スポンサードリンク

2008年10月10日

ダイエット[311日目]仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか/陣内孝則 11キロ減/柔道石井「天皇陛下のために戦いました」

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-16.3kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:81.3kg
体脂肪率:26.2%
BMI:27.1
食事
朝食
豆乳野菜ジュース171 りんご15 バナナ80 朝計266kcal  スローtoクイックトレーニング後半10種20分
昼食
しじみみそ汁36 牛丼:ごはん300・牛丼の具210・生卵80 蒸しケーキ124  昼計750kcal  朝昼計1016キロカロリーバースデーご飯は見た目よりカロリーがあったね。蒸しケーキが余計か。「本当に食べたいのか?」って自問しなきゃねパンチ  くつその場ウォーキング30分
夕食
みそ汁50 いかゲソ素揚げ60 トマト10 ササミとチーズ40 納豆60 もずく酢10 煮物:玉子80・ジャガイモ60・さつま揚げ80・こんにゃく5  夜計455kcal  今日の合計1471キロカロリーで合格決定昼のカロリーが多かったのでお米食べず。おかずがいっぱいだったのでお米がなくても量は十分手(チョキ)
今朝の体重は700g減って81.3kg(25.7kg減、あと16.3kg)
体脂肪率は増減なく26.2%メモ

先日購入した「仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか」を読みました本


仕事ができる人すべてが筋トレをする、ということを書いている本では当然ながらありません(笑)。パーソナルトレーナー(個人トレーナー)をしている著者・山本ケイイチ氏がその経験から、「仕事ができる人は、トレーニングをやっても優秀である」と気づき、ビジネスもトレーニングも、成果を上げるための方法論がまったく同じであると説いている本ですね。

山本ケイイチさんが伝えたいのは大きくこの二つとしています。

 1.トレーニングの原理原則
 2.よいトレーニングを続けるための考え方

この本を読むことで、トレーニングについて一生役立つ正しい原理原則と、成功者の考え方を身につけ、シャープでタフな精神と、鍛えられた筋肉を兼ね備えた「ビジネスアスリート」を目指してほしい、としていますかわいい

読んでみると、確かに、筋トレもビジネスも、成功するためのアプローチ方法が同じであると感じますが、ダイエットにも共通するし、その他どんなことでも同じ原理原則なんだろうなって思いましたぴかぴか(新しい)

筋トレがもたらすメンタル面での効果についてもいろいろと書かれていて、ビジネスに与えるメリットが大いにあることが分かります。
また、トレーニングを継続させるための気持ちの問題などについても触れられているのは、パーソナルトレーナーとして苦心されていることが伝わってきますひらめき

筋トレや有酸素運動、食事や睡眠、ダイエットなどの原理原則も書かれていたので、現在、スロトレ&クイックトレーニング、有酸素運動、レコダイ(レコーディングダイエット)をしている私にとっては、知りたかったことがいくつも分かり、それだけでも読んで良かったと思える本になりましたるんるん

トレーニングの目的は「続けること」としています。
痩せることや健康になることではなく、「続けること」にしているのは、レコダイと同じですね。筋トレもダイエットもそれ相応の時間がかかるからですね時計

いや〜、ホント、いろいろ勉強になることが多いので、それらについて全部書いていたら本になっちゃうかもしれないので、びっくりしたことや疑問が解消された点だけを短く挙げます。

・運動をすると腹が減る。腹が減るのは体が栄養分を欲するサイン
・筋肉が増えるときには体内の水分も増えるので体が重くなる
・筋肉1キロを純粋に増やそうと思ったら、約1年必要
・消費カロリーが増えると食事の吸収率が上がる
・食事+筋トレ+有酸素運動が最も合理的で確実
・有酸素運動のデメリットは活性酸素で肌などの老化速度を加速する
・有酸素運動は依存状態に陥りやすく活性酸素の影響を受けやすい
・筋トレにも中毒性がありエスカレートすることがある
・成功する人は一度に多くを変えない
・食事と睡眠の質を上げる
・食事のタイミングと内容
・しっかり寝る
・成長ホルモンが出るゴールデンタイム1時間前に寝る

