スポンサードリンク

2009年05月02日

ダイエット[515日目]初体験(?)でプチ・パニック/ビヨンセ「そっくりさん」、ウィーンでお騒がせ/「糖尿病」専門医の選択がポイント 状態、飛躍的改善へ

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-6.0kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:71.0kg
体脂肪率:18.9%
BMI:23.6
食事
朝食
豆乳野菜ジュース 170Kcal  オレンジ 20Kcal  りんご 20Kcal  バナナ 40Kcal  コーヒー  朝計250Kcal
昼食
おにぎり 160Kcal  おいなりさん 200Kcal  ウインナー 60Kcal  玉子 20Kcal  じゃがいも 30Kcal  レタス・トマト 10Kcal  漬物 10Kcal  あいすまんじゅう 238Kcal  スタバ・エスプレッソ 94Kcal  昼計822Kcal   CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
アサヒオフ 90Kcal  焼酎お湯割り 160Kcal  鶏肉スイートチリソース 120Kcal  枝豆 100Kcal  レタス 5Kcal  ハム 40Kcal  カボチャ 30Kcal  オレンジ  玉子 50Kcal  マヨネーズ 20Kcal  チーズ 54Kcal  ウインナー 80Kcal  夜計749Kcal
おやつ
ガーナチョコレートブラック 56Kcal  カカオ70 28Kcal   チョコレート効果72% 30Kcal   チョコレート効果86% 31Kcal  黒豆せんべい 78Kcal  カフェラッテエスプレッソ 102Kcal カフェラッテ・ノンシュガー 79Kcal  おやつ計404kcal   今日の合計2225キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへレコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!ありがとうございます!!

昨日、札幌でも桜の開花宣言があり、我が家近くの大きな桜の木もにわかにピンクに色づいてきましたリボンあっという間に進むからビックリするよね〜。今日も気温が高いのでどんどん花びらが開いているのでしょう、どんどんピンクが大きくなってる様子。明日あたり満開かな?明日でも写真に撮ろうか?あ、明日は曇り曇りか雨雨の予報じゃなかったかな?満開じゃないと思うけど、今日撮影した方がいいのかな?カメラ

かわいい今朝の体重も3日続けての71.0kg(36.0kg減、あと6.0kg)
体脂肪率は1%も増えて18.9%

昨日の夕食後の体重測定の時点で72.1kgまで増えていたので、少々パニック気味になっていましたあせあせ(飛び散る汗)パニックというのは大袈裟かもしれないけど、理解できなくて混乱した感じー(長音記号1)

ドカ食いしたなら体重が増えるのは当たり前なのでパニックなんて起こしませんが、一昨日、昨日と増え続ける体重は不可解すぎてワケが分かりません失恋

たしかにチョコレートも食べてるし、煎餅なども食べてるけど、この程度なら増えない自信があったし、食べ過ぎてもその数日後には元に戻る自信もあったのですが、その自信がガタガタと崩れたからプチ・パニックを起こしているんでしょうね〜。

おそらく、去年の8月にスロトレを初める前にはこういうこともあったのではないかと思うのですが、その頃以来の経験になるからなのかな〜?

でもやっぱりここ数日を振り返ってみると、毎日300kcal前後の間食をしているんだよねがく〜(落胆した顔)間食したって大丈夫手(チョキ)という妙な自信を持つようになっていたんだけど、その考えを改めなさいってことなのかな〜。ちょっと自信過剰になっていたかもねたらーっ(汗)

昨日の夜にプチパニックになり、今朝の体重も71.0kgと高値安定しているにも関わらず今日もオヤツを食べているのは、少々意地になっているところもあるねちっ(怒った顔)この程度では太らないってことを証明しようとしているような気がする。この程度では太らないっていう自信を取り戻したいのかも。

でも改めて記録を見返してみたら、毎日300kcal以上も間食していたのだから、それはやっぱり食べ過ぎなのかもしれないね。男茶碗で一杯分のご飯くらいだもんね。おにぎり2個分くらい。
3食のほかにオニギリ2個食べてるんだから体重が増えるのも当然か。お米より糖分や脂分が多いものを食べてるのだしね。

間食を食べても大丈夫だった頃は、300kcalも食べていなかったのかもね。それに毎日毎日食べていたわけでもないような気がする眠い(睡眠)
空腹を感じる前に何かをお腹に入れてるから、最近は空腹感というものを感じていないような気もするよ。

あれだけ安定していた体脂肪率も上がったり下がったりがすごいもんねグッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)昨日17%台に復帰したと思ったら、今日は1%も増えたもんな〜。

ま、そうは言っても、4月も平均体重では1.6kg減らすことができたんだから、気にしないで行こうるんるんそれでも間食が多いのは確かだし、間食せずにはいられない心の方が問題なので、また3月や昔のように真面目にレコダイ(レコーディングダイエット)に取り組みたいところだけどね。頑張る自分って気持ちよかったりするでしょ。「偉いやん!がんばってるやん、自分!」ってね。

