スポンサードリンク

2008年11月04日

ダイエット[336日目]初雪!/小室哲哉、詐欺容疑/欧米で流行の断食デトックス、健康面での効果のほどは?

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-15.2kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:80.2kg
体脂肪率:24.6%
BMI:26.7
食事
朝食
豆乳野菜ジュース171 りんご30 バナナ80  コーヒー0  朝計281kcal   トイレ中2日:ゴンザレスとギャラガーが間を空けて訪問   クイックtoスロートレーニング前半10種15分:クイックプッシュアップジャンプで拍手を数回できた
昼食
焼きうどん:うどん247・油40・野菜20・イカ30  たくさん10  昼計347kcal   朝昼計628キロカロリー   くつエアロビクスDVDシェイプアップ系ハイ&ロー・プログラム45分:全然動きについて行けず。難しいけどできるようになったら楽しそう
夕食
キャベツ千切り30  ネギ納豆オムレツ150  キムチ冷奴100  イカしょうが焼き120  みそ汁(ほうれん草・高野豆腐)50  ごはん300   夜計750kcal  今日の合計1378キロカロリー
今朝の体重は400g増えて80.2kg(26.8kg減、あと15.2kg)
体脂肪率は0.1%減って24.6%

コーヒーがぶ飲みで減った1キロと1%が3日ほどで戻ったことになるねふらふら1日で1キロと1%も落ちたら、やっぱりホメちゃん(ホメオスタシス)が発動するのかな。
それに、このようにボン!ボン!と体重が増えると、摂取カロリーを増やしたのがダメだったのかも?なんて思っちゃうね。1500kcalでやっていたときは、一時的に増えてもまた落ちることが分かっていたから「大丈夫!」って思えたけど、カロリーアップしてからは、まだそのように思えない部分もあるね。ま、でも、10月後半も大丈夫だったのだから、きっと大丈夫でしょうるんるん

081104札幌初雪
上の写メで分かるかな?ついに、札幌の平地にも初雪が降りました雪
写真はこの季節にも咲いている向日葵(?)の上に雪が積もっているのですが、よく分からないですね爆弾今日は最高気温が4℃くらいまでしか上がらないようですが、明日からはまた気温も上がるので、この雪はすぐに解けることでしょう。でも、10センチくらい積もるなんてことも言っていたけどね。

次のは父が撮影したもの。
動画投稿は初めてですが見れるでしょうか?
次項有2008年11月04日札幌初雪の動画

これは結構激しく降っていた頃の写真。
081104初雪車
次のは少し降り止んだ頃。山がきれい。朝陽ですね。
081104初雪山

デジカメで父に撮影してもらいました。初雪と向日葵。
081104初雪と向日葵

雪が降ってくると、また切ない気持ちになるねバッド(下向き矢印)
少し回復してきたと思っていたのに、昨日からまた下がり気味だもんな〜バッド(下向き矢印)気持ちよく晴れる日が少ないからかな?日が沈むのが早くなって暗くなるのが早くなったから?どんどん寒くなるからかな〜?
まぁ、こんなこともあるでしょう。
今日も頑張ろうっとexclamation

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081104-00000002-yom-soci
小室哲哉氏が5億円をだまし取ったとして、詐欺容疑で取り調べをされています。びっくりがく〜(落胆した顔)
こんなことするようには思えないから、誰かに利用されただけなのでは?って思うのですが、どういうことなのかな〜。
「人生いろいろ」だな〜。


米国西海岸からタイまで、世界各地の豪華リゾート地では、体内から有毒物質を排出する「デトックス」効果をうたった断食コースが健康志向の観光客の間で大人気なんだって。ホントかな〜exclamation&question

 欧州で流行している低下価格の断食コースは、水以外は何も口にしない完全絶食ではなく、フルーツジュースや野菜スープのみを摂取するものが多い。こうした断食には医師の管理が不要なため、営業的に提供が容易という事情もある。だが、1日の食事が野菜スープ一杯や水で薄めたフルーツジュースだけでは、必要な栄養摂取量をとうてい満たすことはできない。こんな方法が、果たして本当に健康的と言えるのだろうか?

