スポンサードリンク

2009年01月22日

ダイエット[415日目]脳の「飢餓に備えろスイッチ」をオンにしないための食事は?/【小室被告初公判(21)】驚愕の“裸の王様”ぶり 「TRFのメンバー全員に1000万円プレゼント」/オバマ夫妻、就任式夜の舞踏会に参加 米スターも集結

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-10.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:75.7kg
体脂肪率:21.4%
BMI:25.2
食事
朝食
野菜ジュース70  桜餅150  うぐいす餅150  ホット豆乳チョコレート180  コーヒー  朝計450kcal    大川スロトレ10・11日目メニュー25分
昼食
ミニラーメン 200   餅入りおかゆ 350   おかき 70   昼計620kcal    朝昼計1170キロカロリー    CDエアロビクスDVD・ダンスステップ系エアロ+シェイプアップ系ハイ&ロー55分
夕食
カボチャ煮120  きんぴらごぼう100  みそ汁50  ごはん150  ホイル蒸し:ホタテ100・ウインナー30・しめじ5・椎茸5・マヨネーズ・調味料20   夜計580kcal
おやつ
ロッテ・シャルロッテ生チョコレート32  ロッテ・カカオの恵み60  明治・チョコレート効果カカオ86%32  FIRE挽きたて微糖32  FIRE挽きたてダブルローストBLACK:0  喫茶店    おやつ計156kcal     今日の合計1906キロカロリー
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ←レコーディングダイエットランキング参加中!
応援いつも感謝しています!!

今朝の体重は100g増えて75.7kg(31.3kg減、あと10.7kg)
体脂肪率は0.2%増えて21.4%
少しずつとは言え減り続けていたので、ここらで一旦戻る頃かな?

昨日のNHK「ためしてガッテン」は、なかなか意義のある内容だったのではないかな?「低カロリーにさえすれば痩せる」という思い違いをしている人が多いかもしれないからね。

番組内容より驚いたのが、解答者の一人で出演していた渡辺徹さんの痩せ具合がく〜(落胆した顔)以前にテレビで見たときも「痩せたな〜」って思ったんだけど、そこからさらに痩せた感じ。その時も舞台の役作りのためって言っていて昨日もそう言っていたのだが、4ヶ月で14kg痩せたって言ってたかな?顔の感じを見てると、「きっとリバウンドするな」なんて思っちゃったんだけど、激ヤセした岡田斗司夫さんを見たときと同じで、やはり「病気では?」ってことも心配になったね。自分もあんな感じで痩せたのだろうか?とも思った。自分で鏡を見てても気が付かないけど、病気で痩せたように思う人もいるのかな〜?頭も丸坊主にしたから、「何かの病気かも?」なんて思っている人もいたりしてあせあせ(飛び散る汗)

さて、昨日の「ためしてガテン」の内容ですが、番組ホームページからポイントになるところを引用させていただくと・・・

「脳がNO!スイッチON!」

低カロリーの運命を分ける脳のスイッチがオンになると、体脂肪が燃やされずに蓄えられてしまい、その結果“隠れ肥満”になります。また、体温を維持する機能が衰えるため、極度の冷え性や低体温などを招きます。さらに、朝の目覚めが悪く、午前中に体がだるかったり、低血圧などの症状の原因にもなります。

同じ症状は、中高年にも見られます。このスイッチの正体をわかりやすく表現すると、まさに「飢餓に備えろスイッチ」であると言えます。

通常、スイッチがオフになっていれば、ダイエットでカロリーを減らすと、エネルギーが不足する分は蓄えた体脂肪が燃やされます。これが「ダイエットに成功する人」の場合です。

ところが、低カロリーにした時に糖質が不足すると、脳はエネルギー不足を感じます。そんな状態が何か月も続くと、脳は「飢餓状態だ」と判断し、「飢餓に備えろスイッチ」をオンにします。すると、蓄えた体脂肪はあまり使われなくなり、食べた脂肪も燃やすよりも蓄えられてしまうのです。

さらに、交感神経の機能も低下します。交感神経は体を活発に活動させる神経です。「飢餓に備えろスイッチ」がオンになると、脳は交感神経の活動を低下させ、体全体を省エネモードにしてしまうのです。その結果、「冷え性」「低体温」「体のだるさ」「低血圧」といった諸症状をも招くことになります。

しかし、一度スイッチがオンになってしまっても、再びオフにすることはできます。“隠れ肥満”の女子学生たちが「低カロリーでもスイッチをオンにしない食事法」を2週間続けたところ、見事にスイッチがオフになったのです。低下していた交感神経の活動度がアップし、体脂肪率は平均およそ2キログラムも減少しました。いったいどんな食事法なのでしょうか?

