スポンサードリンク

2009年07月21日

ダイエット[595日目]辛いのは間違ってるから?/渡辺徹が15キロのリバウンド/「皆既日食で暴動が起きる」、占星術師が警告

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-4.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:69.1kg
体脂肪率:16.5%
BMI:23.0
二回目測定
体重:69.4kg
体脂肪率:15.4%
BMI:23.1
食事
朝食
豆乳野菜ジュース 170Kcal  生姜トマト 10Kcal  桃 10Kcal  バナナ 80Kcal  コーヒー   朝計270Kcal   大川スロトレ3・4日目メニュー30分
昼食
味噌とんこつラーメン 440Kcal・ゆで卵 90Kcal・炒め野菜 30Kcal     昼計560Kcal   CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
みそ汁(玉ねぎ) 50Kcal  炒め物 20Kcal・イカ 30Kcal・ブロッコリー 20Kcal・椎茸   山芋千切り 30Kcal   冷奴 90Kcal   漬物(胡瓜) 10Kcal    夜計250Kcal    今日の合計1080キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!


小雨今日の札幌も寒い1日でした。小雨が降ったり止んだり、7月20日だと言うのに冷夏なのでしょうかね〜。


揺れるハート今朝の体重は増減なく69.1kg(37.9kg減、あと4.1kg)
体脂肪率は0.4%増えて16.5%


昨日の夕食後体重が71.2kgでしたから、今朝までに2.1kgも減ったことになりますexclamationビックリ=!ダッシュ(走り出すさま)夜に珍しくゴンちゃんが来たからかもね。


でも、少ししか出なかったから、今日も来てくれて、溜まってる分を全部出してくれると思っていたのに、結局、来てくれませんでした。来る気配もなかったねあせあせ(飛び散る汗)


岡田斗司夫さんのブログに共感できる記事がアップされたので、今日はそれを紹介しておきまするんるん

タイトルは、ダイエットが辛いなら、それは間違っているからかもよ です。(クリックすると岡田さんのブログ記事に飛びます)


私は、「レコダイをやっていて一度も辛かったことはない」と、以前からずーっと書いてきていますが、「ダイエットが辛いなら、それは間違っているかもよ」ということまでは考えたことがなかったので、この記事タイトルを見た時、「それを言いたかったのかも」とスッキリするような感覚がしました。腑に落ちるってことなのでしょうかね。


私もレコダイ以前は、ダイエットは「辛いもの」「我慢するもの」「食べないもの」という意識しかなく、辛いことだから「短期で片づけるもの」と思っていました。


でもレコダイをやってみると楽しいことばかりで、辛いことは一度もなくここまで来てるんですよねるんるん

ま、たしかに、辛さが足りないから減量ペースも遅いのかもしれませんが、途中で挫折するよりは良かったのかもしれませんね手(パー)


岡田さんの記事の中に、
 ダイエットにかぎらず、あらゆる難易度の高いプロジェクトの根本原則って「成功よりも、失敗しないことを目指せ!」だと思う。
という1文があるけど、私もそうだったかもしれないなって思います。

減量することはもちろん目指していたけど、最優先だったのは長く続けることでした。そのためには辛かったら無理ですから、辛いことは一切やってこなかったんですよね。
そうは言っても、2年近く掛かるとは思ってませんでしたけどね(苦笑)爆弾


1年掛からずに卒業する予定で始めたので、「それだけ辛抱すれば終わる」という意識があったから辛くなかったのかもしれませんが、1年8ヶ月になろうとしている今でも、やっぱり辛いことは一度もなかったわけです。

停滞期らしい停滞期がなかったからかもしれませんね。

ダイエットで一番辛いのは、やることをやってるのに体重が減らないことだと思いますが、私にはそれがなかったから辛さを感じずにココまで来れたのでしょうね。


もちろん、レコダイ以前のダイエットでは、停滞期が来る前に短期決着がつくようなダイエット方法ばかりでしたから、停滞が辛いということはなく、我慢や空腹が一番辛いことでした。食べたいものを食べられないことや強い空腹って、やっぱりとても辛いですよね。

