スポンサードリンク

2008年07月25日

ダイエット[234日目]劇団ひとりの逆・低炭水化物法/ハリウッド長者番付、1位はウィル・スミス

目標体重:65.0kg
目標までの残り:-18.7kg
[ダイエットグラフ表示]
一回目測定
体重:83.7kg
体脂肪率:27.7%
BMI:27.9
食事
朝食
豆乳野菜ジュース166 ブルーベリーヨーグルト60 乳酸菌飲料45 桃20 朝計291kcal
昼食
ミニカップヌードルカレー211 おにぎり(昆布・筋子)360 チョコエクレア200 昼計771kcal 朝昼計1062kcalふらふら昼時点で1000kcal超えてる〜。夜はまたゴハンを削らなきゃ。とほほもうやだ〜(悲しい顔)
夕食
ちらし寿司202 とうきび160 みそ汁50 夜計412kcal 今日の合計1474kcalで合格決定一番ゆったりした気持ちで食べられるのに、カロリーを抑えなきゃならない夕食になる傾向が続いているので、なんだか少し寂しいけど仕方ない。昼を抑えるようにした方がいいな手(グー)
今朝の体重は100g増えて83.7kg(−23.3kgあと18.7kg)小雨
昨日夜にも出たので期待が大きく膨らんだのですが82キロ台どころか増えてました爆弾
体脂肪率も0.1%増えて27.7%。

おかしいもんじゃね〜。
ただ、昔試したことがあるんじゃけど、トイレで用を足す前後に、50グラム単位で量れる体重計で量ったことがあって、実は「小」の方が体重が減るんです。「大」の方が減るようなイメージ(どんなイメージじゃい!)があったんじゃけど、「小」の方が圧倒的に減ったようなかすかな記憶があります。

最近は朝に豆乳野菜ジュース以外のものを飲み食いするようになって、その分、夜のカロリーを抑える羽目になり、調節しやすいゴハンを減らさなきゃならない日が続いているんだけど、低炭水化物ダイエットみたいな効果があるならいいな〜などと淡い期待をしていたりする。

というのも、先日のヤフーニュースで『ダイエットは低炭水化物法を=低脂肪法より効果大−研究チーム』というものがあったからで、以前から「炭水化物の方が脂肪になりやすい」と聞いていたから、「やっぱりそうなんだ〜」って改めて思ったからでした。

ただこういう研究って、その研究所に資金提供している企業や団体に沿った形の結果が出ることが定石なのでどこまで信用できるのかってこともあるんだけどね。

この研究では、

(1)低脂肪法(カロリー制限あり)
(2)野菜、穀類を中心にしてオリーブ油を多用する地中海法(同あり)(3)低炭水化物法(同なし)

このように3グループに分けてそれぞれ2年間続けてもらったそう。
2年後の体重減少幅の平均は

低脂肪・・・2.9キロ
地中海・・・4.4キロ
低炭水化物・4.7キロ

低炭水化物が最も良くて、善玉コレステロールも増加したそうなのです。 低炭水化物だけ「カロリー制限がなし」というのもダイエッター心をくすぐりますね〜(笑)

ただ地中海式もあまり変わらないし、2年で4.7キロ程度だと私のようなメガデブにとっては誤差の範囲なんですよね。1回どか食いして2,3日したら4.7キロ減くらいはできちゃいます。2年で4.7キロって、ひと月に195g減ですよ。1日6.5g減です。

食事以外に何の影響もない比較ができるわけないし、全員同じ身長・体重じゃないだろうし、基礎代謝とか生活強度も違うだろうし、筋肉量も違うだろうし、2年もあればいろんなことあるだろうしね〜。そう考えると、こういう研究って難しいな〜。

このニュースの後だったと思うけど、「徹子の部屋」に劇団ひとりさんが出ていて、もう何年もダイエットをやっているんだけど、ある時ふと「脂肪は太ると言われているので、炭水化物だけにしてやろう」みたいなふうに思ったそうなんです。

カツ丼とかもゴハンだけ食べたり、朝起きたらゴハンだけ2合(だったかな?)くらい食べたりしていたそうなんですが、あっという間に太ったって言ってました。これは一種の低脂肪法?