「しっかり食べてしっかりやせる? 究極の食事法」

先に紹介した、61歳の女性が見事肥満解消に成功したケースをよく調べてみましょう。この女性がやっていたのは、1日1500キロカロリー以下に抑えながら、「飢餓に備えろスイッチ」をオンにしない食事法です。その食事は、1食およそ400キロカロリーながら、ボリュームたっぷり! 5か月この食事法を続けると、見事に体脂肪が減少したのです。

この食事法を指導した栄養クリニックでは、すでにおよそ750人の女性がダイエットに成功しています。ポイントは、食事に含まれる「たんぱく質:脂質:糖質」の割合にあります。なかでも、脳のエネルギー源である糖質のカロリーの割合を「およそ6割」にすること。すると、低カロリーでも脳はエネルギー不足に陥らず、「スイッチオン」にならないのです。

※自然に理想の比率にできる食品の選び方を、実習コーナーで紹介します。

一方、スイッチをオンにしてしまった女子学生のみなさんの食事の平均的な比率を見ると、一見、理想の比率とほとんど同じであることがわかりました。実はこの場合、問題は「糖質のとり方」にありました。カロリーを抑えようとして、朝食や昼食を「菓子パンやおにぎり」だけで済ませる人が非常に多かったのです。

甘い糖類などは吸収が早いため、血糖値が短時間で上がりますが、すぐに下がってしまいます。おにぎりなども、それだけを食べると吸収が早く、血糖値があまり持続しません。そのため、そういったものに頼った食生活では、「飢餓に備えろスイッチ」がオンになってしまうのです。

ところが、ご飯と一緒に、野菜などの繊維質や消化吸収が遅いおかずを食べることで、血糖値は「ゆっくり上がり、ゆっくり下がる」ようになります。これでスイッチはオンにならなくなります。


脳のエネルギー源は、ほぼ「糖分」だけなので、糖分が不足すると「飢餓状態」だと脳は判断してしまって脂肪を溜め込んでしまうんだって。だから毎回の食事で適切な糖分を摂取する必要があるってことになるそうです。

食事に含まれる「たんぱく質:脂質:糖質」の割合は、「20:23:57」が「黄金の比率」として紹介されてました。

低カロリーなのに隠れ肥満になっていた女子大生の比率はと言うと、「15:29:56」なので数字だけみるとあまり変わらないんですよね。でも糖質のとり方に問題があるんだって。

血糖値をゆっくり上げて、ゆっくり下げるような食べ方をしろってことのよう。

で、こういうダメな食事を何ヶ月も続けると、この脳のスイッチがオンになってしまうってことのよう。

この「黄金の比率」から考えると、炭水化物を抜くダイエットはNGってことになるよね。ご飯は子ども茶碗で1杯は絶対に食べなきゃだめだって。他の炭水化物にしても同等分は必ず毎食食べなきゃダメだってさ。1日3食をこの「黄金の比率」で食べるようにした方がいいみたいだから、私の朝と昼の食事は不合格だな〜ふらふら

食べ方にもコツがあるようで・・・

少量でも満腹感が得られて、太りにくい食べ方のコツ

まず、汁物を先に飲み、空っぽの胃を落ち着かせます。そして、おかずを半分程度食べた後で、ご飯など炭水化物を食べます。こうすると、糖質の吸収がゆるやかになり、満腹感が持続します(先にご飯ばかり食べてしまうと、食べ過ぎてしまう恐れがあります)。味付けを薄めにしておくと、ご飯をたくさん食べたくなるのを抑えられます。

※糖尿病の方の場合、摂取してよい糖質の量などは、必ず専門医の指示に従ってください。


この食べ方は私の食べ方に近かったです。
「おっさん糖尿になる!」を読んで以来、ご飯を一番最後に食べるようにしてましたが、上の方法だとオカズを半分食べたところでご飯に行けるので、ご飯だけを最後に食べている私より良いかも。
と言っても、最近のご飯の量は100g(150kcal)に決めているから、先に食べようが後に食べようが食べる量は同じなんだけどね。