1日2日のプチ断食なのに、必要な栄養摂取量を問題視するのはナンセンスだと思うんだけどね。

多くの断食セラピーのエキスパートが語る断食効果のキーワードは「デトックス(解毒作用)」んだって。
でも、断食のデトックス効果は証明されていないうえ、栄養摂取の調節機能のバランスを乱しかねないなど、むしろ有害である可能性が高いと指摘されています。

 現在、欧州では断食と並行してトレッキング(山歩き)を行うプログラムが流行中だが、これについてもメルシオールさんは低血糖を発症する恐れが高いと警鐘を鳴らす。12時間近く絶食した場合、肝臓内のグリコーゲン(体内に蓄えられた糖質)を消費し尽くし、血液中の糖分濃度が著しく低下する。これにより、低血糖の危険を察知した筋肉や脳などの臓器は必死に糖分を取り入れようとするため急激に血糖値が上昇してしまう。

 しかし、「トレッキングにはデトックス効果があるし、危険もない。軍隊での訓練とは違う」と、フランスで「断食とトレッキング・プログラム」を提供する自然療法士のダニエル・カザール(Daniele Cazal)さんは反論する。「トレッキングでは、例えば、美しい郊外の景色を楽しむことなどで、食べ物に頼らずに空腹を満たすことができる」

 一方、フランスでの「断食ブーム」仕掛け人の一人、デジレ・メリアン(Desire Merien)さんは、「どこにも過激な自然健康法に走る人間はいるものだ」と述べ、こうしたプログラムの提供者は、断食が行き過ぎないよう配慮する必要があるとの意見だ。
 
 いずれにしても、断食コースは日常生活における不摂生の改善にはならないという点では、栄養学者も自然療法士も一致している。


胃腸を休めるのには良いことかもしれないけどね。
二日酔いの時なんかだと、朝も昼も軽いものにするとか、抜くなんてことはあるよね。胃腸に疲れを感じたら、1食2食抜く程度の断食(?)なら効果があるような気もするけどね〜。豆乳野菜ジュースでも飲んでいれば大丈夫じゃない?普段、必要以上に食べているのなら大丈夫だと思うけどね。デトックス効果があるのかどうかは分からないけどね。

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
二つのブログランキングに参加しています。他のブロガーさんはどんな調子かな?るんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
※クリックすると新しいウィンドウで各ランキングを見れます
posted by マカロン at 10:36 | 絶好調絶好調 | Comment(20) | TrackBack(1) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
恒常性のせいにするのはやめません?
Posted by hapo at 2008年11月04日 11:51
hapoさん。
恒常性のせいにはしてません。
やっぱり戻そうとするものなのかもって思ったので書いただけです。1日で1キロとか1%も減ったから恒常性が働いて戻しているのかなと思うことがいけないとも思いませんし、恒常性のせいだけで戻っているとも思ってませんし、恒常性のせいだけの可能性だってあるかもしれません。
恒常性のせいだけにするのは以前にhapoさんから指摘されてからはやめていますし、ホメちゃんのことを書くとまた指摘されるのかもしれないな〜と思いながら書きました。
Posted by hapoさんへ at 2008年11月04日 13:22
批判しているつもりでいったわけではありません。
失敗する人は何かのせいにする人が多いので、せっかく自分でがんばっているんだから、何々のおかげ、何々のせいと言ってもらいたくないんですよね。
太ったのも自分のせいなんだし、痩せるのも自分の力という事です。(恒常性も自分のおかげといえば自分のおかげのなかもしれませんけどね)
Posted by hapo at 2008年11月04日 13:28
hapoさん、ありがとうございます。
そういうお気持ちで書かれたコメントだったのですね。
コメントを書いていただくだけでありがたいことですから、書いてくださった方に何か言う権利はないのですが、hapoさんが書いてくださるコメントは真意が掴みにくいケースが多いのです。ぶっきらぼうな感じで一言だけお書きになることが多いですよね。今回のような温かい気持ちで書かれていたのだということを知り、失礼ながらhapoさんは損をしていると思いました。せっかく温かく優しい気持ちで書いてくださったコメントが、そのようには伝わっていないからです。他の方のブログへのコメントも同じように感じてました。