地中海式はオリーブオイルだからシャングリラ・ダイエット?

おデブタレントたちもそうですが、私も炭水化物が大好きなので低炭水化物ダイエットは無理だな〜。やり方は詳しく知らないんですけどね。
関西の人は、ゴハンに焼きそば、ゴハンにお好み焼き、というように炭水化物をオカズにして食べていることをネタにされたりするけど、私も同じように食べていたので、「何が悪い!」って思ってましたね〜。

コンビニ弁当に焼きソバとかお好み焼きとかを一緒に食べたり、サンドイッチも追加したりしてね。ラーメン+半ライスなんてよくあるよね。おにぎりとかもね。

栄養バランスをある程度気にしながら、禁止される食べ物がなく好きなものを食べられて、運動もしたくなったらすればいいレコダイ(レコーディングダイエット)が私にはやっぱりいいかな。

ダイエットをしているんじゃなくて、普通の人の食事をしているだけのことだもんね。あ、今は普通の人より少し少な目の設定カロリーだけどね。ダイエットは一生続けられる方法がいいのだから、普通の食事が1番なんでしょう。食事も運動も無理なく続けられる方法が一番。ダイエットは人生そのものでライフスタイルですもんね。

頑張らないで続けようっと。

おかげ様で2位返り咲きわーい(嬉しい顔)応援ありがとうございまするんるん
まだキープできてるかな?黒ハート
にほんブログ村 ダイエットブログ レコーディングダイエットへ


う!今、突然、「ナシゴレン」という言葉が浮かんだけど、ナシゴレンって何?キマグレンは知ってるけどね。

ナシゴレン(nasi goreng)は、インドネシア料理の一つ。焼き飯、炒飯の一種。 インドネシア語で、ナシは「ご飯」、ゴレンは「揚げる、炒める」の意味。マレーシア料理としても有名である。最近では、調味料を予め調合した「ナシゴレンの素」が製造されて



「フォーブス(Forbes)」が発表したハリウッドスターのギャラ番付によると、今年の1位はウィル・スミス(Will Smith、30)、2位はジョニー・デップ(Johnny Depp、45)となったそうです。

1.ウィル・スミス・・・・・・約86億2000万円
2.ジョニー・デップ・・・・・約77億6000万円
3.エディ・マーフィー・・・・約59億3000万円
3.マイク・マイヤーズ・・・・約59億3000万円
5.キャメロン・ディアス・・・約53億9000万円
6.レオナルド・ディカプリオ・約48億5000万円
7.ブルース・ウィリス・・・・約44億2000万円
8.ベン・スティラー・・・・・約43億1000万円
9.ニコラス・ケイジ・・・・・約41億円

いつもビックリするけど、すごい金額だな〜。こんなにあって何に使うんだろう。少し分けてほしいものだ(笑)
エディ・マーフィーの3位にはビックリ。まだまだ人気があるんだね。
ベン・スティラーは知らないな〜。調べてみると、はい、はい、はい。この顔知ってます知ってます。何度も見てます見てます。
はぁ〜。ジョニーデップの家に生まれたかったな〜。キャメロン・ディアスの方がいいか。
ハリウッドスターは桁が違うな〜映画
posted by マカロン at 11:26 | 絶好調絶好調 | Comment(17) | TrackBack(0) | レコーディングダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ナシゴレンベトナムのスパイシーな炊き込みご飯のことです。私は豚肉をキムチの素につけて、たまねぎたけのことキムチの素をそのままご飯に入れて炊いてナシゴレンもどきを作ります。
Posted by たすく at 2008年07月25日 11:59
こんにちは〜

自分は低炭水化物ダイエットとりいれてますね〜

朝は 元気出すためにごはん1杯と半分食べるんですが
夜は どんぶりものでは無い限りお米は食べないってスタンスですよー

Posted by リョウ at 2008年07月25日 14:11
インドネシアだった?!ボケてます。上の作り方で作ってるのは事実ですけど。
Posted by たすく at 2008年07月25日 14:12
こんにちわ!!
ビックリした事が1つ・・・
ミニカップヌードルカレーって211kcalもあるんですね!!
驚いちゃいましたぁ〜
普段何気なく食べていたんだけど仮に2ケ食べたら
422kcal〜
のほほんと食べてる場合じゃないですね・・・(滝汗)

私は毎日、無調整豆乳を400ccは飲むようにしてます^^
(半無理に・・・)体に良いと聞いたことがあるし、
牛乳が飲めない代わりに豆乳にしてみました^^
あの味は辛いものがあるけど薬と思って飲んでます!!

