaro Bautista、スペイン)が、3位にはスコット・レーシングチーム・250ccのラファエレ・デ・ロサ(Raffaele De La Rosa、イタリア)が入った。

 青山と年間優勝を争っていたシモンセッリは、クラッシュにより残り7周でリタイアしている。(c)AFP


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 21:36 | 絶好調絶好調 | Comment(14) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
一旦は目標を達成することに意義はあるのでしょうけど、今のスタンスで維持できれば充分初期の目的は達したといえるのではないでしょうか。
かといって、とりあえずゴールを切ることだけに専念するのも、変な話ですか。

パニック障害、3%もいるんですね。かく言う私も以前そうでしたが。ごくごく軽いもので、コンサート会場とか野球場、映画館の広場恐怖だけでしたけどね。

映画はあぐりんにせがまれてアニメを見に行く事で克服、コンサートはテイルズフェスタが実に20年ぶりでした。野球場にはまだ行けてません。
Posted by たすく at 2009年11月10日 07:03
  ご苦労様です!お疲れ様です!・・・・11/9日更新の:『天下の鹿島建設:現場監督就任!現場:在籍してた東邦テナックス?』:【サラリーマン編】・・・仕事が始まりました。派遣会社の現場監督ですが、脳挫傷 後遺症 と闘いながらも、不況の建築現場監督の派遣会社で日本のスーパーゼネコンの頂点を行く鹿島建設、しかも現場が自分が以前に在籍してた「東邦テナックス」にある東邦化工建設の大きな工場:(東邦テナックス研究施設:サクラ)です(+_+)・・多くのデジカメ写真画像を用いて記事にしました。戦争反対の子供のささやかな抵抗(面白い写真)と写真を豊富に貼り紹介させていただきました。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。<m(__)m> 
Posted by 智太郎 at 2009年11月10日 08:02
たすくさん、ありがとうございます。
そうなんですよね〜。
今のあたりを維持できるだけで十分なんですけどね。維持することがダイエットの本当の目標ですしね。
極端な食事制限をしちゃえば、一瞬だけなら目標クリアできちゃうんでしょうけど、それはしたくないですもんね。

そっか〜、広場恐怖なんですね。
広いところに人が多いのがダメなのかな?
心や体はチョットしたストレスとかでも影響を受けるんでしょうね。誰だって突然そうなったりするのでしょうね。
Posted by たすくさんへ at 2009年11月10日 08:41
智太郎さん、ありがとうございます。
おお!天下の鹿島建設の現場監督就任ですか!
Posted by 智太郎さんへ at 2009年11月10日 08:43
お久しぶりです。
食生活を十二分に堪能されながらここまで来られたのは、とてもすごいことだなと常々思ってました…ほとんど同スペックだった人間としては尚更(笑)

もう後は65キロにこだわるかどうかでしょうか?
だけどここまで来たら、やっぱり一旦は出したいですよね、これまたほとんど同スペックだった人間としては同感…あ、勝手に決め付けるなって話ですよね、どうもすいません(苦笑)

バイクレース、日本人ライダーが強いのって250ccクラスまでなんですよね、その上の最高峰クラスになるとなかなか厳しいようです、バイクは日本製なんですけどね…。
Posted by zuzu at 2009年11月10日 10:46
 こんばんは(*^_^*)!お疲れ様です!・・・更新の:『東邦テナックス東邦化工建設のM下が極悪!知らぬ者は居ないな』:【サラリーマン編】・・・派遣会社の現場監督ですが、鹿島建設現場監督として不況の建築現場監督の状況・職人さん達の愚痴・文句を聞きながらも・・多くのデジカメ写真画像を用いて記事にしました。仲良くなった東北から単身赴任で来てる派遣現場監督員A氏仲良くなり「仮面ライダー」「イチロー」写真も貼り・・写真を豊富に貼り紹介させていただきました。<m(__)m>・・どうぞ!遊びに寄って見てやって下さい。<m(__)m> 
Posted by 智太郎 at 2009年11月10日 19:08
zuzuさん、ありがとうございます。
お久し振りです。

ホントそうですよね。禁止してる食べ物はないし、ドカ食いもかなりしているし、お酒も飲んでるし、カロリー制限もやめちゃったし・・・これでここまで痩せられるなんて思いませんでしたよね。