だからって、どういうコメントを書いてくださいなどと言う権利もないのですが、文字だけのコミュニケーションだと誤解を生むことが何倍にもなると思っているんです。hapoさんが優しい気持ちから書かれているのだとしても、そのように伝わっていないとしたら、どちらにとっても悲しいことだと思うのです。

って、ちょっとウザいですね。すみません。
このお返事も真意がきちんとhapoさんに伝わるのかどうか分かりませんが、お気を悪くされた場合は申し訳ございません。hapoさんのことをどういう人か分かっている人とのやり取りなら大丈夫なのでしょうが、なにせ、ネットの世界ですからね。どういうニュアンスでコメントされたのかが分からないことがありますから。

偉そうに意見して申し訳ありません。
Posted by hapoさんへ at 2008年11月04日 14:00
さすが北海道、初雪と向日葵が同居するんですか?!本州では考えられないですね。

人のせいにしたいですよ、できるもんなら。それはできないし、しちゃいけない。

うまくは言えないけど、自分を見つめるための1つの要素であるはずの恒常性。停滞中の私は、自分を変える脱皮の要素としてみてますよ。でも、それが全部じゃない。


ケトーシス怖いのたすくは、プチでも断食には反対です。1食くらいなら抜いても問題はないでしょうけど、2〜3日ほとんど何も口にせずと言うのはねぇ。

終了してからの食生活がまともならばいいですけれど、終わってまた不摂生が続くのなら、その分の栄養不足はどこで取り返すの?って思いますし、糖尿病を持ってる人が知らずに断食なんぞしたら、命にかかわるから。
医療機関に準じないところが簡単にオープンできるのならますます危険です。
Posted by たすく at 2008年11月04日 16:02
たすくさん、ありがとうございます。
いや〜この向日葵って普通(?)の向日葵とは違う種類のような気がします。夏にだけ咲くような向日葵はとっくに種になって枯れてますもんね。だから北海道とは言え、珍しい光景かもしれません。

ホメちゃんのことを言えるのは、やることを一応やってるからですよね。何の努力もしていないのに、「これはホメちゃんのせいだ!」とは言えませんから。何が原因なんだろうとかって考えると、何らかの理由にとりあえず決めておきたいことはありますね。ハッキリした理由は分からないのですけどね。

「自分を変える脱皮の要素としてみる」か〜。
もう少し咀嚼してみますね(笑)。
あ!自分の取り組みのどこが悪いかってことを考えるきっかけになるモノって感じの意味かな〜?

2〜3日ほとんど何も口にしないという経験はないのですが、どんな感じでしょうね。りんごダイエットの経験はあるので、あれに近い感じかな〜。
ケトーシスは心配になりますよね。
そうなんですよね。また断食すればいいから、普段は不摂生となると、「太ったらまたダイエットすればいいや」と思っていた私と同じことですもんね。

糖尿病を持ってる人がみんなきちんとした知識を持っているとは限らないわけですもんね。
医療機関のチェック無しにできてしまうギリギリのところが一番危ない感じですね。
Posted by たすくさんへ at 2008年11月04日 16:24
こんばんわ。
雪のなかの向日葵、「ガンバレ」って言いたくなりますね^^。
貴重な画像、ありがとうございます。
紅葉の写真もすごくキレイ。

デトックスっていう言葉が独り歩きしてると最近思います。
何年も蓄積されたものがにわか断食で浄化されるわけがないと思いますし、きちんと栄養を摂取して機能できる体を作って循環させてこそ、ですよね。

あ、体重増加の件は本当のところはマカロンさんのカラダのみぞ知るですが、カロリーオーバーのためというよりも筋肉が肥大して増えたとも考えられるし、体内で組成が置き換わる過程かもしれないですよね。停滞ののち、体重がストンと落ちることもままありますし。
やるべきことをやっていれば数値はあとからついてくると思ってます。
数値がなかなかついてこなくても、引き締まったという実感があればOKじゃないでしょうか^^。
(と、ほとんど数値が動かなかった9月の自分の経験をモトに語ってみましたー)

Posted by もなか at 2008年11月04日 17:24
もなかさん、ありがとうございます。
この向日葵。これから雪が降り積もると押し潰されちゃうんでしょうかね〜。そして春にまた出てくるのかな〜。見守り続けてみようと思います。