今日もダイエット「がんば!!」じゃなく
「続けてくださいね!!」ですね^^
応援ポチ!!



Posted by アーリーママ at 2008年07月25日 14:20
たすくさん、ありがとうございます。
インドネシアですね(笑)
たすくさんのレパートリーにある料理なんですね〜。
どうして突然ナシゴレンなんて浮かんできたのか?
食べたこともないし、見た記憶もないんですけどね〜。
テレビか何かで耳にしたのかな〜?

たすくさんの作り方でも美味しそうですね。
Posted by たすくさんへ at 2008年07月25日 21:13
リョウさん、ありがとうございます。
へ〜、リョウさんは低炭水化物ダイエットだったんですね。
朝は1杯半ですか。ほぉほぉ。
夜はどんぶりものじゃなきゃお米食べないんですね。
へぇ〜〜〜。
だから、リョウさんは順調なのかもしれないですね。
また大仁田さんのダイエットの話ですけど、
あのタッチダウン・ダイエットも夜は基本的に
お米は食べないみたいですからね。
Posted by リョウさんへ at 2008年07月25日 21:17
アーリーママさん、ありがとうございます。

ビックリしたでしょ。私もレコダイをやってみて気づいたんですけど、カップ麺って結構カロリー高いんですよ。ミニカップヌードルでも意外とあるんですよね。普通サイズとかビッグサイズだとビックリしますよ。

最近はどの食品にもカロリー表示があるので、たまに見てみると面白いですよ。「え!こんなにあるの!」なんてことがよくありますからね〜。それを見て気をつけるだけでもダイエットになると思います。

無調整豆乳400ccを毎日飲んでるんですね。
豆乳は大豆ペプチドとか大豆イソフラボンが入っているのでいいんですよね〜。大豆ペプチドは脂肪燃焼効果があるらしいし、大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きをするので女性には最適と言われています。

私も豆乳だけだと飲めないかもしれないんですが、野菜ジュースと混ぜると本当に美味しくなりますよ。色もピンクできれいだし野菜も摂れるので、朝食に飲む豆乳野菜ジュースはずっと飲み続けると思います。

いつも応援ポチ!!ありがとうございます。
Posted by アーリーママさんへ at 2008年07月25日 21:29
正しい低炭水化物法っていうのは、糖質(ごはんなどの炭水化物はすぐ糖質に変わるので避ける)カットして、おかずの種類を増やして、ビタミンBなどの脂質を分解するのに必要な栄養素を多く摂取しながら、脂質や高タンパク質中心の食生活にするというものだそうで、食事では足りない栄養素は、サプリメントで補う必要があるそうです。
私もご飯やパン・麺類は頻繁にとらないので低炭水化物といえばそうなんですけど、穀類ってカロリー高いから避けているのもあったりして(笑
あと一人暮らしだからご飯を炊いても食べきれないんですよね(;´Д`A ``` 
それでもやっぱり日本人なので、たまーにごはんやどんぶり物が食べたくなります。カレーライスとかカツ丼とかうな丼とか…
レコダイは、好きなものは食べていいから、その点、ストレスたまりにくいですよね。
おなかすいてきました(笑
Posted by めるてぃ☆ at 2008年07月25日 22:29
めるてぃ☆さん、ありがとうございます。
自分で調べればよかったのですが、詳しく説明していただいてありがとうございます。低炭水化物法は何だか面倒そうですね。私には無理かな(笑)

