スポンサードリンク

2008年08月25日

ダイエット[265日目]マイケル・フェルプス、1日1万2000kcal/ダイエットやめたらヤセちゃった

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-18.3kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:83.3kg
体脂肪率:27.5%
BMI:27.7
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166 桃・トマト30 朝計196kcal
昼食
おにぎり(シャケ・たらこ)360 わさび漬け10 チーズおかき51 昼計421kcal 朝昼計617キロカロリー
夕食
ごはん200 みそ汁50 豚肉しょうが焼き240 ギョーザ200 キャベツ・きゅうり・コーンサラダ30 夜計720kcal 今日の合計1354キロカロリーで合格決定
おやつ
ブラック缶コーヒー×2
今朝は体重・体脂肪率とも増減なく、83.3kg(−23.7kgあと18.3kg)、27.5%でした。
ずっと減っていたので、そろそろ一旦止まる頃だったでしょう。また明日から減ってくれるといいな〜。

脱デブ夜中にラーメンを食べても太らない技術を注文したことは書きましたが、もう一冊注文しちゃいました。ダイエットやめたらヤセちゃったという本です。


以前から気になっていたタイトルだったし、レビューを読むとなかなか内容も良さそうだったので読んでみたくなったのです。

自分も「ダイエットさえしなかったらメガデブにはならなかったのではないか?20年以上前の最初のダイエットさえしなければ・・・」と思うところがあるので、どんなことが書かれているのかとても楽しみるんるん

本の紹介やレビューを読む限りでは、おそらく、「体の声を聞いて食べれば良い」という内容だと思うので、レコダイ(レコーディングダイエット)に通じるものがありそう。

今年の秋は「食欲の秋」ではなく「読書の秋」になりそうですぴかぴか(新しい)

「レコダイの秋」でもありますねかわいい応援ありがとうございまするんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ

北京五輪が終わりました。
甥っ子姪っ子が来た7月27日から続いていた「お祭り」イベントが、オリンピックの閉幕でやっと終わったような気がします。4週間かな。
お祭りが終わるのは寂しいですね。札幌はすっかり秋の空気になってもいますので、ますます寂しい気持ちになります。

今回の北京オリンピックの主役と言えば、マイケル・フェルプスとウサイン・ボルトということになるのかな?
そのマイケル・フェルプスですが、なんと、一日の摂取カロリーが1万2000キロカロリーなんだそうですexclamation

イギリスの新聞ガーディアン紙によると、マイケル・フェルプスの驚異的な運動能力は1日5時間行われるトレーニングと大量の食事によるものとして、その食事内容が紹介されていました。

まず、朝食。
3個の卵を炒めて、チーズやレタス、トマト、タマネギ、マヨネーズと一緒にサンドイッチにしたものから始まり、2杯のコーヒーと5個の卵を使ったオムレツ、グリッツ、オートミール、砂糖を乗せた3枚のフレンチトースト、最後に3枚のチョコチップパンケーキを摂取。

昼食
500グラムのパスタ、ハムとチーズを入れてマヨネーズを大量にかけた巨大サンドイッチを食べ、エネルギーが足りないときは1000キロカロリーの栄養ドリンクを摂取。

夕食ではさらに500グラムのパスタとピザを丸ごと1枚、そしてもう1度1000キロカロリーの栄養ドリンクを飲んでベッドに向かうとのこと。

マイケル・フェルプス氏はテレビのインタビューで「食べて、寝て、泳いだ。私がやったのはそれだけです」と答えたそうです。

女子シンクロナイズド・スイミングの小谷実可子さんも、現役時代はたくさん食べたと言ってました。トレーニングが過酷なのでガンガン食べないと体重が減ってしまうし、競技に必要な浮力のための脂肪も必要だって言っていたと思います。1日の摂取カロリーは6000〜8000kcalだったそうですが、フェルプスはそれ以上ってことですね。すごい。

1日5時間の練習だからシンクロなんかより短いような気もしますが、先日テレビでフェルプスの特集をやっていたのを見ると、フェルプスの練習メニューは他の人には真似できないほど過酷だと言ってましたっけ。

そのフェルプスはまだ23歳。
ヤフーニュースによると、ロンドン五輪に向けて背泳ぎや100メートル自由形に挑戦する可能性を示しているそうです。しかし、30歳を超えて競技を続ける考えはないようで、次回のロンドンが最後の五輪となることを明言しているそうです。次回は27歳か。その次(東京?)は31歳だからまだできそうだけどね。

そのフェルプスは8冠獲って7つの世界新。マークスピッツの7冠を抜いたわけだけど、前回のアテネとあわせると14個のメダルになるそうで世界一のよう。
その7冠目を決めたのは100メートルバタフライだったのですが、お墓参りに行ったので、カーラジオでレースを聞いたのです。100分の一秒の差での逆転勝利という薄氷を踏むレースだったので、映像を見たかったのですが、その夜は疲れてスポーツニュースなどを見れませんでした。