たしかにデトックスって言葉は都合よく使われてるような気がしまう。「汗をかけば毒素が出てデトックス効果があります」なんてことをよく見聞きするようになりました。広い意味でそうなのかもしれないけど・・・。
断食した後は吸収率も上がるでしょうし、飢餓感から食欲も増して、逆効果にもなりそう。

そうなんですよね。2,3日増えただけで心配しているわけではないのですけどね。比較的大きな幅で増えてるから、何が起きてるのかな〜って思うわけです。増えたり減ったりしながら下がっていくことはこの11ヶ月で分かっていることではあるんですけどね〜。
数値がどうであっても引き締まって身軽なら問題なしなんですもんね。中2日でゴンザレスがギャラガーも連れてやってきたので、体重も減るかもしれないですしね。

もなかさんの経験をモトに語ってくださってありがとうございます(笑)。もなかさんの中でも確実に変化が起きてますよね。
Posted by もなかさんへ at 2008年11月04日 18:03
ありゃ〜、そちらはそんなに積もったんですね
積もるほど、こちらは降りませんでしたよぉ〜

寒いのは寒かったですけどね〜
明日も寒かったの?そっかぁ〜気分落ちるよね。
今に慣れて冬になっていくんでしょうけど
雪が降ると白いから夜も反射効果か明るい感じがするから
結構、好きかもね^^
今が日が沈むのも早いし朝も暗いからね〜
Posted by kun at 2008年11月04日 20:46
kunさん、ありがとうございます。
今日はこっちだけが積もったみたいですね。
さっきも降っていたので、そこそこ積もったかも。

冬のせいというわけでもないのでしょうけど、何だか最近はダメですよ。1年が終わっちゃうからかな〜。

そうそう。宮沢賢治の世界ですよね。「表が妙に明るいのじゃ」っていうのが冬ですもんね。一面の雪になった方が晴れればギラギラに照り返すから気分も上がるかもしれないですね。
Posted by kunさんへ at 2008年11月04日 20:58
わーーー雪ですね☆☆
ブログネームこそ「ユキダルマ」ですが
ほとんど雪に縁がない地域に住んでますので
感動です!
そして向日葵に雪ってなんかすごい。
この共存。
実際北国に住まれている方は大変なんだろうなぁ〜
けど南国人としてはテンションが上がってしまう画像&動画でした♪

小室さんのニュースになんだか切なさを感じました。
ちょうど全盛期に高校〜大学でカラオケに行きまくってましたから・・・悲しいなぁ
Posted by ユキダルマ at 2008年11月04日 23:35
こんばんは。
ほーいい所に住んでらっしゃるんですねー。近くに自然がある地方都市って感じですかね?

うちは13階ですぐ近くが海なんですけど、ビルとマンションでベランダからはほぼ海が見えません。
もう買い物も調べ物もネットでできるから、宝くじで3億当たったら、自然が多い郊外に住みたいですわー。


デトックスってよく聞きますけど効果がどうのの前に、普通の人が解毒?って事自体がちょっと良くわからないんですよね。マイナスイオンと同じ感じでとらえてますけど、たぶん違うんでしょう。その微妙なニュアンスの違いが理解できてないんですけど、結局は体調が良くなるって事ですよね。

それなら絶食とか極端なことはせずに、普段過食なら減らすなり消化の良いものを2・3日食べるとかで胃を休めるだけでかなり良くなりますよね。
名前を付けてさも新しい事のように本を出したり、教室を開いたり、イベント的合宿で砂に埋まってみたりと結局は商売の一環なんでしょ?。と考えるのは私が穿った見方のオッサンなだけなんですかねー。

もちろん女性と会話する時はこういう事は言いませんけどね。

Posted by 傘 at 2008年11月05日 00:44
ユキダルマさん、おはようございます。
ユキダルマさんにぴったりの季節になってきましたよ。
高校生の頃に九州にも雪が降ると聞いてビックリした記憶があります。
「向日葵に雪」は私も初めて見るような・・・。
初雪はテンションが上がるんですが、冬はやっぱり大変なんですよね〜。ウィンタースポーツも苦手だし。
でも冬の素晴らしい季節なので春を待ちながら楽しみたいと思います。