フィットネスクラブ、トレーナーの選び方についてもページを割いて書かれていましたが、ここは当面必要なかったのでザッと読んだだけダッシュ(走り出すさま)

トレーニングに取り組む年代別の違いなども書かれていたのは助かりました。案外、若い人と同じ考え方でトレーニングしがちだからね手(チョキ)

他にもたくさん参考になることがあったのですが、結局、筋トレは体にも心にも効果的なんだということが分かりました。最終的な目的はクロリティー・オブ・ライフ(QOL)、何のためにトレーニングをするのかということになる、と書かれていましたが、何のためにダイエットをするのかってことと同じですね揺れるハート

もう一度読みたいところですが、あと3冊と今日届くのが1冊あるので、それらを読んでからまた読みましょうサーチ(調べる)

俳優の陣内孝則さん(50歳!)が、ドラマ「小児救命」の役作りのために1カ月足らずで11キロ減量したんだそうです。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000001-dal-ent
9月17日からダイエットを開始し、体重を毎日メモするなどの方法で83キロあった体重を72キロに落としたんだそう。レコダイ(レコーディングダイエット)のようですが、1カ月足らずでマイナス11キロですから、かなり無理な食事制限をしたんでしょうね。
この体験をもとに「デイリースポーツさんでダイエット本の出版なんかどうですか?」と売り込んでいたんだって(笑)

もう一つ、ヤフーニュースから。
天皇、皇后両陛下が、北京五輪の入賞選手や競技団体関係者を皇居・宮殿の「春秋の間」に招いて茶会を開かれたニュースを昨日テレビで見たのですが、柔道の石井慧選手が「天皇陛下のために戦いました」と言ったということに、無性に腹が立ちました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081009-00000576-san-soci
本当にそんなふうに思っていたのならいいのかもしれないけど、そうじゃないでしょ。ということは陛下に冗談を言ったってこと?軽くふざけたってこと?
「天皇陛下のために」と戦争に行ったり行かざるを得なかった若者がたくさんいたことを彼も知っているよね?

金メダル獲得後のインタビュー直前に他のマイクに入った声で、「これで生きて日本に帰れます」と言っていたのを、すごく違和感を感じていたんだけど、帰国後のいろいろな発言などは「若気の至り」だからしょうがないかと苦笑しながら我慢してましたが、昨日の発言には我慢できませんでした。

戦争に実際に行かれた方やその遺族だって、この発言は許せないのではないだろうか。発言というか、陛下に直接言ったことがだね。陛下は笑っておられたと言ってますが、陛下だってどう思われたか・・・。

若いからしょうがないんだろうけど、チヤホヤしてるだけではダメじゃないのかな?前日にすっかりしょげ返って記者会見していたのに、すぐにこれだもんな〜!昨日のこの発言にこんなに反応する私がおかしいのかな〜。世論はそんなに問題視してないのかな?それなら私が考え方を変えるしかないのかもしれないけど・・・ちっ(怒った顔)

いつも応援ありがとうございますハートたち(複数ハート)
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ 人気ブログランキングへ
よろしければ、どちらも応援していただけると嬉しいでするんるん
posted by マカロン at 11:09 | 絶好調絶好調 | Comment(14) | TrackBack(0) | 本・書籍・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちわー。
本、昨日探したけどなかったんですよー。
今日別の本屋も当たってみます。

「続けること」

まさに私もそれが一番の要だと思ってます。

減量はひとつの過程に過ぎない。

有酸素のやりすぎによる弊害は知ってたのでもともと多くの時間を割く気はありませんでした。
筋トレも、過去は1日10分を1年で13kg痩せられたので、今回も15分でいいだろうとは思ってたんです。
先日友人がジムで新たなメニューに変えてもらうためのカウンセリングを受けていて、なぜか私の話題になり、「もなかさん、ここ2,3ケ月でスゴイ痩せましたよね」とか言ってくれてたようです^^;。
9月はほとんど動かなくなった体重、その間も筋肉くんは育ってくれてたんですね。

