スポンサードリンク

2009年06月07日

ダイエット[551日目]68kg台、突入!/日本が4大会連続のW杯出場/ツナサンドでトラウマ?元警官が1000万円の支払い求めて提訴 米NY

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-4.4kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:68.9kg
体脂肪率:16.6%
BMI:22.9
二回目測定
体重:69.4kg
体脂肪率:15.1%
BMI:23.1
食事
朝食
豆乳野菜ジュース 170Kcal  生姜トマト 10Kcal  りんご 30Kcal  バナナ 70Kcal  コーヒー  朝計280Kca   トイレ中1日ゴンちゃん750。ドローイン効果?   大川スロトレ15・16日目メニュー30分
昼食
ビビンパ丼 400Kcal・玉子焼き 100Kcal  漬物 10Kcal  ヨーグルト 74Kcal  黒豆せんべい 78Kcal  金のかきもち 38Kcal  昼計700Kca   CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
道産素材 126Kcal  イタリアンスプモーニ 64Kcal  焼酎お湯割り 160Kcal   お好み焼き(エビ・イカ) 500Kcal  豚ロース 180Kcal  キムチ 10Kcal   夜計1040Kcal   今日の合計2040キロカロリー
おやつ
アーモンド4粒 24Kca  コーヒー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!

小雨今朝は雨
毎日こんな天気が続いていると梅雨みたいだがね。
ま、梅雨はもっとジメジメしちょるけどね。

揺れるハート今朝の体重は100g減って68.9kg(38.1kg減、あと3.9kg)で記録更新(100g更新)NEWぴかぴか(新しい)
体脂肪率は0.5%減って16.6%で記録更新(0.2%更新)NEWぴかぴか(新しい)

69.0kgで4回撥ね返されてきましたが、やっと68kg台に突入新幹線
昨日の夕食前の計測で、体重も体脂肪率も記録を更新していたのですが(68.8kg、13.4%)、晩酌日だったこともあり食事内容次第で行けるかもしれないな〜と思っていました。

69kg台に入ったのが4月22日でした。
68kg台になるまでに45日掛かったことになりますね。
1キロ減らすのに1ヵ月半掛かったことになるのexclamation&question
感覚的にはガンガン減っているような気がしていたけど、ちょっと食べ過ぎた分をコツコツ落として、いい感じになってきたところでまた食べ過ぎちゃって・・・を繰り返しながらやっと68キロ台到達って感じだったのでしょう。前日の体重より減った回数も多いから、ガンガン減っているような感覚を持ってしまったのでしょうかねたらーっ(汗)

この次67kg台に入るのはまたひと月半後くらいになるのでしょうかね〜。7月下旬あたりになるのかな?

これで目標の65kgまであと3.9kg!exclamation4キロを切りましたね〜。
38.1kg減だから、フルマラソンでも一番苦しかった38km付近あせあせ(飛び散る汗)40キロ地点を過ぎたら、「あと少し!」って力が沸いてきましたが、37〜40キロくらいが一番辛かった記憶があります。9月なのにすごく暑かった記憶もあるな〜晴れ

ダイエット・マラソンの38kg地点は苦しくはないけれど、あと4キロを切ったのかと思うと、本当にあと少しだな〜って思うね。でもあと3キロを切った時のほうがその思いは強そうだけどね爆弾

ま、走るマラソンはゴールすれば終わりだけど、ダイエットマラソンのほうはゴールしてもずーっと続く。むしろゴールしてからのほうが重要手(グー)まだ分かりませんが、ゴール後は走ると言うより、ずっと歩き続けるイメージなのでしょうか。

でも今も、走っていると言うよりは歩いている感覚のほうが近いかもしれませんね。それもすっごく遅いペースで、時に立ち止まり、時に脇道に入って遠回りしたりね。

フルマラソンの時もそうでしたが、とにかくゴールすることが目標で最優先。ペースがどれだけ遅くなってもいいから、途中で立ち止まってもいいから、ゴールすることだけが最終目標でした。きついな〜、苦しいな〜って思ったけれど、リタイヤする気はなかったもんね。ゴールすることは自分の中で決定事項だったのでしょう。でもフルマラソンの距離を走った経験がないのですから、完走する自信なんてなかったんですけどね。