めるてぃ☆さんは炭水化物を頻繁にとらないんですね。私はひとり暮らしの時でも、時間のあるときはご飯は炊いてました。普段はお弁当とかでしたけどね。

あはは。私も読んでるだけでお腹が空いてきましたよ〜。
Posted by めるてぃ☆さんへ at 2008年07月25日 22:37
ナシゴレン大好きです♪♪
辛いものとかエスニックフードとか好きなんですよね。
私も炭水化物は避けてる方です。
(めるてぃ☆さんと同じ理由だったりもしますが)
でも全然食べないと立ちくらみしかけるので
適度に食べた方がいいんだなと思ってます。
炭水化物にもちゃんと役割はあるわけで。

86億とか想像がつかないですね。
生涯賃金すらはるかに上回り・・。
ジョニー・デップのお家に生まれたい(笑)
Posted by ツバキ at 2008年07月25日 23:27
ツバキさん、ありがとうございます。
ナシゴレン大好きなんですね。
って言うか、みなさん食べてるんですね〜。
私も辛いものとかスパイシーなものは好きなので、きっと好きになるんだろうな〜。でも食べる機会なんてなさそう。たすくさんのレシピで食べればいいかも。

ツバキさんもそうですが、炭水化物避けてる人って多いんですね。kunさんも夜は食べてないですしね。

ジョニー・デップの家もいいですよね。
私はキャメロン・ディアスの恋人でもいいんだ!うふふふふふ。
Posted by ツバキさんへ at 2008年07月25日 23:39
こんばんは。

私もその記事見た時、ん〜?て感じでした。
2年間続けてもらってって大雑把だなあ、しかも数値もどうなんだろ?でした。

海外ではアトキンス式って、日本よりかなりメジャーみたいですね。
低炭水化物ダイエットは飢餓感が強いと噂は聞きますが、どうなんでしょ?
食文化の違いで、欧米は日本人が米やめられない感じで、肉は食べたいんでしょうかね。
自分でやる必要性はまだ感じてないですけど、停滞期に短期間ならやってみてもいいかもですね。
Posted by 傘 at 2008年07月25日 23:51
傘さん、ありがとうございます。
その後の調子はいかがでしょうか?
また少しずつペースを取り戻しているのかな〜?

アトキンス式って言うんですね。
低炭水化物ダイエットは飢餓感が強いのか〜。私は炭水化物大好きなので、飢餓感が強くなること間違いなしです。栄養面じゃなくて精神的な飢餓感ですね。

欧米人はお肉もそうでしょうけど、パンはやめられないのではないでしょうかね〜。アメリカ人はピザかな〜。
イタリアの人はパスタをやめるなんて無理でしょうしね。

私は停滞期だとしても、低炭水化物ダイエットはやらないと思いますけど、こういう意識が強かったからメガデブになったいたのかな〜。炭水化物を減らすなら運動をすると思いま〜す(笑)
Posted by 傘さんへ at 2008年07月26日 00:29
私なんぞの心配していただいてスイマセンです;^^)。
まずまず順調に1週間で-0.6kgで現在86.4kgでーす。

低炭水化物ダイエットはアトキンスさんが提唱して、ものすごい数の亜流があるそうで、総じてアトキンス式で括られてるみたいですね。
アトキンスさん自身50kgぐらい痩せて、本を出したらハリウッド女優の間でブームになって一般に広まり、莫大な富を築いたそうです。
かなり短期間で痩せる効果は実際あるみたいで、映画撮影のスケジュールが決まってる女優さんに重宝されたんでしょうね。
アメリカは刑事コロンボとか見ても、70年代ぐらいからフィットネスに関心があるみたいで、スポーツジム経営者とかは、かなりセレブなんですね。

でもそのアトキンスさんお亡くなりになってるんですけど、見事なリバウンドで最後は130kg越えてたそうですw。笑っちゃいけませんが。

それもあって私自身は、やや否定的なんですけどね。

Posted by 傘 at 2008年07月26日 00:54
傘さん、心配してましたよ(笑)
まずまず順調なんですね。良かった、良かった。

アトキンスさんもそうでしょうけど、アメリカでダイエット本が当たって莫大な富を築いた人ってたくさんいそうですよね。そういうのもまた桁違いなんでしょうね。
なるほど。短期間で痩せる効果があったわけか〜。
刑事コロンボが出てくるとは面白い。