そう!そうだよね!
頑張るのは気持ちいいし、体重が減るのも気持ちいい。
ダイエットを続けるモチベーションを維持するのは体重の減少が一番大きいし、ダイエットを楽しくするのは体重が減ることだったりするのは事実だもんね(本来は健康で快調になるのを実感するのが一番だけどね)。
4月は弛みっ放しだったので、5月は頑張ろうかな。
頑張ると言っても、間食を少し減らせばいいだけだと思うけどね。
その程度のことを「頑張る」とは言わないか。
それは「当たり前」のことだもんね爆弾爆弾爆弾
食生活を見直して、正しい食習慣を身につけるのがダイエットだもんね。


ブヨンセこと渡辺直美さんのことかと思ったら違ったのね爆弾
オーストリアのラジオ局が、ウイーン(Vienna)を訪問中だった米歌手ビヨンセ(Beyonce)さんの「そっくりさん」を雇って、アルベルティーナ美術館(Albertina Museum)を訪問させるなどのいたずらを仕掛けていたことを告白した。

 オーストリア通信(APA)が報じたところによると、地元のKroneHitラジオは、ビヨンセさんがコンサートで前月28日、ウイーンを訪れていたことから、ビヨンセさんにうり二つのドイツ人女性を雇い、ウイーン市内を歩かせて、「そっくりさん」に会った通行人の反応を試した。

 これまでは、ビヨンセさんがそっくりさんを雇ってアルベルティーナ美術館を訪問させ、自分はショッピングを楽しんでいたと報道されており、美術館も怒りをあらわにしていたが、ラジオ局によると、ビヨンセさんは「そっくりさん」の件を全く知らないという。
 
 アルベルティーナは、ウイーン屈指の美術館で、年間100万人を越える来館者がある。


「糖尿病」専門医の選択がポイント 状態、飛躍的改善へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090501-00000578-san-soci
 今や6人に1人が患者や予備軍とされる糖尿病は、自覚症状がなく、患者は自己管理が甘くなりがちだ。合併症を防ぐにも、専門知識と経験のある医師の管理が必要だが、専門医は少ない。適切な管理を受ければ状態は改善されるため、病気に詳しい医師を見つけることが療養のカギとなりそうだ。(佐久間修志)

 「この血糖コントロールなら良好です。よく頑張ってますね」。東京都葛飾区のクリニックで、医師の言葉に、都内に住む高田美緒さん(69)=仮名=は、はにかんだ表情を見せた。長男の篤志(42)さん=同=も、傍らで胸をなで下ろす。

 高田さんの糖尿病が発覚したのは5年半前。自治体の健康診断を受けたことがきっかけ。当初はなじみの総合病院で治療を始めた。

 治療に際し、やっかいだったのは糖尿病の少し前に始まった高田さんの「もの忘れ」。自分が糖尿病という認識がなく、好きなケーキを2人分食べようとしたり、一度食べた夕食を「まだ食べていない」などと主張した。

 加えて、総合病院の担当医は経験が少ないのか、病気について質問しても、明快な答えがない。たびたび先輩医師に“おうかがい”に奥に引っ込んだ。1日3回服用の薬を処方されたが、篤志さんも日中は仕事がある。「あの母の状態じゃ、きちんとは飲めない」(篤志さん)。

 結局、半年後も血糖値などは改善せず。高田さんは総合病院に見切りをつけ、糖尿病専門医のいる現在ののクリニックに移った。

 クリニックでは、会社勤めの篤志さんでも管理できるように、高田さんの状態に合わせて朝1回のインスリン治療を導入。併せて、朝晩2回の服薬に転換した。管理が行き届くと、血糖値は半分以下に、血圧も下がり、今では月1回の通院で良好な数値を保っている。

 「母はきちんとした先生が見つかって運が良かった」という篤志さん。「患者や家族は病気のことは分からない。医師や病院によって、対応が分かれるのは困りますね」と話している。

                   ◇

 ■重要な医師の選択 100人いれば100通りの治療法が存在

 厚労省が平成19年に行った調査によると、糖尿病が強く疑われる人は国内に890万人、可能性が否定できない人は1320万人。合わせて、国民の約6人に1人に糖尿病の傾向が見られる。

 しかし、糖尿病は合併症を起こさない限りは自覚症状がほとんどないため、患者の理解は低い。同じ調査で「糖尿病が強く疑われる」人の約4割が、「ほとんど治療を受けたことがない」と回答している。

 加えて、治療中の患者でも、合併症が起こらないように状態をコントロールし続けるのは簡単ではない。血糖値だけでなく、血圧や悪玉コレステロールなどの値を正常にし、患者の生活スタイルに合わせた治療が必要だ。高田さんのように、認知症を発症すると、コントロールはさらに難しくなる。

