スポンサードリンク

2009年07月31日

ダイエット[605日目]基礎代謝量を目標カロリーにしていいの?/イ・ビョンホン、ハリウッド進出『G.I.ジョー』/<うつ病>非定型が最近増加

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-3.8kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:67.9kg
体脂肪率:16.2%
BMI:22.6
二回目測定
体重:68.8kg
体脂肪率:13.7%
BMI:22.9
食事
朝食
豆乳野菜ジュース 170Kcal  トマト 10Kcal  ハム 20Kcal   レタス・ブロッコリー 10Kcal  薄皮チョコパン 129Kcal  コーヒー   朝計339Kcal   大川スロトレ26・27日目メニュー30分
昼食
サンドイッチ・食パン 320Kcal・チーズ 240Kcal・ハム 60Kcal・ゆで卵 45Kcal・レタス 10Kcal・マヨネーズ 40Kcal   ゼロカロリーゼリー 0Kcal   ゼロカロリーコーラ 6Kcal   昼計721Kcal    CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
アジ干物 160Kcal  煮コロガシ 20Kcal・じゃがいも 120Kcal・枝豆 30Kcal  みそ汁(わかめ・納豆) 100Kcal  冷奴 100Kcal  キムチ 10Kcal    夜計540Kcal   今日の合計1600キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!


晴れ今日の札幌も晴れたねるんるん
小樽で石川遼くんがトーナメントをして初日首位だったのかな。今日2日目も天気が良くて気持ちよくプレーしているかもね。


揺れるハート今朝の体重は200g減って67.9kg(39.1kg減、あと2.9kg)
体脂肪率は0.2%増えて16.2%


17日以来の67キロ台exclamation
やっとここまで戻ってきたね手(チョキ)良かった、良かった。

明日は写真撮影・・・あ、胸毛剃るのを忘れたあせあせ(飛び散る汗)
ま、いっか爆弾久し振りにセクシーな胸毛を披露しよう!

と言っても、完全には伸びきってないので中途半端だけどね。


さてさて、今日ふと思ったんだけど、1日の摂取カロリーの目標を基礎代謝ギリギリに設定することって危険なんじゃないんでしょうか?

何を今さら!って感じだけど、考えていたらそう思えてきたんですよね。


「いつまでもデブと思うなよ」を読んでレコダイ(レコーディングダイエット)を始めた人の多くは、何の疑問も持たずにそうしているだろうし、私もそのようにしました。


レコーディング・ダイエットに限らず、基礎代謝くらいのカロリーを1日の摂取目標にしよう!と説いているダイエットは多いように思うし、そう信じているダイエッターは多いのではないでしょうか?


でも、今日考えていたら、心肺・・・じゃなくて心配になってしまいましたがく〜(落胆した顔)


基礎代謝って、呼吸や体温調整などの生命維持のために消費されるエネルギーですよね。

摂取カロリーをこの基礎代謝量と同じにするということは、その日の活動などで消費したカロリーの分だけマイナスになるから痩せていくっていうのがダイエット業界の常識になってるところがありますよね。

これ、冷静によく考えたら怖くないですか?

摂取したエネルギーのすべてがそっくりそのまま基礎代謝に使われるわけないですよね?歩いたり、仕事したり、頭を使うなど、何かしたときのエネルギーとしてその都度使われるんですよね?


ということは、そのたびに基礎代謝に使われるエネルギーが不足するってことにならないんでしょうか?


さらに、太っている人の基礎代謝は標準体重の人より多いと書かれていますが、それなのに標準体重の場合の基礎代謝あたりを目標カロリーにしてしまうと、摂取カロリーがあまりに低すぎることになりませんか?基礎代謝のためのエネルギーが大幅に不足しているように思いません?


短期間なら人間の体は耐えられるかもしれないけど、これが長期間になると、危険なんじゃないのでしょうか?


そう言っている私も1500キロカロリーを目標カロリーに設定して、11ヵ月近くやっていました。

その間に大きな体調不良は自覚しませんでしたが、口内炎はひと月ごとに出ていたように思うし、その後には帯状疱疹、頬が腫れる、喉が痛くて熱が出る、目が真っ赤になるなどの症状が出ました。

これらは摂取カロリーが少なかったからかもしれません。
もちろん、それ以外の原因かもしれません。


「いつまでもデブと思うなよ」でそう書かれていたし、ダイエッターの常識になっている感のある「基礎代謝」ギリギリに設定するということ。

これは疑ってみた方がいいのではないでしょうか?