小室さんのニュースは、ホント、切ないですね。
何年周期でヒットするので、また何年か経てば出てくるんだろうな〜って思っていたのに、「貧すれば鈍す」ですかもしれませんね。
Posted by ユキダルマさんへ at 2008年11月05日 09:04
傘さん、おはようございます。
ですね。札幌でも外れの方です。

「13階ですぐ近くが海」というのは憧れる響きですね〜。でも、ビルとマンションでほぼ海が見えないのは残念。都会に住まれているのですね。お洒落〜。
3億当たったら、都会と郊外に家を持つのがいいのかも。

デトックスの毒素とか解毒って、インパクトがあるから本当かどうかは関係なくなっちゃいますね。「なんだか凄そう!」ってことだけ一人歩きするというか。宿便という考え方も日本にしかないって聞いたことあります(解剖してもそういうものは無いらしいですけどね)。
たしかに、マイナスイオンとかと同じ感覚がいいのかもしれないですね。「おまじない」とか「思い込み」に近かったりして。

そうですよね。1食を果物や野菜にするだけでも胃腸にはいいですからね。この記事もフルーツジュースや野菜スープは飲むようなのですが。

いや〜やっぱり、商売の一環のものが多いのでしょうね。きっと同じ人が手を変え品を変え、時流に合わせていろいろとやるのでしょうからね。

あはは。女性と会話する時は十分お気をつけください。(笑)
Posted by 傘さんへ at 2008年11月05日 09:19
ああ、やっとつながったのでご報告します。恒常性っていうのは私の中で努力でも越えられない壁のための鎮静剤だわ。

どんなに自分が努力しても停滞することはあるわけで、むしろ頑張ってるほうが揺り返しとしての停滞に陥りやすい。(女性は月の引力もあるし)

真面目に取り組んでいる分、減らないことのストレスは大きいんですよ。違うことをやってみてストレス回避を試みてみるけれど、それでも減らないときには開き直って「ホメオスタシスショック!!」って叫んじゃってもいいじゃないですか。

行間の中にいろんな想いが詰まっているんです。
Posted by たすく at 2008年11月05日 09:34
たすくさん、ありがとうございます。
つながりにくかったのですね。ご迷惑をお掛けしましたね。

「努力でも越えられない壁のための鎮静剤」ですか。
あ〜分かります、分かります。
たしかにそういう感じはありますね。

真面目に取り組んでいる分、減らないことのストレスが大きくなるのも分かります。
「ホメちゃんなんかに負けるもんか!」って意味もあるし、ゴンザレス同様、ホメちゃんと呼ぶことで抵抗勢力を茶化していることもあるし、減っているときと同じように生活しているのに思うように減らないと、「何でやねん!」って思うから、「ホメちゃんめ〜!」って悪態ついてストレス解消しているのかも。
「鎮痛剤」がピッタリかもしれないですね。
そのうち減ることが分かっているけど、いったいいつまで待てばいいのか?とか、本当に減るの?なんて思ったりもしますしね。ホメちゃんを仮想敵にすることで頑張れる部分もあるし。自分や食べることを敵にするわけには行きませんもんね。となると外的要因を攻撃することになるわけで。自分の食事内容とかを見直すことも必要なのかもしれませんが、とりあえず悪態をついておくのが人間ですもんね。(と、仲間に引き込む?)

行間の中にいろんな想いが詰まってますよね。

追伸 昨夜からBS「アニメ夜話」やってますよ。気づいていなかったのですが、放送時間前にたまたま気づいたので見れました。関係ない話でしたらスルーしてくださいね。
Posted by たすくさんへ at 2008年11月05日 10:08
冬のひまわりを見て思い出したことがありました。