 日本糖尿病学会の渥美義仁理事は「糖尿病は医師が薬を調整すれば足りるといった病気ではない。患者の食事や運動、生活などあらゆる要素が治療にかかわってくる。100人いれば100通りの治療があり、選択肢の多い医師にかかる必要がある」と、医師の専門性を重視する。

 しかし、患者数に比して、専門医は多くない。現在は約3900人で、単純計算では、1人の専門医が約5700人を見なければならない。専門医は同学会のホームページで検索できるが、地域にいない場合もあり得る。

 治療に専門性が不可欠なこともあり、専門医資格の取得要件は厳格。結果的に「専門医でなくても、糖尿病患者に適切な治療のできる医師は意外に多い」(東京都内の専門医)ともいわれる。しかし、この「隠れた糖尿病医」を探すのは難しい。

 では、患者が医師を探す目安は何か。渥美理事は「専門医以外に、日本糖尿病協会の登録医制度があり、糖尿病の治療に携わる地域の医師が多数、登録しているので参考にしては」とアドバイスする。

 ただ、専門医ほど登録条件が厳しくない。患者も自分に合う医師を根気強く探す必要がありそうだ。

応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 16:37 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
*食生活を見直して、正しい食習慣を身につけるのがダイエットだもんね
って、身にしみます…停滞期を楽しみすぎていますよね(爆)
反省しても、じゃなくって反省も必要ですね
ぼちぼち、本気で頑張らなきゃね
Posted by kun at 2009年05月02日 23:21
私なんかよりずーっと順調なんで、パニックなんて無縁だと思ってましたけど…ま、減らないのはストレスですよね。

糖尿…私の場合、体重減らすだけで簡単にコントロールできちゃいましたけど、痩せて罹患された方って、コントロールの付けようがないですもんね。

でも、いまいち甘いかも。本当なら薬減らしてもらう代わりにカロリー制限戻せば起爆剤になってまた痩せるとは思うんですが、それに踏み切れない今の私…
Posted by たすく at 2009年05月02日 23:30
 ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪
 私も停滞期でぇすo(≧▽≦)o
 脂質摂りすぎらしく、確かに毎日の食生活に野菜が少なっ。でもかえってこれではいかんっと思えるのってレコダイのお陰ですよね。
 書いたもの見返すと反省にもなりますし、頑張ろうという気力にもなりますもん。
 焦らずゆっくりと楽しみながら、お互い頑張りましょう。
Posted by リャマ at 2009年05月03日 00:33
kunさん、ありがとうございます。
*食生活を見直して、正しい食習慣を身につけるのがダイエット

これは、もう515日もダイエットを続け、ここまで減量しているにも関わらず、さっぱり正しい食生活をできていない自分に言い聞かせているんです。完全に改善されてなどいなくて、今の間食生活はレコダイ以前の自分とさほど変わっていないことに愕然としている部分もあるんですよね。

停滞期って考えると反省しちゃうかもしれないけど、ずっと維持できていると考えれば、とても立派なことだと思います。だって、リバウンドさせていないんですから〜。維持させるコツは掴んだのではないかな〜?

レコダイが、したくなった時に運動を入れればいいというスタンスであるのと同じで、本気で頑張ろうって思えたときにダイエットも何でも頑張ればいいんですよね。
頑張ろうって思わないと頑張れないですもんね。
頑張らなくても大丈夫なんだけど、頑張らなきゃだめなところもあるのでしょうしね〜。
ま、一生ダイエットですから、一生は頑張れないですしね。ほんのちょっぴりだけ頑張りましょうかね(爆)
Posted by kunさんへ at 2009年05月03日 00:40
たすくさん、ありがとうございます。
「なんでこうなるの?」って、何だか訳が分からなくなったんですよね〜。もちろん、また減っていくのは分かっているのですが、今までとまるっきり違う動きなので、???で頭が埋まった感じでした。

体重が減るだけで改善されることがありますが、たしかに痩せてる人はそれができないってことですもんね。太ってる人より大変かも。

薬減らしてもらう代わりにカロリー制限戻すほうがいいのかな?
頑張りたくても頑張れなかったわけですから、たすくさんは辛いですよね。でも希望も目標もあるから頑張れるのかな。
Posted by たすくさんへ at 2009年05月03日 00:48
リャマさん、ありがとうございます。
私は本当の停滞期をまだ経験していないのでラッキーだと思います。頑張っていても減らないのは辛いでしょうね。でも停滞は体が要求していることかもしれませんもんね。

ホント、ダイエットをしているといろんなことを見直すことができますよね。
いいこともそうでないことも、起きることは何でも楽しいですよね。何でも経験になりますし、損なんてなくてすべてがプラスですもんね。

>焦らずゆっくりと楽しみながら、お互い頑張りましょう。

はい!頑張りますー!
Posted by リャマさんへ at 2009年05月03日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)