いつもわかりやすいレビューを、ありがとうございます。


Posted by もなか at 2008年10月10日 11:45
もなかさん、ありがとうございます。
本、見つからなかったんですね。
新書なので目立たないのかも。
でも、買うのなら目次などを見てからにしてくださいね。もなかさんなら既知のことばかりかもしれませんから。

「続けること」は、筋トレもダイエットも同じですね。もちろん仕事も。あ、人生すべてかも(笑)

活性酸素が害になるのは知っていましたが詳しいことは知らないんですよね〜。やりすぎはよくないってことになるのでしょうか。筋トレも食事も有酸素も、人生も、バランスが大事なのでしょうかね〜。

1日10分で1年13kg減を経験していたから、今回は15分でいいという判断ができたのですね。私はそういう経験がないから判断基準もないので、もなかさんの経験談は助かってます。

もなかさんのことを、多くの人がウワサしてるみたいですね(笑)。会社の人もそうだったし、ジムでも。
体重が動かなくても、しっかり、もなか筋肉くんは育っていたのですね。

自分の気になったところを書いただけなのでそんなことないと思うのですが、「いつもわかりやすい」と言っていただいてありがとうございます。
Posted by もなかさんへ at 2008年10月10日 13:12
こんにちはー

今日は76.3キロで初の76キロ台前半で体脂肪も26.1%だったので体脂肪重量が19.9キロだったのでついに20キロをきりましたー♪

石井の発言には自分も腹が立ちましたよー
若気のいたりというか単なる無知と言うか
聞いてて腹がたちました
かなりガキだと思います
って石井よりガキの僕が石井のことを
ガキというのはどうなんでしょうかね(笑)
Posted by リョウ at 2008年10月10日 13:27
こんにちわー。
スロトレ方式で鍛えている友人と、マシンを使う私の筋肉のつきかたが違うという事実。
スロトレってほんとに効率的に太い筋肉が育つようです。
こぶしにチカラを入れて、カラダにきざまれた筋肉スジの走りかたを比べる女子二人(苦笑)。
脚も、私よりか、彼女のほうが短距離ランナーちっくになっているんですよねー(意外とたくましい)。

マカロンさんの体内も、すでにたくましい筋肉が育っているはず!!(←ここ、ゴシック極太字で)

と、それだけを報告したかったわけです^^;。
Posted by もなか at 2008年10月10日 13:38
リョウさん、ありがとうございます。
体脂肪重量、20キロをきりましたか!おめでとうございます!!
それもまた嬉しいですね。

石井選手の発言、リョウさんも腹が立ちましたか。
私だけではないんですね。
テレビのニュースなどでも、「微笑ましい話題」のような雰囲気で報道されていて、キャスターもコメンテーターも苦言を呈さないものですから、「自分だけ?」って思ったりしてました。
ネットを見ても、好意的な人もいるようですけどね。

石井選手の場合は、相手を喜ばそうとサービス精神が旺盛すぎての失敗かもしれなくて、気が弱い小心者だからかもしれないのですが、やっぱり子供だし無知だからって感じを受けます。

でも、こういうことって年齢の問題じゃなくて、人間の問題ですよね。いくつになってもだめな人はだめで、政治家だっていつの時代でも問題発言をする人はいるし、その人って何度叩かれても変わらないですもんね。自分で気づかない限り無理なんだと思うのですが、石井選手はまだ若いから、直せると思うんだけど。