じゃあ、どのくらいのカロリーを目標に設定すべきかと言うことになるのですが、これはたぶん、月に1キロ減るくらいのカロリーにしたら良いということになるのかもしれません。月に1キロ減というのも減らしすぎの場合もあるみたいですけどね。


私のようなメガダイエッターだと、月に1キロ減なんて時間が掛かりすぎてやってやれないペースですが、理想的な減量ペースって月に1キロくらいが上限って言われていませんか?

となると、月に1kg減くらいになる食事量が目標摂取カロリーということになりますよね。

基礎代謝の標準がいくつだろうと、自分の基礎代謝がどのくらいかなどは関係なく、その人が月に1キロ程度減るカロリーが目標になるので、人によって数値が違ってくるのでしょう。


離陸段階でカロリー制限前に食べている自分のカロリーが分かるから、そこから少しずつ減らしながら、自分の目標カロリーを見つける感じになるのでしょうかね〜。

なので、目標カロリーはその時その時で変わっていくことになるのかもしれないけど、そうなるとなかなか継続するのは難しくなっちゃうかな。複雑になるかもしれないもんね。


でも、基礎代謝量より多めに設定すべきのような気がするな〜。
それでも十分減量できるはずだしね。

何か勘違いしているようだったらご指摘ください。
ただの思い違いかもしれませんのであせあせ(飛び散る汗)


イ・ビョンホン、ハリウッドでも成功できるかな?
2009年7月29日、ソウル中区(チュンク)奨忠洞(チャンチュンドン)の新羅ホテルにて行われた映画『G.I.ジョー(G.I.Joe:The Rise of Cobra)』の公式記者会見でポーズを取っている(左から)主要キャストのチャニング・テイタム(Channing Tatum)、シエナ・ミラー(Sienna Miller)、イ・ビョンホン(Lee Byung-Hun)。(c)Contentslink

関連写真1/3ページ
全17枚

【7月31日 Contentslink】俳優のイ・ビョンホン(Lee Byung-Hun)が、ハリウッド進出映画『G.I.ジョー (G.I.Joe:The Rise of Cobra)』で世界進出への成功的な第一歩を踏み出した。

 同名のアニメを原作とする同作で、イ・ビョンホンはテロ組織「コブラ」に所属する秘密兵器「ストーム・シャドー」役を演じ、映画の編集版を見たスティーヴン・スピルバーグ(Steven Spielberg)監督からも一目置かれたという。

 7月29日午前、ソウル中区(チュンク)奨忠洞(チャンチュンドン)の新羅ホテルにて映画『G.I.ジョー』の公式記者会見が行われた。会場にはイ・ビョンホンをはじめ、スティーヴン・ソマーズ(Stephen Sommers)監督とプロデューサーのロレンツォ・ディボナヴェンチュラ(Lorenzo di Bonaventura)、主要キャストのチャニング・テイタム(Channing Tatum)、シエナ・ミラー(Sienna Miller)が登場した。

 同席で、スティーヴン・ソマーズ監督は「イ・ビョンホンは、演技力とルックスもさることながら、誰でも魅了してしまうようなまなざしが何よりすごいです。彼の映画『甘い人生』を見て引かれ、キャスティングを決めました」と述べた。また、3部作で企画された同作の次のエピソードにも出演してほしいと語った。

  『G.I.ジョー』は、国際機密部隊「G.I.ジョー」が、世界制服をたくらむ悪の組織「コブラ」と世界中で壮絶な戦いを繰り広げるアクションムービー。韓国では8月6日に、日米では8月7日から公開される。(c)Contentslink


<うつ病>非定型が最近増加 感情の起伏激しく 対応は
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090731-00000003-maiall-soci
 ◇感情の起伏激しく−−ささいなことで落ち込み/好きなことでは気分改善

 ◇仕事は続け、規則正しい生活や運動を

 外資系証券会社で働いていた女性(31)は入社2年後、出勤前になると体が重く、休みがちになった。きっかけは上司に言われた「最近、仕事が遅いぞ」の一言だった。友人や同僚との飲み会は楽しいが、上司の評価が気になり、誰かのささいな一言で激しく落ち込む。寝ても寝たりなくなり、パークサイド日比谷クリニック(東京都千代田区)を訪れた。