ということで、簡単にまとめちゃえば糖質6割の食事がいいってことか。だからって砂糖はすぐに血糖値が上がってすぐに下がるから適していないから注意しなきゃね。


【小室被告初公判(21)】驚愕の“裸の王様”ぶり 「TRFのメンバー全員に1000万円プレゼント」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090121-00000606-san-soci
クリスマスにTRFのメンバー5人に全員1000万円をプレゼントしたり、globeのメンバーにも名前にちなんで962万円をプレゼントしたんだってがく〜(落胆した顔)すごいね爆弾
 《続いて検察官は、小室被告の供述調書のうち、自らの収入などについて語った部分の読み上げを始めた》

・法廷内の小室哲哉被告

 検察官「私は昭和50年ごろからプロのミュージシャンになり、61年から63年にはTMネットワークで活動しながら、渡辺美里さんなど著名な歌手の歌の作曲などをしました。その後、平成6年から11年ごろまでの間、globe、TRF、安室奈美恵さんらの曲をプロデュースし、数々のミリオンセラーを送り出しました。その間、日本の音楽界で最高の権威がある日本レコード大賞を平成7年から2年連続で受賞し、平成8年にはオリコンのシングルランキング上位5位を独占しました。自分自身、出した曲は珠玉の出来と自負していました」

 《読み上げられた内容はまさに小室被告の絶頂期の経歴。今は被告人として法廷に座る小室被告が、まさに「世界のコムロ」だったことを改めて思い起こさせる》

 検察官「しかし、そうしたヒットは大手芸能事務所やテレビ局が作り出したブームでもありました。カラオケボックスやCDなどハード面が大きく拡大した時期とも重なり、大きく売れたのだと思います。私は確かに自分が打ち立てた大記録にうれしいという思いもありましたが、あまり実感はありませんでした。ありもしない衣装を身につけた私を、周囲は褒めちぎりました。裸の王様でした」

 《絶頂を極めた時期から約10年。自ら語った「裸の王様」という言葉を検察官が読み上げても、小室被告は表情を変えない》

 検察官「ブームに乗り、年間で数億円から十数億円の収入がありました。平成8年から10年にかけては長者番付に名を連ねました。しかし、私はもともとキーボードプレーヤーであり、金銭を管理する能力はありませんでした」

 《検察官は続けて小室被告の“散財”の状況について述べていく》

 検察官「ベンツに経費込みで2億円、世界で限定25台しかない別のベンツには3億円かけたこともありました。カリフォルニアに6億3000万円の住宅、ハワイのオアフ島に1億2000万円の住宅、バリ島には総額2億円の住宅と土地を買いました。飛行機のファーストクラスを2000万円で借り切ったり、クリスマスにTRFのメンバー5人に全員1000万円をプレゼントしましたし、globeのメンバーにも名前にちなんで962万円をプレゼントしたりしました。私は魚介類が苦手で偏食気味でしたが、高額なお店で飲食する際にもすべて私がおごっていました。母校の早稲田実業には数億円規模の寄付をし、平成13年には小室哲哉記念ホールを開設してくれました。私自身、どれくらいの金を使っているのか分からなくなっていました」

 《小室被告はみけんにわずかにしわを寄せたまま、読み上げにじっと聞き入っている。供述は、やがて小室被告に訪れた“落日”へと移る。法廷の小室被告は相変わらず、静かに正面を見つめたままだ》

 検察官「あまりにも飽和した小室サウンドでした。その後、ドル箱だった安室奈美恵さんが結婚して産休に入る一方、宇多田ヒカルさんなど私とは無関係の才能あるアーティストが台頭してきました。平成11年ごろからはヒット曲にも恵まれず、私の曲がCMやドラマで使われることも激減しました」

 《こうして本業の音楽関係が下火になる中、小室被告は専属マネジメント契約をしていたソニー・ミュージックエンタテインメントから契約精算を告げられる。このため、前もって同社から受け取っていた約18億円を返済する必要が生じた。同時期、小室被告は香港への進出を決意する》

 検察官「(メディア王と呼ばれた)ルパート・マードック氏とともに香港に合弁会社を設立し、平成10年に音楽制作会社ロジャム・エンターテインメントを設立しました。その後、平成13年に上場し、プロデュース印税の受取窓口をこの会社にしました」

