スポンサードリンク

2008年07月30日

ダイエット[239日目]ブログは脳にいいらしい/イチロー日米通算3000本安打達成

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-18.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:83.7kg
体脂肪率:26.9%
BMI:27.9
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166 ヨーグルト60 桃30 朝計256kcal
昼食
焼きソバ281・ウインナー80・もやし5・にんじん5・サラダ油15 とうきび60 八丁せんべい40 おかし15 昼計496 朝昼計752kcal  トイレ中二日
夕食
ゼロ生105 日本酒200 生湯葉40 鶏唐揚げ160 ブロッコリー20・ピーマン20・エビ20 ほっけソーセージ44 チーズ60 夜計669 今日の合計1421kcalで合格決定
今朝の体重は200g減って83.7kg(−23.3kgあと18.7kg)晴れ
体脂肪率は0.6%も減って26.9%で初の26%台NEW
体脂肪重量は22.51kgということになります晴れ

昨日の朝は、体重が500g増えたのに体脂肪率が変わらなかったので筋肉が増えたのかな?などと冗談を言っていたけど、子守りのおかげで脂肪が燃焼して水になり、その水が抜けて今日の体脂肪率26%台突入ということになったのかな? ま、身体のことは想像するだけで何も正解が分からないんだけどね。

これだけ体脂肪率が減ると明日はまた戻るのかもしれないね。だって、27.5%がやっと出て、それが二日続いていただけだからね。体脂肪率は月に1%減るくらいのペースだから、そろそろ26%台に突入してもいい頃だったけど、それでも0.6%は減りすぎなので明日は戻ることでしょう。

昨日、NHK「スタジオパークからこんにちは」のゲストは脳科学者・茂木健一郎さんでした。

脳活性化の方法みたいな話をしていたようなんですが、その3つの方法のうちの一つが「毎日繰り返すこと」というものがあり、「茂木さんは何をされているのですか?」との質問に、「毎日ブログを書いています」と言ってました。集中して見ていたわけではなかったのですが、ブログを毎日書くことが脳にいいというのが聞こえてきたので画面に目と耳を集中させました。

集中した割りに、ハッキリと覚えてないんですがたらーっ(汗)、昨日あった事を振り返る作業が脳に良くて、それを毎日繰り返した方が良いとのことでした。本を読むことでもいいし、掃除なんかもいいそうなんですけど、同じことを毎日繰り返すことが良いと言ってました。

この程度しか覚えてないのですが、ブログ検索してみるともっと詳しく書いている方がいました。

2.同じことを繰り返す

毎日2週間は続ける。習慣化しないとシナプスが繋がらない。「出来ない」って云ってる人は3日坊主が多い。続ければ脳は応えてくれる。

脳は体を使ってコントロール。習慣付ける事で脳を無意識に働かす。

前日の日記を朝書けば、意味を見つけ易くなる。(宇宙飛行士の訓練でもある)

どんな人でも、繰り返していれば、出来る様になる。脳は、そう造られている。語学にしても、運動にしても、多くのことがそうである。

決まった事と同じくらいサプライズも必要。


「2.同じことを繰り返す」の他はこんなものでした。


1.起きた瞬間からひと仕事

彼の場合は、起きた瞬間から直ぐに仕事をしている。午前中に、能率良く仕事をするべきである。 脳は寝ている時にちゃんと整理されている。で、その直後なので、能率的に創造的な仕事が出来るとのこと。彼は、起きた瞬間から枕元のパソコンに手が行って、全速力で午前中に脳を全開大させるとのこと。

目覚まし時計で起きるのは、良くない。人為的でなく、90分の自然な睡眠のリズムに添って起きるべき。

脳科学は、例外のない例外はないので、あくまでも、自分の脳のパターンを知って行動するべきである。


3、思い出すことによって、創造力が生まれる。

思い出そうとしている時に、脳は、側頭葉から前頭葉に流れが行っている。その流れは、創造する時の流れと同じ。

歳を取ると思い出せないのではない!

創造力とは、体験×意欲=創造力!!の関係にある。つまり、意欲あるお年寄りは、今までの経験を生かせるので、最強となる。最後まで欲深く生きることが大切だ。

いろんな体験が大切で、今は役に立っていないと思っていても、それが5年後や10年後、更には、もっと先になって役に立つこともある。

体験は熟成する。


▼茂木さんが大好きな夏目漱石のコレクションや質問コーナーとかもありました。夏目漱石の文庫本などは、同じ作品を10冊以上持っていたりするそう。旅先で読みたくなった時に買ってしまうからだそうです。

ただ、「我輩が猫である」と言っていたのは、どうしたことか?
脳が思い違いをしてるのかな?何度も「我輩が猫である」と言っていたのが残念だったけどね。

毎日同じことをしていると、「進歩がない」とか「退屈だ」などという気持ちになりがちだけど、「そんなことはない」って言ってましたね。同じことを毎日繰り返すことが大切みたいです。

ブログを毎日更新するのは良いことのようですよ。

今日もおかげ様で2位かな?わーい(嬉しい顔)応援ありがとうございまするんるん
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ




毎日同じことを繰り返したことで打ち立てた大記録ですね。
マリナーズのイチローが、日米通算3000本安打を今日の試合の第一打席の初球で達成しました。

日本で1278本の安打を打ち、2001年にマリナーズに移籍後、1722安打を放ち、通算17年目での大記録です。イチローももう17年もやっていたんだっけ?メジャーでの2000本は来シーズンくらいになるのかな。

