スポンサードリンク

2009年06月09日

ダイエット[553日目]躾(しつけ)だと思っていたけど・・・/盲目のピアニスト辻井さん、米コンクールで優勝/シイタケ がんの免疫指標が向上 中性脂肪や血圧下げる成分も

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-5.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:68.8kg
体脂肪率:16.5%
BMI:22.9
二回目測定
体重:70.4kg
体脂肪率:16.2%
BMI:23.4
食事
朝食
豆乳野菜ジュース 170Kcal  トマト 10Kcal  りんご 20Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー   朝計270Kcal   大川スロトレ19・20日目メニュー30分
昼食
おにぎり(たらこ) 400Kcal  漬物 20Kcal  シーチキン 20Kcal  しらたきタラコ 10Kcal  塩ラーメン 130Kcal  黒豆せんべい 78Kcal  金のかきもち 38Kcal   昼計696Kcalちっ(怒った顔)食べ過ぎ〜爆弾 
夕食
ザ・ストレート 240Kcal  焼酎お湯割り 160Kcal  鶏肉竜田揚げ 240Kcal  冷奴 90Kcal  刺身(中トロ・平目・カニ・かんぱち・鮭・まぐろ) 160Kcal  大根つま 50Kcal  キムチ 10Kcal  焼き椎茸 5Kcal  セロリトマト 5Kcal  コメッコ 150Kcal  金のかきもち 114Kcal   夜計1224Kcal   ちっ(怒った顔)夜も食べ過ぎた爆弾   今日の合計2190キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!

晴れ今朝は久し振りに気持ちのいい晴れるんるん
雲はあるけど青空と陽射しがあるのでいいね。
昨日は24時間曇りの予報だったのに雨が降ったからね〜小雨
今日は気温も上がるかもねグッド(上向き矢印)


揺れるハート今朝の体重は増減なく68.8kg(38.2kg減、あと3.8kg)でタイ記録ぴかぴか(新しい)
体脂肪率は0.6%減って16.5%で0.1%記録更新NEWぴかぴか(新しい)

体重は3日続けて68キロ台68`台68`台(文字化け等チェック)
ちなみに前日の就寝直前体重は3夜連続で69.5kgです。夕食後体重はバラバラなのにねどんっ(衝撃)

体脂肪率のほうがこの6日間は凸凹してる。
17.4→16.8→17.1→16.6→17.1→16.5 という感じで0.5%前後の増減を繰り返している。こういう動きも珍しいような気がするな〜。
食べ物とか水分の増減などの影響なんだろうけど、体重を68`台にさせて、次は体脂肪率の安定化作業をしている感じなのかな?
で、体脂肪率が安定してきたら、その次はサイズダウンとかなのかもね。


ところで、食べた後の食器って綺麗ですか?

私は何も残さないくらい綺麗に食べるんです。
焼き魚なども可能な限り、骨や皮まで食べちゃうんですよね。
これは面倒くさがりだったからということもあるんですけどねたらーっ(汗)

出された料理を残さず全部食べるのは礼儀やマナーでもあるけれど、私の場合は、食いしん坊だからだし、食い意地が張ってるからという部分も大きくて、以前は家族が残したものもすべて食べつくす処分係を担っていたものでした。だから、祖母も、「お兄ちゃんが食べるから大丈夫!」なんていつも言ってましたからねたらーっ(汗)たらーっ(汗)

で、その後、高校卒業と同時にひとり暮らしをするようになったのですが、用意した食べ物を全部食べる習慣は当たり前として続いていて、物凄い量でもやっぱりキッチリ完食、完食できないほど買いすぎている場合は翌日以降に食べたりしてました。モスとかケンタなんかがそう。

ひとり暮らしだと、お皿を洗ったりするのも当然自分でするわけですから、洗う時に楽なようにって、お皿を舐めたりすることだってありましたね。行儀が悪いのですが一人なので誰も見てないし、皿洗い作業を軽減させられたし、食い意地・食いしん坊から来る意地汚さみたいなものでもあるんですけどね。カレーライスの食後の皿なんかを舐めるのが美味しかったりしてましたしね。カレーなんて特にそうしたほうが洗いやすかったし爆弾

ま、そこまでするのはやり過ぎでしょうけど、その話しではなくて、そういうひとり暮らしを20年以上していた私ですが、その後、両親と同居するようになって今に至ります。

で、食後の食器を舐めるのは一人じゃないのでやりませんが、食事を綺麗に食べ尽くすことは当然続いていました。綺麗に残さず食べるのが礼儀でマナー作法、常識だと思っていたし、こういうふうにきちんと食べるように親が躾(しつけ)してくれたんだからと思っていたんです。

親のお陰だね〜るんるんなんて感謝すらしていたんですが・・・20年振りに一緒に暮らすようになった親を見てみると、意外と食後の食器が汚いことに気づきましたがく〜(落胆した顔)

あれっ?どうして?