そろそろ仕事が繁忙期に入ってきて、運動の時間が削られてきてストレスが徐々に押し寄せてきているのですが、このままでは去年のストレス太りの二の舞になってしまうー!
と、イラっとしてたのですが、ストレスで痩せたこともあったのでした。
社会人になって3年くらいのころ、このころも本当仕事がハードで、ダイエットしなくても自然にやせていきました。
その次は、母が脳梗塞で倒れたと同時期、私は父を亡くしたのでした。よく働き、その10倍くらい、ものすごーーーーーーく遊ぶオトコでもありましたので、その余波をまともに食らった母と私の人生はほんとに楽しくて楽しくて(泣き笑い)。
母は父の看病を献身的にした結果、罹患しました。
両親を一度になくすかもしれなかったあのころ、ここには言えないような事情も抱えて、絶望的な選択を考えたりもしました。
その選択をせずにいたからこそ、今、ここに存在しています。このころはよく泣きました。辛いことよりも人の温情が身にしみて。いろんな人が私と母を生かしてくれました。
まあ、そんな状況だったので、ゲッソリやつれたものの、母のものすごい回復とともに私もものすごいリバウンドがあったりして^^;。

と、考えていたら、やはりストレスで太るのもやつれるのもバネにするのも自分次第なんですね。
ならば、絶対に二の舞にはしない。

今日は私の誕生日でもあります。
いろんな人に今日も感謝できることに感謝。

いつもとりとめのない話を聞いてくださってありがとうございます^^。



Posted by もなか at 2008年11月05日 16:07
もなかさん、お誕生日おめでとうございます!
もなかさんのお誕生日、何だかとっても嬉しいですよ。
11月5日なんですね。
お父様、お母様のお話。
もなかさんのお辛かったときのお話。
話してくださることも嬉しく思いますよ(嬉しいなんて失礼ですね)。
前にも書きましたが、やっぱり苦しい時期を乗り越えているから、もなかさんからは強さを感じるのでしょうね。もう二の舞はありえないような気がしていますよ。
今日という日が、もなかさんにとって、楽しくて幸せな1日になることを願わずにはいられません。
本当にお誕生日おめでとうございます。

あ!でも、冬のひまわりを見て思い出した理由が書かれてませんよ(笑)。
あ、そっか。雪に負けないように咲き続けている向日葵の頑張っている姿を見て思い出したんですね。ひまわりに関するエピソードがあったということではないですね。
「行間の読めない男」で「GY」でしょうか?ガハハ。
Posted by もなかさんへ at 2008年11月05日 16:24
あたたかいお言葉をありがとうございます^^。
マカロンさんは行間をきちんと汲んでくださる方ですよ。
そう、冬のひまわりの件、私こそ感覚で文章をつなげてしまい、申し訳ありません^^;。

昨日は残業のあとにジムで新メニューのためのカウンセリングという誕生日モード皆無だったのですが、トレーナーさんに「きちんと結果を出してるもなかさんのメニューを組むの、楽しみにしてました」との言葉を頂き、何よりのプレゼントでした。
ジムに行くことを決意したときに漠然と「誕生日には標準体重になってるといいな」と思ってたので、自分へのプレゼントは今のカラダということで(笑)。
ごちそうはまたの機会に誰かれとなくおごってもらうことにして(笑)私にはとてもいい日となりました。
新メニューはきついーと思ったのですが、それほどの筋肉痛もなく、やはり多少はそれなりのカラダになってきているのですね。
マカロンさんはどなたあてのお返事もいつもとてもあたたかいと思いますよ、そのお気遣いにはアタマがさがります。
いつもありがとうございます。

Posted by もなか at 2008年11月06日 10:59
もなかさん、ありがとうございます。
謝らないでくださいね。
きちんと考えれば分かったことなので、きちんと伝わりましたから。

トレーナーさんからいただいた言葉は、素晴らしい誕生日プレゼントですね。「誕生日に標準体重にること」を目標にされていたのですね。

おごってくれる人がそんなにいるなんて羨ましい(笑)
美味しいものをご馳走してもらえるといいですね。

新メニューきつそうですね。
でも筋肉痛がないのは成長の証でしょうか。

もなかさん、面を上げてください(笑)
みなさんにコメントしていただけることが本当に嬉しいんですよ。
こちらのほうこそ、いつもありがとうございます。
Posted by もなかさんへ at 2008年11月06日 11:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

黒烏龍茶72本セット
Excerpt: SUNTORY 黒烏龍茶 【72本セット】販売価格¥10,500健康診断で医者に「お肉とかちょっと食べすぎかもしれませんね…でもこれから控えてくださいね!」なーんて言われてしまった…。仕方がない食生活..
Weblog: ダイエットサポートショップ
Tracked: 2008-11-05 01:09
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)