スポンサードリンク

2009年09月17日

ダイエット[653日目]満腹になる必要はない/酒井法子被告、保釈・会見/「ラジオ体操」のダイエット効果が見直されている

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.7kg
体脂肪率:14.9%
BMI:22.5
二回目測定
体重:68.7kg
体脂肪率:14.6%
BMI:22.9
食事
朝食
7時40分 :豆乳野菜ジュース 170Kcal  ミニトマト 10Kcal  りんご 20Kcal  バナナ 40Kcal  コーヒー  朝計240キロカロリー   大川スロトレ1・2日目メニュー30分
昼食
12時4分 :オニギリ 400Kcal  韓国海苔 20Kcal  にゅうめん 100Kcal  玉子焼き 100Kcal  レタス・トマト 20Kcal  ハム 40Kcal   昼計680キロカロリー   CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
19時10分 :チャーハン 300Kcal  みそ汁(ボリボリきのこ) 50Kcal  冷奴スイートチリソース 100Kcal  さんま素揚げ・蒲焼 200Kcal  茄子・いんげん酢煮びたし 40Kcal  キムチ 20Kcal   夜計710キロカロリー    今日の合計1630キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!


晴れ今日の札幌は晴れ時々曇りという感じかな。


揺れるハート今朝の体重は200g増えて67.7kg(39.3kg減、あと2.7kg)
体脂肪率は0.1%増えて14.9%


少し減ると思ったんだけど、昨日より微増ですなあせあせ(飛び散る汗)
ゴンちゃんが来てないからだね。

今夜も、夕食前も夕食後もそれなりの増え方だから、明日の朝も微増ってところかな。今度のゴンちゃんの訪問でスッキリしそうな予感なんだけど、このところのゴンちゃんは肩透かしばかりだから、大きな期待はできないか・・・。


昨日、ラーメン1人前が多く感じたということをブログに書きましたが、このところ思うのが「満腹になることにこだわる必要はない」ということです。

ダイエットでよくあるのが、「低カロリー食品やダイエット食品で満腹にしたら良い」ということ。他にも、食事前にキャベツを食べるとか、最近だとそのキャベツを冷凍するとさらに良いという「冷凍キャベツダイエット」なんていうのも聞きます。

他にも昔からあるのが、食事前に水を飲んでおくとか、白湯を飲むとかいうものもありますが、こういうのはどれも「満腹」にこだわったものですよね。

ダイエット食品などでも、食べると胃の中で膨張するからすぐに満腹になりますとかいうのもなかったかな?

置き換えダイエットなどでも、お腹いっぱいになるけど低カロリー!なんて売り文句を聞いたりします。


でもね。そのように満腹になるまで食べるということに拘らなくてもいいと最近は思うんです。

私も昔のダイエットでは、りんごを好きなだけ食べるダイエットをしましたし、野菜をお腹いっぱい食べるダイエットなどをやったことがありますが、「お腹いっぱい食べても痩せるダイエット方法」を求めていたようなところがありました。

しかし、レコーディング・ダイエットを続けているうちに、満腹になることはほとんどないんですよね。もちろん、メニューによってはパンパンになるまで食べることもあるのですが、普段の食事では満腹感は感じていないように思います。

「いつまでもデブと思うなよ」で、食後10分くらいでちょうど満腹になるくらいの食事量を身につけるトレーニングについて書かれていますが、最近の私がそのような状態かというと、満腹にはなっていないように思います。

かと言って、空腹というわけではないのでちょうどいいのかもしれませんが、満腹じゃなくて当たり前になったというか、少し空腹があるのが当たり前になったようなところがあります。

満腹になる少し手前で食事をやめるような訓練をすることが「いつデブ」に書かれていたけど、今の私だとその訓練にもなっていない感じかもしれません。

「用意されたものを食べているだけ」という状態になっているので、お腹と対話しながら量を調節しているわけでもないし、ちょうどいい量でやめる訓練にもなっていないのかも。

まぁそれでも、とにかく満腹になるまで食べるとか、低カロリー食品で満腹にするという考えは無くなったのは良かったかも。

そもそも、満腹になるまで食べなきゃいけないというものではないのではないのかな? どうして満腹になるまで食べると考えるようになったんだろうね。

食事の10分後にちょうど満腹になる必要だってないよね。
お腹が空いてない程度なら十分なんじゃないのかな。


湾岸署から出てきたとき、何度か笑顔を見せていたのはビックリしたよ。アイドルの習性なのかな?笑顔は見せちゃダメだよね。
都内で行われた保釈後の会見で涙をこぼす酒井法子(Noriko Sakai)被告(2009年9月17日撮影)。(c)AFP/Yoshikazu TSUNO

関連写真1/1ページ全4枚

【9月17日 AFP】覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪で起訴された女優酒井法子(Noriko Sakai)被告(38)は17日、東京地裁に保釈保証金500万円を納付し、拘置先の警視庁東京湾岸署から保釈された。

 同署から出てきた酒井被告は集まった多くの報道陣を前に、「今まで酒井法子を応援してくださった皆様、このたびは申し訳ありませんでした」と震えた声で述べ、深々と頭を下げた。