ご飯粒が少し残っていたり、炒め物の汁なんかも残っていたり(これは普通残すのかな?私は飲んじゃうんですよね)、焼き魚なんかもまだ身が残っているのにご馳走様だったりする感じで、少しずつ残っていたりして汚い感じだったんです。

これにはビックリでしたね〜。
私の食べ方は躾じゃなかったんだ!って気づきました。親元を離れた後に自分で身につけた作法だったんですね。

お米なんかは、お百姓さんが八十八回の手間をかけて作ったものなのだから、一粒でも残しちゃダメよなんて言われていたような気もするのですが、それも親から言われたわけじゃなかったってことですよね。米粒を残すなんて私にはできないのですが、親は1、2粒くらい残してますからね。魚もまだ食べられるのに〜って思ったりしています。

まあ、そこまで食い意地を張って食べるほうが上品ではなくて、少し残すほうが上流階級の食べ方のような気がしないでもないですけどね。私のような食べ方って、食いしん坊で貧乏性って感じもしないではないですが、食べ物を大切にしている、粗末にしないという気持ちからでもありました。

ま、食べ方はどうでもいいっちゃーどうでもよくて、人それぞれなのかもしれませんが、親の躾だと長年思っていたことがそうではなかったと気づいた衝撃は結構大きかったです失恋

そう言えば、妹の毛布のたたみ方を知った時の衝撃もそれに匹敵するものでした。

妹は、毛布の柄を裏にするように畳んでいたんです。
わかります?
私は毛布の柄が見えるように畳むのが普通だと思っていたんですが、妹は逆だったんですよね。

毛布の畳み方なんて親に躾されたかどうか記憶が無いですが、一つ屋根の下に暮らしていた家族でも、案外、習慣は違うものなんだな〜ってことですね。私も妹も高校卒業後にひとり暮らしをしたので、その後に身につけたやり方だったってことなのかな?

にしても、という感じはいいですね。身が美しくなるって字だもんね。


写真は、米テキサス州フォートワースで開かれた第13回バン・クライバーン国際ピアノコンクールで、優勝した辻井伸行さん(中央)と同じく優勝の中国のZheng Haochenさん(右)、銀メダルのYeol Eum Sonさん(左)
上位3人がアジア人ってことだね。東アジア。
盲目のピアニストかー。すごいなー。


シイタケ がんの免疫指標が向上 中性脂肪や血圧下げる成分も
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090608-00000032-san-soci
椎茸は大好きです。
キノコ類はダイエッターの強い味方と言われてますよね。
ダイエッターだけでなく健康に良いんですけどね。
 米国でも「Shiitake」として人気が高まっているシイタケ(椎茸)。おいしいだけでなく、免疫を活性化し、中性脂肪値や血圧を下げるなどの健康成分が知られる。きのこになる前の菌糸体をがん再発予防を期す患者が食べ、免疫指標が向上した臨床試験結果も報告された。(八並朋昌)


 ≪菌糸体に着目≫

 シイタケ菌糸体にはβ(ベータ)グルカンやLEPなど複数の免疫活性成分が多いことに着目した財団法人大阪癌研究会の検討会と小林製薬は、がん治療後に再発予防を期す50〜70代の患者13人に、シイタケ菌糸体の抽出物を毎日食べてもらった。

 その結果、がん細胞を攻撃する免疫たんぱくインターフェロンγ(ガンマ)と、免疫を抑えるインターロイキン10の比率でみる免疫指標が、20週後に10人で最高4・57倍に向上。この成果を4月の米国がん学会で発表した。

 同研究会理事長で大阪大名誉教授の田口鉄男さん(81)は「がん患者は免疫抑制状態になっており、免疫活性化を試みてもなかなか効かない。今回の結果は、ひょっとしたら免疫抑制状態の解除につながる可能性もあるが、効果の判断はがん進行度や生体機能など個々の患者の状態を含め、慎重な検討を重ねる必要がある」と話す。

 ≪ジャンボな含有率≫

 きのこ(子実体)としてのシイタケの加工や改良も盛んだ。40年以上にわたり、βグルカンの一種、レンチナンの研究を続ける味の素は、超微粒子化で吸収を高める技術を確立し、平成14年に高機能食品として液体の「ミセラピスト」を発売。1袋にレンチナン15ミリグラムが含まれる。