このダイエットマラソンも、42キロを落とした経験なんてなかったのですから、完走できる自信なんてなかったし、1年も2年もダイエットを続ける経験だってなかったわけです。そんな長い期間、ダイエットをできるなんて信じられなかったしね。

でも岡田斗司夫さんが1年で50キロ減量をしたことを知り、ダイエットを1年も続けることが可能なんだと思えたわけですよね。

私の場合は1年でゴールできず、現時点で1年6ヶ月くらい掛かっていて、岡田さんより少ない42キロを落とすのに2年近く掛かりそうです。

岡田さんが50キロを1年で落としたから、私は42キロを1年も掛けずに減らすつもりだったのですが、実際はその倍かかりそうなわけですね。ま、これ以上のスピードは無理だったのでしょう。でもあっという間に過ぎて行きますからね。年齢によるものもありますが、1年なんてホントあっという間に過ぎてしまいます。毎日毎日食事を気にしながら過ごしていたら、あっという間に1年半が経ち、38キロ減量できたって感じですよね。毎日時間が過ぎただけ。

あ〜、また何を言いたいか分からないままダラダラと長くなっちゃいましたが、落としようも〆ようもなく、ただ思ったことを書いちゃいましたあせあせ(飛び散る汗)

岡崎がW杯決めた!執念ヘッドで3戦連発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090607-00000020-spn-socc
岡崎の勢いはすごいね。
いや〜良かった、良かったサッカー
 日本が4大会連続のW杯出場を決めた。6日、10年W杯南アフリカ大会アジア最終予選でウズベキスタンと対戦し、前半9分にFW岡崎慎司(23=清水)が得意のダイビングヘッドで先制。虎の子の1点を中沢佑二(31=横浜)田中マルクス闘莉王(28=浦和)らDF陣が鉄壁の守備で守り切った。日本のW杯出場は98年フランス、02年日韓、06年ドイツに続き4大会連続。岡田武史監督(52)はフランス大会に続く自身2度目のW杯切符獲得となった。

 日本に4大会連続のW杯切符をもたらしたのは、エース岡崎のダイビングヘッドだった。前半9分、MF中村憲が出した浮き球のロングパスに反応。右足でトラップしてから左足で放ったシュートは相手GKにはじかれたが、その跳ね返りに頭から突っ込んで執念で先制点を叩きこんだ。1―0での勝利。歓喜の輪の中心に岡崎がいた。

 「アウェーのキツさが凄くあった。本当にうれしい」。静かに闘志を燃やして臨んだ一戦だった。直前のキリン杯で2戦3発。一躍エースに躍り出たが「W杯予選とか大事なところで取ってこそと思っている」と本人は満足していなかった。W杯予選の先発はこの試合が初めて。5試合目にしてようやくマークした予選初ゴールは、まさに大事なところで決めた一発だ。それだけに「これで本当にチームのためになったかな」の言葉に実感がこもった。

 小学校時代から両親に話していた目標が「世界No・1のストライカーになる」こと。その思いを胸に努力を重ねて成り上がってきた。滝川二(兵庫)入学直後は4軍でプレーしたが、3年時にはエースで主将。清水1年目の05年はFW8人の中で8番目の評価だった。元日本代表FWの清水・長谷川健太監督(43)は「光るものはなかった。今の岡崎は想像をはるかに超えている。何も言わなくても自分でコツコツやってはい上がるタイプ」と振り返る。

 そんな“どん底”から日本代表のエースにまで成り上がる原動力となった努力の大切さは元テニス選手の母・富美代さんから学んだ。「やるなら120%頑張りなさい。中途半端にやると後から後悔するよ」。高校時代にダブルスと団体戦でインターハイを制した母の言葉には説得力があった。プロ入り後は、92年バルセロナ五輪陸上男子百メートルに出場した清水の杉本龍勇フィジカルコーチ(38)のもとオフに自主トレ。「岡崎は50メートル走なら清水でも真ん中より下。速くない足を出だしを磨いてどう速くみせるか」という同コーチの指導でダッシュ力、俊敏さを磨いてきた。