で、ネットで動画を探してそのレースを見たのですが、最後のタッチをスローモーションで見るとすごかったですね。2位になった選手はタッチする体勢に入り両手を伸ばしているのに、その時点でフェルプスはまだ最後の腕かきを終えたところで差が何十センチもあるように見えました。
ところが次の瞬間、腕を空中で素早く前に出し伸ばしたところがゴールの壁だったんですね。水中で腕を伸ばしていた選手より空中を行ったことでフェルプスが大逆転できたんですね。それでも、やっぱり負けているように見えるほどの差でしかありませんでしたけどね。ぴったりタッチを合わせたってことなのかな。このレース、見ている人は絶対負けたと思ったでしょうね。

それにしてもフェルプスの食事。
現役を引退したあとも、そのままの食事を続けたら、とんでもないことになるでしょうね。
また、過酷なトレーニングで消費できているとは言え、それだけの量を食べるのは負担が大きそうだし、消化するのも体への負担が大きそう。内臓が強いんだろうな〜。
楽天の野村監督が、「良い選手はたくさん食べる」って言ってたけど、内臓が強くないとだめなんでしょうね。

私も内臓は強いと思うけどダッシュ(走り出すさま)
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20080818_medalist_food_life/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080825-00000004-jij-spo

posted by マカロン at 11:59 | 絶好調絶好調 | Comment(14) | TrackBack(1) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
スポーツ選手の食事管理は壮絶なものがありますね。
一般人にはあてはまるワケもないのですけど、好きなものを好きなだけ食べていてはいけない、というのだけは事実でしょう。
私も「食欲の秋」じゃなく、「シェイプアップの秋」にするべくがんばりたいです。
マカロンさんは男性で、筋肉もつきやすいと思うので軌道に乗り始めたらプロテインドリンクなどの摂取も考えたほうがいいかもしれませんね。
いろいろな可能性を秘めた今後のダイエット展開がワクワクしますね。
Posted by もなか at 2008年08月25日 12:49
ダイエットをやめて痩せられたらほんの良いのに@@
タイトルってほんとに引きつけられますよね!

うちは辞める訳にはいかないので頑張ります〜
Posted by Anne at 2008年08月25日 13:06
もなかさん、ありがとうございます。
スポーツ選手は運動も食事も壮絶ですよね。
プロテインドリンクは高カロリーというイメージがあるのですが、軌道に乗り始めたら考えた方が良いのでしょうね。
ワクワクしながら生きられるのは楽しいですね。
Posted by もなかさんへ at 2008年08月25日 13:59
Anneさん、ありがとうございます。
うまいタイトルをつけますよね〜、ホント!
この「ダイエットやめたらヤセちゃった」という本も、最初タイトルを知った時は、「タイトルのインパクトだけなんじゃないの?」って、気になりながらも敬遠していたんですが、どうやらそうではなさそうなんですよね。まだ読んではいないのですが・・・(苦笑)

私もまだやめるわけにはいかないので続けますが、レコダイ卒業後のためになるような気がして読もうと思いました。
Posted by Anneさんへ at 2008年08月25日 14:05
「ダイエットやめたらヤセちゃった」なんて魅力的な
タイトルの本なんでしょう!!
この本のタイトルのようにダイエットやめて痩せれるなら夢のような話ですよね^^
 
世界レコードをたたき出す選手は、やはり並々ならぬ努力をされてますねぇ〜
だから世界一になれるんですよね^^
それにしてもフェルプスは凄いカロリー摂取!!
私の1週間近い摂取量を毎日摂ってるなんてありえない。。。
運動はやはり必需かなぁ〜??
応援ぽち!!
Posted by アーリーママ at 2008年08月25日 16:22
アーリーママさん、ありがとうございます。
ホント、ダイエットやめたら痩せれるならいいですよね。
でも、ダイエットをしなければあんなに太らなかっただろうなーという気持ちがあるんですよね。痩せることはなかったかもしれませんが、太ることもなかったと思うところもあるんです。痩せようとして間違ったダイエットをしたことがすべての始まりだったのだと思っているんです。

そうですよね。1週間分の食事を1日でしてるって感じですもんね。一般人だと運動だけでカロリーを消費するのってたいへんですよね。
Posted by アーリーママさんへ at 2008年08月25日 17:58
ダイエットだ!!って意識しすぎるほうが失敗しそうですもんね。私も一生懸命に痩せすぎてリバウンドしました。最初の頃「気がついたら痩せていたダイエット」って自分で言ってたくらい、今回は減量を意識しないようにしていたと思います。

本来あるべき場所(カナンの地)に行く(戻る)だけなんですから。
出エジプトの半分もかかってしまいましたがね。(イスラエルの民は出エジプトで40年間荒野をさまよいました)

それと、「脱デブ」一気に読みました。感想は明日ということで…

Posted by たすく at 2008年08月25日 20:10
たすくさん、ありがとうございます。
「ダイエットだ」とか「食べ過ぎない」とか、「禁煙だ」とかって意識するとかえって失敗しちゃうんですよね。我慢ばかりのダイエットだと食事のことばかり考えちゃうから、すぐに爆発しちゃう・・・。
「気がついたら痩せていたダイエット」って良いですね。本のタイトルでも行けそう(笑)