それを感じないで続けられるダイエットが一番楽で楽しくて、長く続けられて、成功するダイエットなのかもしれないですね。


一時は14キロ減も無念・・・。渡辺徹が15キロのリバウンドを明かす
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090721-00000003-oric-ent
そして渡辺徹さんです。
リバウンドしつつあるのは知っていたけど・・・。
役作りの為に14キロも落としたのに、本番が始まる前にリバウンドしちゃったじゃないですか〜!爆弾どんな方法でダイエットしたのか分かりませんが、完全にリバウンドしちゃったみたいですね。残念だな〜。
リバウンドしちゃう人を見るのは辛いね。将来の自分を見るかのように思うから、減量に成功した人はリバウンドしないで欲しいんだけどな〜。
 俳優の渡辺徹らが21日、都内でシェイクスピアの名作舞台『ヘンリー六世』(10月27日〜11月23日 新国立劇場)の製作発表会見に出席した。同作は、15世紀の英国王室史を描きシェイクスピアの作品では唯一となる3部作。上演期間中のうち4日間が、およそ9時間にわたる通し上演となるも、渡辺は「今から打ち上げが楽しみ!」とマイペース。昨年末から役作りで14キロ減量したものの、大食いがたたり15キロ“リバウンド”してしまったことを明かし、「家ではエアロビも始めましたし、とにかく精神的な面も含めコントロールすることが重要ですね」と気を引き締めなおした。

 ジャンヌダルク役のソニンは、これまで舞台経験はあるものの「凄い先輩方に囲まれての芝居。今の時代に表現できるジャンヌダルクのメッセージを伝えたいが、何せセリフ覚えが…。プレッシャーもありますし、ちょっとヤバいですね」と不安を隠せない。また浦井健治演じる主人公・ヘンリー六世と後に結婚する女性・マーガレットを演じる中嶋朋子は「(気分は)大海原へ小さなボートで漕ぐ感じ。何とか(自分自身が)楽しめるところまでいきたいですね」と気合いを込めていた。

 関係者によると日本で9時間もの舞台上演は、2000年に蜷川幸雄演出でギリシャ悲劇を描いた『グリークス』など数作品しかないようで、観客、演者双方共に“体力勝負”の大作となる。会見にはそのほか村井国夫、岡本健一らも出席した。



ダイヤモンドリングなんて見たいよね〜。
札幌は50%くらいの日蝕のようだけど、天気悪いのかも。
皆既日蝕、風が吹くとか、気温が下がるとか、虫や鳥が鳴くとか鳴かなくなるとか、いろいろ不思議なことが起きるかもしれないんだって。ホントかな〜?
22日の皆既日食は、世界各地で暴力や混乱が起きる予兆だと、インドの占星術師らが警告している。

 ヒンズー教の神話では、日食はラーフ(Rahu)とケトゥ(Ketu)という魔物が太陽をのみ込むことによって起きる現象と考えられている。生命の源となる光が奪われることで、食物や飲料水も生き物が口にしてはならないものに変わるとされる。

 妊娠中の女性は胎児への悪影響を避けるため、日食中は屋外に出ない方がよいとされる。ニューデリー(New Delhi)市内のある婦人科医によると、皆既日食がみられる22日に帝王切開手術を予定していた妊婦から、手術日の変更依頼が相次いでいるという。

 日食中の正しい過ごし方としては、断食や聖なる川での沐浴が奨励されている。

■暴動、自然災害、戦争も起こる?

 占星術師らは、皆既日食が観測できるインド、中国、東南アジア諸国で、日食後の数日間、地域的な暴動が発生する確率が高いと警告している。

 ムンバイ(Mumbai)のある占星術師は、インドでカシミール地方の分離独立を求めるイスラム教原理主義武装組織「ジェイシェモハメド(Jaish-e-Mohammad)」か、国際テロ組織アルカイダ( Al-Qaeda)による攻撃があり、指導的な立場にある政治家が暗殺される恐れがあると話した。

 さらに、この占星術師によると、東南アジアは自然災害に見舞われ、欧米とイラン間では緊張が高まり、土星が獅子座から乙女座に入る9月9日以降に米国が軍事行動に出る可能性があるという。