 岡崎は3戦連発で、今年の国際Aマッチ8戦7発の荒稼ぎ。それでも「これで終わりじゃない。ここから始まる」と前を見据える。尊敬する磐田FW中山と同じ9番を背負った新エース。次なる目標は南アでのゴールに絞られた。



ツナサンドに骨が入っていたなんてね。
たしかにトラウマになったんだろうけど、勝訴するものなのかな〜?アメリカだと勝てたりするのかもしれないけどね。
米ニューヨーク(New York)の男性が、2年前にツナのサンドイッチを食べていたとき骨がのどに引っかかって窒息しそうになり、その出来事が「心的外傷(トラウマ)」となっているとして、サンドイッチを製造した会社と販売したスーパーを運営する企業に10万ドル(約1000万円)の支払いを求める訴訟を起こした。

 訴訟を起こしたのは、元ニューヨーク警察の警官で現在は私立探偵のロバート・マッケナ(Robert McKenna)さん(57)。2日のデイリーニューズ(Daily News)紙によると、骨がのどの中に1分間以上ひっかかり窒息しそうになり、以来、ツナのサンドイッチが食べられなくなったという。マッケナさんは裁判所に対し、2年以上前のこの事故のため「命を失いかねない非常に危険な状態」に陥り、「半永久的な心的外傷を受けた」と主張している。

 同紙の記事にはマッケナさんの次のようなコメントが掲載されている。「今ではツナに近寄ることさえできない。フィッシュフィレサンドはどうかって?関係ないだろ」


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 11:08 | 絶好調絶好調 | Comment(14) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわー。
標準域でじわじわ減らしていくのが一番苦戦しましたね。
私も56から55に定着するのに1か月かかりましたし、そこから先も1kg1か月のペース。
今は美容体重まで1kgちょっと!で足踏みがずーっと続いてます^^;。
でも少なくともリバウンドしていないし、太る食生活と生活習慣とは決別できてる、ということだと思ってます。岡田さんもレコダイの要はそこだとおっしゃってますよね。だから時間がかかることに意義がある。
岡田さんて「デブから食べる楽しみを奪っちゃいけない」ともおっしゃってませんでしたっけ?
これも名言ですよねー。
肥満治療の際も、「コレは食べちゃいけない」というものは無いそうです。
太らない適量、タイミングが必ずある。
肥満からの脱却って「痩せること」よりも「いかに習慣化するか」という1点に収斂されますね。
「食べること、生きることは楽しい」という本筋から離れることなく。
(うーん、いろいろ難しい。いいたいことが伝わればいいのですが^^;)

Posted by もなか at 2009年06月07日 14:38
もなかさん、ありがとうございます。
もなかさんも56から55に定着するのに1か月かかりましたた。そこから先も1kg1か月のペースだったんですね。

ダイエットの理想ペースが月1kgと言われたりしますが、理想というよりも、適度なダイエットだとこのくらいのペースになるものなのかもしれないですね。
私のようなメガダイエットだと、メガデブ期間は当然、もっと早いペースで減りますが、その時に月1kg減なんていうペースを理想とするのはナンセンスなのかもしれないですもんね。現実に即して無い感じですから。

先日の岡田さんの記事で、時間がかかることが最大の欠点にして最大の長所と言っていたのは、そうなんだろうな〜って思いますよね。

「デブから食べる楽しみを奪っちゃいけない」
そういうことも言っていたような気がします。
デブじゃなくても食べる楽しみ奪っちゃだめですけどね(笑)

へぇ〜、肥満治療でも、「コレは食べちゃいけない」というものは無いんですね。そうなんだ〜。
あれもだめ、これもだめって言われるのかと思ってました。

でもレコダイをやった今なら、それは理解できますね。
何を食べてもいいし、何でも食べないとダメですもんね。

うんうん。肥満からの脱却は、「いかに習慣化するか」という1点に収斂される。ホント、そうですね。
でもその「習慣」というのが、案外あっさりと崩れたりするが人間らしいところですけどね。