本来あるべきカナンの地に戻るだけなんですね。
イスラエルの民の半分だから良い方だったのかな〜。
さまようことにも意味があったのでしょうね。

「脱デブ」読み終えたんですね。
私はまだ届いていないのですが・・・。
感想楽しみにしています。
Posted by たすくさんへ at 2008年08月25日 20:57
マイペースで着実にダイエットされてますね。

うちの夫は去年の秋の会社の検診で、高コレステロール・高脂血症で通院を勧められ、ダイエットを決意。

昼食をコンビニ弁当や外食をやめ、お弁当をもって行きだしました。

大好きな甘い和菓子は止められそうにありませんが、食生活を改善しただけで1年近くで84kgから73kgに10kg以上やせました。

おかげで、今年の検診では異常なしということで、ダイエットは大成功。

最近はカーツやジョギングなどやりだし、運動もしだしました。

夫のダイエットの成功は甘いものを止めなかったことだと思います。

タバコもお酒もやらない夫から甘いものを取り上げるのはかわいそうなので、白玉ぜんざいや水羊羹などをカロリー少なく作ってあげています。

とにかく、ダイエットにはストレスは厳禁ですね。
Posted by はるるん at 2008年08月25日 21:35
師匠は、読書の秋なんですね^^
私は物作りの秋になりそうです。
スロトレ面白かったです。膝の痛みが治まったら
始めてみようかな(笑)
上昇から巡航へ移行かな・・色々取り入れながら
頑張っていかなきゃね^^
Posted by kun at 2008年08月25日 22:58
はるるんさん、ありがとうございます。
旦那さん、10キロ以上痩せて、検診でも異常なしだったんですね。良かったですね〜。はるるんさんのような奥様がいてくれて、旦那さんは幸せですよね。
健康を考えたお弁当や甘さを控えた和菓子を作ってあげるなんて、はるるんの方が頑張ったのかもしれませんね。はるるんさんのおかげで、旦那さんの辛さも半減したのではないでしょうか?夫婦愛の勝利ですね。
甘いものを止めなかったことが成功の基というのは間違いなさそうですね。それも、はるるんさんの頑張りがあったからですよね。
私もストレスなく続けることができています。
Posted by はるるんさんへ at 2008年08月25日 23:17
kunさん、ありがとうございます。
「読書の秋」と言っても3冊だけですね(笑)
やはり「レコダイの秋」です!レコダイで迎える初めての秋ですしね。
器用でA型のkunさんは「物作りの秋」ですね。

スロトレ面白そうでしょ。
基本メニューなら時間も短いし、膝の痛みが治まったら
、膝を補助・保護するためにも筋肉を鍛えてみるのもいいかも〜。無理して逆に傷めてしまわないようにしてくださいね〜。
Posted by kunさんへ at 2008年08月25日 23:24
またまた魅力的なタイトルの本を!
私も触発されて、今日数冊本を買っちゃいました〜。
「脱デブ」も女性向きって書いてらっしゃったので購入してみました。
デブが「脱デブ」を買う姿は想像しないで下さい(笑)

ダイエットって「〜したらダメ」とか「〜しなくちゃ」「〜しか食べられない」みたいな制限がつきまといますよね。
今までやったダイエットって大半そんな感じ。
だから楽しいって感覚もないし、結果が出てるってことだけが救いで続いたけれど
停滞期がきたらそこで終わってしまいました。
そしてそのリバウンドは、痩せた分を上回り〜(泣)
私のダイエットの話をよく聞いてくれてる(聞かせてる?)人達は
今の私の様子を見て「楽しそうにやってるよね〜」って言ってくれるんです。
今までと、そこが大きく違うんですよね。
そして、楽しめることって大事なんだと強く思います。
道のりは長いから、途中だれたりするかもしれないけれど
楽しむ気持ちは忘れずいきたいですね♪
Posted by ツバキ at 2008年08月25日 23:36
ツバキさん、ありがとうございます。
魅力的なタイトルですよね。2年前くらいに出た本だと思います。
今日数冊買ったんですね。「脱デブ」も(笑)
「脱デブ」を買ってる姿は想像しないようにします。プッ!

我慢ばかりのダイエットは続きませんよね。
おっしゃるとおり、結果が出てることだけが救いでそれ以外は楽しくなんてなかったです。リバウンドで上回るのは私も一緒です。
レコダイをやってる人はみんな楽しそうな感じがします。長くかかるダイエットだし、一生続けることなので苦しいことは無理。楽しくなければね。
Posted by ツバキさんへ at 2008年08月25日 23:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ダイエット本売れ筋情報
Excerpt: 話題のダイエット方法に関する本を紹介します  ダイエット──できるだけ楽して成果を上げたい。 それなら、色々なダイエット方法の中から、自分と相性の良いものを選びましょう。 以下に、..
Weblog: ダイエット方法から食品までの最新情報集
Tracked: 2008-08-25 12:34
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)