 財団法人日本きのこセンター(鳥取市)が昭和56年に開発した「菌興(きんこう)115号」は、肉厚が3・5センチ以上もあるジャンボシイタケとして人気だ。「7、8年前にレンチナンの含有率を調べたところ、一般的なシイタケの1・6倍もあることが分かった」と、同センター菌蕈(きんじん)研究所の所長、福政幸隆さん(59)。

 鳥取大医学部と共同で、菌興115号の微粉末をほぼ健康な人に2カ月間食べてもらったところ、「統計的に抗酸化力が高まることが確認できた」。中性脂肪値などを下げるエリタデニンなども含まれ、高めの血圧や中性脂肪値が下がった人もいたという。地元の菌興椎茸協同組合が微粉末を「しいたけパワー115」として販売している。

 ≪過大な期待は禁物≫

 手軽な健康法として福政さんは「ピンポン玉程度の干しシイタケをコップ1杯の水に一晩浸した戻し汁を毎日飲むと、血圧を正常化する効果がある」と話す。

 干しシイタケは産地偽装されやすく、研究所は重元素で国産か中国・韓国産かを見分ける高精度判別法の開発にも着手している。

 財団法人日本きのこ研究所(群馬県桐生市)は、エリタデニン含有量が10倍に達するシイタケ「H−44」を平成14年に開発。「含有量の多い菌種の交配を重ね、5年がかりで開発した。現在は健康食品用に栽培されている」と所長の豊増哲郎さん(62)。

 ただ、豊増さんは「シイタケに健康成分が多いことは事実だが、過大な期待は禁物。きのこだけで病気が治るなどと思わないで、病気になったらきちんと治療を受けて」と指摘する。

                   ◇

 ■免疫活性成分多く、ミネラルも豊富

 きのこは一般的に免疫活性成分が多い。シイタケからは、国立がんセンターが昭和43年、免疫活性成分「レンチナン」の精製に成功。昭和60年に抗腫瘍薬として承認された。ただ、レンチナンは分子が大きく腸からはほとんど吸収されない。菌糸体は、きのこ(子実体)を形づくる菌細胞のつながり。シイタケの子実体は、レンチナンなど免疫活性成分のほか、血管を広げ血圧を下げるアデノシン、コレステロール・中性脂肪値を下げるエリタデニンなどを多く含む。食物繊維、ビタミンB類・D2、ミネラルも豊富だ。

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます

posted by マカロン at 11:15 | 絶好調絶好調 | Comment(10) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわ。
マカロンさんいい感じですね〜。順調ですね〜。
今日はお昼に美味しいチゲを食べました。
幸せでしたね。好きな食べ物を食べると本当に幸せです。小さな幸せですが、食べれることに本当に感謝してます。世界には食べれない人っていっぱいいますし、健康上の理由で食事を制限してる人を思うと本当に飽食とは言いながらその恩恵を享受できることに感謝です。

躾。我が家はうるさかったですねー。
特にご飯と魚(笑)
ご飯なんか一粒でも残したらウダウダ怒られましたよ。
焼き魚の食べ方も、頭・骨・尻尾以外は残したら怒られましたね。秋刀魚や鯖なんかは食べやすいんですが鰈や鮃・おこぜなんか食べにくくって(涙)
あと刺身。さしみ醤油の中に山葵を溶くと怒られましたね。わさびは刺身にちょこっと乗せて食べるのが正しいと親父がうるさかった。
すしの食べ方なんて極め付けでしたよ。
食べる順番までうるさかった。穴子などツメを塗るものを連続でいったりしたら激怒してましたね。
寿司屋だから魚食べる機会が普通の家庭の5倍ぐらいはあるだろうかな?
おかげで、いまだに焼き魚は猫よりきれいに食べますね。
私も一人暮らし長いので洗い物嫌いです。
カレー皿舐めるのわかります。
人前ではできませんが、誰も見てないしついつい。
一時、洗い物がいやで紙皿・紙コップ・割箸・濡れティッシュ生活や、皿を使用するときは、アルミ箔かサランラップを敷いて、食後にラップやアルミを捨てるという環境庁に怒られるような生活を真剣にやってました。
さすがにお金がもったいない事に気がつき、今度はすべて外食生活もしましたね。

でも躾は大事ですね。
魚の食べ方や箸の使い方、あと履物を揃えるなど、どんなにかわいい女の子でもできないと熱が冷めます。
見た目が綺麗で行儀のいい娘なら言うことないですが、多少ブスでも行儀のいい娘は可愛く感じます。
もちろん女性から見ても、同じことなんでしょうが・・・
そう思うとダイエットで見た目を美しくすると同時に、お行儀も一度見直しておきたいものです。
Posted by レオ at 2009年06月09日 18:02
レオさん、ありがとうございます。
今朝まではいい感じでしたが、昼と夜とも今日は食べ過ぎましたので、明日はまた大きく増えそうです。ま、しゃーないっすね。