そうなんですよ。やっぱりここまで来たら、もうすぐそこでしたからね。一度は出さないと。2年にもわたる悲願ですからね(笑)

いえいえ、同スペックだった人なら勝手に決め付けてもいいですよ。あはは。

あ、そうなんですね。日本人ライダーが強いのは250ccクラスまでか〜。何人も総合優勝している人がいたと思ったのですが250なんですね。何かが違うってことなんでしょうね。
そうそう、日本製のバイクばかりだったりしますよね。
自動車レースからは日本のメーカーは撤退してますが、バイクレースは継続なのかな〜。
Posted by zuzuさんへ at 2009年11月10日 20:13
智太郎さん、ありがとうございます。
職人さん達の愚痴・文句を聞きながら、仲良くなった東北から単身赴任で来てる派遣現場監督員A氏ですか。
Posted by 智太郎さんへ at 2009年11月10日 20:15
突然のコメント失礼します。
大変、興味深く読ませていただきました(>_<)

でも、折角ダイエットブログを書いてるならお小遣い稼ぎしませんか?
ブログさえあれば簡単にお小遣いが稼げますよ!(^^)!
ダイエット関係の記事が大量に用意されてて記事引用OK!
さらに、メールで新記事まで送られてきますw
後はコピペするだけ!

百聞は一見にしかず
「村本エリカ.comアフィリエイト」
http://123direct.info/tracking/af/151858/B5ZEZVsT/
はじまったばかりなので、チャンスです!
よかったらどーぞ(o`・ω・´σ)σ
では、おじゃましましたー
Posted by みるく金時 at 2009年11月10日 20:22
みるく金時さん、ありがとうございます。
以前にもこの情報を教えてくださった方かな?

私はレコーディングダイエットをやっているので、村本エリカさんのダイエットには責任が持てませんから、無理だと思います。村本さんご本人も以前コメントしてくださったと思いますが、せっかく教えてくださったのに申し訳ないです。
みるく金時さんは、しっかり稼いでいるのかな?
いいな〜(笑)
Posted by みるく金時さんへ at 2009年11月10日 21:38
>最近の晩酌日の食べ方は、ダイエット前と同じ感じだ>もんね。食べたいだけ食べてると言うか、出ているも>のは全部平らげているというか、ホント、昔のまんま>だよこのあたりは、少し注意した方がいいだろうね。>結局、正しい食事というものがまだ身についていない>ということになるかも。

わかります。僕も同じです。
正直、これは今までの人生で身に付いた習慣というか、ある意味、「業」なんですよ。

どんなに普通の食欲になったつもりでも、心の奥底、体の深部にドカ食い、バカ食いの業は残っているんですよ。だから元々太っていた人間は、一般人以上に常にドカ食いしないよう意識を巡らせておく必要があると思いますよ。

なので、本当の意味で正しい食事が身につくというよりは、身に付いたような気になりつつ、でもたまに意識するということが到達点のような気がします。
Posted by D at 2009年11月10日 22:18
Dさん、ありがとうございます。
はじめまして・・・ですよね。

やっぱりそうなんでしょうね。
たくさん食べたときの満腹感の恍惚とか、気持ちが満たされる安心感とか、お腹がパンパンになるまで食べた快感というのは忘れられないんでしょうね。

「業」ですか。うん、うん。

2年近くダイエットをやってきて、40キロくらい痩せて、ある程度食事量も減っているから、「もう大丈夫!」なんて思っちゃうところなのですが、おっしゃるように、「一般人以上に常にドカ食いしないよう意識を巡らせておく必要がある」のでしょうね。

>身に付いたような気になりつつ、でもたまに意識するということが到達点のような気がします。

そうですね。やっぱりそうなんでしょうね。
何の意識をせずに適量を食べる人間には、一生なれないと思っていたほうがいいかもしれませんね。そういう意識を緩めちゃうのがアルコールだったり、ストレスだったりするのでしょうね。
Posted by Dさんへ at 2009年11月10日 22:31
すごく勉強になるブログですねっ!
これからも頑張って下さい!
Posted by 松坂世代 at 2009年11月12日 10:58
松坂世代さん、ありがとうございます。
勉強になりますか?
頑張ります!
Posted by 松坂世代さんへ at 2009年11月12日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)