へぇ〜、アトキンスさんリバウンドしちゃったんですね。130kg越えてたのか〜。
ライフスタイルにまでなってなかったってことですもんね。一生続けることの出来る食事法ではなかったってことかな。病気とかが理由じゃないのなら、それだけのブームを作った人は最後まで貫いてほしいところですけどね。

私としては、夜に炭水化物を摂り過ぎないように気をつける程度かな〜。

それにしても、ハリウッドで流行るダイエットというのもたくさんありそうですね。
Posted by 傘さんへ at 2008年07月26日 02:34
ケトーシスにはご注意を!
Posted by pata at 2008年07月26日 07:54
pataさん、お久し振りです。
ケトーシスは実は理解できていなかったのですが、低炭水化物ダイエットはケトーシスに注意しなきゃならないんですね。

「教えてgoo!」にこんな回答があったのでケトーシスについてよくわかりました。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=204996

>穀類摂取をやめたダイエットは、或る意味、過激なダイエットであり、インスリン分泌は減るかも知れませんが、血糖値コントロール機構が乱れ、・・・

糖尿病だったりすると低炭水化物ダイエットに飛びつく人が少ないないのかもしれませんが、ケトーシスという点から見ると危険なようですね。

コメントしていただいてありがとうございます。
Posted by pataさんへ at 2008年07月26日 09:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
 いろいろなダイエットを試してきた私ですが、10キロ減量、20キロ減量、30キロ近い減量に成功したこともあります。しかし、ことごとくリバウンドして、減量前の体重よりも増えてしまうということを繰り返し、ついに体重は107キロまで行ってしまいました。体脂肪は50%にもなってました。

 2008年に40歳になった私ですが、岡田斗司夫さんの激ヤセした姿をテレビで見て、「いつまでもデブと思うなよ」を読み、「レコーディング・ダイエット」に挑戦することに決めました。ダイエットをやるたびにリバウンドしてよりひどくなってきたので、ダイエットはしない方がいいのではないかと思うようになっていたのですが、やはりカロリー計算ダイエットこそが王道のように思ったのです。

 男やもめなのでカロリー計算は面倒だったこともあり、カロリー計算によるダイエットはしたことがなかったのですが、親と同居するようになったので、カロリー計算した食事メニューは母親が作ってくれるので、この点は楽をすることができそうです。母親には面倒をかけますが、母がいるからこのレコーディング・ダイエットに挑戦する気持ちになったのは確かです。お世話になろうと思います。

 身長は173.5センチくらいなので目標体重を65キロとすると、42キロ減量が目標です。岡田斗司夫さんは1年で50キロですから彼よりも数字的には楽ということにはなります。私も岡田さんのように1年くらいの時間をかけてじっくりこのダイエットに取り組む覚悟ができました。今までたくさんのダイエットをしてきましたが、どれも早く終わらせようと無理なダイエットばかりでしたからね。岡田さんの本にも書いてあったのですが、半年〜1年以上続けられないダイエットは間違ったダイエットだと私も気づいていました。もっと言うならば、一生続けられない食事方法はすべて間違いなのだと思うのです。だから、このレコーディング・ダイエットは1年くらい続けるつもりですが、その後も一生続ける食事法にならなくては行けないのだと思います。その時は記録をしないだけで、食事自体はダイエット期間となんら変わらないものになるはずな のです。

 今はこんなこと書いてますけど、果たして1年後、5年後、10年後には、どうなっていることか。また別のダイエットをしていたりすることのないように、これ以上リバウンドすると、とんでもない体重になるし、命もないかもしれないし、病気になっても面倒だし。今回こそ『人生最後のダイエット』にすべく、楽しんでレコーディング・ダイエットに取り組もうと思っています。

 毎日記録するのですからブログが最適ですよね。また、ダイエットグラフとかも表示してくれるし、BMIの計算や目標体重までの数字なども分かるので、レコーディング・ダイエットにピッタリなのがブログかも知れません。

 どうなるかワクワクしています。この期待感が喜びや達成感につながって欲しいと思っています。

(2008年元旦の誓い)