 《上場直後こそ同社の株価は急騰したが、小室被告は保有株をすぐには売れない決まりとなっており、そのうちに株価が暴落。小室被告は70億円の含み益を失ったという》

 検察官「上場と同時期の平成13年に前妻と再婚しました。しかし、私は前妻とは合わず、結婚後ほどなくして会話がない状態でした。その後、私は自分名義で10億円を借り入れてスタジオ改装などをする一方、平成14年3月に協議離婚しました。私は一刻も早く前妻と別れて(現在の妻の)KEIKOと結婚したかったので、懐は厳しかったのですが、多額の慰謝料に同意しました」

 《続いて乙4号証の読み上げ。自ら「甘い生活だった」と振り返るKEIKOさんとの暮らしぶりからは、破滅的ともいえる小室被告の心情がうかがえる》

 検察官「平成14年11月にKEIKOと再婚し、2人暮らしを始めました。すでに音楽の本業でプロデュース印税を手放していて、私自身じわじわと坂道を転げ落ちている実感はありました。しかし私は、KEIKOやKEIKOの実家への体面がありました。破綻直前まで、KEIKOを楽しませてやりたい、ぜいたくをさせてやりたいと思っていました」

 《言葉の通り、小室被告は散財を重ねていく。しかし『まだブレークするはずだ』と考えていたといい、『考えが甘かった』という》

 検察官「結婚後1年間くらいは、人生で最もぜいたくをしたと思えるほど、湯水のようにお金を使いました。KEIKOにブランドものの服やバッグ、時計を買ったり、総額は数億円にはなっていたと思います。スタッフの中には苦言を呈する者もいましたが、2人で過ごす今が何よりも安らぎを得られ、大切と感じていました。KEIKOと2人で豪奢(ごうしゃ)な暮らしをしていても、少なくとも1曲はヒットして、私の3度目のブレークがあるだろうと考えていました。しかし、私自身、KEIKOとの甘い生活で以前より創作意欲が減っていたのも確かでした」

 《こんな生活はやはり長続きしなかった。平成15年3月には前妻への慰謝料の支払いが滞り、平成16年8月には長女への養育費すら支払えなくなってしまう》
 



ダンスしているときの二人の表情がいいね〜。

米大統領就任式を終え、黒人初の大統領となったバラク・オバマ(Barack Obama)新大統領は20日、新ファーストレディのミシェル(Michelle Obama)夫人とともに就任式後の舞踏会で、粋な姿を披露した。

 就任式の夜には、「オバマ時代」の到来を告げる10の舞踏会が開催された。オバマ氏は、最初の舞踏会会場に集まった人びとからの熱い拍手を受け、「まずはじめに、妻は美人でしょう?」と甘いせりふを語った。

 歌手のビヨンセ(Beyonce)によってブルース歌手エタ・ジェイムズ(Etta James)の代表曲「アット・ラスト(At Last)」が歌われるなか、オバマ夫妻は就任の夜の初ダンスを楽しんだ。

「隣人(neighborhood)舞踏会」と銘打った最初の舞踏会には、コミュニティー活動家や草の根運動活動家らが全米各地から集まり、歴史的な瞬間の目撃者となった。

 ビヨンセの歌声が響く中、大統領夫妻はダンスを終え、俳優のジェイミー・フォックス(Jamie Foxx)は、「黒人の大統領だということが、ダンスの動きで分かるだろ」とジョークを飛ばした。

 ミシェル夫人は、刺しゅうがちりばめられた白いワンショルダードレスに、ダイヤのブレスレットと大きな指輪、大きなイヤリングをつけ、白の(つま先の見える)オープントウの靴で登場した。ドレスをデザインしたのは、ファッション界にデビューして3年目という台湾生まれの若手デザイナー、ジェイソン・ウー(Jason Wu)。

 黒のタキシードに白のタイを身に着けた粋な格好のオバマ氏は、来場した人びとに対し、「ご近所のみなさんを集めた舞踏会というアイディアを思いついたのは、わたしたち自身がご近所同士の人びとだから。それに、わたしは地域活動をして経験を積んだのです」と語った。

「隣人(neighborhood)という単語を考えてみると、仲間(neighbor)という言葉から始まっている。これは、米国人が、お互いの溝を深める事柄よりも、共通点で結びつき合っているということを示している」(オバマ大統領)

 また、米軍の舞踏会「最高司令官(commander-in-chief)舞踏会」では、アフガニスタンの首都カブール(Kabul)の米軍基地に駐留する米軍兵士の男女6人と映像中継を通じて気さくな会話を交換した。米軍兵士の男女らは全員、オバマ氏の本拠地のイリノイ(Illinois)州シカゴ(Chicago)の出身者だったが、メジャーリーグ(MLB)では大半がシカゴ・カブス(Chicago Cubs)のファンで、シカゴ・ホワイトソックス(Chicago White Sox)を応援するオバマ氏を残念がらせていた。