おお!美味しいチゲですか!いいな〜。
ホントそうですよね。好きな食べ物を食べると本当に幸せな気持ちになりますね。心も体も喜んでいる感じがします。

食べたいものが食べられない人もいますもんね。
今回のダイエットでは、食べることの喜びや、食べ物の大切さや、今までどれだけムダに食べてきたことなどを思い知らされました。

それに、ダイエットをしたくてもできない場合があることも知りました。ダイエットできることも幸せで恵まれたことなんですよね。

わ〜、レオさん家は躾が厳しかったんですね。
お父様は職人気質の厳しい方だったようですね。
お寿司の食べ方で激怒されていたなんてね〜。でも基本的な作法があるみたいですもんね。

カレー皿舐めるのわかりますよね。味わえる上に皿洗いも楽ですもんね。

あはは、そこまでの使い捨てできる生活は私はしたことはないと思ったのですが、考えてみると、コンビニやスーパーで買ってくる生活でしたから、私も同じような生活だったことになりますね。

家でゆっくりくつろぎながら、ビールを飲んでたくさん食べるのが好きだったので、私は外食生活はしなかったですね〜。

ホント、躾は大事ですよね。
いい年をした大人がだらしないのって恥ずかしいし情けないですもんね。
そうそう!たしかに、女の子は行儀がいいだけで三割増しくらいのポイントアップですよね。

いや〜そうかもしれませんね。
見た目だけでなく、立ち居振る舞いをよくするだけでも印象はだいぶ違うんでしょうね。
もちろん、どう気持ちを伝えるか、どんなコミュニケーションを取るかってこともその先では大切なんですけどね。
Posted by レオさんへ at 2009年06月09日 22:09
カレ−のお皿、私も舐める気持ちわかります。
 指でつい舐めてしまうんですよ。
 うちは、魚は母が主に食べますが皮と骨は、猫にあげています。ゴミになるより、最後まで食べた上げた方がお魚さんも幸せかなと思いまして。それに猫も嬉しい。
 流石に硬い骨は危険なのであげられませんが。
 最近はエコの時代。
 野菜屑でも、未だ利用価値はあるといいます。
 うちではさほど食べ物の躾に厳しくありませんでしたが、残すと必ず世界には食べたくても食べられない人がいるのに、と一言。
 残さなくなったのはいいけれど、残した相手のものまで処理していた母に感謝です。
Posted by リャマ at 2009年06月10日 01:22
食べ過ぎてしまったんですか。マカロンさんもだと思いますが、この意識が太ってるとないんですよね。
僕もダイエットに目覚めてから「食べ過ぎた?」とか考えてしまうんですよ。
これはレコダイのいいところですよね。
リンゴダイエットとか○○ダイエットとかありますが、死ぬまで特定のもの食べ続けるわけないんだし、特定のもので痩せたとしても止めたとたんに食べる量が分かんなくなるんじゃないかなって思います。
一週間後のデートのためにウエスト2センチ落としたらこの服が綺麗に着こなせるとか短いスパンで小さな効果を求めるなら○○ダイエットでもいいんでしょうが、スタート時の体重からマカロンさんなら30%強、私なら50%ほどを落とすとなると○○ダイエットしてる間に絶対栄養バランス崩れますよね。
最近、レコダイの素晴らしさを感じると共に、体重のコントロールの仕方が少しわかりました。

親父は、躾だけはバリバリでしたね。
店の小僧さんにも子供にも普段は甘いんですが、親父のモノサシで許せることと許せないことはハッキリしてました。
高校生の時、店に同じ歳の地方から出てきた仲居さん(見習)がいて、店の休みに学校サボって宝塚歌劇に連れていったら、鼻血出るまで殴られましたよ。
彼女は休みだから良いけど、僕は学校行くのが義務だとか言われて。
二十歳までは、店のとなりの寮に住み込みで、朝と夜うちの家族と一緒に食事するから一目惚れして。

なんか旅館や料理屋もののドラマそのものの生活でしたね。
だいたい従業員に綺麗な娘が1人は絶対いてるでしょ?あの点は現実も同じです。
今日は、夕食後、風呂上がり体重が今朝の体重と同じなんで明日の朝が非常に楽しみです。
ドーンと下がってほしいなぁ。
Posted by レオ at 2009年06月10日 06:59
私も基本的にごはんを残せないですね。
いわゆるデブ思考なのかもしれないけど。
で、私は効率よく最小の運動と食事の工夫でダイエットが身上なのですが、これもデブ脳なのかも^^;。