 初公判は10月26日に開かれる。(c)AFP


「ラジオ体操」のダイエット効果が見直されている
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20090916-00000002-sbunshun-soci
今度はラジオ体操ダイエットだって。
10分のラジオ体操を3ヶ月も続ければ、それ以外の条件が変わらず、それまで何もやってなかったのなら痩せても不思議は無いよね。
 子供の頃の夏休みといえば、プールにスイカにラジオ体操……。今、このラジオ体操がダイエット効果のある運動として見直されている。

「昨年七月に小学館から発売された『やせる! 脱・メタボ! ラジオ体操ダイエット』は増刷が決定。ラジオ体操第一と第二など全十四曲入りのCD『ラジオ体操ベスト』(キングレコード)が売れています。さらに、バレエダンサーの西島千博がラジオ体操を美しくアレンジしたDVD『バレエ・ストレッチ』も話題を呼んでいます」(出版業界関係者)

 はたして、ラジオ体操で本当にダイエットができるのだろうか。全国ラジオ体操連盟副理事の青山敏彦さんに聞いてみた。

「ラジオ体操第一と第二を含め、全部で十分間の運動を毎朝最低三カ月間欠かさずに行えば、効果が現れはじめると思います。このとき、通常時の脈拍が六十〜七十の方なら百程度まで上がるくらいの負荷をかけるとよいでしょう」

 ラジオ体操をするのは、一日一回で十分だという。

「ラジオ体操を続ければ、基礎代謝が一〇%上がるというデータがあるので、食事量が変わらなければ、その分、ダイエットやウェストが細くなる効果が見込まれます。食事制限がある糖尿病に関しても、この基礎代謝が上がる点に注目し、患者にラジオ体操を推奨する専門医がいるくらいです」(同前)

 また、背筋を鍛えることもできる。

「背筋を意識しながら行えば姿勢がシュッと真っ直ぐに伸びて、前かがみの体勢が改善されます。そうすれば、肩こりや腰痛にも効果があります」(同前)

 もちろん個人差はある。また激しい運動ではないので、急激に体重が落ちるものではない。

「一番、大切なのはやはり習慣づけて続けることです」(同前)

 ラジオ体操は、音楽を聞けば身体が勝手に動き出してしまうほど、幼い頃から親しんできた運動。ダイエットの基本は継続すること、と頭ではわかっていても実践できない、という人もこれなら続けられるかもしれない。 (大平明)

(週刊文春2009年9月24日号「THIS WEEK 健康」より)


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 20:49 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
満腹になるは間違ってますね。
バランスを考えながら食事をすれば満腹でなくても栄養はあるわけですし・・
毎日キャベツばっかりとかって体に悪いですよね。

お腹いっぱいじゃなくてダイエット中は倒れない程度にしっかり食べるじゃないでしょうか?
Posted by ライオン丸 at 2009年09月17日 23:04
ライオン丸さん、ありがとうございます。

そうですよね。
ホント、どうして満腹にあんなにこだわっていたのか・・・。ダイエットするときでさえ、満腹になるまで食べていいものを選んでいたくらいですからね。

必要な栄養とエネルギーが足りてればいいだけのことのはずですもんね。

とにかくお腹が空くのが怖かったと言うか、食事が足りないのが嫌だったところがあります。

しっかり食べないと痩せないですもんね。

空腹に耐えるダイエットは間違いですけど、低カロリーで満腹にするダイエットも間違いな気がします。
Posted by ライオン丸さんへ at 2009年09月17日 23:26
少なからず低カロリー○高カロリー×って図式は私の頭の中にもありましたね。

でも、今はホント何食べたらいいのかわかんないですよ。何を食べても良いのでしょうけど、妙に開き直ったりブレーキがかかったり…

ただ、ダイエット真っ盛りの頃は、おいしいものを少しだけができていたような気がしますね。
Posted by たすく at 2009年09月18日 00:29
わたしは、少量で満腹感を得られるようになりました。

日ごろから意識して、腹八分目を実践した結果だと思います。
でも、好きなものは取っといてあとで食べる派なのが、ちとつらいです。
取っといたのに、食べられなくなったということが多々あります。
Posted by 〜メタボあゆむの楽しいダイエット〜のあゆむ at 2009年09月18日 03:56
たすくさん、ありがとうございます。

「低カロリー○高カロリー×」は、ありますよね。今でもやっぱり・・・。
安心して食べられるのは低カロリーのものだったりします。

腹八分、七分くらいなら、きっと何を食べてもいいような気もします。たまに、腹十二分くらい食べても大丈夫なはず(笑)

「おいしいものを少しだけ」ができるときもあれば、ジャンキーなものを満足するまで食べるってこともあるんでしょうね。それはしょうがないことなんでしょうね。私はそろそろスイーツ祭りを1回思い切りしたほうがいいような気がしています。
Posted by たすくさんへ at 2009年09月18日 08:30
あゆむさん、ありがとうございます。

私の場合は、満腹感は得ていないような気がします。きっと、食後でもまだまだ食べられると思いますが、そういうものなのだろうな〜って思っている感じです。

そうそう!
私も「好きなものは取っといてあとで食べる派」なところがあり、私の場合はお腹がきつくなっていても好きなものを残せないので、そうなると食べ過ぎることになりますから、好きな物や残して翌日に食べることが出来ないような物は先に食べるようになりました。

好きな物を最後にしていると、お腹いっぱいになっていても食べちゃうんですよね。あゆむさんは、好きな物でも食べられないほどの満腹感があるんですね。
Posted by あゆむさんへ at 2009年09月18日 08:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)