 日食にまつわる迷信が存在するのは、インドだけではない。中国でも古代から、日食は皇帝の死など不吉な出来事の予兆とされてきた。今でも、こうした迷信を信じる人びとも少なくない。

 中国の人気ネット検索サイト百度(Baidu)では、「皆既日食から数年以内に騒乱や戦争が起こる確立は95%」との記事がヒット数を延ばしている。

 一方、天文学者や科学者、世俗主義者らは、偉大な自然現象である皆既日食への一般理解を高めようと、努力している。

 英旅行会社Cox and Kings は、ボーイング(Boeing)737-700型機をチャーターし、インド上空の高度4万1000メートルから皆既日食を観察するツアーを企画。同ツアーには天文学者が同乗し、乗客らに日食の説明を行うという。(c)AFP/Phil Hazlewood

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 21:43 | 絶好調絶好調 | Comment(12) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
完全に維持かよ己は!って状態の私ですが…

それでもそれに罪悪感など持っていないんですよね。ただ、危機感もなかったりするけど。
ま、生きてるのが楽しいからいいじゃん!って最近は開き直ってるだけかな。


何にしてもリバウンドは悲しいです。身体より心が病みそうですもん。

日食の仕組みを理解していればこそ何ちゃことないですけど、知らない昔の人々はどんなに怖がったでしょうね、不気味だもんこの現象。それこそ怪奇日食ってか?!
Posted by たすく at 2009年07月21日 23:16
こんばんは
僕も辛い事ないですね。
体重が落ちず凹む事はありますが、食べる量や内容は自由な訳ですからノート見ながら調整できるんだし。
最近は記録しなくても大丈夫なぐらい頭の中で勝手に食べて良いか悪いか、どのぐらい残せば良いのかわかるようになりました。
そんな生活してるうちに食べる量が勝手に減りましたね。
昼にざるそば食べたらもうお腹いっぱい。一人前しか食べてないのに・・
今日は自宅の掃除をしました。
ビデオの整理をしてたら、凄く古いタカラヅカのビデオが出てきました。
思わず掃除を中断して見てしまいました。
黒木瞳が出てました。
今も綺麗すぎるけど、昔はさらに可愛いかったですよ。
Posted by ライオン丸 at 2009年07月21日 23:19
たすくさん、ありがとうございます。
維持できてることは良いことですよね。
私は意地さえできてなかったような気がします。
罪悪感を持つ必要もないですしね。
危機感がないってことは十分だってことかもしれないし、生きてるのが楽しいって感じているなら幸せですもんね。幸せな人生なら他には何もいらないかも?

ホント、リバウンドを繰り返すと諦めが来ますよね。
さらに、自己嫌悪にもなったりするし、自己評価は下がるし・・・。

たしかにね〜。
突然、太陽が消えちゃったんですからビックリしたでしょうね。現代だって、皆既日蝕という現象があることを知っていても、いつどこで起きるのか知らなかったとしたら、やっぱりビックリしますよね。

怪奇日食!←ウマイ!笑っちゃいました、ベタなのに。
Posted by たすくさんへ at 2009年07月21日 23:38
ライオン丸さん、ありがとうございます。
ライオン丸さんも辛くないんですね。
辛いことは続かないですもんね。辛くないならやめようとも思わないでしょうし。

頭の中で勝手に食べて良いか悪いか、どのぐらい残せば良いのかがわかるようになったんですね。すごい!

黒木瞳さんのタカラヅカ時代ですか〜。
どんな感じだったのかな〜。
Posted by ライオン丸さんへ at 2009年07月21日 23:44
黒木瞳さんのタカラヅカ時代は別格にCawaii!娘役でしたよ。
私が中学生の時でしたが、大地真央・黒木瞳は別格に華やかでしたね。
男の私から見たら男役にはたいして魅力感じませんが、娘役は身近なアイドルみたいなもんですよ。
普通に阪急電車にのってますからね。
でもそんな黒木瞳さん以上に魅力的なのがOSK日本歌劇団の城月れいさん。
まだ新人さんみたいですが、輝きが違います。
もちろん私が大人になったのもありますが・・・