それにしてもまたおいしそうなおかき食べてらっしゃいますねー^^。
金のかきもちは食べたことありませんが、黒豆せんべいはおいしいですよねー、黒胡椒せんべいとかエンドレスになっちゃいますよねー(危険なのでやめましょう、自分)。
バリバリに硬いのがスキなので、鬼あられ(だったかな?)とかもスキです♪
Posted by もなか at 2009年06月10日 11:16
リャマさん、ありがとうございます。
カレ−のお皿、指で舐めるところが上品ですね←上品?(笑)
魚はお母様が主に食べるんですね。
猫がいると綺麗に食べてもらえるわけか〜。
人も猫も魚もみんな幸せなわけですね。

ホントそうですよね。
野菜屑でも利用価値があるんですもんね。
世界には食べたくても食べられない人がいるし、日本にもいますもんね。
残したものを処理していたのはお母様でしたか〜。
Posted by リャマさんへ at 2009年06月10日 20:39
レオさん、ありがとうございます。
食べた量が適切だったかどうかの基準がなかったですもんね。お腹一杯食べることが普通だったりしたし、お腹がきつくてもさらに食べたりできましたからね。

リンゴダイエット、ゆで卵ダイエット、トマトダイエットなどの単品ダイエットを私はやってきました。その時はそれを2週間とか耐えて痩せれば、その後普通の食事に戻せば大丈夫って思っていたんですよ。
今にして思えば、そんなわけないってことが分かるのに、当時は全然分からなかったんですよね。ダイエット終了後の食生活がイメージできてなかったし、適切な食事というものが分かってなかったんでしょうね。

ホントそう。あと少しだけ、その日だけというのなら、そういうダイエットもアリでしょうが、その後もその体重を維持したいとか、メガダイエットなら、そんな方法じゃダメですもんね。

体重のコントロールの仕方がわかることって重要ですよね。私は何度ダイエットしてもそれが分かってなかったですから。食べなきゃいいんだろ!って世界でしたからね。

親父さんは、やっぱり職人気質って感じですね。
同じ歳の地方から出てきた仲居さん。それだけで、「惚れてまうやろ〜!」って感じ(笑)
ホント、ドラマでよく見たシチュエーションですね。

あれ?レオさんのこのコメントって朝ですよね?
最後の部分、
>今日は、夕食後、風呂上がり体重が今朝の体重と同じなんで明日の朝が非常に楽しみです。
ドーンと下がってほしいなぁ。

朝のその時間まで起きていたってことなのかな?
この時間に返事を書いているので、何だか時間の関係がわかんなくなっちゃいました(爆)
Posted by レオさんへ at 2009年06月10日 20:59
もなかさん、ありがとうございます。
ごはんは残せないですよね。多くても全部食べちゃっていたのが過去ですが、今は残しておいて翌日とかに食べることができるようになりました。無駄にしないで済むし、食べすぎも防げますもんね。

「効率よく最小の運動と食事の工夫でダイエット」というのは、たしかに「デブ脳」に似ているような気がしますが、「食事の工夫」はデブ脳にはない思考ですよね(笑)

金のかきもち、ダシが利いていて美味しいことは美味しいのですが、うま塩胡椒せんと間違えて親が買ってきちゃってるんです。胡椒だ!って言ってるのに、何度もこっちを買っちゃうんですよね〜。自分で買ってこなきゃ食べられそうにありません。

ホント、チョコもそうですが、せんべいもエンドレスになっちゃいます。一度食べちゃうと、無くなるまで毎日習慣になっちゃいますね。あっという間です。

私もバリバリに硬いのがスキなんですが、時代の傾向なんでしょうか。硬いものって減ってますよね。
鬼あられってどんなのでしたっけ?あれのことかな?
そんなふうに言われると食べたくなっちゃう〜(爆)
Posted by もなかさんへ at 2009年06月10日 21:08
朝まで麻雀打ってました。もちろんエアロビクスに行ってきちんと食事もしてから。
生活リズムを壊せないから麻雀スタートが一時。
付き合って待ってくれるあたりが友達も暇な奴らって証明です。
Posted by レオ at 2009年06月10日 21:11
レオさん、朝まで麻雀だったんですね。
一時スタートとはすごい!タフですね〜。
朝まで麻雀やっていたら、ダイエット的にはどうだったでしょうか?
Posted by レオさんへ at 2009年06月10日 21:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)