「食べること、生きることは楽しい」
食べることって楽しいし幸せですよね。
それが人生を楽しくしている部分はかなり大きいと思います。(大きい人は太りやすいのかもしれませんが^^;)

以前にテレビで見たマウス実験のことを記事に書きましたが、食べたときに出るドーパミンを実験のために出ないようにされたマウスは食事をしなくなっていました。
お腹が減るから食べるのでも、身体が栄養を欲しているから食べるのでもなく、快感を得るために食べているのかも知れないってことになりますよね。ドーパミンが得られないと食べなくなるんですから。

爆笑問題の太田さんなんかも、食べることへの執着みたいのがないそうです。食べなくても全然平気だとか。そういう人って、食べてもドーパミンが出ないのかもしれないですね。
そういう人は太らないだろうから羨ましいけど、食べることの多幸感というか至福感みたいなものがないのは可哀想に思えたりします。
ま、幸せの基準は人それぞれですけどね。

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる」ですもんね。
Posted by もなかさんへ at 2009年06月07日 17:10
こんばんわ
今日は、大阪港にいってきました。
潮風に当たりながらのんびりしに行きましたが、たまたま大韓民国の訓練船が入っているので見に行きました。訓練生には女の子もいっぱいいるのでビックリしましたが、みんな女優級に綺麗でした。
わざわざなんで行くかと思われますが、最近は日光浴もしてないのでたまには光合成をしないといけないと思いまして。

昨日の目眩も治まり平穏無事に一日を終えましたが、もう少し食べる方向で考えました。
摂取カロリーは1500まで引き上げます。
ご飯も昼には200gは必ず食べます。
多少の増加はやむを得ないものと考えました。

今でも132kの時に比べれば身体も楽だし欲張り過ぎには落とし穴があることを教わりました。

ちなみに、リブロースはきちんと体重になって現れました。
Posted by レオ at 2009年06月07日 21:03
レオさん、ありがとうございます。
大阪港に行かれたんですね。悲しい色やね?(爆)

訓練生は女優級でしたか!うほほ!
光合成、必要ですよね。
光に当たらないとビタミンDだったか、カルシウムだったかが作られないんですもんね。

目眩が治まったようで良かったです。安心しました。
摂取カロリーを1500まで引き上げるのですね。
私も1500で長いことやりましたが、今にして思うと、1800くらいでも減量ペースは変わらなかったような気がします。
1500でギリギリだと思うので、無理はされませんようにお願いします。

リブロースで増えた体重は、意味のある大切な体重だと思うので、オッケーですよね。
Posted by レオさんへ at 2009年06月07日 23:16
良いことを習慣化させれば良いんですが、悪いことも習慣化しますよね。

キャラメルブーム(私の中でですが)はやっと去りました。今、1箱鞄に入ってはいますが手付かずのまま4日くらい経ってます。毎日食べないとダメだったんですよね、少し前まで。

それにしても68kg台ですか。もちろん諦めてはいないんだけど、今日自分とこの記事で過去ログ見ていて、本当に去年1年減ってなかったことを再確認しました。
だからと言ってダイエット止めようなんて思ってないのが、自分でも不思議です。

今の私もまた普通なんです。デブの私がその頃の食生活が普通と思っていたのと同じように。

これからは運動する私が普通にならなきゃいけないんだろうけど、それがなかなかその気になれないんだよねぇ…
Posted by たすく at 2009年06月07日 23:31
体重が増えたからといってダイエットが強制終了するわけでもないし、リブロース以上に体重は増えましたが、あのまま無理に続けてたらリブロースだけで回復するような生易しい状態ですまなかったかも知れないん。
100キロ割が目の前にあったんで欲が出ました。
今日は、エアロビクスも定休日。
韓国美人で目の保養もしたので、改めてダイエットを決意し、気合いを入れるためロッキーWを観ました。
ちなみに、今日の大阪港光合成ツアーのファッションは
赤いサンダル、赤いシャツ赤い眼鏡、赤い帽子にジーンズ。
韓国美人には写真はせがまれませんでしたが、空港バスを待ってた西洋人に写真をとられました。
売れてない漫才師と間違われてるんでしょうか?
これで春場所の時期も安心です。