日本記録は張本勲氏の3085本。今シーズン達成できるのかも。
大リーグ記録はピート・ローズ氏の4256本。ピート・ローズのヘッドスライディングはトレードマークでしたね。スイッチヒッターです。残念な事件も起こしたので何となく影が薄くなってますけどね。

今も続いているのか分かりませんが、イチローはメジャーに行って以来、昼食はいつもカレーライス。7年続けているって、茂木さんが司会のプロフェッショナルという番組でスクープしてました。毎日同じことを繰り返すからその日の体調がわかるというようなことをイチローは言っていたはずです。

で、打席に入る前や入った後のイチローは、いつも同じ動きをするのです。毎回同じ動きで準備をして打席に臨むわけです。これについても、昨日のスタジオパークで茂木さんが触れていて、「体をいつものように使うことで脳に命令を出したりコントロールすることが出来る」というように言っていました。イチローは脳化学のことは知らなかったと思いますが、体験からこのようなことが分かっていたのでしょうね。

イチローも「当たり前のことを当たり前にするのが難しい」と言っていたと思います。

「当たり前のことを当たり前に毎日繰り返すことが、一番大切で一番難しく、一番効果があること」のようですね。
posted by マカロン at 13:58 | 絶好調絶好調 | Comment(6) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体脂肪率って、、私の場合機械のせいか・・変動多いし
よくわかりませんが、まあ、地道に減ったり増えたりで
体重と一緒かな?(爆)

今日はほっけでかぶりましたね(笑)
最近、魚も値段が高くなってきましたしね〜
安い魚美味しく料理しなきゃね^^
Posted by kun at 2008年07月30日 22:42
kunさん、ありがとうございます。
体脂肪率は食べた物ですぐに変わるし、水分量などでも変わるし、続けて量っても数値が全然違ったりしますもんね。私の場合、1%減らすのに1ヶ月かかりますので、体重を1kg減らすことの2倍大変です。

漁師さんたちも操業停止に追い込まれたりしてるのですから、魚の値段も上がりますよね。価格が上がれば贅沢できなくなりますから、1番効果的な「貧乏ダイエット」になるかもしれませんね(笑)
Posted by kunさんへ at 2008年07月30日 23:04
確かにブログは脳に良さそうです。毎日ネタを考えるのにずいぶん頭使いますし、その日のことをなるたけ印象的に捉えようとしますよね。人間感動することでボケを防止できるらしいと聞いた事もあります。

そう、ダイエットブログは心にも体にも良い優れものなんですよ。お互いいいもの見つけましたよね。
Posted by たすく at 2008年07月30日 23:11
体脂肪って誤差ありそうですよね。
明日ちょっと戻っても、じきにまた26%台になってくれますよ〜。
いいなぁ26%だなんて。

当たり前のことだと毎日できそうですが、なかなか難しいです。
毎日できてたら太ってないんでしょうね(笑)
レコダイ続けてると、その難しいことが身についてきそうですよね♪
Posted by ツバキ at 2008年07月30日 23:13
たすくさん、ありがとうございます。
ブログもそうですけど、太古の昔から日記というものが残っていることって、こういう理由からだったのかもしれませんね。もちろん科学的に解明されていたのではなく、経験則というか経験値(?)というか、「何だか意義があるもの」として日記というものが残ってきたのかも、なんてことを思いました。

この茂木先生も、「感動」ということを重要なものとして説いていますし、別の路線としては、スピリチュアルの江原啓之さんなども人生の目的は「感動」と言っていますね。

そうそう。ダイエットブログは、単なるブログ以上の効果があるし、日記以上なのも間違いないですよね。それに、レコダイとの相性もすこぶる良いと思います。ノートに書くだけじゃなく、思い切ってブログにしてみてよかったなぁって思います。
心にも体にも良い優れものですね。お互いに(笑)
Posted by たすくさんへ at 2008年07月30日 23:33
ツバキさん、ありがとうございます。
体脂肪は誤差ありますよね。体重も体重計によって誤差がありますが、どちらも目安と言えば目安でしかないのでしょうね。減ったか増えたかが分かればとりあえずいいのかも(笑)

男性と女性では体脂肪率って10%くらい違いますもんね。だから女性が多いのは当たり前ですが、ところでツバキさんはどのくらいだったかな・・・。

そうそう。当たり前のことだと毎日やりやすいですよね。私は毎日必ずやるところを工夫するやり方にしないと、何事も続かないような気がしています。だから、毎日必ず食べる食事を工夫するレコダイがピッタリだったのだと思います。特別に運動の時間を取るとかってことになると、どうも続かないようで、以前スポーツクラブにハマっていたときも、会社のすぐ前にあったから続いたと思いますね。

ただ、例外としては、マラソン大会を目指していたころで、毎晩きちんとジョギングしていました。熱しやすく冷めやすいのがB型ですよね。ハマるとどっぷりハマると思うのですが、マラソンはその一例だったのだと思います。

レコダイ続けてるおかげで、ある部分が鍛えられている感覚はありますね。何かが身についている感覚があります。
Posted by ツバキさんへ at 2008年07月30日 23:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)