 次に、オバマ氏は、18-35歳が参加する「青年(Youth)舞踏会」に登場。会場は、グラミー賞(Grammy Awards)受賞のラッパー、カニエ・ウェスト(Kanye West)の登場ですでに盛り上りを見せていた。来場者に対し、オバマ氏は、「オールドスクール流」の行動と説明して、ミシェル夫人の肩を抱き寄せ、ほおに熱いキスをしてみせた。

「カニエ・ウェスト以上の喝采を受ける大統領なんて、意味のあることだよ」とエール大学(Yale University)ロースクールの学生、サム・バーガー(Sam Berger)さん(26)は語った。

 また、非公式の舞踏会も注目を競い合って多数開かれ、寒い冬の夜の街角には、多数のリムジンが駐車していた。

 さすがの大統領夫妻も最後の舞踏会に到着するころには疲れた様子だったが、オバマ氏はこれまでにないほどの笑顔を見せていた。いろいろなトラブルに見舞われながらも、オバマ氏は、ミシェル夫人のドレスを踏みつけずに済んだ様子で、ホワイトハウス(White House)へ最初の帰宅をするころには、ようやくほっと一息つけた気分だっただろう。


応援いつも感謝していますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 11:01 | 絶好調絶好調 | Comment(13) | TrackBack(0) | ためしてガッテン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
番組内容より渡辺徹さんが見たくなりましたよ。

だって、私もベテルで書いてましたけど、あれ、マジ話なんですもん(後のリアクションはもちろん、フィクションですから)かなり健康的に痩せても速度が速いと病気だと思われて、誤解を解くのに大変だったから…(私の場合、そのときは2か月半で20kg弱、言われても仕方ないとは思う。)

毎日善哉生活の最近の私、これはホントはよくないのかもね〜。でも、止められない…そこに餅が残ってる限り(爆)

小室さんを見てるとささやかな幸せが一番だと思いますよ。一般人バンザイです。
Posted by たすく at 2009年01月22日 12:52
昨日のためしてガッテンははっきりとは言ってませんでしたけどケートシスについてでしたね。
ま、何事もバランスがいい食生活が大事ということですね。
Posted by hapo at 2009年01月22日 13:36
うわっ、送信して後で読み返してみて…激しく誤解されてしまいそうな内容だって気がついた!

すいません、マジなのはクリスマスの部分だけです。自分を知ってる人には比較で痩せたって認知されるけど、それ以外の人はそうは思わないって書きたかったので、入れた話なので…
この展開でマジ話だったら、私は絶対に書けませんよ。
Posted by たすく at 2009年01月22日 13:38
はじめまして。
マカロンさんのブログ、時々拝見させてもらってます。

僕も昔2ヶ月で14kg減量した時に、知人に真顔で「病気か?」と心配されたことがあります。

今回はあまり言われませんが・・・。
近々坊主にするかもしれないのでその時に言われるのかな?(苦笑)
Posted by metabo2008 at 2009年01月22日 14:32
たすくさん、ありがとうございます。
安心してくださ〜い!誤解なんてしてないですから〜(笑)
基本的に全部「作り話」として読んでいると思いますが、「マジなのはクリスマスの部分だけ」ってことは、喫茶店で抱きしめられたことがあるってことなんですね。あ、ここはフィクションですか。
ふふふ。大声で「痩せた」って連呼されて周りの人に見られたって部分が実体験ってことかな。2か月半で20kg弱なら誰でもそう思いますよね。にしても、すごい痩せ方だったんですね〜!