明日からもう一度再スタートです。
Posted by レオ at 2009年06月08日 00:00
たすくさん、ありがとうございます。
ホントそうですよね。
悪いことも簡単に習慣化しますし、すっかり習慣になったと思ったこともあっさりやらなくなります。

たすくさんのキャラメルのように、私もチョコや煎餅が簡単に習慣化していましたもんね。私も毎日食べずにいられなかった。そうなる前は2月に買いためたチョコを全然食べていなかったことを覚えてます。その一つに手を付けたら少しずつだけど食べ続けるようになったんですよね。

運動や食事内容なども、以前のダイエット時に、「これはもう習慣になったぞ!」と思ったものが数々あったのですが、そんなことは幻想でしたからね。大丈夫と確信していたものでも、あっさり続かなくなります。

たすくさんのブログの最初の2日間くらいをこないだ読んだのですが、あぐりんちゃんに、「ブログなんか始めたらまた睡眠時間減っちゃうよ!」って叱られてましたよ(笑)

ダイエットってある期間だけやるもので、終わればまた食べられるって思ってきましたが、今はやめる気なんてないですよね。

そうそう。普通だと思っていたことを正しいと思っていたのでしょうが、間違っていたってことなんでしょうね。その時は正しいと思っていたのに。

いや〜ダイエットのための運動は必要ないとハッキリ言っているかたが「マメグラ」にいて、きっちり成果を出しているし、アクセスランキングでも1位なんですよ。
以前、NHKのテレビで紹介されていた方法も、特別な運動をするわけじゃなく、仕事中にチョコマカ動くようにして痩せたというものだったし、今日の新聞にも、ひと駅前で降りて歩く人がとても増えているって出てました。

ダイエットのための運動は必要ないのかもしれませんが、筋肉を鍛えた方が良いのは間違いないでしょうし、運動したほうがいいのも間違いではないのでしょうけどね。
かくいう私も、去年の8月までは運動する気はなかったですけどね(爆)
その気になるまで無理してやらない!っていうのがレコダイの基本姿勢だから、無理にやる必要はないんですよね。
あ!でも同窓会があるんじゃなかったでしたっけ?(笑)
Posted by たすくさんへ at 2009年06月08日 00:27
レオさん、ありがとうございます。
ホントそうですよね。
体重が増えたことでダイエットが強制終了することはないけど、体調を崩したことで強制終了することはありますからね。ダイエットを続けるためには健康でなきゃいけないってことですね。

>100キロ割が目の前にあったんで欲が出ました。

それは私も分かります。今の私も同じですもんね。
65キロが見えてきたので早く到達させたいからか、摂取カロリーが低めになってますもん。

あはは、ロッキーWを観たんですね。

おお!またレッドドラゴンスタイル?レッドタイガー?
赤が好きなのは、韓国が好きだからなのかな?
やっぱり写真をとられるほど目立っているんですね(笑)
売れてない漫才師?どう思われていたのでしょうね〜。

明日からは第2章ですね。
Posted by レオさんへ at 2009年06月08日 00:36
そうですね。
明日からもう一度、じっくり時間かけて完走できるダイエットにします。
痩せる量を競う競技でも速さを競うんでもなく、身体に一番いい方法がかちなんですね。

ちなみに

赤が好きなのは、子供の時からでした。
多分赤レンジャーが大好きなのと、ウルトラマンタロウも身体が赤かったし、仮面の忍者赤影などヒーロー物って赤くないですか?
ランドセルも赤が欲しかったんですが、無理やり黒を持たされてましたね。
最初に買った車も真っ赤なポルシェと言いたいですが、真っ赤なアルトでした。野球のファーストミットもバットもスパイクも赤。
そう考えたら家の中に赤いものいっぱいあります。