またまたしょうむない書き込みをしてしまいスミマセン。
Posted by ライオン丸 at 2009年07月22日 00:01
ライオン丸さん、ありがとうございます。
へぇ〜、普通に阪急電車にのってるのはすごいですね。
城月れいさんは新人さんなんですね。

全然しょうむない書き込みじゃないですよ。
なかなか聞けない話なので楽しいです!
Posted by ライオン丸さんへ at 2009年07月22日 01:05
リバウンドって、かんたんなんですよね。

わたしは一回目のダイエットで、目標体重達成した次の日からリバウンドしてしまいました。

「目標体重達成」=「ダイエット終わり」
と、心のどこかで思っていたのだと思います。

一回目のダイエットは、つらかったです。
『ダイエットが辛いなら、それは間違っているからかもよ』
は、まさにその通りです。

だから、わたしのブログタイトルには、
「楽しいダイエット」
が入っています。

現状維持。すごいことです。
太ることを止めているのですから。
Posted by 〜メタボあゆむの楽しいダイエット〜のあゆむ at 2009年07月22日 14:44
 どうも^^!自分も真夏の海に堂々と行ける様にダイエット中ですが・・あら?マカロンさん?レコダイ2位?主婦に抜かれましたね?僅差です。日食は眺められました?!自分はテレビで見ただけです。お疲れ様です。昨夜の雨におびえながら・・!!今回は7/22書き:『【巌窟王】:デュマ著 紙芝居を少年部の為に作る!その2/4』・【サラリーマン編】・・・・自分の担当する未来部の小学生の団体:自分の町内支部の夏休みに入った少年部の皆へ「巌窟王」(がんくつおう)の精神を伝えようと分かりやすい紙芝居として作ったモノを見せたく思います。その1〜4まで続く紙芝居記事です・・面白くて読み出したらやめられない本。そして読み終わっても、いつまでも胸の中がジーンとする本。それが、この巌窟王です。世界一面白い物語は、コレだと言っても間違い無いですそんな記事ですが、どうか、遊びに寄ってやって下さい。近所の子供たちにも是非紙芝居でも、開いて人気者になっていただきたく思ってます。では、お待ちし通りまっせマス。\(^o^)/  左側のAnimal Clock時計(ニャン太郎)下をポチポチして勇気をくださいませ_<m(__)m> 感謝します。
Posted by 智太郎 at 2009年07月22日 20:14
あゆむさん、ありがとうございます。

私も今まではリバウンドばかりしてました。
ホント、かんたんに戻りますよね。

「目標体重達成」=「ダイエット終わり」
とは今回はまったく考えていないので、リバウンドはしないんじゃないかって思ってはいるのですが、どうなることでしょうね。

私も過去のダイエットのほとんどが辛いものばかりでした。

なるほど〜。
だから、「楽しいダイエット」が入っているのですね。

ホント、現状維持ってすごいことですよね。
Posted by あゆむさんへ at 2009年07月22日 21:37
智太郎さん、ありがとうございます。
真夏の海、いいですね〜。
日食は曇っていてダメでした。
テレビでは見ましたよ。
Posted by 智太郎さんへ at 2009年07月22日 21:42
こんにちは。岡田斗司夫さんのブログ見ました。
つらい事がないダイエットっていいですね〜(^_^)。
マカロンさんは、110KGもある食いしん坊(失礼な^_^;)だったのに、ダイエットでつらい事が無かったなんてスゴイですね〜。 
 私は、はっきり言って毎日(ダイエットが)ツライです。一日中「あぁ〜。ハラ減った」で、頭が一杯のことも多いですよ^_^;。困ったもんです。
Posted by みなせりみ at 2009年07月23日 10:09
みなせりみさん、ありがとうございます。
辛いことって続きませんもんね。
私はダイエットを始めて1年8ヶ月経とうとしてますが、辛かったら無理だったでしょう。

ふふふ、ナイショですけど今でも食いしん坊なんですよ(笑)
だから、単品ダイエットは辛かったです。

今回のレコダイが辛くないのは、本を読んで考え方が180度変わったのも理由の一つだと思います。

みなせりみさんは毎日ツライんですね。
でも、もうそんなに太ってないのではないですか?
Posted by みなせりみさんへ at 2009年07月23日 20:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)