でも、自由奔放なアスリートというのもいてくれたほうが面白いことは面白いんですけどね。いろんな人がいるほうが世の中は面白いと思うし。
結局は好きか嫌いかになるだけなのかなぁ・・・。
Posted by リョウさんへ at 2008年10月10日 15:22
もなかさん、ありがとうございます。
スロトレ方式だと筋肉のつきかたが違うというのは興味深い発見ですね。面白い比較だな〜。
筋肉スジの走りかたを比べる女子二人、微笑ましいですね(笑)。

スロトレの効果・効率の良さは、私も実感しています。
始めて2週間後の体型写真でも違いがすぐに出てましたもんね。
負荷が軽くていいし、時間も短くていいので、本当に素晴らしい方法だと思います。

でも、スローtoクイックをするようになって気づいたんですが、クイックトレーニングをプラスしたほうがさらに効果的なんです。

スローばかりだと動きもスローしかできなくなるような気がします。クイックを一緒にやるようになってすぐに、体が軽くなったことに気づいたんです。軽くなって素早く動ける感覚ですね。

なので、スローで筋肉を効率よく大きくするとともに、クイックで速く動けるようにしたほうがいいような気がしています。私個人の感覚だし、こういうことを書いている本やサイトにはまだ出会っていないので間違っているかもしれないんですけどね。(「スロー&クイックトレーニング」本のコーディネーショントレーニングの説明に一部似たような記述がありますが)

ただ、クイックをやるには、スローである程度鍛えてからじゃないと無理なんですけどね。

見た目だけのためならいいのかもしれませんが、身軽に素早く颯爽と動くには、クイックトレや別の運動が必要になるのかもしれないな〜と思います。

「すでにたくましい筋肉が育っているはず」と私もかなり前から思い込んでますよ(笑)

とても参考になる報告をしてくれて嬉しいです。
ありがとうございます。
Posted by もなかさんへ at 2008年10月10日 15:40
何においても継続は力って言うことですね。「継続は夢へ続く橋」とか言うとかっこいいかも。

今日はなぜか(たぶん、ブロック崩しを見つけて久々にやりすぎたせいだと思われますが)左肩が痛くて上がりにくい。こんな日はフラもお休みしようかなぁ〜という気になるけれど、こんな日こそやるとすっきりするんだろうなぁ。洗濯物やっつけてがんばろーかな。

石井選手の発言を直接聞いた訳ではありませんが、たぶん心が痛む年代が高いためにあまり大きな声で言わないのではないかという気がします。
かつて倖田来未さんの発言では、若い女性にかかわることだったので、活動自粛まで発展しましたけれど。

言葉の重みがわからないと治らないので、そのことで先の道まで絶たれないことを祈ります。



Posted by たすく at 2008年10月10日 16:23
たすくさん、ありがとうございます。
「継続は夢へ続く橋」ですか。いいっすね〜!
レコダイで大切なのも記録を続けることですもんね。

ブロック崩しですか!懐かしいけど、左肩が痛くなるほどやったんですね(笑)
面倒だな〜とか思っても、やればスッキリすることが分かっていたら、どうにかやれちゃいますよね。イヤイヤだったらやらなくなるだろうしね。

心が痛む年代が高いためにあまり大きな声で言わないというのはそうかもしれないですね。

倖田来未さんのあの発言は、彼女にしてみたら常識だと思っていたのでしょうね。当たり前にみんなもそう思っていることだって疑っていなかったら、悪いことだと思わないから平気で言えちゃいますもんね。

言葉のせいで先の道が絶たれることもありますもんね。
そうなってから学ぶより、そうならないうちに気づいてほしいものです。
Posted by たすくさんへ at 2008年10月10日 21:06
こんばんわー。
朝昼晩、すみません(汗)。
本ありましたー!!
トレーニングにはもちろん、仕事のモチベーションを上げるのに役にたってくれそうな気がして、目次見て即買いしました!
冬場の仕事の重圧とストレスを、この本読んで軽減できそう。マカロンさん、ありがとう!!
私の場合、トレーニングのモチベーションは十分なんで。
そして。
54.70kgになりましたー!!
ウエストも先週から1センチダウン。
でもトレーニング後の血圧の高いほうがまた90切って、「顔、いつもより白いっすよ」っていわれたんで、がんばってお肉食べました。
また55に戻ることもあると思うけど、定着を目指してがんばります。