来年はW杯。
大韓民国も出場決定!
来年は、スポーツバーで韓国人の制服、赤い「Be the Reds」Tシャツをきてはしゃぐ為にも痩せなきゃなりません。
ちなみに私は、会社の人間からスポーツの話題の主語がおかしいと言われます。WBC決勝も終わった瞬間に「アァー負けたっ」と言ってしまい
社長直々に
「君はどっち応援してんねんっ!」とお叱りを受ける不届き者の日本人らしいです。

Posted by レオ at 2009年06月08日 01:12
うへっ、今更過去ログ見てくださったんですか?でも、ダイエットする前は明らかに…別人28号でしょ、私。どこでどう道を踏み外したんだか…(苦笑)

私も今日は過去の草抜きの記事を見てました。

同窓会…言わないでくださいよ〜、当日から2kgしか減ってないんですよ、今。

>レオさんへ

お仲間ぁ〜私もWBCの時は日本寄りの解説や応援に辟易した一人です。
職場の若い男子に
「なんで韓国なんか応援してるのさ!」って言われました。どこ応援しても良いじゃん、ね。

Posted by たすく at 2009年06月08日 02:01
おはようございまーす。
ダイエット中はヒレカツ食べた翌日は体重が減っているというミラクルが何度かあり、今は体重がすっかり固定しているカンジなので何を食べてもさほどの変動もなくある意味つまらないのですが(そう、ダイエット中は毎月のようにサイズが小さくなるのが嬉しかったけど、維持期は特になにも変わらないのでそれが退屈だったりします)、ここ2週間ほど胃腸を休ませる意味で実験的に油脂をほとんど摂らない生活をしていて一昨日久しぶりにすこしだけお肉をとってみたら、昨日大変なことになってしまいました(もうほとんどトイレに天の岩戸状態)(←朝からすみません)。
これは減量目的ではなくて、体重がもし減ったとしても水分が動いただけと思うので、とりあえず油脂はやっぱり控えようと思った次第です。
うううう。

食べることに快感を感じないひと、いますねー。
生きるために義務で食べてるみたいな。
かと思えばすっごいスレンダーなのにガッツリ食べるひともいるし。
代謝の問題なのかもしれませんが。
私は今でも食いしん坊な自覚があるので、神経質にならない程度にちょこっと気にする必要があります。

もしマカロンさんのとこにお邪魔するようにならなかったらレコダイには興味をもてなかったと思うし岡田さんのブログまで見ることもなかったと思うのでホントブログでの出会いはありがたいですねー。
岡田さんの記事、面白いです♪
Posted by もなか at 2009年06月08日 08:51
レオさん、ありがとうございます。
私も赤レンジャーが好きでしたね〜。ウルトラマンタロウも好きでしたし、ウルトラセブンも好きでした。
仮面の忍者赤影は見てなかったかも。
ランドセルも赤が欲しかったんですか。
真っ赤なポルシェもいいですね。
ファーストミットもバットもスパイクも赤なんですか!
家の中も赤だらけ!
前世は何だったんでしょうね。赤べこ(牛)かな?(笑)

本当に大韓民国がお好きなんですね〜。

Posted by レオさんへ at 2009年06月08日 20:18
たすくさん、ありがとうございます。
過去ログを見たといっても、最初の2日分だけなんです(笑)
だから、別人28号な部分はわかりましぇん。
道を踏み外してます?
Posted by たすくさんへ at 2009年06月08日 20:21
もなかさん、ありがとうございます。
ヒレカツ食べて体重減だと嬉しいミラクルですよね。
2週間、油脂をほとんど摂らない生活をしていたんですか。天の岩戸状態とは!あはは。

私も食いしん坊ですけど、やっぱり以前とは違う食いしん坊になったとは思います。

もなかさんがレコダイや岡田さんに出会うのも、きっと必然だったんでしょうね(笑)
岡田さんの記事、楽しみですよね。更新が増えたから嬉しいです。
Posted by もなかさんへ at 2009年06月08日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)