 「『こころの病気』から自分を守る処方せん」(毎日コミュニケーションズ)の著者で同クリニックの立川秀樹医師は「非定型うつ病の典型例」と話す。クリニックではここ数年、同じ症状で受診する20〜30代の女性が増えているという。

 うつ病は大きく(1)メランコリー型(2)非定型(3)その他(季節性、産後など)に分類できる。うつ病と聞いて一般的に浮かぶタイプは、食欲不振や不眠などの症状が著しいメランコリー型だ。対照的に、非定型は過眠や過食が多く、ささいなことで急に落ち込むが、自分の好きな事では気分が良いなど、感情の起伏が大きい。

 メランコリー型とは違う薬が効くうつ病として半世紀前に認識されたが、世界的な診断基準に明記されたのは94年。「単なるわがままとも受け止められ、医師の間でも病気という認識が広まらなかった」と立川医師は解説する。

 患者の特徴として「幼少期に満足できる愛情を受けられず、自信がなく不安が強いタイプと、親の過保護の下でストレスなく育ち、社会に出て落差につまずくタイプが多い」という。近年目立ってきたのは「現代は、IT(情報技術)が浸透し、顔を合わせたコミュニケーションが少なくなっている。こうした社会の影響も及んでいるのではないか」と話す。

 冒頭の女性は抗うつ薬や感情調整薬を服用し、何事も極端に否定的にとらえる考え方を改めるような「認知行動療法」を行った。転職を繰り返しながら昨年末には国内の証券会社に就職し、今は通院しながら仕事を続けている。立川医師は「メランコリー型は休職も必要だ。しかし、非定型の場合、多少つらくても頑張って仕事に行き、規則正しい生活を送ることが重要。周囲には優しい言葉で接してほしいが、本人が悪い場合はきちんと指摘し、時には励ますことも大事だ」と話す。

    *

 NPO法人「不安・抑うつ臨床研究会」代表の貝谷(かいや)久宣医師は「非定型うつはパニック障害と併発したり、その後に症状が表れることが多い。パニック障害の増加に伴い増えているように感じる」と話す。自らの診察経験では「うつ病患者の約4割が非定型ではないか」と推測する。

 非定型の人は、対人関係で拒絶されたと感じると、過敏に反応してしまいがちだ。例えば上司に「この文章を少し直して」と注意されただけでひどく落ち込み、社会生活に支障をきたす。夕方以降に激しい不安や孤独を感じ、涙が止まらなくなったり、リストカットなどの行動に出る人も多い。この「不安・抑うつ発作」の時に、過去に傷ついた経験などがよみがえることもある。

 どんな治療が効果的なのか。貝谷医師は非定型うつ病の人とそうでない人に同じ作業を行ってもらい、思考の中心となる前頭葉の働きを調べた。すると、非定型の人は血流があまり増えないことが分かった。このため「前頭葉の働きを高めることが有効と考えられる。認知行動療法に加え、運動や腹式呼吸をする瞑想(めいそう)なども効果的」という。【柴田真理子】

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 21:32 | 絶好調絶好調 | Comment(10) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
良かったですね。
67キロ台。
おめでとうございます。

基礎代謝の話、興味深く拝読しました。
確かに!
減らしすぎはヤバいですね。生きてるだけである程度のカロリーは消費するんですしね。
身体が蓄電池と太陽発電みたいな関係なら余ってる分で補えますが、人間は機械じゃないんだから・・

ただ、マカロンさんがメガダイエッターなら私はダブルメガダイエッターなんで月に一キロじゃ何年かかるか解らないし。
最近は毎日金麦運動と夏バテ防止食として肉類を結構食べてるから1600キロカロリーは食べてます。
それでも私のような年齢と体重では基礎代謝には及ばないんですね。
でも、最近は胃が縮んだのかお腹パンパン!