Posted by もなか at 2008年10月10日 21:48
もなかさん、朝昼晩ありがとうございます(笑)
本、買ったんですね〜。思ったとおり、もなかさんにピッタリの本だったようで安心しました。ホッ!
ありがとうだなんて、とんでもないっす。
トレーニングのモチベーションは心配していないのですが、突然ガクってくることもありますしね。

おお!54.70kgですか!!
ウエストも1センチダウン!!!
おめでとうございます!!!!

あらら、でもまた血圧90切っちゃったんですね。
顔が白いというのも、もなかさんが一番残念に思っていることでしょうね。それとも美白なのかな〜。

私も80切り目指して頑張ろうっと!
Posted by もなかさんへ at 2008年10月10日 22:39
その本今日パラパラと立ち読みしてみましたよ〜。
伊達さんの本より先に、方々で見つけてしまったので(汗)
そもそも伊達さんの本を新書だと勘違いしてたのがいけないんですが〜。
有酸素運動の弊害とか、食事と睡眠の質、タイミングのあたりとか気になる感じ。
全部はさすがに見てないので、気になる所からパラパラまたしてきます。
有酸素運動が依存状態に陥るっていうのは分かります。
なんか始めてしまったら、やめれなくなるし。
やりすぎが良くないと知ってからは、あまり長時間に渡るのは避けてるけど
歩数計があって、地味にマイル稼いで遊んでる部分もあったり
普段動かなかった分、意識的に動きたいな〜とか
家にいるより外がいいからって理由で動き回ってる感じですね。
もう少し、筋トレの内容が充実できたり
ジムに通ったりするようになったら
有酸素運動も質をアップしたり、効果的に時間を使いたいって気もしています。
普段歩き回るのは、結構当たり前な感じになってるし慣れちゃいましたからね!
Posted by ツバキ at 2008年10月11日 00:41
ツバキさん、ありがとうございます。
この本、立ち読みされたのですね。
結構、気になる見出しがあったでしょ。

伊達さんの本を新書だと勘違いしたのは、私が紹介した「夜中にラーメン〜」が新書だったからかも知れませんね。

有酸素運動も筋トレも、やっぱり快感物質が出るのか、気持ちいいですもんね。そうなると依存状態になるのは無理ないような気がしています。
始めてしまってやめれなくなるというのは、恐怖感もありますよね。やめたら痩せないんじゃないかっていう恐れが私にはありますね〜。

長時間は悪いのかもしれないけど、でも昔の人はたくさん歩いていたから健康だったとも言われますし、今日読んだ本には、活性酸素の良い面も書かれていました。
無理しているわけではないのですから、歩きたいだけ歩けばいいと思いますけどね。運動した分はカロリーが消費されるんだし。
なにより気持ちいいんだから、やるなと言われてもやりますもんね(笑)
Posted by ツバキさんへ at 2008年10月11日 01:47
順調でいいですね?自分は94キロ〜85キロ?までダイエット(1ヶ月で)しましたが、あと15キロかな?
70キロか?69キロくらいまで痩せないと現場監督業も苦しくなってしまいそうなんで・・朝食バナナ作戦で頑張ってます。
Posted by 智太郎 at 2008年10月11日 11:22
智太郎さん、ありがとうございます。
智太郎さんこそ順調ですね。
半身浴とバナナダイエットで9キロ減ですか!
それも1ヶ月で!
すごいですね〜〜〜!
目標まであと15キロということは、私とほぼ同じですね。
1ヶ月で9キロ減は反動があるかもしれませんが、無理せず痩せてくださいね。
Posted by 智太郎さんへ at 2008年10月11日 14:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)