渡辺徹さんも病気じゃなきゃいいんですけどね。
そしてリバウンドしないことを願うばかりですが、リバウンドするんだろうな〜って思っちゃう自分もいます。

毎日善哉生活、どうなんでしょうね。
たすくさんはキチンと考えて食べておられると思うので大丈夫なのでしょうけどね。

小室さん、努力もしたでしょうけど才能があって、運もあって、地位も名誉もお金も手に入れていても、幸せだったとは言えないのでしょうね。小室さんに関わった人たちをドンドン不幸にもしているし・・・。
KEIKOさんと結婚して、彼女のご両親などに大切にされてやっと幸せを手に入れたようだった矢先の事件でしたからね。そう考えると、もしかしたら、これからが一番幸せな人生になるのかもしれないな〜なんて思います。もちろん、完全に破滅してしまう可能性だってありますけど、成功とは全くの真逆だけど心は幸せな生活になるかもしれませんね。
Posted by たすくさんへ at 2009年01月22日 20:41
hapoさん、ありがとうございます。
なるほど、ケートシスってことなんですね。
ケトーシスについては、どうもきちんと理解できていないので気づきませんでした。
何事もバランスですよね。そのバランスがどのくらいがいいのかってことが問題で、実践がまた問題なんですけどね。
Posted by hapoさんへ at 2009年01月22日 20:49
metabo2008さん、ビックリです!
実は私もmetabo2008さんのブログは時々拝見させていただいてたんですよ!私のブログを読んでいただいていたとはビックリしました。コメントもありがとうございます。

2ヶ月で14kg減量したら、やっぱり「病気か?」って思われちゃいますよね〜。

近々坊主にするんですか!
やつれた感じで坊主頭になったら言われるかもしれませんね(笑)
Posted by metabo2008さんへ at 2009年01月22日 20:54
おや?チョコ祭り再開?と思ってしまった(笑)

でもダイエット前はこんなに甘いものが食べたいとは
思うことなく他で糖分を取っていたんですね〜

今日もあんこ〜〜食べたい!って思っていましたし
明日こそあんこもの買うぞぉ〜って。病気ですよね(爆)

少しずつ頑張っていきます〜ココ(レコダイ)にいない自分は寂しいって思うようになりました^^
Posted by kun at 2009年01月22日 21:59
またまたご無沙汰していました^^;
渡辺徹さん痩せたんですねぇ
もうぽっちゃりの頃しか知らなくてたまに
なつかしの映像でアイドル時代の痩せてかっこいい姿を見ると「全然違う!」って驚いてましたっけ・・・。
チョコ祭り続いてますね〜
私もプチチョコ祭りで最近はチロルチョコを食べて満足しています^^;
Posted by ユキダルマ at 2009年01月22日 22:02
kunさん、ありがとうございます。
今日はまたチョコが食べたくなったので買ってきてしまいました。夕食後は食べてないので祭りまでは行ってないつもりですが、今日は前夜祭で明日あたり本祭りになるかも(笑) まぁでもチョコぐらいじゃ体重には影響しないと踏んでるんですけどね(妙な自信。自信過剰?)

kunさんは「あんこ〜〜」ですか。
私の今日の朝食は、アンコでした〜。あはは。
「ためしてガッテン」でNGとされていた朝食ですね(苦笑)

それなりに行きましょうね〜。
ブログを更新しなくてもレコーディングは続けているのですから、ココ(レコダイ)にちゃんとkunさんはいますよ。少なくとも私の中にはしっかりいますから〜。
Posted by kunさんへ at 2009年01月22日 22:35
ユキダルマさん、お帰りなさいませ〜。
渡辺徹さん、一番大きくなった時よりは痩せてましたよね。それでここ数年いたように思うのですが、最近はそこから14キロ減したことになりますね。
私はトップアイドルだった当時をリアルタイムで知ってますからね〜(笑)

チョコ祭りは一度終了したんですよ。それに、今日の時点では3種類を1個ずつ食べただけなので祭り状態ではないんです(笑)祭りになると夜も食べちゃうし、「えいや!」って残りを全部食べたりしますからね〜。今のところは大丈夫かな。
ちょっとした空腹時に少し食べる程度なら、そのほうがダイエットに効果的のような気がしています。食べ過ぎなきゃチョコレート程度じゃ太らないような気がしますが、気のせいかな?
Posted by ユキダルマさんへ at 2009年01月22日 22:44
毒食らわば皿まで!

マジ部分とは当時の彼に音信不通でダイエット合宿に参加しての約20kg減をクリスマスの日にお披露目、病気だと勘違いして、涙目になるやらやら怒り散らすやら…それだけ減らしても、70kgはありましたから、そりゃ周りにいる人との温度差は…お分かりいただけるでしょう。

以上、報告でした。
Posted by たすく at 2009年01月23日 00:31
たすくさん、報告ありがとうございます(笑)

合宿中に音信不通にしていたんですね。
クリスマスにやっと会えてそんなに痩せていたら、そりゃ誰でもそうなるのでしょうね。
素敵(?)な思い出ですね〜。

Posted by たすくさんへ at 2009年01月23日 13:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)