あまり難しく考えずある程度食べたいものは食べながら締める時は締めるぐらいでボチボチきてます。

最近は腕が細くなりましたよ。
もともと太ってる割りに腕は細かったんですが、今は婦人物の腕時計(SEIKOルキア)ができます。
学生時代は婦人物の時計に指が通りましたから、まだまだですが、最近は確実にからだのサイズ変化が分かります。

8月末頃には80台突入の報告ができるように、頑張りたいです。

いつも励みになってます。本当にありがとうございます。
Posted by ライオン丸 at 2009年07月31日 21:57
ライオン丸さん、ありがとうございます。
昔のダイエットって、とにかく食べる量を減らしましょう!って感じでしたが、最近はさすがにそういうのは危険だと広まってますよね。

減らしすぎは良くないけど、最低でも基礎代謝くらいにしよう!というのがダイエッターの常識になっているような気がするし、私も今日まではそれを信じていたんです。

でも、何だかそれは危ないような気がしてきたんですよね。

たしかに私も月に一キロじゃやってられないと思っていましたが、月に2キロ程度なら年に24キロも減るんですよね。1キロでも1年に12キロ。
私の今のダイエットは2年くらい掛かりそうな雰囲気ですが、2年掛かったのはかえってよかったかもしれないし、2年掛かることを最初から想定できていれば、そのくらいのペースを最初から実践していたのかもしれません。

体調の大きな変調がないからと言っても、何かが起きてるかもしれないんですよね。どうしようもないのかもしれませんが・・・。

婦人物の腕時計ですか!
ライオン丸さんはもともと細かったんでしたよね。太ったのは最近でしたっけ?
骨や骨格は細いのかもしれませんね。

励みになってるのはこちらのほうですよ。
いつもありがとうございます。
Posted by ライオン丸さんへ at 2009年07月31日 22:29
コメント3回目です!
順調ですね〜。

さて、基礎代謝ギリギリのカロリーは危険説、すごく同意です。
僕も事実1,500キロカロリーのレコダイを3ヶ月行って
17kg痩せましたが、その後の健康診断で見事に
貧血との結果が出ました・・・
貧血なんていわれたの、生まれて初めてでしたよ。

今はもう維持段階なのでカロリーは元に戻してますけど、
それでも貧血の傾向があるみたいです。維持する分ぐらいのカロリー量だと、
ちゃんと栄養バランスを考えないとダメみたいですね。

何も考えず大量に食べていた頃は必然的に栄養だけは
十分だったんですが・・・
Posted by ともゆき at 2009年07月31日 23:29
こんばんわー。
私は専門家ではないので明確なことはいえないですが基礎代謝というのは寝ていても消化するカロリーなので普通に生活して普通に仕事している人が全員これを適用するのはどうか、とは思います。
ただ、あきらかに大幅に標準体重をうわまわり、血液関係の疾病など肉体的なリスクを抱えているもしくは確実に疾病に移行する素因を持っている場合は医師の指導のもとに、という前提で、基礎代謝ギリギリの食事設定をする、というのはアリでしょう。それはつまり、生命の危険がすぐそこにある場合だから。
いずれにしろ、健康と栄養という視点を欠くのはどの体重域からのダイエットにしろ、マズイと思います。
といっても、そんなの眼中にないダイエットが蔓延しているのも事実なんですよね。
大人も子供も、もっと食の教育の機会があたえられるべきかもしれません。

私の場合はそもそもカロリーカウントはしなかったのですが、平均すると、だいたい標準的なカロリーを摂っていると思います。少なすぎず、多すぎず。
この、自分にとっての「中道」を探ることが減らすことよりも大事だと思いますね。
だいたい肥満した人って、オールオアナッシングな発想の人が多いんじゃないかと思ってるんです、だから私も太ったという自覚がありますから^^;。
でも、ダイエットの成功はゼロか100か、で導きだされるわけでははない。
できることを少しでも継続する、これに尽きると思います。
私の体重の減りもけして早くはなかったです。
ただ、少しではあるけれど、その少しずつを「我慢しながら忍耐強く」というわけではなくて、「じんわりと喜びをかみしめながら」積み重ねてきました。
マカロンさんも、焦りを感じずに今までやってこられたと思います。
それが一番よかったと思いますよ^^。

今年に入ってからは一時の仕事やつれを除いて目立った体重の変化もなく、今日まで推移してまして、つまらないといえばつまらないのですが、「維持」できていること自体を喜んでもいいですよね^^;。


Posted by もなか at 2009年07月31日 23:42
ともゆきさん、ありがとうございます。
やはりそう思われますか。
ともゆきさんも1,500キロカロリーのレコダイだったんですね。貧血との結果でしたか。

なるほど。
維持する分ぐらいのカロリー量だと、栄養バランスを考えないといけないというのは納得できますね。

あはは。たしかに、何も考えず大量に食べていた頃は栄養だけはたっぷりだったでしょうね。偏りがあったでしょうが。
Posted by ともゆきさんへ at 2009年08月01日 00:31
もなかさん、ありがとうございます。
そうですね。
あきらかに速やかな減量が必要な人で医師の指導のもとが前提なら基礎代謝ギリギリの食事設定もアリってレベルですよね、本来は。
設定カロリーってレコダイ当初から何度も何度も考えてきたことだったのに、今頃になってやっと気づくなんてね〜(苦笑)

ですね。私も過去のダイエットがそうでしたが、健康より栄養より減量でしたからね。とにかく落としてしまってからその後のことは考えようというスタンスでした。

オールオアナッシングな発想というのもそうですね。
食べないかドカ食いか。
ダイエットするときは辛い方法をやって、ダイエットしていないときは異常なほど食べて・・・。
ダイエットが失敗したらドカ食いして・・・。

「じんわりと喜びをかみしめながら」
そうですよね。
ここまで減量が進んでいるから言えることだと思いますが、最初から2,3年で目標体重まで落とすつもりでやれていたら良かったように思います。結局2年くらい掛かるようですから〜(笑)

そっか〜、もなかさんは完全に意地・・・じゃなくて維持モードなんですよね。
でもその通りです!
「維持」できていることは素晴らしいことですよ。
私は維持できたことがないですからね。何度も何度もリバウンドをしてきましたから。
喜ぶべきことなんでしょうけど・・・ネ。ふふふ。
Posted by もなかさんへ at 2009年08月01日 00:46
太り出したのは10年前ですね。
知らない間に雪だるまが転げる様にどんどん膨らんで三年前から今年の2月15日まで132キロ。
元々62〜65キロしかなかったから骨格は結構細いんじゃないでしょうか?
一番細い頃は華奢なオトコと呼ばれてましたし。
すでに首回りや手首はかなり細いですよ。
皆さん体調に変化や貧血などダイエットによって影響あるみたいですが、私は一度立ち眩みがあっただけで以後何もないですね。
毎月健康診断もいきますが、びっくりするぐらい元気です。

あと27.9キロまで来ました。スタートからだと39.1キロ減ったんですね。
かなり細身の女の子なら一人分。怖いなぁ!
月にマイナス5キロとして最低でもあと半年はかかると思うと長い気がしますが、ここまでの5ヶ月を思えば楽なものです。

ダイエットって始めてみるとそんなに辛くないんですね。始めるきっかけと決意があれば最初のひと月ぐらいの空腹感さえ克服できれば、オリンピックにでるよりずっと簡単です。
Posted by ライオン丸 at 2009年08月01日 02:08
ライオン丸さん、ありがとうございます。
太り出してから10年くらいなんですね。
やっぱり、「華奢」と言われてましたか。
私は一度もないですね〜(笑)

一度でも立ち眩みがあったのは思っている以上に怖いことの可能性もありますが、毎月健康診断を受けているのなら心強いですね。

おお!39.1キロ減ってるということは私と同じくらいですもんね。すごいです!
この先、「月にマイナス5キロ」なんて心配になりますが、そういう気持ちはよく分かりますけどね。

私も今回のダイエットは辛くないです。
でも過去のダイエットでは辛い物もいくつかありました。
ライオン丸さんは初めてのダイエットでしたよね。
最初のダイエットを最後のダイエットにしちゃってくださいね。ダイエットは減量じゃなく維持してこそですから〜。
オリンピックにでるより簡単ですけど、私の場合、オリンピック5回分くらいの時間がかかりました・・・とほほ。そして、これからも死ぬまで続くのです・・・。
Posted by ライオン丸さんへ at 2009年08月01日 09:12
うつ、非定型の症状(>_<)。まさに、私ではありませんか! やけ食いの後の仮眠で太る、悪循環ですな。
 GIジョーの映画、面白そうですね。メイキングをテレビで見たけど、戦闘シーンがすごく迫力ありました。
キャラクターも人形にそっくりでしたよー。
Posted by みなせりみ at 2009年08月04日 02:18
みなせりみさん、ありがとうございます。
およよ、非定型の症状に当てはまるのですか。
やけ食いの後の仮眠!あはは、気持ち良さそう。

GIジョーのメイキングを見たんですね。
人形にそっくりでしたかー。
Posted by みなせりみさんへ at 2009年08月04日 20:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)